• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

NTPで同期が始まらない

こんにちは。 度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。 「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。 しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。 ※外部タイムサーバー参照としてます ntp.confは下記のとおりです。 --------------------------------------------------- server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp server 130.69.251.23 driftfile /var/lib/ntp/drift --------------------------------------------------- でntpq -pの結果は下記となります。 remote refid st t when poll reach delay offset jitter ============================================================================== 133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00 130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6 同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。 何か設定が足りないでしょうか?。 尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。 よろしくお願いします。

noname#23042

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数25373
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • qaaq
  • ベストアンサー率36% (146/404)

#4のqaaqです。 ○ntp.conf 関連 server 行に "iburst" を付けておきましょう。 server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。 ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。 http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman§=0 ○ntpdate での時刻調整 ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。 ○ハードウエアclockの修正 hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。 http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html ○ntpdの動作 ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。 2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。 時刻調整の兆候としては、 ・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。 Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8 ・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。 % ntpq -np remote refid st t when poll reach delay offset jitter +192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023 *192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023 192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161 ○その他 ・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、 CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です) ・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • /etc/ntp.confにあるサーバーリストとntpqで表示されるサーバーが違う!

    /etc/ntp.confにあるサーバーリストとntpqで表示されるサーバーが違います。 これはいったいどういうことなのでしょうか? [root@localhost ~]# vi /etc/ntp.conf server 0.centos.pool.ntp.org server 1.centos.pool.ntp.org server 2.centos.pool.ntp.org [root@localhost ~]# ntpq -p remote refid st t when poll reach delay offset jitter ============================================================================== 203.141.148.250 210.171.225.75 3 u 69 128 377 44.872 7918252 26245.4 server03.chimon 210.188.224.14 2 u 74 128 377 7.961 7960736 32034.7 sylph.white-voi 150.26.2.66 2 u 124 128 377 13.946 7918541 21520.7 *LOCAL(0) LOCAL(0) 10 l 62 64 377 0.000 0.000 0.001

  • NTPによる時刻同期

    よろしくお願いします。NTPで同期ができなくて困っています。 当方、Windows2000サーバのWindowsTimeを使って内部NTPサーバを立てていますが、 この2000サーバに対してWindowsクライアントから同期をとると成功しますが、 Linuxクライアントからは失敗してしまいます。 ですが、このLinuxクライアントから外部の公開NTPサーバに対しては成功します。 W2K⇔Linuxの場合、特別な設定が必要なのでしょうか? ※失敗例 [root@hogehoge ~]# ntpdate -d 172.16.10.200 25 Sep 16:07:07 ntpdate[31987]: ntpdate 4.2.0a@1.1190-r Sun Aug 13 01:49:13 CDT 2006 (1) Looking for host 172.16.10.200 and service ntp host found : transmit(172.16.10.200) receive(172.16.10.200) transmit(172.16.10.200) receive(172.16.10.200) transmit(172.16.10.200) receive(172.16.10.200) transmit(172.16.10.200) receive(172.16.10.200) transmit(172.16.10.200) 172.16.10.200: Server dropped: Server has gone too long without sync server 172.16.10.200, port 123 stratum 2, precision -7, leap 00, trust 000 refid [172.16.10.200], delay 0.03358, dispersion 0.00031 transmitted 4, in filter 4 reference time: 00000000.00000000 Thu, Feb 7 2036 15:28:16.000 originate timestamp: caa3321b.c4189374 Tue, Sep 25 2007 16:07:07.766 transmit timestamp: caa3321b.a609edbf Tue, Sep 25 2007 16:07:07.648 filter delay: 0.03470 0.03358 0.03363 0.03363 0.00000 0.00000 0.00000 0.00000 filter offset: 0.118582 0.117779 0.117554 0.117305 0.000000 0.000000 0.000000 0.000000 delay 0.03358, dispersion 0.00031 offset 0.117779 25 Sep 16:07:07 ntpdate[31987]: no server suitable for synchronization found ※他のサーバでは成功しているし、Portも開放しているつもりです [root@hogehoge ~]# netstat -a -n | grep :123 udp 0 0 172.16.10.10:123 0.0.0.0:* udp 0 0 192.168.0.1:123 0.0.0.0:* udp 0 0 127.0.0.1:123 0.0.0.0:* udp 0 0 0.0.0.0:123 0.0.0.0:* udp 0 0 :::123 :::* ※ntp.conf [root@hogehoge etc]# cat ntp.conf # server 134.***.***.*** server 172.16.10.200 restrict default notrap nomodify noquery notrust noserve restrict 127.0.0.1 # restrict 172.16.0.0 mask 255.255.0.0 nopeer notrap nomodify restrict 172.16.10.200 mask 255.255.255.255 nopeer notrap nomodify restrict 134.160.82.20 mask 255.255.255.255 nopeer notrap nomodify server 127.127.1.0 fudge 127.127.1.0 stratum 11 driftfile /var/lib/ntp/drift disable auth ※このように、172.16.10.200はremoteの出力がありません。  なぜでしょうか・・・ [root@hogehoge etc]# ntpq -p remote refid st t when poll reach delay offset jitter ============================================================================== *ring.***.*** 134.***.***.*** 2 u 4 64 37 29.347 9.640 16.800 0.0.0.0 2 u 3 64 0 0.000 0.000 4000.00 LOCAL(0) LOCAL(0) 11 l 1 64 37 0.000 0.000 0.001 以上、よろしくお願いします

