-PR-
締切済み

高木虎之助は

  • 困ってます
  • 質問No.242966
  • 閲覧数94
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 3% (12/315)

気の長い話ですが2003年の虎之助はもうF-1では見られないのですか。トヨタから参戦する可能性はありませんか?教えて下さい。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 57% (166/288)

確かに気の早い話ですね(笑)。
トヨタでは、「日本人の候補者No.1は、あくまでも高木虎之介だ」と言明しています。
そして、「実績が伴わないと乗せられない」とも言っています。
つまり、現在参戦中のCARTでそれなりの成績を残さないとだめだということでしょう。
CART第1戦では、6位辺りを走行中に後ろからぶつけられて14位フィニッシュでした。それを考えると、今年は「それなりの成績」を残せるかもしれません。
ちなみに、高木虎之介以外では、福田良、立川祐路辺りに若干の可能性があるかもしれません。


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 25% (13/51)

まず、ありえないと思います。
Fポン時代からそうですが虎は一発アタッカーだと思ってます。
CARTでもそうですが、一発の速さはありますがすぐクラッシュするor巻き込まれるのは彼の特徴です。
レーシングマネジメントはTTEなら大丈夫とは思いますが、これからの数年はTOYOTAにとってはマシン開発・熟成の期間になるはずです。
一発早いドライバーより、確実に完走しデータを集めれるドライバーを使うでしょう。佐藤琢磨でもTOYOTAの評価は芳しくなくHONDAに行きましたよね。
完走できない、マシン開発できない虎を使うとは思えません。
クルサードなんかはTOYOTAとしては、のどから手が出るほど欲しいのではないでしょうか?
最後に虎はF1のようなドロドロした世界でうまくやっていける人ではないと思っています。

個人的意見ですので自信なしです。
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 16% (4/24)

こんばんわ!僕も虎ちゃんのファンで来年乗ってもらいたいと
思ってる一人です。
しかし、まだトヨタ側が虎ちゃんを乗せる準備ができてないんじゃ
ないかなと思います。
速さ、耐久性など・・・
虎ちゃん自身CARTで自分の目標をある程度立ててると思われるんで
目標をクリヤーしないとオファーを蹴る可能性もあります。
日本人最速は間違い無く彼だと思いますが、
トヨタもいまだ発展途上です。
まずは経験豊富でデータを確実に取れるドライバーを選ぶと思われます。
でもサロとマクニッシュを両方解雇はびっくりしました。
パニス獲得は自分的にあんまりって感じです。
テストドライバーなら万歳ですが・・・
来年のラインナップはパニスは決まってますが
もう一人がいろいろ噂されてますね。
CARTのダ・マータ、ザウバーのマッサ、あとは・・・???
でもダ・マータは本人が否定してましたね。たしか・・・
トヨタ側もCARTのドライバーをいきなり乗せるギャンブルはできないでしょう。
マッサは将来的にはいいかもしれませんが、今はまだでしょう。
僕的には、サロは残してもらいたかったんですが・・・
となると誰になるんでしょうね?
自分は来年の理想は開発能力がありそこそこ早く経験豊富なクルサード、なんかが良いと思いました。
絶対無理ですけどね。
もう一人は個人的にフレンツェンが良いと思いました。
虎ちゃんは2004年安定した強さを持ってると思われる
シートに座って
大暴れしてもらいたいものですね!!
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 22% (2/9)

見れます。しかしそれには、虎之介がirlで優勝もしくは最低でも表彰台にあがらない限り無理っぽいです。
しかし、今年のチームは去年と違い実績のあるモ-・ナンだから私は表彰台はいけるとふんでます。
つい最近でのテストでも2番手タイムをだしています。
彼はやると思います。応援しましょう!
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