-PR-
締切済み

北方領土へ行きたい

  • 暇なときにでも
  • 質問No.25663
  • 閲覧数487
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 8% (6/70)

もしかしたら海外旅行かもしれません。いわゆる北方領土へ行きたいのですが、可能でしょうか?それもバックパッカースタイルで。当然私は一般ピープルで、ビザ無し渡航等はあり得ないと思います。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全7件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 38% (61/158)

まず無理でしょう。そういう形での入国をロシア政府が
認めないと思います。どうしてもというのなら、ロシア大使館に問い合わせてみてはどうですか?


  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 22% (69/309)

行けそうもないような場所ですが、ロシアというお国柄、官憲や軍隊に鼻薬を嗅がせたら意外と行けたりして(笑)
でもバックパッカーということはお金をかけないで、ということですから無理ですかねぇ?
  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/4)

いけるかどうか、わかりませんが北方領土に行くには、まず、パスポートを持ってロシアに入りますね。それから、島に渡ると思いますが、日本人がパスポートを持って島に入ると「日本人が島を他国(ロシア)と認める」事になるので、やめた方がいいでしょう。数年前に島に行くツアーがあったそうですが、やはり中止になったと聞いたことがあります。(さだかではないのですが)私も北方領土には興味がありますが、島が返還になるまでは、無理かな?と思っています。でも、帰ってくるのはいつのことやら。難しいことはよくわかりませんが、政治家の方たちにうまく外交してもらうしかないですね。ホントに頑張ってほしいですね。でも、ホント北方領土行ってみたいですね。魚はおいしそうだし、温泉もあるらしいし・・・私もすごく興味あります。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 ロシア経由ですといけますが、日本政府がよく思いません。本来日本の領土なのに、ロシア経由で行くことは、あなたが、北方領土がロシアのものであると認めていると思うからです。日本政府は平成元年に「最近一部の我が国国民がソ連当局の査証の発給を受けて北方領土に入域するという事例が見られたが、我が国国民がソ連の出入国手続に従うことを始めとしてソ連の不法占拠の下で北方領土に入域することは、我が国固有の領土たる北方領土に関する国民の総意及びそれに基づく政府の政策と相いれないものである。(中略)政府は、国民に対し、北方領土問題の解決までの間、このような北方領土への入域を行わないよう要請することとする。」と自粛勧告を行っています。ですから、マスコミもビザなし渡航でいく以外には、外国の報道局や地元に撮影を任せています。しかし、実際にこの勧告を無視しても、罰則はありませんが、なにかあったとき、国の保護が受けれなくなる恐れがあります。
  • 回答No.7
レベル6

ベストアンサー率 60% (3/5)

あんな怖い国には恐ろしくて行けません。2006年のカニかご漁船「第31吉進丸」のロシア国境警備隊の銃撃による民間日本人の殺害はご存知ですか?「第31吉進丸」は現在、サハリンの民間会社が釣り船として使っている報道があり、海賊同然です。まともな国のすることではありません。
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 55% (22/40)

もし「バックパッカー」、即ちツアーに入らずに北方領土へ行くには、サハリン経由以外に手段はないはずです。(沿海州からの飛行機はないと思いますが・・・)
サハリンのユジノサハリンスクまでなら日本から定期の船も飛行機もあります。これはJTBやJRの時刻表で問題なく確認できます。
そこから北方領土へは船か飛行機になるはずですが、スケジュールはあってなきが如しで、日本で確実な情報を入手するのは無理ではないかと推測します。
また、それらに外国人(含む日本人)が乗れる(切符が買える)のかはわかりません。
いずれにせよ、勝手な言い方で申し訳ありませんが、ロシアのビザを通常の手続きでとり、一旦サハリンに行かなければ話にならないと思います。
ただ、一般のロシアビザに北方領土訪問に関する制限があれば、交通の問題以前に訪問自体が困難でしょうから、少なくともこの点だけでも日本国内でロシア領事館に確認されることをお勧めします。
  • 回答No.6
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/0)

ロシアのビザを取って北方領土に旅行することは、可能です。外務省の勧告は「自粛要請」で、法的強制力は無いから心配無用。返還の具体的見通しが全く無い状況下、ロシアのビザで北方領土に行った日本人個人は結構いるようです。

ルートは、フェリーor飛行機でまず樺太へ→大泊からロシア船(3~12月は週2便)or豊原空港から飛行機(週に3.4便、ただし欠航が多い)→国後島or択捉島着、となります。樺太から北方領土行きロシア船とサハリン航空便は、手続きさえ正しく踏めば日本人も利用可。

手続の手順は、次のとおり。
1.樺太豊原にあるロシア人経営旅行社に英文でメールを送り、旅程を示して、手配を依頼。そのとき、乗船券or航空券と、訪問する島に有効なプロプスク(通行許可証)の手続を必ず依頼する。ロシア語ができなければ現地通訳の依頼が必要。また島は広いので、移動のため運転手つき車の予約も必要。ホテルも依頼の必要がある(テントで野宿はできない)。日本の旅行社は、どこも取り次いでくれないので、樺太へ直接連絡する必要がある。
2.まず自分の旅券のコピーを送り、この旅行社から樺太豊原(ユジノサハリンスク)行きのバウチャーと招待状を送ってもらい、日本のロシア大使館でビザを取得。バウチャーや申請書に、北方領土の地名が書いてあってはいけない。通行許可証さえあれば、ロシア入国後、バウチャーや申請書に書いていない場所に行っても問題ない。
3.取れたら、ビザのコピーをファクスなどで旅行社に送る。約束どおり手配が進んでいるか、随時確認を取る。確認が取れたら、完了!
4.稚内か函館から、Bon Voyage! 千島の自然を楽しんでください!
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