  • Windows NTPをLinuxクライアントに公開したいのですが。。。

    こんにちは。 Windowsサーバ(2003)を立てているのですが、 Linuxの検証を行うために、NTPを提供したいと考えています。 URL[http://support.microsoft.com/kb/875424/ja]を参考にしながら設定を行ったところ、 Linuxから ntpdateは正常に動作するのですが、 ntpq -p を行ったところ、いつまで経っても同期してくれません remote refid st t when poll reach delay offset jitter ============================================================================== 192.168.1.1 xx.xx.xx.xx 2 u 30 64 377 0.214 1016.96 13.272 xx.xx.xx.xxは外部のNTPサーバです。 これで、先頭に *も+もつかない状態です。 どなたかご助言いただけませんでしょうか。 /etc/ntp.conf #--------------- restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery restrict 127.0.0.1 restrict -6 ::1 server 192.168.1.1 prefer # server 127.127.1.0 # local clock fudge 127.127.1.0 stratum 10 driftfile /var/lib/ntp/drift keys /etc/ntp/keys #--------------

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • qaaq
  • ベストアンサー率36% (146/404)

この手の質問は、設定ファイルを明示しましょう。 まずは、ntpq -p の見方から。 133.100.9.2 の st が 16 なので、NTPクライアントは同期できない。 st(Stratum) 16 は、最下位の階層で、NTPクライアントはこの階層の NTPサーバには同期しない。 130.69.251.23 の offset が -99970 [mS] の時刻差があり、同期しない。 ntpdは、上位サーバの時刻の違いが 1000 秒より大きい場合、 ntpd は何か決定的にまずいことが生じたと仮定し同期しません。 要するに、自分の時計が狂いすぎていてNTPデーモンが時刻調整をしない状態と推測されます。 ntpdate オプションに "-b" or "-b -u" を付けて強制的に時刻を合わせて、 ex: ntpdate -b -u ntp.nict.jp. このときの出力行の"offset の値が0.1以下"になってから、NTPデーモンを起動し、10分もすると時刻調整が始まるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様有難うございます。 ntp.confはいくつかエントリをしています。 server ntp.nict.jp server 192.218.230.58 server 210.173.160.27 server 210.173.160.57 server 210.173.160.87 driftfile /var/lib/ntp/drift [root@console ~]# service ntpd stop [root@console ~]# ntpdate -q 192.218.230.58 server 192.218.230.58, stratum 2, offset -101.382790, delay 0.03542 7 Jan 19:55:21 ntpdate[4386]: step time server 192.218.230.58 offset -101.382790 sec [root@console ~]# ntpdate -b -u 192.218.230.58 7 Jan 20:01:41 ntpdate[4429]: step time server 192.218.230.58 offset -42.919484 sec となります。しかしoffset値が掲載して頂いたような「0.00・・」などの値になりません。 [root@console ~]# service ntpd start [root@console ~]# ntpq -p remote refid st t when poll reach delay offset jitter ============================================================= ntp.nict.jp .PPS. 1 u 9 64 1 9.233 -5171.2 117.417 192.218.230.58 163.220.2.2 2 u 7 64 1 12.719 -5284.3 0.001 210.173.160.27 210.173.160.86 2 u 6 64 16.808 -5424.8 0.001 210.173.160.57 210.173.160.56 2 u 5 64 17.941 -5529.7 0.001 210.173.160.87 210.173.160.56 2 u 4 64 18.206 -5642.9 0.001 とoffsetは既に大きく放置しておくと値は大きくなるばかりです。 ちなみに /var/log/messages には Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: ntpd 4.2.0a@1.1190-r Thu Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: precision = 1.000 usec Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: Listening on interface wildcard, 0.0.0.0#123 Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: Listening on interface wildcard, ::#123 Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: Listening on interface lo, 127.0.0.1#123 Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: Listening on interface eth0, 193.168.55.100#123 Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: kernel time sync status 0040 Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: frequency initialized 0.000 PPM from /var/lib/ntp/drift Jan 7 19:44:02 console ntpd: ntpd startup succeeded となっています。度々すみませんが見て頂けますと幸いです。

