• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

著作権法違反になるでしょうか

政府が公表した白書から出典と引用範囲を明示して10行ほど引用し、それ以外は自分で考えてA4版5ページ程度の試験問題を作成し、無料でその試験を実施し、試験後その試験問題を自分のホームページ上に掲載した(ただし、その白書の著作権者には引用の承諾は取ってない)場合、著作権法違反になるでしょうか。 著作権法第三十六条には、 「公表された著作物については、入学試験その他人の学識技能に関する試験又は検定の目的上必要と認められる限度において、当該試験又は検定の問題として複製し、又は公衆送信を行うことができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びに当該公衆送信の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。」とあるので、違反にはならないように思うのですが...。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数392
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • lookfor
  • ベストアンサー率25% (52/205)

専門家ではないので、確信はありませんが、 ・私も、某大学教授の講演を依頼して、その教授はPowerpoitを利用したいが、そのPowerpoitの画像は、引用だらけであるので、著作権を調べて欲しいとのことでした。 ・色々調べ、経過は忘れてしまいましたが、Powerpointとして、その場で映像出力するのは、OK。しかし、それをプリントアウトして資料配布することはよそうと、職場で結論を出しました。 ・その際、国の機関にも紹介しましたが、明白な違法は別として、グレーゾーンの解釈は、ケースバイケースで判断するしかないという風に思いました。(態様は違いますが、一般配布は原則禁止。しかし、学術目的のものは、許容的だったと思います。) ご質問のうち、 「<ただし、当該著作物の種類及び用途並びに当該公衆送信の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。」の解釈が困難なのですが、作家や評論家の著作物の引用ならいざ知らず、政府発表の白書からの引用なら、許容範囲と考えられます。 正確を期すなら、当局に聞かれたら良いでしょうが、NGと言われる気がします。聞かれた役人の保身もあるからです。(前例を作りたくないのが役人です。)もう、そのサイトが賞味期限切れであれば、削除され、そつとしておくのが得策と存じます。今から、遡及して承認を取れと言われても、無意味でしょう。白書であっても、白書も他人のデータを引用している場合もあり、その部分の再引用なら、話は複雑になることもありますでしょうし。 以上、あくまで参考として。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の御回答有り難うございます。 >グレーゾーンの解釈は、ケースバイケースで判断するしかないという風に思いました。 >正確を期すなら、当局に聞かれたら良いでしょうが、NGと言われる気がします。 グレーゾーンというのがあるんですね。確かに、そこには入り込んだら誰も確実なことを言えませんね。そのようなものがあることは、著作権に関する裁判がたくさんあることから見てもうなづけます。 「ただし、当該著作物の・・・この限りでない。」の部分はそのようなことを予測してのものなのでしょうね。 >もう、そのサイトが賞味期限切れであれば、削除され、そつとしておくのが得策と存じます。 幸いまだアップしていません。不安だったので事前にお尋ねしました。 今後ともよろしくお願いいたします。 有り難うございました。

関連するQ&A

  • 著作権法第35条の解釈は?

    著作権法第35条における 『営利を目的としないその他の教育機関』 とは、具体的にいいますと何を指しますか? 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 【著作権法第35条】  学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

  • 「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上

    「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 間違っていますか?あと、文章は幼稚ですか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコ ピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 僕の論点は通っていますか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 間違っていますか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 内容に不備がありますか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 あなたはこれを読んで、内容に不備があると判断しますか?

  • これは著作権法違反ですか?

    先日、歌詞を教えてください、という質問がありました。 手元に歌詞カードがあったのですが、著作権法の規制があり、 とうとうお教えすることができませんでした。 そこで考えたのですが、歌詞を暗号化して投稿することは、 やはり著作権法違反になるのでしょうか? たとえば、「こんにちは」を1字ずらし法で表すと「さあぬつひ」 1字飛び法で表すと「こちんはに」になります。 その他にも簡単に解凍できる暗号法があると思いますが。 なんだか法律の抜け道さがしみたいで、後ろめたい気もするの ですが、合法であれば、こういったQ&Aに道が開けるかなと 思いましたので。

  • ニュースサイトの記事をブログに投稿すると著作権法違反?

    自分のブログに、朝日新聞等ニュースサイトの記事の一部をそのままブログに投稿すると、著作権法違反でしょうか? また、引用として著作権法に抵触しないための引用方法を教えて下さい。

  • 著作権と、著作物の要旨、要約、内容、著者の主張について

     こんにちは。  ブログで、私の書いた書評を公開しようと検討中です。書評を書く に当たって、その本(著作物)の、要旨、部分的な箇所の内容、著 者の主張、について扱わなければ興味深い書評は書けないと思って います。引用については、著作権法に記されていますが、これら、 その本(著作物)の、要旨、部分的な箇所の内容、著者の主張等を 扱うことについて、どんなことをすると、著作権法に反することに なるのでしょうか。また、著作物の要約については、その公表には 著作権者の許諾が必要ということらしいのですが、要旨については その限りではないそうで、それでは、要旨と要約の境界はどのあた りにあるのでしょうか。  よろしくお願いします。

  • 著作権と、著作物の要旨、要約、内容、著者の主張について

    こんにちは。  ブログで、私の書いた書評を公開しようと検討中です。書評を書く に当たって、その本(著作物)の、要旨、部分的な箇所の内容、著 者の主張、について扱わなければ興味深い書評は書けないと思って います。引用については、著作権法に記されていますが、これら、 その本(著作物)の、要旨、部分的な箇所の内容、著者の主張等を 扱うことについて、どんなことをすると、著作権法に反することに なるのでしょうか。また、著作物の要約については、その公表には 著作権者の許諾が必要ということらしいのですが、要旨については その限りではないそうで、それでは、要旨と要約の境界はどのあた りにあるのでしょうか。  よろしくお願いします。