• 締切済み
  • すぐに回答を!

エッセイ、批評文に実名を出すことの著作権

著作権という名称でないかも知れませんが、もし自主出版などでエッセイ的だったり例えば演劇、映画、音楽等の批評文などの本を出版したい場合、その文章に出てくる実名は、全部、本人に断りの連絡をしているのでしょうか? 自主などでなく大手出版社から出ている本はどうなのでしょうか? 例えば断りを入れるとして、謝礼などを払っているのでしょうか。 また法律的には断らなければいけないのでしょうか。 例えば批評文だと相手を批判する文もあるかと思うのですが、その際、掲載の連絡をしなかった場合、名誉毀損などあるのでしょうか。エッセイスト、批評家の方はどうされているのでしょう。 質問が多くなりましたが、お答え頂ける部分のみでも全然結構です。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

基本的に、著作物(映画等を含む)の「タイトル」には著作権はありません。 (ディズニーなど、例外的にタイトルにまで商標権(かな?)を行使する場合もありますが、一般にはタイトルに関してはフリーです) それを言い出したら、小学校の「読書感想文」を書くにも、大学生が卒論を書くにも、書いた著作物のタイトルすべての著者に許可を取らねばなりません(読書感想文や学生の論文とはいえ、公に公開される場合がありますので、そうなると著作権の問題は避けて通れません)。 しかし、過去の経験上、学校の宿題のために著者に許可を取った覚えはありませんし、学生時代の論文でも、何十件もの論文を引用しましたが、何一つ、許可を取ってはいません。 内容を引用する場合は引用元をきちんと明示すれば、引用に関しては許可の必要はありません。 wikiより引用↓ 公表された著作物は自由に引用して利用することが出来る。ただし、それは公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道・批評・研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならないとされる。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9#.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9.E3.81.AE.E5.AF.BE.E8.B1.A1.E3.81.A8.E3.81.AA.E3.82.89.E3.81.AA.E3.81.84.E3.82.82.E3.81.AE 内容的に名誉を毀損するほどのエッセイや批評文であれば、著作権の問題ではなく「名誉毀損」で訴えられる可能性は、もちろんあります。 しかし、そういう「名誉毀損」にあたるものを「書きますが、いいですか」と許可を取りに行っても、許可されるはずもないでしょう。 ちまたの週刊誌で「名誉毀損」問題が跡を絶たないのは、いちいち当事者に許可を取っていない証拠です。 一応、編集関係の仕事をしていますが、エッセイ、批評、論文等、いずれもいちいち著者に許可を取ってはいません。 もちろん、「常識の範囲を超えて」引用する場合、内容的にかなり批判的である場合等、関係者に「お伺い」を立てることはありますが、かなり例外的です。 そんなことを言っていたら、各新聞、各雑誌が総理大臣の記事を書くのに、いちいち総理官邸へ問い合わせせねばなりません。 有名芸能人もそうです。新聞、雑誌、ワイドショーに取り上げるたんびに事務所に許可を……なんてこと、問い合わせされる方も迷惑に思うはずだと思いますが……。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な御説明を頂きまして、大変ためになりました。本当にありがとうございます。   もの凄くぶった斬っている辛口の批評本や、特ダネ芸能週刊誌などは、いつも名誉毀損の綱渡り的に発売しているということでしょうか!?

  • 回答No.1
  • ID10T5
  • ベストアンサー率31% (732/2313)

それはケースバイケースですね。文章中に実名を使うというだけで、本人の許諾を得ることが必要というわけではありません。しかし例えば著作物(書籍等)のタイトルに著名人の氏名を用いる場合は多くの場合、本人の許諾をとり、適切な対価を支払っているはずです。 氏名に関する直接の権利が法上認められているわけではありませんが、氏名やその人のエピソードに関する記載が顧客吸引力を有する場合、そのような利益や価値は著名人本人に独占排他的に利用することが判例上認められています。これをパブリシティ権と言います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E6%A8%A9 パブリシティ権というのは人格権に派生する権利だとされています。ですからダービー馬の名前等には認められていません。馬は法律上は物でしかなく、人格権がないためですね。物に関する権利(物権)は法律で認められたものしか主張することができません。物権法定主義といいます。逆に、人間は物ではないので物権法定主義の拘束を受けません。 その人の氏名や話題を書籍で取り上げることで、その書籍が売れる(顧客吸引力がある)のならば当然その書籍はその人の利益を横取りしている形になります。つまり他人の有する顧客吸引力をタダで利用することは許されないということです。 なおその人物が著名でなければ、顧客吸引力も発生してきません。人格権は誰にでも認められていますが、パブリシティ権はその人物の著名性に影響します。 事実、週刊誌などはしょっちゅう著名人から訴えられていますね。ただし週刊誌の場合は種々雑多な著名人の話題をいつも扱っていて、特定の著名人の話題だけで売上が伸びたことを立証しにくいので、特定著名人の名前やゴシップが掲載されたというだけでは裁判まで至りづらいです。要するに著名人の側も勝てない喧嘩はしないということです。 しかし例えば週刊誌のゴシップ話等、事実と違う記載がなされた場合、週刊誌側の落ち度の立証が可能な場合が出てきます。著名人の側からすれば事実はこうで週刊誌は間違っているといえば済みますから。つまり著名人の側に勝ち目が出てきますから、ここぞとばかりに出版社側に裁判を仕掛けてくることになります。 ちょっと長くなりましたが、以上のことから、あなたが仮にエッセイや批評文で所定の著名人の名前や話題を扱う場合に許諾が必要かどうかが予想できるはずです。 つまり著名人が自分の名前を掲載したことでそのエッセイが購読され、顕著な売上が得られたという因果関係を相手方から立証されそうな場合は、当然事前許諾を求めておいた方が安全ということになりますね。そうしておけば、後々裁判費用が発生しなくて済みますから。 その人物が著名でないなら、許諾を得ることはマストではないですが、一言断りくらい入れておいてもいいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変御丁寧で分かりやすい御説明を本当にありがとうございます。凄く嬉しいです。そうですか。批評文で作品に対して否定的な文を書く場合、断りを入れるのは、難しそうですね。その場合批評家の方はどうしているのでしょうか。断りを入れず、一か八かみたいな感じなのでしょうか。

関連するQ&A

  • 連城三紀彦のエッセイってありますか?