  • 回答No.3
  • oi_goo
  • ベストアンサー率44% (20/45)

> やっぱりNGです。「ntpq -p」は通るのですが・・ ntpq -p が実行できるのと,実際にNTPサーバと通信できているかどうか,というのは別だと思いますが... (なのでntpqが更新されていない) ちなみに,手っ取り早く確認する手として, # ntpdate -q 外部NTPサーバ で,どこにもフィルタリングされず実際に通信できていますか? できていればこんな結果が返ってきます. # ntpdate -q xxx.xxx.xxx.xxx server xxx.xxx.xxx.xxx, stratum 1, offset -0.000185, delay 0.03717 7 Jan 09:44:07 ntpdate[12070]: adjust time server xxx.xxx.xxx.xxx offset -0.000185 sec

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

フィルタリングで udp:123 は通ってますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様有難うございます。国内サーバーにエントリを変えましたが やっぱりNGです。「ntpq -p」は通るのですが・・ Linux(ミラクル)のファイアウォール自体は「disable」にしてます。 他にフィルタリングを確認する箇所はありますでしょうか?。

  • 回答No.1
  • Lean
  • ベストアンサー率72% (435/603)

質問の回答ではありませんが、 >server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp >server 130.69.251.23 clock.nc.fukuoka-u.ac.jpのNTPサーバを提供しているサイトに「個人や社内の多数の パーソナルコンピュータが直接我々のサーバへ問い合わせるよう設定すべきではありません。プロバイダの代表機のみがそれをおこなうべきです。」と書かれているようにStratum-1のNTPサーバを利用するのではなくて、下記URLのページを参考に使用しているISPのNTPサーバを利用しましょう。 ISPにNTPサーバがないなら、推奨公開サーバにあるNTPサーバを利用しましょう。 wiki@nothing wiki@nothing > NTP > プロバイダ・機関別 http://wiki.nothing.sh/page/NTP/%A5%D7%A5%ED%A5%D0%A5%A4%A5%C0%A1%A6%B5%A1%B4%D8%CA%CC wiki@nothing > NTP > 推奨公開サーバ http://wiki.nothing.sh/page/NTP/%BF%E4%BE%A9%B8%F8%B3%AB%A5%B5%A1%BC%A5%D0 Slashdot Japan 福岡大学NTPサーバの混雑解消にご協力を http://slashdot.jp/articles/05/01/21/0214236.shtml

