• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

陽イオンと陰イオンの組み合わせ

教科書によく、陽イオンと陰イオンの表がのっています。イオンの価数の帳尻が合えばその物質は現実に存在するのでしょうか。(その物質がイオン結合であるか、共有結合であるかは別として)たとえば3価の陽イオンであるアルミニウムイオンと、2価の陰イオンである炭酸イオンを組み合わせたAl2CO3(炭酸アルミニウム?)は存在するのでしょうか。 どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1697
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

「物質が存在する」という言葉の意味にもよりますが, 例えば炭酸アルミニウムは不定組成として得られている (つまり Al2(CO3)3 と Al(OH)3 の混合物として得られている) そうです. 「単離されている」という意味では「炭酸アルミニウムは (今のところ) 存在しない」としてよいでしょうが, この水溶液は Al^3+, CO3^2-, OH^- を含む水溶液であり, これはある意味で「炭酸アルミニウムの水溶液」と言ってよいと思います. で, イオン結晶として単離できるかどうかについては, 要素となるイオンの大きさも影響するようで, 極端に大きさに差があるものは不安定になりがちです. そういう意味では Li(I9) なんてのは存在しにくそう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 陽イオン交換体と陰イオン交換体

    レーニンジャー新生化学に 「イオン交換クロマトグラフィーは、特定のPHでのたんぱく質の正味の電荷の違いや程度の違いを利用する。カラムの基質は、荷電した官能基を含む合成ポリマーであり、陰イオン基が結合したものが陽イオン交換体、陽イオン基が結合したものを陰イオン交換体と呼ぶ。」とあるのですが、この文章に関して僕なりの解釈をしたので、ただしいか聞いてください。 「イオン交換クロマトグラフィーは、特定のPHでのたんぱく質の正味の電荷の違いや程度の違いを利用する。カラムの基質(もととなっている物質)は、荷電した官能基(+の電荷を帯びている官能基or-の電荷を帯びている官能基)を含むポリマーであり、 +の電荷を帯びている官能基に陰イオンが結合したものが陽イオン交換体で、-の電荷を帯びている官能基に陽イオンが結合したものが陰イオン交換体である。」…(1) また、(2)の考え方も正しいでしょうか? 「陽イオン交換体の例…DEAE-            陰イオン交換体の例…CM-  」…(2) この2点を教えてください。お願いします。

  • イオン結晶を作らない組み合わせ

    陽イオンと陰イオンのつくる結晶の表を見ていて疑問に思ったのですが、なぜ  硫化アンモニウム((NH4)2S)  炭酸鉄III(Fe2(Co3)3)  炭酸アンモニウム((NH4)2CO3)  リン酸アルミニウム(AlPO4) などは載っていないのでしょうか。 わざわざ除外して書いていないので何か意味があると思うのですが、 安定していないという解釈でいいのでしょうか?

  • イオン結合と共有結合

    基本的な質問で申し訳ないのですが、イオン結合と共有結合の違いが分かりません。 定義的にはイオン結合は「陽イオンと陰イオン間の静電気的引力」で共有結合は「価電子を互いに共有してるもの」と違うのは分かるのですが、私にはどちらも「原子間で電子を出し合っているもの」で同じように感じてしまいます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • hisa-gi
  • ベストアンサー率29% (93/311)

教科書に載ってるイオンの組合せでしたら、 まぁ比較的に高い確立で存在すると思います。 ただ…炭酸アルミニウムという化合物は存在しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様、早速のご回答感謝いたします。 教科書にある程度の組み合わせなら何らかの形でかなりの確率であるということが分りました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • tama-A
  • ベストアンサー率50% (4/8)

私の化学の先生が云うには、あることはあるらしいです。 だた、教科書レベル(高校化学程度)では、主要なものだけ覚えればよいみたいです。 ちなみに、3価の陽イオンのアルミニウムイオンと、2価の陰イオンである炭酸イオンを組み合わせると、Al2(CO3)3になり、炭酸アルミニウムとなります。 *アルミニウムイオンが2つ⇒価数は6  炭酸イオンが3つ⇒価数は6 *参考程度に  アルミニウムイオン⇒Al(3価の陽)   炭酸イオン⇒CO3(2価の陰)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • イオン結晶の共有結合性について

    イオン結晶の共有結合性について質問です。 原子間の電気陰性度の差が小さいほど共有結合性が大きいというのは何となくわかるのですが、、 イオン結晶において陽イオンの大きさ(半径)が小さいほど、また、陰イオンの半径が大きいほど共有結合性が大きいというのがよくわかりません。 参考書には、H+は大きさが非常に小さいので電子を引き込む力が強大であり、結晶中でH+としては存在しないというように書いてありました。 イオンの大きさと電子を引き込む力はどんな関係があるんでしょうか。 どなたか教えていただけたら嬉しいです。

