• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

連城三紀彦のエッセイってありますか?

日本エッセイストクラブの「ベスト・エッセイ」という本があります。年度ごとに選んだエッセイが載っているのですが、連城三紀彦さんのエッセイがとても気に入っています。先日、書店で連城さんのコーナーをのぞきエッセイを探したのですが見当たりませんでした。ちなみに私はノンフィクションかエッセイしか読まず、特に小説というのは全く読まないため、小説家の出版した本がよくわかりません。連城三紀彦さんは過去にエッセイ集を出していますか?もし出しているのであればタイトルを教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

以下のサイトの中段「恋文のおんなたち」 のところに、エッセーとあります。参考まで。 http://tanteisakka.at.infoseek.co.jp/rentan.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。さっそく今から本屋で探してみます。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 自分で書いたエッセイを応募するには…

    質問のタイトルがヘンでしたが、エッセイのような身辺雑記を書くのが好きで、ブログに毎日書いています。 日本エッセイスト・クラブが発行している「○○年版ベスト・エッセイ」も好きで毎年買っていますが、自分で書いたエッセイを応募するにはどうすればいいのでしょうか。 小説の場合は素人が投稿するコンテストを設けている雑誌がありますが、エッセイの場合は聞いたことがありません。 自分が書いたエッセイを発表したり、応募したりする場をご存知の方がいらっしゃれば教えてください。 宜しくお願いします。

  • 2012年以後のベストエッセイを集めた本は?

    年度毎のベストエッセイ集が83年から2011年まで毎年 発刊されていました。 それ以後の年度毎のベストエッセイを集めた 本をお教え下さい。

  • 日経新聞の連載小説

    過去の日経新聞の連載小説を、もう一度刊行本で読んで楽しんでいます。90年前後に連載された小説で、東北の漁村(寒村?)を舞台にした小説の書名か作者を教えてください。たしか、東京に出稼ぎに行ったご主人を持つ奥さんの話で、連城三紀彦の「褐色の祭り」の前後の掲載だったと思うのですが...

  • 沖縄に関する小説やエッセイを探しています。

    沖縄に関する小説やエッセイを探しています。 本のカテゴリか迷ったのですが・・・こちらにしてみました。 10月に八重山にひとり旅に行くのですが、 それまでに気分を盛り上げるために?! より興味を持って旅行が出来るように、 沖縄に関する小説やエッセイなどを読んでおきたいな~と思っています。 今チェックしてるのは、映画も観た奥田英朗さんの「サウスバウンド」。 池上 永一さんの「風車祭」です。 ネガティブで批判的な内容じゃなければ、 フィクションでもノンフィクションでもジャンルは問いません。 心当たりのある方がいたら、教えて下さい! よろしくお願いします。

  • 宗左近氏のことを書いたエッセー(角川文庫収録)

    数ヶ月前のことです。書店の角川文庫の コーナーで、ふと一冊の本を手に取りました。 どうやらエッセーのようで、宗左近さんが作った 数々の個性あふれる(あふれすぎる)歌詞を 紹介していました。 そのときは買わなかったのですが、今になって すごく気になってきました。 しかしタイトルを忘れてしまいました。何だった のでしょうか? ・・・ひょっとしたら角川じゃなかったかも しれません。。。(文庫なのは間違いないです)

  • お勧めのエッセイ&ノンフィクション作家をよろしくお願いします

    質問はタイトルどおりです。 小説とかドラマとか見ると「そんなうまいこと行くかアホ」となりがちなのでノンフィクションとエッセイしか読まないのですが、読む本が尽きてきました。 そこでBookOffで文庫本を大人買いしてこようと思うのですが、何か良い作家さんはいないでしょうか? 面白い系のほうが良いですが、別にそれ以外でもいいです。 今までにこの方のノンフィクションは文庫本で出る限りは全部読んでます。 ・原田宗典 ・群ようこ ・清水ちなみ ・ナンシー関 ・畑正憲 ・上前 淳一郎 ・爆笑問題 ・清水義則 ・三浦綾子 ちょっと今本棚の前にいないので他にもあったかもしれません。よろしくお願いします。

  • 「王様のブランチ」で紹介された泣ける小説のタイトル

    ある小説のタイトル、著者を知りたいです。 手掛かりとなる情報は ● 以前、TBS「王様のブランチ」のブックコーナーで、松田哲夫氏が今年度の泣ける小説Best1として大推薦していました。 ● 書店でその本を見たときは、帯にも松田氏のキャッチが載っていました。 ● MCの優香さんも泣けたといっていました。 この小説を友人にプレゼントしたいのですが、タイトル、著者ともにまったく思い浮かびません。 お心当たりのある方は情報提供をお願いします。

  • エッセイ、批評文に実名を出すことの著作権

    著作権という名称でないかも知れませんが、もし自主出版などでエッセイ的だったり例えば演劇、映画、音楽等の批評文などの本を出版したい場合、その文章に出てくる実名は、全部、本人に断りの連絡をしているのでしょうか? 自主などでなく大手出版社から出ている本はどうなのでしょうか? 例えば断りを入れるとして、謝礼などを払っているのでしょうか。 また法律的には断らなければいけないのでしょうか。 例えば批評文だと相手を批判する文もあるかと思うのですが、その際、掲載の連絡をしなかった場合、名誉毀損などあるのでしょうか。エッセイスト、批評家の方はどうされているのでしょう。 質問が多くなりましたが、お答え頂ける部分のみでも全然結構です。 宜しくお願い致します。

  • タイトルが思い出せない宇宙エッセイ

    知り合いにプレゼントしようと思っていた本があるのですが、 どうしてもタイトルが思い出せません。 かなり曖昧な記憶しかないのですが、 下記が覚えている限りの情報です。 ・著者は男性の科学者 ・科学(たしか宇宙)の読み物 ・ノンフィクションというよりは、エッセイ。文学寄り? ・amazonのレビューがいくつかついており、「文章が美しい」と何度も書かれていた気がする。 ・表紙は、地味目だった。 記憶違いの部分もあるかも知れません。 面白そうな本だった、という記憶は強いので、 何とか知人にプレゼントしたいと思っています。 お知恵を貸してください。 よろしくお願いします。

  • 吉川英治の酒のエッセイ?

    六甲出版の吉川英治の『三国志』のカバー表紙裏(というのでしょうか?)に、 酒に関するエッセイが載っていました。 わたしは酒は飲めないのですが、たいへん気に入ったので そのエッセイを探したのですが見つかりません。 『現代青年道 酒に生きる』というような タイトルだったように記憶しています。 単独では本になっていないようなのです。 どこかの全集などに収録されているのでしょうか? ご存じのかたいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。