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • NTPサーバ時刻同期の設定を教えて下さい

    FreeBSD6.1 にて NTPサーバを作成しています。 server1(FreeBSD6.1) 192.168.100.1 router1 192.168.100.2(server1側) 192.168.200.2(client側) client1(windows2000) 192.168.200.1 ntp.confは server 133.100.9.2 server 127.127.1.0 fudge 127.127.1.0 stratum 10 driftfile /var/db/ntp.drift restrict default ignore restrict 133.100.9.2 nomodify noquery notrap restrict 127.0.0.0 mask 255.0.0.0  restrict 192.168.100.0 mask 255.255.255.0 notrust nomodify noquery restrict 192.168.200.0 mask 255.255.255.0 notrust nomodify noquery rc.confには xntpd_enable="YES" xntpd_program="/usr/sbin/ntpd" xntpd_flags="-p /var/run/ntpd.pid -c /etc/ntp/ntp.conf" ntpdate_enable="YES" ntpdate_program="/usr/sbin/ntpdate" ntpdate_flags="clock.nc.fukuoka-u.ac.jp" 現在server1 を clock.nc.fukuok で時刻同期は ntpq -p にて確認し、 remote refid St *clock.nc.fukuok .GPS. 1 LOCAL(0) LOCAL(0) 10 *印がついているので外部NTPサーバとは同期がとれているように思えます。 ipfilterは使用していません。 client1(windows2000)より net time /setsntp:192.168.200.1 をしてコマンド正常終了を確認。server1とclient1の時刻誤差は12時間以内です。ping 192.168.200.1はOKです。 最初に一回だけ同期を合せようと net time \\192.168.200.1 /set /yes を行うと システムエラー53が発生。 ネットワークパスが見つかりません。と表示されました。 あとは、 client1で w32tm -once を行うと、 sending to server 48byte で止まります。 桜時計などで外部とのNTPサーバとは同期が取れます。 FreeBSDとwindowsを同期させるにはなにかFreeBSD側にソフトをインストールする必要があるのでしょうか?それとも設定がおかしいのでしょうか? すみませんが教えて下さい。

  • NTPの同期ができない

    いつもお世話になってます。 NTP Serverとして、WindowsXP(Win2008も同様の問題が発生)があり、 NTP Clinentとして、Solaris10、RedHat Linux5.5(AS4.6も同様)が存在する環境があります。 この環境において、Solaris10はNTPServerと同期がとれるのに、 Linuxは、同期されないと言う状態が続いております。 Solaris Clientから参照できているので、Windowsは正常にNTP Serverになっていると 思っているのですが、なぜLinux Clientから参照できなのかが不明です。 Server/Clientどちらに問題があるのかも分かっていない状態なのですが、 何か情報があれば教えてください。お願いします。 * LinuxでNTPサービスを停止し、ntpdate windows を実行すると時刻同期が  できることが確認できています。  ただ、Linuxでは通常時、アプリケーションが動作している為、ntpdateによる時刻同期が  できないために、困っています。 -設定- Windows \W32Time\TimeProviders\NtpServer → 1 xxxx\W32Time\Config\AnnounceFlags → 5 123 UDPポートの開放 Linux /etc/ntp.conf server WindowsXPのIP driftfile /var/lib/ntp/drift Solaris /etc/inet/ntp.conf multicastclient 224.0.1.1 server WindowsXPのIP

