• 締切済み
  • すぐに回答を!

エッセイ、批評文に実名を出すことの著作権

著作権という名称でないかも知れませんが、もし自主出版などでエッセイ的だったり例えば演劇、映画、音楽等の批評文などの本を出版したい場合、その文章に出てくる実名は、全部、本人に断りの連絡をしているのでしょうか? 自主などでなく大手出版社から出ている本はどうなのでしょうか? 例えば断りを入れるとして、謝礼などを払っているのでしょうか。 また法律的には断らなければいけないのでしょうか。 例えば批評文だと相手を批判する文もあるかと思うのですが、その際、掲載の連絡をしなかった場合、名誉毀損などあるのでしょうか。エッセイスト、批評家の方はどうされているのでしょう。 質問が多くなりましたが、お答え頂ける部分のみでも全然結構です。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数355
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

基本的に、著作物(映画等を含む)の「タイトル」には著作権はありません。 (ディズニーなど、例外的にタイトルにまで商標権(かな?)を行使する場合もありますが、一般にはタイトルに関してはフリーです) それを言い出したら、小学校の「読書感想文」を書くにも、大学生が卒論を書くにも、書いた著作物のタイトルすべての著者に許可を取らねばなりません(読書感想文や学生の論文とはいえ、公に公開される場合がありますので、そうなると著作権の問題は避けて通れません)。 しかし、過去の経験上、学校の宿題のために著者に許可を取った覚えはありませんし、学生時代の論文でも、何十件もの論文を引用しましたが、何一つ、許可を取ってはいません。 内容を引用する場合は引用元をきちんと明示すれば、引用に関しては許可の必要はありません。 wikiより引用↓ 公表された著作物は自由に引用して利用することが出来る。ただし、それは公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道・批評・研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならないとされる。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9#.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9.E3.81.AE.E5.AF.BE.E8.B1.A1.E3.81.A8.E3.81.AA.E3.82.89.E3.81.AA.E3.81.84.E3.82.82.E3.81.AE 内容的に名誉を毀損するほどのエッセイや批評文であれば、著作権の問題ではなく「名誉毀損」で訴えられる可能性は、もちろんあります。 しかし、そういう「名誉毀損」にあたるものを「書きますが、いいですか」と許可を取りに行っても、許可されるはずもないでしょう。 ちまたの週刊誌で「名誉毀損」問題が跡を絶たないのは、いちいち当事者に許可を取っていない証拠です。 一応、編集関係の仕事をしていますが、エッセイ、批評、論文等、いずれもいちいち著者に許可を取ってはいません。 もちろん、「常識の範囲を超えて」引用する場合、内容的にかなり批判的である場合等、関係者に「お伺い」を立てることはありますが、かなり例外的です。 そんなことを言っていたら、各新聞、各雑誌が総理大臣の記事を書くのに、いちいち総理官邸へ問い合わせせねばなりません。 有名芸能人もそうです。新聞、雑誌、ワイドショーに取り上げるたんびに事務所に許可を……なんてこと、問い合わせされる方も迷惑に思うはずだと思いますが……。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な御説明を頂きまして、大変ためになりました。本当にありがとうございます。   もの凄くぶった斬っている辛口の批評本や、特ダネ芸能週刊誌などは、いつも名誉毀損の綱渡り的に発売しているということでしょうか!?

関連するQ&A

  • 内部告発

    西宮冷凍の社長が書いた本の名前わかりますか? 本屋で売ってるんでしょうか? あれは自主出版でしたっけ?

  • 新品の本を差し上げたいのですが。

    自主出版の本(小説)の在庫があります。 地域によっては、図書館にも置かせていただいておりますが、 どのような形で 貰って下さる方を探したらいいものかと 思案にくれております。 良い方法がありましたら お教えください。

  • ブログで出版各社を批評。だめか。

    私は裁縫のブログを書いています。 裁縫の本を数社が出していて、その数社について私個人の意見として批評したいです。 A社は、型紙が見にくく、服を作る過程の説明が分かりにくい絵と文で、初心者には向かない。 B社は、解説や型紙が分かりやすく見やすい。また、服を作る過程が写真で解説されていて大変分かりやすい。初心者にはもってこい。 C社は、手芸のとある雑誌を出している出版社でもあり、そのとある雑誌から良いところを抜粋した本がいくつかある。写真つきで大変分かりやすいし、解説文も分かりやすい。これも初心者に向く。 D社は、初心者には向かない。文章が分かりにくく書いてあり、読みにくい。 など、各社の批評をするのは問題ありませんか。 正しくブログを使いたいので、教えて下さい。 もし、問題がないなら、こういう内容は、感じ悪くないですか?

