• 締切済み
  • 暇なときにでも

判決を見れるサイト

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数255
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

公式には裁判所で公開しているものが全てかと思われます。 他の入手方法としては、裁判の一方当事者がHPで公開しているケースが挙げられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 確定判断が矛盾してるのでは?(最高裁第3小法廷)

    麻原被告の死刑が確定しましたね。 これで被害者や遺族の無念も報われることでしょう。 確定した理由が控訴趣意書の提出が期限内にされなかったからだそうですが、 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=33538&hanreiKbn=01 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060915183432.pdf 一方で民事裁判で控訴理由書の提出が遅れても却下の理由にはならないと判断しています。 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=33206&hanreiKbn=04 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060613202534.pdf それも、2つの事例の上告審をしたのが共に最高裁第3小法廷だそうです。 どうして、理由を期限内に提出しなかったことについて、2つの矛盾する判断に変わっていったのでしょうか? 最高裁は法律より世論の感情に配慮したと考えていいのでしょうか?

  • 雅叙園観光事件の判決内容が見たい

    労働判例で、雅叙園観光事件(東京地判昭60.11.20労判464号)の判決内容を読みたいのですが、 ※労務関係のある書籍では、判決日が「東京地裁昭和57年7月28日決定」と記載されていました どちらの判決日で下記サイトから検索しても、検索結果が「該当する裁判例がありませんでした」というメッセージが表示され、ヒットしません。 何故でしょうか?判決内容が見れない判決もあるのでしょうか? どうしても見たいときは、裁判所に行けば複写とかできるのでしょうか? http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01

  • 判例データベースを探しています

    ある法人の特許侵害係争の裁判歴を調べたいのですが、 適したデータベース(無料ならなお可)をご存知ないでしょうか? 裁判所の「判例検索システム」は 一部の判例しか収録していないようです。http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01

  • 回答No.1
  • h2goam
  • ベストアンサー率27% (213/786)

そもそも貴方も張っている参考URLの裁判所のサイトで十分ですよ。 他はその内容のパクリや本の判例集からのパクリが殆どなんだから他のサイトを探す事に意味はありませんが?

参考URL:
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 判例の要旨には著作権が発生しますか?

    最高裁判所の判例検索システムに掲載されている判例の中の「要旨」は、裁判所に著作権が発生するのでしょうか? 電話で尋ねたところ、要旨部分には個別に許可が必要とのことでした。 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01

  • 判例の意味がよくわからない

    誰かこの判例の裁判要旨を分かりやすく説明してくれる人いませんか?? よく意味がわかりません!! http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=27592&hanreiKbn=01

  • 東京高判H17.1.18について

    大学で、東京高判H17.1.18(金融商事判例1209号10項)の 全文が必要になりましたが、裁判所の検索ページで検索しても出てきません。 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=07 これはどうしてでしょうか? 仕方ないので判例時報を見に図書館に行こうと思うのですが、 何年の何月出版の判例時報にのっていますか? ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうかご教授おねがいします。

  • 民法第397条(抵当不動産の時効取得による抵当権の消滅)の適用の可否について

    法律の勉強をしています。 某所に 「最高裁・昭和43.12.24 未登記の第三取得者には取得時効を認める。」 と記されているのですが、この趣旨が理解できません。 ここに挙げられた「最判昭43.12.24」とは、おそらく、 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=27542&hanreiKbn=01 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/0953C5190275574E49256A85003122EF.pdf のことだと思います。 判旨は理解しましたが、 「未登記の第三取得者には取得時効を認める」という解釈に及びません。 (執筆者に直接問い合わせるべきところなのですが、  以前に別件で執筆者宛にEメールを送ったものの音沙汰なく、  どうも執筆者への問い合わせシステムが機能していないようなので、  こちらに質問させていただきました。) よろしくお願いいたします。

  • 使用者責任(民法715条)と外形標準説

     民法715条の使用者責任で,判例は,下記のとおり,取引的不法行為のみならず,事実的不法行為についても,外形標準説(:その行為の外形からみて被用者の職務の範囲内に属する行為か否か判断するという説)を採っています。 【質問】  外形への信頼が生じない事実的不法行為(交通事故,被用者の暴力行使等)について外形標準説を採ることの理由・メリットについて,皆様の考えをお聞かせください。 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=28377&hanreiKbn=01 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=29424&hanreiKbn=01 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=27179&hanreiKbn=01 ※(使用者等の責任) 第715条 ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。 2 使用者に代わって事業を監督する者も、前項の責任を負う。 3 前2項の規定は、使用者又は監督者から被用者に対する求償権の行使を妨げない。

  • この判例を解説してください

    http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=80672&hanreiKbn=06 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=80762&hanreiKbn=02

  • 判決の意味が分かりません

    (1)最高裁は、平成21(受)1338において、破棄差戻しとしました。主文は次の(a)、(b)のとおりです。 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=80271&hanreiKbn=02 (a)原判決を破棄する。 (b)本件を名古屋高等裁判所に差し戻す。 (2)名古屋高裁は、控訴を棄却しました。主文は次のとおりです。 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=37530&hanreiKbn=04 (a)本件控訴を棄却する。 (b)控訴費用は控訴人の負担とする。 Q1 (1)の主文はどの様な意味でしょうか。名古屋高裁で再審理せよという意味でしょうか。 Q2 (1)、(a)に言う「原判決」は、(2)の「全文」、「別紙」のどちらかのことでしょうか。 Q3 (2)の主文はどの様な意味でしょうか。名古屋地裁で再審理せよという意味でしょうか。 Q4 名古屋地裁は本件を再審理したのでしょうか。 Q5 (2)の「別紙」は名古屋地裁における本件の最初の判決でしょうか。 Q6 本件は、(2)の「別紙」で確定したのでしょうか。 裁判というものを全く知らないので、トンチンカンな質問をしていると思います。 もしできれば、Q1~Q6のそれぞれに御回答を頂けないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 平成21年9月4日判決

    平成21年9月4日判決 つい先日出された平成21年9月4日判決ですが、 重要かつ借主に大きな利益を生む判決だと言われているようです。 なぜこのように重要視されているのでしょうか、 過去の判決や、考えかたと何か大きな違いが生じたのでしょうか ご回答お願いします。 参考URL http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090904111138.pdf

  • 建物買取請求権について

    連日の質問で恐縮です。 法律の勉強をしています。 ↓某所にある記述(抜粋)なのですが、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ AがBから土地を賃借して、建物を建て、その登記をした後、その建物にCの抵当権を設定して、登記をしたが、Aが弁済期に履行しなかったので、Cが抵当権を実行して、Dがその建物を競落した。 B(借地権設定者)が土地の賃借権の譲渡を承諾しないときは、D(建物の譲受人)はBに対して建物を時価で買い取るよう請求することができます。(借地借家法14条) なお、請求する金額は借地権の価額を超えることはできないとされています。(最高裁・昭和35.12.20) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「請求する金額は借地権の価額を超えることはできないとされています」 ↑これって本当ですか? なお、最判昭35.12.20(昭34オ730)は、 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=29024&hanreiKbn=01 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/155D4DF261BA559E49256A85003162A3.pdf です。

  • このリンク先の判例を解説してください。

    http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=62344&hanreiKbn=02