• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

光のエネルギーとは?

運動エネルギーは「質量×速度」ですよね。 質量があるものは光速になれませんよね。 光子は質量が0なので、光速になれるのでしょうが、 そうすると、光のエネルギーって、どういう風に考えればよいのでしょうか。 運動エネルギーは上の式からすると0になるように思えますし、でも、光子エンジンなどでは、光がぶつかることで速度がでるようですし。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数425
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#43437
noname#43437

No.3です E = m * C^2 という有名な式の意味するところは、質量とエネルギーの等価性、です。 E = h * ν E = m * C^2 したがって、 m = h * ν / C^2 これが、振動数νの光がもつ「質量」です。 質量がわかったので、この運動量pを求めると、 p = m * v 上式と、v=Cにより、 p = ( h * ν / C^2 ) * C p = h * ν / C これが、光のもつ運動量です。 運動量のあるモノが物体に衝突すると、その運動量を衝突相手に与える・・・というのは、普通の物理の世界、ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答有難うございます。 なるほど、光速の状態である光子には質量があるということでしょうか。 このサイトの別の質問で「光子は質量を持つが静止質量は0だ。」というのをみつけたのですが、その意味が少しわかったような気がします。 ところで、光子の静止質量って、光子が止まることなどあるのでしょうかね。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

難しそうな話になっていますね。 「輻射計」についてだけ書かしてもらいます。 輻射計はガラスの中に片側を黒く塗った羽を4枚持つ羽根車が入っています。ストーブの近くに持っていったり、強い光を当てると羽根車が回転します。ラジオメータといいます。 これは量子効果を見る道具ではありません。熱輻射計です。中に空気が入っています。高等学校や中学校の理科の授業でも見ることのあるものです。羽根が回る原理は黒く塗った羽の面が光を吸収して温度が上がるとその近くの空気が熱せられます。温度が高くなると気体の分子運動は激しくなりますから羽に当たる衝撃は裏側のものよりも強くなります。この衝撃差で羽が回転します。ネットの解説などでは圧力に差が生じてと書いてあるものもありますが同じ意味だと考えていいでしょう。蛍光灯よりもストーブの光の方がよくまわりますので赤外線の説明にも用いることが出来ます。 「ラジオメータ」で検索してもらうと解説記事がたくさん出てくると思います。 #6の解答では光電効果とごっちゃにしています。光電効果で出てくる電子で羽を回すようなエネルギーは持っていないでしょう。光電効果は以前は光電管の中だけでした。今は真空管式の光電管は博物館にしかないかもしれないという状況です。でも原理は半導体センサーなどで使われているでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 「輻射計」というのですか。あれはてっきり中が真空だと思っていたのですが、要は中の羽が熱せられて、風車のように回っていただけだったのですね。 お恥ずかしいです。

質問者からの補足

この場をお借りして、皆様にお礼申し上げます。 私の稚拙な疑問にこんなにたくさんの回答をいただき本当に感謝しております。 完全には理解できないようにも思えますが、おぼろげながら、納得できたような気がします。

  • 回答No.8
noname#43437
noname#43437

古典論、というわけではないと思いますが・・・ そもそも、コンプトン散乱における反跳電子の本質は、光子と電子の弾性衝突です。 また、高エネルギーなX線のように電子をたたき出すまでいかなくとも、軌道上の電子に力を加えることで、原子自体に力を加えることになります。 とりあえず、分かり易そうなサイトを。。

参考URL:
http://www2.kutl.kyushu-u.ac.jp/seminar/MicroWorld/Part3/P37/Compton_effect.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 なんとなくわかったような気がしてきました。

  • 回答No.7
noname#160321
noname#160321

>質量0のものがいくら衝突してもたたき出されることはないように思えてしまうのですが。 そこがアインシュタインの偉いところで質量ゼロだがエネルギーのある光子が物質中の電子を光が当たった側に突び出させる「反跳電子」という現象を説明してしまったのです。 これが質量ゼロでエネルギーしか持たない光子が電子をたたき出して輻射計を回転させるメカニズムなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 アインシュタインのような天才の思考は理解することが難しいですね。