  • 回答No.1
  • ID10T5
  • ベストアンサー率31% (732/2313)

それはケースバイケースですね。文章中に実名を使うというだけで、本人の許諾を得ることが必要というわけではありません。しかし例えば著作物(書籍等)のタイトルに著名人の氏名を用いる場合は多くの場合、本人の許諾をとり、適切な対価を支払っているはずです。 氏名に関する直接の権利が法上認められているわけではありませんが、氏名やその人のエピソードに関する記載が顧客吸引力を有する場合、そのような利益や価値は著名人本人に独占排他的に利用することが判例上認められています。これをパブリシティ権と言います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E6%A8%A9 パブリシティ権というのは人格権に派生する権利だとされています。ですからダービー馬の名前等には認められていません。馬は法律上は物でしかなく、人格権がないためですね。物に関する権利(物権)は法律で認められたものしか主張することができません。物権法定主義といいます。逆に、人間は物ではないので物権法定主義の拘束を受けません。 その人の氏名や話題を書籍で取り上げることで、その書籍が売れる(顧客吸引力がある)のならば当然その書籍はその人の利益を横取りしている形になります。つまり他人の有する顧客吸引力をタダで利用することは許されないということです。 なおその人物が著名でなければ、顧客吸引力も発生してきません。人格権は誰にでも認められていますが、パブリシティ権はその人物の著名性に影響します。 事実、週刊誌などはしょっちゅう著名人から訴えられていますね。ただし週刊誌の場合は種々雑多な著名人の話題をいつも扱っていて、特定の著名人の話題だけで売上が伸びたことを立証しにくいので、特定著名人の名前やゴシップが掲載されたというだけでは裁判まで至りづらいです。要するに著名人の側も勝てない喧嘩はしないということです。 しかし例えば週刊誌のゴシップ話等、事実と違う記載がなされた場合、週刊誌側の落ち度の立証が可能な場合が出てきます。著名人の側からすれば事実はこうで週刊誌は間違っているといえば済みますから。つまり著名人の側に勝ち目が出てきますから、ここぞとばかりに出版社側に裁判を仕掛けてくることになります。 ちょっと長くなりましたが、以上のことから、あなたが仮にエッセイや批評文で所定の著名人の名前や話題を扱う場合に許諾が必要かどうかが予想できるはずです。 つまり著名人が自分の名前を掲載したことでそのエッセイが購読され、顕著な売上が得られたという因果関係を相手方から立証されそうな場合は、当然事前許諾を求めておいた方が安全ということになりますね。そうしておけば、後々裁判費用が発生しなくて済みますから。 その人物が著名でないなら、許諾を得ることはマストではないですが、一言断りくらい入れておいてもいいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変御丁寧で分かりやすい御説明を本当にありがとうございます。凄く嬉しいです。そうですか。批評文で作品に対して否定的な文を書く場合、断りを入れるのは、難しそうですね。その場合批評家の方はどうしているのでしょうか。断りを入れず、一か八かみたいな感じなのでしょうか。

関連するQ&A

  • 評論家アンソニー・ウエストと批評家ホレス・グレゴリーをご存知の方!

    岩波文庫から出版されている(現在は絶版のようです)『ロレンス短篇集』という本があります。編訳は河野一郎という人です。 この本の巻末解説に、D.H.ロレンスの作品に対して 評論家のアンソニー・ウエストという人と、批評家ホレス・グレゴリーという2人が言った言葉を引用しているのですが、この2人のついて至急教えていただきたく、書き込みました。 この2人の評論家と批評家の名前のスペリングだけでも教えていただけると、大変助かります!もし、可能でしたら、生没年や出版物なども教えていただきたいです。 早急に必要ですので、どうかご協力のほど、お願い申し上げます。

  • 文学作品と実用文 の違いは?

    文学というジャンルには、詩歌や小説以外にもエッセイや批評というジャンルがあります。 詩歌や小説が、文学と呼ばれるのは当然ですが、星野道夫のエッセイや小林秀雄の批評などには、商品説明やマニュアル本、日常会話などで使われている、いわゆる実用文とは明らかに違ったものを感じます。 しかし、全てのジャンルで、作者や話者が使用しているのは、言葉で、全く同じ材料に過ぎません。 そこで質問です。 文学作品と非文学(実用文)の違いは何なのでしょうか? また、皆様は、どういった表現によって,その違いを感じますか? さらに、文学と実用文の境目というと、どんな文章で境目を感じますか? 質問は3つになりましたが、1つの回答で充分ですので,皆様のお考えを教えてください。

  • 著作権が切れたエッセイ

    タイトルのごとく著作権が切れたエッセイでも翻訳してみようかなとおもっています。まだ日本語に翻訳されていないお勧めの作品(難解なものでも良いがページ数は多くて5~6枚ぐらいまでが良い)があれば教えてください。

  • 『広義の著作権』。こんな場合は、どうなるのでしょうか?

