解決済み

屋根裏のねずみって一体何を食べてるのですか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.2382590
  • 閲覧数8221
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 68% (525/767)

5月頃から、屋根裏で四六時中トタトタ音がするので、覗いてみたらネズミと目が合いました。草(?)のようなものを口にくわえ、巣でもつくっているようでした。

私はほとんどずっと家にいるのですが、家の中で何かねずみに食べられている形跡はありません。(ゴキブリやコバエが嫌なので、ゴミや食べ物は厳重に管理しています)
ねずみが何を食べてうちの屋根裏で生きているのか不思議です。外で何か獲物を食べているのでしょうか?

また、室内を歩き回っている様子もないのでたちまち困ることはないのですが、屋根裏でフンとか腐ったり、配線をかじられて火災の原因になったりすると聞くので、とりあえず超音波で駆除する機械を置いたら、1ヵ月くらいでトタトタ歩く音は確実に全くしなくなりました。
でもただ大人しいだけで潜んで静かに生活しているかも…?と気になります。(覗いても見える範囲にはいませんでした。入るのはちょっと怖いです(^^;)
音がしなくてもいるということはあるんでしょうか。
夏だから暑くてバテちゃってるとかなんでしょうか?

回答orアドバイスいただけますと幸いです。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (133/515)

ねずみは雑食です。
外に生えている草や木の実等を食べます。人間の食べ残しも食べますが野生のねずみは警戒心が強いので人間のテリトリー内に侵入して捕食することはあんまりないです。
駆除用の機械でおそらく逃げ出したのではないでしょうか。
ねずみには気を使うようなことはできませんから静かに生活することはできません。おとなしくなって静かに生活しているわけではなく嫌な音がするので違うとこに引越ししたのでしょう。
お礼コメント
asamikan

お礼率 68% (525/767)

>外に生えている草や木の実等を食べます。人間の食べ残しも食べますが野生のねずみは警戒心が強いので人間のテリトリー内に侵入して捕食することはあんまりないです。

そうなんですかー!
やっぱり外で何か食べていたんですね。
室内に侵入して人間の物を食べるのはよほど図太い根性のねずみなんですね(^^;(それか野生のねずみではないということでしょうかね。)

トタトタ音がしなくなったのは、いなくなったと考えてよさそうですね。
超音波の機械が効いたのか、暑かったからなのか、とにかくいなくなってよかったです。

ありがとうございました!!
投稿日時 - 2006-09-04 12:15:54
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 38% (447/1160)

3年前に空家を買いましたが、そこはネズミの糞尿の臭いがキツカッタです。
空家ですから食べ物はありません。
よく観察したら、建屋から外部に通じる通路(トンネル)があります。
トンネルを出て獣道をたどると通路が下水溝へと繋がっていました。
下水溝が食堂だったんですよ。
屋根裏の気温は日中40度以上になりますので別の場所に移動しているようです。
お礼コメント
asamikan

お礼率 68% (525/767)

下水溝ですか~!
古い家なので、きっとどこかのすきまから出入りしてるのでしょう…。

>屋根裏の気温は日中40度以上になりますので別の場所に移動しているようです。
やはりそう思いますか。私もそう思ったんです。ちょうど暑くなり始めた頃から静かになったので…。
また涼しくなり始めると、復活するんじゃないかとも思っています。
復活するかしないかで、ねずみが嫌がる音の出る機械の効果が分かるな~、と思いました。

どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2006-09-04 13:19:36
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