  • 回答No.6
noname#160321
noname#160321

皆様は「古典論」で無理矢理考えておられるようですが、光が当たってプロペラの回る「輻射計」は光子がプロペラの原子をたたき出し(たたき出すエネルギーはhν=(1/2)mv2)その反動で回転する原理で回っています。 光に質量を考えるのは一般論から考えても無理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答有難うございます。 原子をたたき出すのは光子だと思うのですが、このたたき出す方向というのは、光子の進入方向にならないと回転しないとおもうのですが、これは古典的な衝突による反発ではないのでしょうか。 質量0のものがいくら衝突してもたたき出されることはないように思えてしまうのですが。(このあたりが、物分りが悪いので申し訳ありません)

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

波長λ の光子は, 運動量 (の大きさ) が h/λ であるような粒子と考えることができます. 今, 質量 m の鏡で光を反射させることを考えます. 光子の持つ運動量 (ベクトル) が反射前には p だったものが反射後に p' になったとすると, この差 p' - p の分だけ鏡が光子に運動量を与えたことになります. 逆にいうと, 光子は鏡に運動量 p - p' を与えたことになります. その結果, (ニュートン力学的には) 鏡は速度 (p - p')/m を得ることができます. これを繰り返せば鏡の速度は速くなる (かもしれない) ということになります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答有難うございます。 反射により波長が長くなり、その分のエネルギー(運動エネルギーとはいえないかもしれない)を相手に与えるという理解でよろしいでしょうか。 なんとなくわかったような、わからないような。 (すみません。物分りが悪いもので)

  • 回答No.3
noname#43437
noname#43437

光子の質量は0ですが、 光のエネルギーEは、光の振動数νに対して E = h * ν h:プランク定数 で与えられます。 また、エネルギーは、有名な式 E = m * C^2 によって容易に質量に変換されます。 質量のある粒子の運動エネルギーではなく、 純粋にエネルギーのみからなる質量、という感じでしょうか。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 光は光速以外の状態は取らないと思っているのですが、質量に変換されるというのはどのようなことをおっしゃっているのでしょうか。 ある物質にぶつかったとき、その物質の質量が増えるということでしょうか。 ものわかりが悪いため、ご面倒をおかけしますが、もしよろしければ教えてください。

  • 回答No.2
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

たぶん, 運動エネルギーよりも運動量で考えた方がいいと思う.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 運動量で考えた場合にはどのように考えればよいか教えていただけないでしょうか。

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

最近ニュートリノに質量があることが見いだされましたが、光に質量はありません。 光のエネルギーは振動数だけで決まります。光はエネルギーそのもので、運動エネルギーはありません。 光子エンジンは一時はやりましたが、最近はお目にかかりません、実際に使えるイオンエンジンなどに取って代わられたみたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 昔見た実験で、真空中に風車のような羽のついた金属板に光を当てるとクルクル回るというのを見た記憶があるのですが、運動エネルギーがない光が当って回転するというのが良くわからないのですが。もしよろしければ教えてください。

関連するQ&A

  • 電子のエネルギーについて

    プランク等が光子のエネルギー、運動量を E = hν, p = h / λ として表現できると仮定しています。 一方、光のエネルギーは相対論からすると、 E = mc^2 になると考えられるので、光の運動量は E = mc^2 = hν とすると、 p = mv = mc = hν / c = h / λ となると考えることができます。 ところが、ド・ブロイ等はこれが電子にも当てはまると言っています。 E = hν, p = h / λ 1. ここで言う、電子のエネルギーとは何でしょうか、これには質量によるエネルギーは含まれているのでしょうか?(シュレディンガー方程式を見る限りは運動エネルギー+ポテンシャルのようにも思えますが・・・) 2. 電子は光速で飛び回っているわけではないので、 p = mv = mc = hν / c = h / λ は満たしません。にもかかわらず、ド・ブロイはなぜこの式を適用することができると考えたのでしょうか? ( i)ポテンシャルが存在せず、Eを運動エネルギーと考えた場合・・・ E = hν = 1/2 mv^2 従って、 p = h / λ = hν / v = 1/2 mv ?? これは運動量の定義と矛盾します。 (ii)ポテンシャルが存在せず、Eを運動エネルギー+静止エネルギーと考えた場合(電子の速度は光速に比べて十分遅いので)・・・ E = mc^2 + 1/2 mv^2 ~ mc^2 = hν 従って、 p = h / λ = hν / v = mc^2 / v ?? これも運動量の定義と矛盾します。 つまり、電子のように遅い粒子では、E = hν と p = h / λを同時に満たすことができないように思えるのです。 数多くある量子力学の本でも逃げている部分であり、難解な質問かとは思いますが、ご存知の方がいらっしゃればご回答お願いします。