    素人質問で恐縮です。以下のようなことを思いつき、いろいろと調べましたが、 よくわかりませんでした。『著作権』の境界線は、どこにあるのでしょうか? (1)文章の変形 たとえば、「むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました」を 書き換え、「タシマイガンサアバオトンサイジオニロコトルア、シカム、シカム」と して、原形とまったく異なる文字列の文にした場合、『広義の著作権』は、どの 程度まで認められますか?   (2)暗号化 (1)の例文をさらに複雑に並べ替えて 「るとたあんし、さましいいかじがむおん、にさしろあかこばむとお」 などと変形した場合には、どうでしょうか? この場合には、すでに意味不明な文字列ですが、『法的』には、まったく 別の 文字列の文をつくったと認められますか? そして、このような手法で、すでに著作権の消滅している作品あるいは 独自の作品を暗号化して出版した場合、質問者に『広義の著作権』が、 認められるでしょうか? (3)短文 たとえば、 ―なにがあっても春夏秋冬 これは、質問者の個人的な心理状態を現実の季節感に重ね合わせて表現した つもりの自作のへたな「即興詩」?なのですが、この程度では『広義の著作権』 でも質問者が権利を主張することは無理でしょうか? あるいは、知らないうち に誰かの著作権を侵害しているでしょうか?  (4)実験的音楽 ある音楽家の場合は、3楽章とも「休み」という作品をつくって、著作権料まで 支払われているそうですが、 たとえば、『他の著作権を侵害しないよう実演する123分以内の楽曲』という 内容の楽譜を質問者が公表した場合、『広義の著作権』は認められますか? どちらも誰でも思いつきそうなことのように考えられますが、「有名か無名か」 で『広義の著作権』が、認められたり、認められなかったりするのでしょうか? (5)妄想 (4)で考えた『123分』の楽曲の場合、解釈によっては、それ以後につくられる 123分以内のすべての楽曲をあらかじめ含むことになります。 そこで、その楽曲に『広義の著作権』が、認められる場合を考えてみました。 たとえば、仮に質問者が高名な音楽家を『著作権侵害』で訴え裁判をおこすと します。質問者の『著作権は認められている』のですから、その点については、 争う余地はありません。相手は、そんな無名の素人の思いつきの作品など 「知らなかった」と主張します。そして、質問者は裁判に負けると思います。 逆に名誉毀損などで訴えられるかもしれません。 けれども、相手の音楽家は、その後に新しい作品を公表できるでしょうか? 少なくとも演奏時間が123分以上の作品しか公表できなくなるのでは? なぜなら、『123分以内の楽曲』の著作権は質問者にあるのです。そして、 相手の音楽家は裁判によって、そのことを知っているのです。 あれ、何か変な結論です。やはり、最初から『広義の著作権』も認められない ということでしょうか? (6)類似する表現 俳句などの短い詩型では、類似する表現の作品があるそうですが、その場合 「広義の著作権」は、先に公表した人の権利になるのでしょうか?   あるいは、どの人にも認められるものなのでしょうか? たとえば、AさんとBさんが、それぞれ独自に偶然にもまったく同じ表現 の俳句をつくった場合など、どちらの人にも『広義の著作権』が認められ るのでしょうか? あるいは、松尾芭蕉の「古池や 蛙飛び込む水の音」という作品を、まったく 知らない小学生が「古池にかえるが飛び込む音がした」などという俳句 らしきものをつくった場合に、その小学生にも『広義の著作権』は、認め られますか? (7)この質問の著作権 このサイトの利用規約によると、この質問の『著作権』は、このサイトを運営する 会社に帰属するものになるようです。仮に、質問者が『本』を出版しようと思った ときに、この質問に書いたことを無断で使ったら、たとえ「本人」でも、著作権の 侵害になりますか? ご多忙中のところ、いろいろとおたずねしますが、どの例も微妙に違和感が のこってしまい、すっきりしません。できれば、番号別に回答をいただけたら ありがたいです。 私の勉強不足かもしれませんが、みなさまのご回答を宜しくお願いします。