  • CentOSのNTP時刻同期エラー

    表題の通りCentOSのNTPサーバーエラーについて質問します。 状況 CentOSでNTPを使用していたのですが、気がついた時には NTPサーバーがエラーで止まっていました。  内容を確認してみると、/etc/ntp.confで設定している同期するサーバーと ntpq -p で確認するサーバーが違っている事に気が付きました。 このntpqコマンドで確認できるサーバーは、昔使っていた古いアドレスの物で 現在は使われていない為に今回のエラーになっていると考え、 設定されている場所を探したのですが、見つからなかった為、 yum erase ntp* で一旦全て削除して、 yum install ntp* で再インストールを 行いましたが、状態が変わりませんでした。 現在のntp.confの内容============================================== # Permit time synchronization with our time source, but do not # permit the source to query or modify the service on this system. #restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery #restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery # Permit all access over the loopback interface. This could# be tightened as well, but to do so would effect some o f# the administrative functions.#restrict 127.0.0.1 #restrict -6 ::1 #ipv6 # Hosts on local network are less restricted. # Use public servers from the pool.ntp.org project. # Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html). #server 0.centos.pool.ntp.org #server 1.centos.pool.ntp.org #server 2.centos.pool.ntp.org server 133.100.9.2 #clock.nc.fukuoka-u.ac.jp server 210.173.160.27 #ntp1.jst.mfeed.ad.jp server 202.224.32.4 #ntp.asahi-net.or.jp #broadcast 192.168.1.255 key 42 # broadcast server #broadcastclient # broadcast client #broadcast 224.0.1.1 key 42 # multicast server #multicastclient 224.0.1.1 # multicast client #manycastserver 239.255.254.254 # manycast server #manycastclient 239.255.254.254 key 42 # manycast client # Undisciplined Local Clock. This is a fake driver intended for backup # and when no outside source of synchronized time is available. #server 127.127.1.0 # local clock #fudge 127.127.1.0 stratum 10 # Drift file. Put this in a directory which the daemon can write to. # No symbolic links allowed, either, since the daemon updates the file # by creating a temporary in the same directory and then rename()'ing # it to the file. driftfile /var/lib/ntp/drift # Key file containing the keys and key identifiers used when operating # with symmetric key cryptography. keys /etc/ntp/keys # Specify the key identifiers which are trusted. #trustedkey 4 8 42 # Specify the key identifier to use with the ntpdc utility. #requestkey 8 # Specify the key identifier to use with the ntpq utility. #controlkey 8 ======================================================== ntpq -p で確認した内容==================================== remote refid st t when poll reach delay offset jitter ============================================================================== clock.nc.fukuok .GPS. 1 u 45 64 1 25.585 22436.7 0.002 ntp1.jst.mfeed. 210.173.176.251 2 u 44 64 1 5.803 22465.5 0.002 orion.asahi-net 133.243.238.244 2 u 43 64 1 5.787 22495.2 0.002 ============================================================================== この時、/var/log/messageには何もログは表示されていません。 また、ntpdate -u -b clock.nc.fukuoka-u.ac.jp で強制的に時刻同期させると 以下のように時刻の同期ができます。 29 Sep 22:17:15 ntpdate[29572]: step time server 133.100.9.2 offset 27.863054 sec 以上の内容から、ntpq -p で表示されている古いサーバー情報がどこかに 残っている為に、今回のエラーになっていると思えるのですが、 自分では、どこに残っているのかがわからない為、 皆様のお知恵をお借りできれば幸いです。 宜しくお願い致します。

  • ntpデーモンについての質問

    ntpデーモンについていくつか教えてください。 1)ntp.driftファイルは何のためにあるのでしょうか?ntpd起動時に作られるようですが、いろいろなHPをみてもいまいちわかりません。具体的な役割を教えてください。 2)ntpqコマンドで同期を確認するさいにserverの名前の前に"*"や"+"がついていますがそれぞれの意味を教えてください。

  • NTPサーバと同期しないんです。

    皆様こんばんは。Linux初心者です。宜しくお願い致します。 NTPサーバと同期が取れなくて困っています。 OS:CentOS 3.8 /etc/ntp.confの設定箇所は下記のみです。 #server 127.127.1.0 ←コメントアウト # local clock #fudge 127.127.1.0 stratum 10 ←コメントアウト server xxx.xxx.xxx.xxx ←プロバイダNTPサーバのIPアドレス ntpq -pで、設定したNTPサーバは表示されるのですが、1時間 経っても同期しません。ntpdateは行いました。ファイアウォール 設定は無しです。 どうかご教授お願い致します。

  • Linux の NTPクライアント設定でうまく動作しません

    Linux の NTPクライアント設定でうまく動作しません インターネットに接続できないWindowsXPとLinuxの環境です。 LinuxマシンをNTPクライアントに設定し、WindowsXPのNTPサーバに接続し、 時刻同期をしたいと思っています。 ひとまず、動作確認のため、最低限の設定を・・・と考え、 Linux側には、以下の設定を行ないました。 /var/log# more /etc/ntp.conf server 192.168.1.2 ntpdのリスタート後、ntpqで確認を行なうと、以下の表示となりました。 しかし、30分経過しても"*"などが表示されず、時刻同期もされません。 /var/log# ntpq -p remote refid st t when poll reach delay offset jitter ============================================================================== 192.168.1.2 .LOCL. 1 u 10 64 377 0.644 1020.40 0.754 ntptraceで確認を行なうと、time outとなっていました。 /var/log# ntptrace 192.168.1.2 192.168.1.2: timed out, nothing received ポートの状況を確認したところ、以下の様になっており、空いているようです。 /var/log# netstat -l udp 0 0 *:ntp *:* udp6 0 0 *:ntp *:* もちろん、WindowsXPにはPing疎通確認も通り、特に問題はありませんでした。 また、WindowsXPのファイアーウォールは停止しています。 時刻を手動で合わせ、数日間放置したところ、徐々にずれていくことを確認しました。 Internetなどでもいろいろと確認を行ないましたが、お手上げとなってしまいました。 勉強不足と思うのですが、急ぎの対応が必要となりますので、 恐れ入りますが、何か確認事項などあれば、ご教授を頂けないでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • LINUXのNTPサーバ同期について

