• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

"that"が省略できる場合とできない場合

(1) It was clear that something had to be done. (2) It's a pity that Tanaka could not join our meeting. (3) Is it true (that) you are going abroad? (4) It is natural (that) she should get angry. ロイヤル英文法から引用しました。(3)と(4)では "that" が省略でき、(1)と(2)では省略可能という意味でしょうか?本当ですか?

noname#33948
noname#33948

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1309
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

これだけ見るとそんな風にも見えますね。 でもいずれも that は省略可能です。 もちろん,文体にもよります。 イギリスの新聞のサイト Times Online でググって見ました。 It was clear の例 Almost from the start it was clear things were going to be different under Alex than under Ron [Atkinson]. It was clear the game was up. It was clear they saw it as a civil war. ..., it was clear this document would make waves. But it was clear to me he was suspicious. It's a pity の例 It's a pity it was not always thus. It's a pity he's coming to the end of his career, the game needs a lot more like him. It's a pity some parents do not set a code of conduct within their own family. ... so it's a pity the Tories weren't around to exploit them. ...; it's a pity they still get paid in opposition.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まず、質問でミスがありました。すみませんでした。 (1)と(2)では省略可能→不可 に訂正します。 やっぱり省略できるんですか!ロイヤル英文法の意図はなんだったのでしょうか。 でも省略するとおかしい文もあるんですよね? ありがとうございました!

関連するQ&A

  • that以外で省略されるものは?

    it is ~ thatの文でthatが省略される事があると思うんですが that以外に英文で省略されるものはどういうものがありますか?

  • 「It is a pity that~」「I'm sorry to hear that~」について

    「It is a pity that~」「I'm sorry to hear that~」は 「~とは残念だ /(~を)気の毒に思う」という意味だと思いますが、 pityの方は、同情の意味合いが強いような気がしてしまいます。 (同情されたくない方もいると思うので)同情を強く表さずに 「それは残念な事ですね。/ 悲しい事です。」と 伝える時、「It is a pity that~」ではなく「I'm sorry to hear that~」を使う方がよいのでしょうか。 それとも実際は、どちらを使用しても問題ないのでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • that節中のshouldの用法について質問です。

    手持ちの参考書に、 「 a 当然・遺憾・感情・判断などを表わす形容詞・名詞のあとのthat節ではshouldまたは”主節と同じ時制”を用いる。」 と書いてありました。例文として、 It is natural that he should feel angry. (彼が腹立たしく感じるのももっともだ) とあり、また、書き換えとして、 It is natural that he feels angry. となると、解説されていました。 私はこれまで、that節中のshouldを省略するのならば、shouldをとって、仮定法現在でいわゆる”原形”にすればよいと思っていたのですが、ここではそう解説されていませんでしたので、不思議に思いました。 読み進めていくと次に、「 b 提案・要求・命令・必要・主張などを表わす動詞・形容詞のあとのthat節中ではshouldまたは”原形”を用いる。」 とかいてあり、例文として I demanded that she should pay the debt. (私は彼女が借金を払うよう要求した) とあり、また、書き換えとして I demanded that she pay the debt. と解説されていました。 ここで質問なのですが、that節中のshouldを省略する際”主節と同じ時制にするのと、原形にするのには、どのような区別があるのでしょうか?” というのも、 a のところにも b のところにもdesirableが、よく使われる形容詞としてあったからです。 この場合、どっちも使えるという解釈でいいのでしょうか? また、 b の項目のところに、right、wrongが入っていたのですが、私的には、 a のほうに分類されるのでは、と思ってしまいます。というのも、"判断"の意味ですから。 以上のように、これらの用法について、すごく混乱しております。 出来れば、詳しい解説をお願いできないでしょうか? また、strange , wonderful , desirable , a pity , no wonder , order , advise , request , propose , insist , decide , suggest , right , wrong , important , necessary , essential , proper を、 a , b で分類していただけないでしょうか? 面倒かもしれませんが、よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

Gです。 変換ミス(入力間違い)がありましたので訂正させてください。 >これを実際に書力する「一般アメリカ人」には「不可といえるだけの勇気」はありません。 の「書力」は「省略」です。 ごめんなさい。 省略すると言うよりも、わざわざ意識的に省略すると言うよりも、ただ「使わない」とわたしは言いたいですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 これらすべて省略できる文章です。 ただ、thaを入れ事で、that以下をより引き出す・注目を与える・強調する、と言うようなフィーリングが出てくるように感じますので形式ぶった文章では使いたくなるthatです。 (私も使いたくなります) 「省略不可」と言うのがいわゆる「国語の先生の授業での姿勢」からくる評価なのかもしれません。 ただ私には関心がないといわざるを得ない立場にいますので、これを実際に書力する「一般アメリカ人」には「不可といえるだけの勇気」はありません。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ご質問文は、一部省略されているようですが、出典は「ロイヤル英文法」§90-[4]-(1)「形式主語 (Formal Subjects)」の項ですよね。 同書の「本書の構成」という項には各種記号の用法がまとめられています。それによれば、( )は「省略可能」の意味だそうですので、実際の英文における that の省略可否はどうあれ、著者の意図はそれ以外に考えられません。 しかし、まさにそこから参照されている§381-[2]-(4)の「接続詞 that の省略」には正に  「〈It ~ that …〉構文の that が,口語調で省略されることがある。」 とあり、質問文の that は全てこれに該当します。さらに、質問文 (2) と全く同じ構文と言って良い  It is a pity (that) he did not make that clear.  (彼がその点をはっきりさせなかったのは残念だ) という例文が、こんどは括弧入り that で書かれています。 …という訳で、質問文 (1) (2) の that が括弧に入ってない理由は不明です。 誤植の可能性もありますので、思い切って出版社に確認を取られてはいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • that は義務的に省略されるのでは?