    日本エッセイストクラブの「ベスト・エッセイ」という本があります。年度ごとに選んだエッセイが載っているのですが、連城三紀彦さんのエッセイがとても気に入っています。先日、書店で連城さんのコーナーをのぞきエッセイを探したのですが見当たりませんでした。ちなみに私はノンフィクションかエッセイしか読まず、特に小説というのは全く読まないため、小説家の出版した本がよくわかりません。連城三紀彦さんは過去にエッセイ集を出していますか?もし出しているのであればタイトルを教えてください。

  • インターネット上での実名掲載

    何気なく疑問に思いましたので、質問させて頂きます。 インターネット上で、本人の承諾無しに実名を出した場合、その人の悪口などを書いていなかったとしても、犯罪になるのでしょうか? また、インターネット上はインターネット上でも、個人でサーバーを立ち上げて、関係者以外一切アクセスできないようなHPで、人の名誉を棄損した場合と、レンタルサーバーなどを借りて、誰でもアクセスできるHP上で、人の名誉を棄損した場合とでは、罪の重さは同じなのでしょうか? ご回答の程、よろしくお願いします。

  • 名誉毀損の基準は?

    名誉毀損の基準についてお伺い致します。 名誉毀損とは住所・氏名・電話番号などを明らかにした上で特定の個人や団体を批評することであって、例えばネットなどで使われているハンドルを用いて批評した場合は名誉毀損にならないと聞いたことがあるのですが、もしそのハンドルが社会的に広く浸透しているものであっても名誉毀損にはならないのでしょうか? また、本名で活動している芸能人や芸術家などに対して批評を行った場合、それは公人に対する批評として受け止められ、例えそれが本名を使った批評であっても名誉毀損としては取り扱われないのでしょうか?

  • 法律雑誌の実名

    法律雑誌の判例批評などで、民事裁判の判決文が掲載されている場合、一般人であるのに、仮名ではなく実名のときがあります。 何か基準があるのでしょうか。 仮名に必ずしなければならない、というときもあるのでしょうか。

  • ネット上での実名公表

     とあるサークルのHP上で、○○は○○の行為をしたので、「除名処分」にしました。と実名をフルネームで公表することは、民事上のプライバシー侵害、刑事上の名誉毀損にでも当たらないのでしょうか?(本人は当該行為について争っていたようですが)いろんなところにリンクされているHPなのでプライバシー侵害の程度は高いようにも思えますが。  例えば、大学を退学処分になった旨掲示される場合も、学籍番号のみで、実名は公表されないものと思います(比較になっているかわかりませんが)。

  • 掲示板での実名投稿について

    某掲示板での書き込みについて 某匿名掲示板で、○○株式会社の○○代表は、○○というアダルトサイトを運営しています。と書き込みをされました。 ○○部分は実名で、書き込み内容は正直事実なのですが・・・・ この場合名誉毀損などで訴えることはできるのでしょうか? また訴えるにはどのような手続きが必要でしょうか? もちろん書き込み者は誰だかわかりませんが、内部告発だと思います。

  • プログで、ニュースや新聞など実名で取上げられている人物を、犯罪を犯した

    プログで、ニュースや新聞など実名で取上げられている人物を、犯罪を犯した人の実名を上げてブログに書き込むと中傷、誹謗と名誉毀損になるのでしょうか。プロバイダーからブログ削除の制裁措置を受けるのでしょうか。プログで実名を削除しないと今の法律ではどのような処分を受けることになるのでしょうか。 実名を挙げられた犯罪を犯した人から法的手続きを取られた場合、新聞社、テレビ局は裁判に訴えられるのでしょうか。 法律に詳しい方お教え願えませんか。

  • 個人ブログやホームページの問題追求や批判は名誉毀損になりますか?

    とあるブログやホームページに具体的に提示できる問題が有る場合、それをオンライン上の発信手段により具体的に指摘して批判する行為は名誉毀損になるのでしょうか。 また、最近はブログ、掲示板、ケータイ小説が頻繁に出版されていますが、このような匿名(ハンドル)で出版された書籍に問題が有る場合、具体的な問題指摘や批判レビューをすることも名誉毀損になるのでしょうか。 実名が出ていなければプライベートは守られているのだから、個人攻撃になるのかどうか。

  • インターネット掲示板での名誉毀損

    以下のよな場合、仮にAが100%名誉毀損をしているとして、BとCは名誉毀損に当たりますでしょうか? AとBとCがある特定の掲示板に私の名誉を毀損する内容を書いているのですが、 Aは、私の実名を使い名誉を毀損している。 しかし、BとCは実名は使わず、あだ名を利用している。ただし、このあだ名はAも使用していて、私だと分かるものである。 詳しい方よろしくお願いいたします。

  • これは名誉毀損?

    2ちゃんねるの「元犯罪者を晒すスレ」というものに、私の実名が書かれていました。 実名だけしか書かれていませんがこれは名誉毀損として訴えることは出来ますか? また実名と「死ね」や「消えろ」と書かれていた場合は、何罪で訴えることができるのでしょう?