    初めまして。 今回、LinuxのNTPサーバ同期について質問させていただきます。 Linuxを利用して上位のNTPサーバと同期し、下位のクライアントにNTPサーバとして公開しようとしています。 OSはRedhat Enterprize For Linuxです。 上位のNTPサーバはWindows7で標準のものを使用しています。 ntp.confの設定は以下のようにしています。 drtiftfile /ver/lib/ntp/drift restrict default ignore restrict 127.0.0.1 restrict 10.0.0.1 server 10.0.0.1 iburst 上記の設定で直前に service ntpdate start にて手動で同期をとりサービスを開始しています。 サービス起動後のntpq -pの値は remote refid st t when poll reach delay offset jitter 10.0.0.1 .LOCL. 1 u 28 64 1 0.491 0.374 8.504 約5分後 10.0.0.1 .LOCL. 1 u 15 64 7 0.823 3.618 8.997 約30分後 10.0.0.1 .LOCL. 1 u 32 64 377 0.755 46.202 6.871 となっています。 また、サービス起動時の /var/log/messageの内容は ntpd[]:step time server 10.0.0.1 offset 0.116279 sec ntpd[]:ntpd 4.2.4p8@1.1612-o Thu May 13 14:38:25 UTC 2010 (1) ntpd[]:precision = 0.075 usec ntpd[]:Listening on interface #0 wildcard, 0.0.0.0#123 Disable ntpd[]:Listening on interface #1 wildcard, ::#123 Disable ntpd[]:Listening on interface #2 lo, ::1#123 Enable ntpd[]:Listening on interface #3 eth0,IPv6Address #123 Enable ntpd[]:Listening on interface #4 eth1,IPv6Address #123 Enable ntpd[]:Listening on interface #5 lo, 127.0.0.1#123 Enable ntpd[]:Listening on interface #6 eth0, 10.0.0.1#123 Enable ntpd[]:Listening on interface #7 eth1, 172.16.0.1#123 Enable ntpd[]:Listening on routing socket on fd #24 for interface update ntpd[]:kernel time sync status 2040 ntpd[]:frequency initialized 0.000 PPM from /var/lib/ntp/drift です。 上位のサーバは同施設内にあり外部のサーバに見に行っているわけではありません。 以上の設定でntpサーバを開始し5日ほど放置した結果offsetの値が20178.8まで上昇していました。 また、ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"等もついていませんでした。 どなたか設定の間違いなどがわかる方がいらっしゃいましたら ご教授お願い致します。

