• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

嘔吐した後の洗濯

  • 質問No.2605072
  • 閲覧数10350
  • ありがとう数20
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
医者はノロウィルスとは言っていませんが、子供が嘔吐ました。
子供の症状は下痢と嘔吐、その後、私が感染したのか、高熱と嘔吐がありました。

子供が嘔吐した際に衣類などを汚しました。
洗えるものはバケツに浸し普通の洗剤で洗い流し、その後他のものと一緒に洗濯機で洗ってしまいました。
干して、取り込むと、なんと全体に臭いが付着してしまっていました。
もう一度、全部を洗濯し直すつもりです。

ノロウィルスの場合は、塩素系漂白剤で消毒することが有効ということを知りました。
家には手間なしブライト(酸素系)とキッチンハイター(塩素系)があります。
洗剤と混ぜて洗濯機で洗濯する予定ですが、ブライトでも効果があるのでしょうか。
洗濯物はほとんどが色物です。

また、直接嘔吐したものが付着したわけではありませんが、布団も多少湿り臭いがあるので、ファブリーズをかけ、干しました。
消毒のためには他に何か対処した方がよいですか。

汚れ物を浸していたバケツは、水洗いしただけです。
やはりキッチンハイターで洗っておいた方がよいのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。
奨励されているのは塩素系の方ですね。

原理的にはどちらも発生期の酸素による漂白なので大丈夫なはずなのですが、実証実験がされていないのでしょう。

なお、ハイターなどでも、ノロウィルス退治には通常の倍量の使用となっています。

また、汚染物をそのままハイター液に漬けても汚染物でハイターが消費されてしまうので、汚染物を漬けた後、洗濯後、すすぎの段階で漂白剤を使用する(当然ですが、仕上げ剤と一緒に入れてはダメです)方法が割と楽です。

他に、洗剤を入れて(消毒だけなら入れなくても)煮る、という方法もあり、ノロウィルスに関してはこれでも十分です。
料理の時のノロウィルス退治と同じ方法です。
煮沸数分で十分です。
この方法は色柄物にお勧めです。

バケツは、汚染物を扱った後ではやはり漂白剤を霧吹きなどで吹いておくか、バケツに漂白剤を溶いて満タンにして消毒したい物を一緒に入れて一時間程度つけておくのもいいでしょう。
お礼コメント
noname#54213
洗えるものは、ブライトを入れて洗濯機にかけました。
でもどうしても、塩素系が気になって、洗濯用のハイターを買い、もう一度洗濯機にかけました。
色柄物は煮沸しました。

バケツも教えていただいたように処理しておきました。

洗えない布団はアイロンをかけておきました。

これだけやったので、一応気が済みました。
ありがとうございました。
投稿日時:2006/12/22 11:06

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 38% (2059/5283)

煮沸消毒出来るものはした方が安全でしょう。また、塩素系の洗剤での洗浄も大事です。
熱湯で消毒出来るものは消毒した方がよいです。
バケツは、最初にある程度の熱湯で洗ってから、塩素系洗剤で洗った方がよいです。

というのは、一般の食中毒でも、このノロウイルスによる食中毒でも、基本的には食品からの感染が多くを占めてます。

ですから、使用していた食器や包丁やまな板などの調理器具については熱湯を掛けて消毒してください。
塩素系洗剤も有効ですが、耐性菌の出現も危惧されるので、熱湯消毒を必ず実行してください。
また、同時に、十分な加熱をした食事を作るようにしてください。

厚生労働省から、ノロウイルスに関する警告が出ているので、それを読んで対処してください。

厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&Aについて
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/12/h1208-1.html
お礼コメント
noname#54213
教えていただきありがとうございます。
洗えるものは、洗濯用のハイターを買い、洗濯機にかけました。

たぶん、子供(11ヶ月)がサークルでお友達から感染したのではないか、と思ってます。

今回、煮沸の重要性を認識することができました。
投稿日時:2006/12/22 11:10
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