  • イオン結合と共有結合

    イオン結合の定義は陰イオンと陽イオンとの静電気力によって引き合って出来る結合で、 共有結合は電子対を共有して出来る結合とかいてます。 でも共有結合の例のようなところでHClが用いられている。 塩化水素はH+とCl-とイオン結合ではないんですか? それを考えると、塩化水素は共有結合とイオン結合の両方に適用するんではないんですか?? この辺の詳しいところをぜひ教えてください。

  • イオン結晶の形成について。

    イオン結合は陽イオンと陰イオンがクーロン力によって結合しているけど、イオン結晶は何の力によって結晶を形成しているのですか? 陽イオンと陰イオンでお互い電子を出し合って、もう不対電子はないのでどうやって形成しているのかがわかりません。おしえてください。

  • イオン結合について

    高校生です イオン結合の「陽イオンと陰イオンがクーロン力で結びつく結合」のイメージがよくわかりません なぜだか共有結合とかぶってしまって混乱します。 原子どうしが静電気のような引力で隣り合ってくっついているだけっていうことですか? わかりやすいイメージの仕方があったら教えてください。

  • イオンの見分け方

    KClとHClがあって、KClがイオン結合、HClが共有結合だと分かるにはどうしたらいいんでしょうか? どちらもイオンになるように思うんですが・・。 金属と非金属だとイオン結合で、水素が入っていると共有結合とか、でしょうか? おねがいします。

  • 高校化学 イオン結合

    イオン結合で最もイオン結合性の強い化合は一価の陽イオンと一価の陰イオンの化合物。 とかいてありました。 価数が小さいイオンのほうが陽性が強く、 価数が小さいイオンのほうが陰性が強いと認識しています。 べつのところで、 イオン結合の強さは両方のイオンの価数の積が大きいほど大きくなる。 とかいてありました。 このふたつの文は矛盾してませんか? 解説おねがいいたします(T-T)

  • 化学の結合の質問です。

    陽イオンNH4+と陰イオンCl-の結合でイオン結合になるようです。 これらはすべて非金属元素の結合です。 では、陽イオンH+と陰イオンCl-の結合で陰イオンになるのでしょうか? これらも非金属元素の結合です

  • 化学反応式について

    金属と非金属間の結合はイオン結合、 非金属間の結合は共有結合、 金属間の結合は金属結合、というように教わりました。 よってHClは上記から共有結合ということは分かるのですが、 H+とCl-のイオン結合と考えることはできないのでしょうか? またH2OもH+とOH-の結合と教わったのですが、これは共有結合 なんでしょうか?共有結合であれば、なぜ結合前の物質が それぞれイオンなんでしょうか?H+とOH-の結合ならイオン同士の 結合であるからイオン結合ではないでしょうか? さらに2H+とO2-の結合と考えることはできないのでしょうか。 また左辺に反応物、右辺に生成物を記す化学反応式において、 反応物から生成物を求めよという問題ならば、どのようにして 求めればよいのでしょうか。 今まで習ったことでは、左辺の反応物をイオンに分けて以前と異なる 組み合わせにして、生成物を求めるということなのですが、 この際、左辺がイオン結合でできた反応物だけならば、 イオンに分解して組み合わせを変えることは納得がいくのですが、 共有結合や金属結合でできたものが左辺にある場合、それをイオンに 分解して組み合わせを変えることで右辺の生成物を求めるのは しっくりきません。 例を挙げると  NaOH(イオン結合)+HCl(共有結合)⇒? 右辺を求めるには  Na+ + OH- + H+ + Cl-⇒ というようにイオンに分解し組み合わせを変えて   NaCl+H2O とすると思います。 しかし左辺にHClという共有結合の物質があるにもかかわらず それをイオンに分解してしまっています。 共有結合の物質をイオンに分解して本当にいいのでしょうか。 そこのところを詳しくお願いいたします。 長文になりましたが初投稿ということもありご容赦ください。

  • 化学式の読み方

    色々検索して調べました。 化学式で、イオン結合している化合物の読み方は、陰イオンから読む。複数の同種のイオンが存在する場合はアルファベット順で読む。 で、イオン結合している化学式の読み方はわかった気がします。 共有結合している化合物の読み方はどうすればいいのでしょうか。 たとえば四酸化オスミウムでは、酸素が四つ結合していることまで示しています。イオン結合している化合物は水酸化カルシウムのように数的なものは示しません。 この例では、オスミウムが遷移元素で、複数の価数をもつから酸素の数を示すのでしょうか。 しかしほかにも十酸化四リンという典型元素のみの共有結合による化合物も数を示しています。 慣習的なものなのでしょうか。 はたまた、 イオン結合する化合物、共有結合する化合物、という枠でくうらないほうがいいのでしょうか。

  • イオン結合による化合物はなぜ共有結合性をもつのですか?

    イオン結合についての質問です。 イオン結合とは陽性の強い原子から陰性の強い原子へと電子が移動することにより、陽性の強い原子が陽イオンとなり陰性の強い原子が陰イオンとなりお互いがクーロン力によって結びつくのがイオン結合だと習ったのですが、そのように考えると電子が陰性の強い原子の方へ移動してしまい原子間で電子を共有していないのになぜイオン結合している化合物は共有結合性をもつのですか?