  • NTPに関する質問です。長文ですが素人ですので、是非ご教示頂ければと思

    NTPに関する質問です。長文ですが素人ですので、是非ご教示頂ければと思います。 ・以下の環境でNTPでの時刻同期を計りたいのですが、うまく行きません。  NTPサーバ → OSはFedora Core 1  NTPクライアント → Solaris 10  1.NTPサーバでのntpデーモンは起動済み。  2.NTPクライアントでのntpデーモンは起動済み。  3.NTPサーバ、クライアント両方ともNTPポート開放設定済み。   # more /etc/services   ntp 123/tcp   ntp 123/udp # Network Time Protocol  4.NTPサーバの/etc/ntp.confは以下の内容。※コメント文は省略します。   # grep -v "#" ntp.conf   restrict default ignore   restrict 127.0.0.1   fudge 127.127.1.0 stratum 10   driftfile /var/lib/ntp/drift   broadcastdelay 0.008   authenticate yes   keys /etc/ntp/keys  5.NTPクライアントの/etc/inet/ntp.confは以下の内容。   # more /etc/inet/ntp.conf   server <NTPサーバのIPアドレス> prefer   # fudge 127.127.XType.0 stratum 0   # broadcast 224.0.1.1 ttl 4   enable auth monitor   driftfile /var/ntp/ntp.drift   #statsdir /var/ntp/ntpstats/   #filegen peerstats file peerstats type day enable   #filegen loopstats file loopstats type day enable   #filegen clockstats file clockstats type day enable   #keys /etc/inet/ntp.keys   #trustedkey 0   #requestkey 0   #controlkey 0  6.NTPクライアントの/etc/inet/ntp.serverは以下の内容。   # more /etc/inet/ntp.conf   server 127.127.XType.0   fudge 127.127.XType.0 stratum 0   broadcast 224.0.1.1 ttl 4   enable auth monitor   driftfile   statsdir /var/ntp/ntpstats/   filegen peerstats file peerstats type day enable   filegen loopstats file loopstats type day enable   filegen clockstats file clockstats type day enable   #keys /etc/inet/ntp.keys   trustedkey 0   requestkey 0   controlkey 0  7.NTPクライアントよりntpdateを実行すると、以下のエラーが出る。   # ntpdate <NTPサーバのIPアドレス>   22 Apr 11:26:29 ntpdate[705]: no server suitable for synchronization found  8.NTPクライアントよりsvcadmを実行しても、同様のエラーが出る。   # svcadm disable ntp   # ntpq -p   ntpq: read: Connection refused   # svcadm enable ntp   ※以下、/var/adm/messagesの内容   Apr 22 11:42:37 <NTPクライアントのホスト名> ntpdate[734]: [ID 831711 daemon.error] no server suitable for synchronization found  このエラーの原因が分かりません。どこに原因があるのか、是非教えてください。  よろしくお願い致します。

  • NTPサーバについて

    Solaris10のSPARK版でNTPサーバを作りたいのですが 今、/etc/inet/ntp.serverをコピーし/etc/inetntp.confを作りファイルの中を書き換えました。 restrict default nomodify notrap noquery server 133.40.41.175 server 130.69.251.23 server 127.127.1.0 fudge 127.127.1.0 stratum 10 #broadcast 224.0.1.1 ttl 4 #enable auth monitor driftfile /var/ntp/ntp.drift #statsdir /var/ntp/ntpstats/ #filegen peerstats file peerstats type day enable #filegen loopstats file loopstats type day enable #filegen clockstats file clockstats type day enable #keys /etc/inet/ntp.keys #trustedkey 0%) #requestkey 0%) #controlkey 0%) restrict 192.168.0.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap logfile /var/log/ntp 同期が取れているか確認のコマンドを打つと # ntpq -p localhost: timed out, nothing received ***Request timed out となってしまいます。 何が原因なのでしょうか? 何方かご教示下さい。 宜しくお願い致します。

  • NTPサーバについて教えてください

    RedHat Enterprise Linux ES4のサーバを社内LAN上でNTPサーバとして構築し、外部のNTPサーバと時刻同期ができるところまでは確認できましたが、社内LAN上の他のサーバ(Windows及びLinux)やPC(XP Pro)から時刻同期を行おうとしても、「時刻データが利用できなかったため、コンピュータは同期を取り直しませんでした」というメッセージが出て時刻同期ができません。 ntp.confの内容は、 ------------------------- server xxx.xxx.xxx.xxx 外部NTPサーバ restrict default ignore restrict 127.0.0.1 restrict 192.168.0.0 mask 255.255.0.0 nomodify notrap notrust # server 127.127.1.0 # fudge 127.127.1.0 stratum 10 driftfile /etc/ntp.drift #multicastclient # listen on default 224.0.1.1 #broadcastdelay 0.008 authenticate no --------------------- のような感じです。 社内LANのIPアドレスは、192.168.10体系と192.168.11体系です。 このNTPサーバに対して、他のサーバやPCからはpingはOKで、間にfirewallが入っていたりルータが入っていたりすることはありません。 ntp.confの設定がまずいのか、RedHatのFirewallのせいか、それとも他の設定が何かあるのか、皆目見当がつきません。 どうしたらよいのか、どこか確認すべき項目はないか、などアドバイス頂ければ助かります。 よろしくお願い致します。