  • 光が一定の速度であることについて考えてみました。

    深い知識が無いので全然おかしな事を言っているかもしれませんが 光速と質量と空間についてのモデルを考えて見ました。 数式組み立てようとしたらややこしくて無理でしたのでイメージです。 まず光がなぜ一定の速さを保てるのかについて考えてみました。 まず確認されている事をいくつかピックアップしてみる。 1-粒子性を持つのにぶつかってエネルギーを与えても速度は落ちない。 2-光の媒体は空間である。 3-空間は重力によって曲がり光の行路も曲がることが知られている。 光とは何かについて仮説を立ててみた。 仮説1:光は質量である。しかも完全な・・。 この完全な質量とは、例えば鉄球と銀球は大きさが同じでも質量は異なる。 この場合一見密の様に見える鉄球や銀球にもその質量内に空間が存在していると考えられる。 この見えない空間が完全に埋まってしまった状態が光子であると考える。 すなわち質量が完全に密である物質は大きさに関係なく光速で移動する。 なぜそう考えるかというと、 根本には空間がもつ密度を平衡に保とうとする性質をもつと考え 物質が得る質量と加速度 ma と これによって起こる物質内の空間の通り抜けとか空間密度の差異がmaと=で結べると考えると 慣性の法則もなりたつし、完全に密な質量に対しては加速減速の概念が適応できなくなる。 すなわち一定の速さで移動していると考えられないでしょうか? それが計測すると光速といわれる速度で-粒子性を持つのにぶつかってエネルギーを与えても速度は落ちない。 という事に対して答えを出すことが出来る気がします。 さらに光子がスピンして飛んでいた場合を考えても 直進する光子が体積を持つとして光子表面の一点が螺旋軌道を描き実質光速を越える動きをしていても、空間と質量を完全に分離して考えれるので矛盾を生じさせなくてすむ。 この考えだと 光子とは1つではない可能性があるり 大きさや形状も異なる可能性があることになります。 大雑把ではありますが 光速一定と質量と空間のモデルについてです。

  • 光(光子)の質量は?

    ニュートリノが光速を越えていたっていう実験結果が話題になってますが、それってニュートリノの方が光子より軽かったってことなんですか?---って言う疑問から派生した疑問です。  E=mc*c っていう有名な公式がありますが、光にもエネルギーがあるなら光子のmも0ってことは無いと思うんですが、素人なんでよくわかりません。  相対性理論では光(光子)の質量はどう扱われているんでしょうか、どなたか教えてください。

  • エネルギーについて教えてください。

    エネルギーについて教えてください。     よく誤解されることがあるので予め...     私は反相対論者などではありません。 何とか理解しようと努力しているのですが考えれ     ば考えるほど疑問が出てきてしまいます。 それを質問させていただきたいのです。     (1)アインシュタインの一般相対性理論によれば、質量とエネルギーは等価で     E=mc^2 となっています。     但しこれは質量があるものの「静止エネルギー」だとしています。     ここでいう「静止」とは何に対する静止なのでしょうか?     もし宇宙空間に対して静止ということなら、それが静止していることをどのように     確認できますか?      一方「運動エネルギー」ですが          E=1/2mv^2 です。 前式とよく似ていますが一方は「静止」、一方は「運動」      です。        また「光のエネルギー」は         E=hv  hはプランク定数、vは振動数です。           左辺は全てEですが、これらは本質的に同じものですか?      例えば車中のラジオのLEDなど質量のあるものが光を出しながら動いている場合      このLEDのエネルギーは      静止エネルギー(mc^2)+運動エネルギー(1/2mv^2)+光のエネルギー(hv)      となるのでしょうか?            多分熱なども出しているのでこれだけではないとは思いますが...このような足し      算でよいのでしょうか?          (2)そもそも質量があるものの「静止エネルギー」とは、その正体は何ですか?      E=mc^2  のmは質量、cは光速に相当する定数です。      つまりcは速度成分でどこかから得たはずですし、mも何かから得た結果のはずです。      γ線照射での電子、陽電子対生成という光(電磁波)から質量が出来ることが知ら      れています。 しかもその光のエネルギーはhVはE=mc^2に一致するとか..             ということは質量は振動数の高い光(電磁波)から出来たのでしょうか?      確かに、何故γ線より振動数の高い光(電磁波)が無いのか?という素朴な疑問      があります。      振動数の高い光(電磁波)は光速度Cを失って静止し、その振動エネルギーが質量      に変わってしまうのでしょうか?