    Our planet is called the Earth. It is the only planet where we know that plants, animals, and people live. という文がありました。2文目の we know that の that は省略しないといけないのではないでしょうか? He is the man who I thought was honest. のような文では、I thought that の that は省略されるはずです。これは、あとに was という動詞が来ているから省略なのでしょうか? 後にSVが続いていたら、省略しなくていいのでしょうか? また、最初の文のように関係代名詞ではなく、関係副詞のときは省略しなくてもいいのでしょうか?

  • thatの使い方?

    NHKラジオ英会話講座より A:Are you done with your homework? B:I'm just wrapping it up. A:You said that an hour ago.(1時間前にそう言ったでしょう。) B:I found some things I forgot to do yesterday. 質問:A:You said that an hour ago.でお尋ねします。 (1)thatは接続詞でしょうか? (2)It isが省略されていますか? You said that (it is) an hour ago.ですか? (3)(2)が正しければ、「it is」を省略するのは会話では当然ですか?  以上

  • thatについて

    辞書にあった例文で Look (to it)that everything is ready というのがありました。()は省略可の意味。万事用意できるように気をつけなさい、という訳でした。ここで Look that everything is readyとみると、thatは「~ということ」を表している目的語ということでいいのでしょうか。that=everything is readyでよいですか?また()内を省略せずにLook to it that everything is ready とするとit=that=everything is readyということになるのでしょうか?何か変な感じがするのですが。itのすぐ後にthatが来てる所が。どなたかわかられる方、アドバイスお願いします。

  • 動詞が連続?とthatの省略。

    英語の勉強をしている者です。 わからない所がありますのでお教え頂けますでしょうか。 とある英語サイトでの文なのですが all we can make is the same old kebabs and curry. とありました。 私たちにできることはいつもの串焼きとカレーだな。との訳ですが なぜmakeの後にisがあるのかが分かりません。 isは必要なものですか? 例えば go have a cup of coffee でgo と have の間に存在するはずのandは省略できるのは わかりますが、上記の文もこれと似たような使い方なのでしょうか。 あとはthatの省略という題で合っているか怪しいものですが、 まずとあるサイトからの引用で Did you call Mr,Takeda and tell him our next meeting was changed to Tuesday? 武田さんに電話して次のミーティングが火曜日に変わったことを伝えてくれた?との訳です。 him の後は目的格とでもいうのでしょうか。また主語+動詞での文となってますが himの後はthatが入るべきですよね? 口語ということで省略されているのでしょうか。それとも関係代名詞の省略ですか? tellやsayやrealize などの後の目的語になる名詞節の接続詞 that は省略できる という 構造的な意味合いなのでしょうか。 とすると our next meeting was changed to Tuesday は名詞節なのでしょうか? 詳しく教えて頂けると幸いです。よろしくお願いします。

  • It appears that ~ の「It」

    「It seems that~」の It は形式主語ではないとの記述が『ロイヤル英文法』にありました。 それでは、It appears[happen/ chance/ turn out] that~の It も同様に形式主語ではないと考えてよいでしょうか。 恐れ入りますが、ご意見をお聞かせいただければと思います。

  • 強調構文 It is ...that---- 省略

    2つ質問します (1)強調構文でthatが省略可能な場合はありますか? (2)同じく強調構文で It isが it'sと短縮されることはありますか? よろしくお願いします 辞書を調べたのですがよく分からなくて…

  • 同じ意味になるようお願いします。和訳もお願いします

    It is certain that she forgot her promise. She ()()() her promise. It is natural that Hiroshi should get angry. Hiroshi ()() get angry. I regret that I didn't bring my umbrella. I ()()() my umbrella.

  • 英文法 形式主語構文

    It for to とIt that どう区別するのでしょうか? 〇It is natural that he go there. 〇It is natural for him to go there. 〇It is dangerous for you to cross the busy street. ×It is dangerous that you cross the busy street. 〇It is a pity that some men look down on women. × It is a pity for some men to look down on women. 〇It is rude for a man to ask a woman how old she is. × It is rude that a man asks a woman how old she is. 色々読んだのですが、わかりません。 どなたか説明お願いします。

  • It is ~ that SV の構文で

    It's only natural you (are being) upset after the way you've been treated. are beingが間違っているようなのですが、どうしてでしょうか?正解はshould be で、It is ~ that SVの構文においてshould が用いられることがあるのは知っているのですが、ここのthat は省略可能でしたか?いけなかったような記憶があるのですが。どなたかよろしくお願いします。

  • that節で使われるshouldについて

    It is natural that she should want to have children.のように「that節中で〈当然・驚き・話し手の感情や判断・必要・緊急・提案・主張・決定〉などを表すときには、動詞の前にshouldをつける。もしくはshould を省略して動詞を原形にする。」というきまりのようなものがあったかと思うのですが、なぜここでshouldが使われるのでしょうか。 「当然」や「主張」で使われる場合は、なんとなく「~すべき」だからなぁ、、と納得はいくのですがなんとなくしっくりきません。 「話し手の強い感情」がこもっているからなのでしょうか? どなたか、そのココロのようなものをご存じでしたら、是非教えて下さい。お願いします。

専門家に質問してみよう