  • 同人誌制作について

    20代半ば、漫画家目指しています。 少しずつ成長しているとは思うのですが、 なかなか成果が出ず、悩み中です。 という愚痴を友人にこぼしたところ、 「同人誌にチャレンジしてみたら?」と言われました。 漫画を完全に趣味と割り切って、自分の好きなように描くも良し、 同人活動しながら、プロを目指すも良し、 という風にアドバイスをもらったのですが、 実際、同人誌を出版するとなると、全くその方法が分かりません。 そのアドバイスをくれた友人は「いろいろ調べておくよ」と 言ってくれたのですが、実際仕事がとても忙しい人で、 彼女に頼りきっているのもどうかと思い、今回質問させて頂きました。 何度か漫画を出版社に投稿しているので、 描き方は分かっているつもりです(かなり未熟者ですが)。 ただ、台詞の入れ方や本の作り方、自主出版について、 同人誌の販売方法など分からないことだらけなので、 知識のある方のアドバイスお待ちしてます!

  • 文庫の自主制作を安く実現させたい

    こんにちは。この度はお世話になります。 地方文学賞で入賞した小説の権利が戻ってきたので、 書き溜めた短編と併せ、個人として本を作りたいと思っています。 自分で原版を組み、あとは印刷所にだけ頼って作ろうという計画です。 スタイルは自分の好きな「文庫」にしたいと考えています。 縁のある印刷所に見積もりを出してもらったところ、 150ページのものを100冊で78000円ということ。 1冊を500円で売る予定だったので、これでは赤字です。 そこでお聞きしたいのが、 (1)相場(78000円は妥当なのか)、 (2)文庫以外のスタイルだと、同じ文字数でも安くなったりするのか、 (3)書店に並んでいる文庫が、あれほど安価で売られている理由 です。 不勉強、世間知らずですみません。 出版社や印刷所にお勤めの方、自主出版の経験のある方など、 教えていただけたら大変ありがたく存じます。

  • 書籍内で、他の書籍について紹介することは違法でしょうか。

    現在自費出版で、 自分の体験を踏まえた某資格試験向けの ハウトゥ本を出版したいと思っています。 ただ、その本文の中に、 多数お勧め参考書を書きたいと思っているのですが、 そもそも、このように、 本文の中で、お勧め書籍を明記することは、 その著作者に対して断りなく掲載すると、 法に抵触するのでしょうか? 私もそのようなハウトゥ本は 何度も読んできましたが、 本によっては、大量の数の お勧め書籍がコメント入りで、 列挙されていたりします。 おそらく、無許諾で、勝手にコメントしているように 思えるのですが、 このようにハウトゥ本上での、 他者によって書かれた本に対しての批評というのは、 問題がないのでしょうか。 極端な例でいいますと、 最近ですと、「名作ダイジェスト本」のような 書籍の要約を50個ぐらい載せて販売しているケースがあります。 割と最近のベストセラー本の中身の要約について書いて、さらに、批評も加えており、 見方によっては、これはこの書籍の購買意欲をそぐような内容にもなっている気がします。 購買を助長して高めるような内容なら問題がなく、 購買意欲をそぐような内容は問題ありなのかなとも 思いますが、どうなのでしょう? アドバイスをいただけますと幸いです。

  • 巷の書籍

    プロが原稿を添削するということで、某出版会社へエッセイの原稿を送りました。 後日、感想や指摘の封書をいただきましたが、さらに電話もありました。 要は自費出版です。 ハードカバーなら200万、文庫なら100万・・・印税は2% 別に印税目的なんてさらさらありません。度々営業の連絡があり、この出版会社はリスクも負わずに、何なのかと原稿を送って悲しくなりました。 本の売れ行きは減少している現在ですが、エッセイや指南書の多くはまったくの素人っぽい方も多くないでしょうか。この多くはやはり自費出版なのですか。 あるいは公募で応募して納得するべきなのでしょうか。

  • 著作権の著作権?

    街に貼ってあるポスター(つまり誰かの著作物)を撮影した写真(これは私の著作物?)をブログに掲載。その写真を他の人に無断で転載、使用されてしまいました。この場合、この写真の使用を禁ずる資格が私にもありますか?

  • 頼まれたホームページ作成者への名誉毀損について

     ある自称文学者から自分の家庭内のことを具体的に赤裸々に実名で述べた講演の内容をインターネットのホームページ上に載せて欲しいと第三者の作成者が頼まれて載せました。ところがそれを見た、社会的に地位のあるその文学者の娘がこれを見て事実に反することが書いてあり、名誉毀損にあたる内容だと考えその第三者の作成者に、即時削除しその上に謝罪文を載せないと親相手でなく頼まれた作成者を名誉毀損で訴えると連絡してきました。この作成者はわざわざ謝罪文をも書いて削除しなければいけないのでしょうか。どなたか教えてください。お願いします。