  • 相対性理論におけるエネルギーに関する記述について

    「アインシュタインの相対性理論において、質量がゼロでない粒子を加速していったときの速度とエネルギーについて以下の文で正しいのはどちらか答えよ」 という問いがあります。1.は正しいように思うのですが2.が誤っている理由がわかりません。もしくは2の方が正しいとすると1.は何が欠けているのか、どなたかご教授いただけませんでしょうか。 1.粒子の速度は光速を超えることはできないが、そのエネルギーは増大し続けることができる。 2.粒子の速度は光速を超えることはできず、その運動エネルギーは静止エネルギーを超えることができない。

  • 光速度が不変なのには理由があるのでしょうか?

    光速に関する素朴な質問です。 1.なぜ光速度は不変なの?  光の速度はいかなる理由によって不変と決まっているのでしょう。  方程式を解くように論理的に説明ができるのでしょうか?  それとも実験結果を受け入れているだけですか。 2.本当に光速度は不変なの?  空気、真空、水の中でも進む速度は同じですか?  光が水に入ると屈折しますが、これは速度が変化しているのではありませんか。  AからBに向かう光の渦の中をBからAに向けて発射された光は遅くなりませんか?  光に邪魔(干渉)されて遅くなる気がするのですが。 3.どうして遅くならないの?  光速に限界があるのは、光子に質量があるためと理解しています。  しかし、遅くすることは可能なのではないでしょうか?  光子の質量を重くしたり、エネルギーを奪うようなことはできないのでしょうか。  波動の性質を変えたりできませんか? 4.電磁波の進む速度は?  光は電磁波の一種、可視光線だそうです。  他の電磁波、X線、紫外線、マイクロ波、ラジオの速度はどれくらいですか?  光より遅いとすると、どうして遅いのでしょうか? 5.時間が進むのは一定であるという前提で相対性理論はできませんか?  相対性理論は、光速度が不変であると仮定して成り立っています。  だから時間の進み方が早かったり、遅かったりします。  逆に時間が進むのが不変であるという仮定して、新相対性理論はできませんか?

  • 光電効果について

    光電効果について 光電効果は昔習ったことがあります。 ただし深く考えず鵜呑みにしました。 最近になって文献を読みなおし、疑問が沸き ました。 まず、光電効果では金属に光を照射したとき飛 び出す電子の運動エネルギーは照射する光の 「波長」に依存する。 「波長」と言っているのでひとまず光を「波」と 見ている。 一方 光をE=hvのエネルギーをもつ粒子と見 なせばこの現象が説明できる。 その後、光の波は位置的確率分布の波であ ると判った。(電子も同様) つまり光子の位置的確率分布の波が電子の 運動エネルギーに関与している。 また光子は質量が0なので、E=1/2mc^2=0 で速度Cの運動量はあるが運動エネルギーは 無い。 つまり関与できない。 では、直接電子の運動エネルギーに変換でき る光のポテンシャルエネルギーは何か?と考え ると光子の位置の確率的変化可能性(一種の 位置エネルギー)ということでしょうか? つまり光子が位置の確率的変化エネルギーを失 って電子の運動エネルギーになる? 以前の質問で、磁場中の磁性体は質量と重力 に関係なく位置エネルギーをもつことが判った ので同様かな?と思いました。

  • E=mc2の「m」

    アインシュタインのE=mc2とあり、eがエネルギー、mが光速、cが質量 だったと思うんですが、 1.mの光速っていうのは、光の速度の事なんですか? 2.エネルギーを求めるには、単純に光速×質量×質量をすればいいんですか? この2つをできるだけ分かりやすくお願いします。

  • なぜ電子は光速で動く?

    中学の時に、理科で電子は光速で動くと教わったんですが、光速以下の速度で動かないんですか? 光も同じなのでしょうが、光も電子も、素粒子が動くときは光速度で固定なんですか? でも、原子は光速で動きませんよね? 電子って質量持ってますよね、光速で動くときには、加速するときに無限のエネルギーが要るんじゃないですか?そのエネルギー源はなに? 電子って生まれたときから永遠に光速で動きっぱなしなんかな?停止することはない?それなら加速エネルギーはいらないのかな?

  • 量子力学で

    相対性理論より 原子にエネルギーを加え続けると 光速付近では運動エネルギーではなく 質量に変換されますが そのまま元の速度に戻しても 質量は大きいままなのでしょうか?