• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

エネルギー保存の法則と暗記の法則

素人です くだらない質問でカテ違いかも知れませんが。。 エネルギー保存の法則から考えると どういうエネルギーでも形を変えても相殺されると言うことですよね その場合暗記のメカニズムについてその法則と関連付けていつも疑問に思うことがあります。 たとえば一冊600ページある資格問題集を3ヶ月かけて3回こなすとします。 その時 1ヶ月×1冊600ページ×3ヶ月とする場合と 1ヶ月200ページ分×3回×3ヶ月する場合とでは 私にとって前者の場合よりも後者の方が暗記としては 記憶に残ります。 これってエネルギー保存のメカニズムから行くと同じ期間で同じ量をどう言う形でこなしても記憶量は同じになるような気がしますがまた違う物なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数120
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

人間の頭の記憶のしかたが、入ってきた入力データを100%保持する分けでは無いので、出力されるデータが100%ではない。エネルギー保存則はあたえられたエネルギーが100%なにかに転換されるといった事では全くありません。ある時点での全エネルギーが観測されたとすると、どのくらい時間がたっても同じ全エネルギーが観測されると言う意味です。運動量保存則とか重心の位置保存則とかと同義で、なんでエネルギー保存則を持ち出してきたのかは疑問ですが。 人間や哺乳類など神経系ネットワークが記憶機関なすような生物においては、記憶のメカニズムというものがあります。 常に呼び起こす必要がある、頻繁に呼び起こす必要がある記憶以外は、忘却の彼方へ飛び去ります。これによって生物は危険を回避してきた分けです。 一ヶ月200ページ分を三回やる場合、忘却する前に記憶を呼び起こしているので、忘却を抑える方法を取っています。 一方一ヶ月後に同じ記憶を呼ぶような一ヶ月に一冊をやると言う方法だと、記憶が弱くなっているので、忘却されやすいのです。 記憶を強くするには頻繁に、覚えたいことを思い出すという操作が必要になるのです。人間が良い思い出や鮮烈に嫌な思い出を長い間保持しているのは、その思い出を定期的に思い出すという行為を行っているからなのです。 記憶することと理解することは別問題です。エネルギー保存則を正しく理解されていないようなので^^;さらにいうと記憶を増幅する為には記憶する事象を理解する必要があるのはいうまでもありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

幼稚な質問に詳しくご説明していただいてありがとうございます。 こういうことを考えながら勉強してしまうので なかなか先に進みません^^; いろんなご意見聞けて参考になりました。 みなさんありがとうございました。

関連するQ&A

  • エネルギー保存の法則と「太陽電池」

    基本的なことかも知れないのですが、ちょっと疑問に感じているので、誰か教えてください。 物理の法則にエネルギー保存の法則がありますよね。 例えば、電気エネルギーが、運動エネルギーや熱エネルギーに変化するとき、その変化したエネルギーの総和は、元のエネルギーと同量になるというやつ(多分;うろ覚えですが)。 そこで、疑問に思ったのは「太陽電池」についてです。 太陽から来る光エネルギーが、青黒い紙に当たると、多分熱エネルギーに変わると思いますが、同色の太陽電池に当たった場合、紙と同じような熱エネルギー以外に、電気エネルギーも発生するわけですよね。 これって、エネルギーが余分に発生してることにならないんですか? 電気エネルギーに変換される分、熱が発生しにくいとかなんですかね。 これが、太陽電池に抱いている私のちょっとした疑問です。

  • 文法や暗記よりも大切なこと

    こんにちは。最近 このカテのとある質問の回答の中に「語学で大切なのは文法でなく、音を聞き取る力です。」と力説された方がおりまして、それに対して「語学でまず大切なのは文法の基礎です。」と反論された方がおりました。後者の言い分では“文法をないがしろにする人は「暗記」でしか語学を習得できないのです。”だそうですが、前者の考えによると「言葉を覚える上で一番大切なのは文法でも暗記でもありません。」だそうです。しかし、残念ながら その質問は締め切られていて、文法や暗記より大事なことについては言及されていませんでした。 私もどちらの言い分も一理あるように思えます。 そこで質問ですが、英語がある程度話せる人ってどのように勉強して来たんでしょうか?

  • おすすめの勉強法・暗記法

    こんにちは。 4月から医療系の専門学校に通っている者です。 作業療法士という資格なのですが、効率の良い勉強法を模索しております。 勉強内容としては解剖学、生理学、運動学を中心に暗記科目がほとんどなのです。 数学や物理、英語と頭を使う授業は思ったほど無いので効率良く暗記をしていくことが最重要と考えております。 そこで質問なのですが、このようにすれば勉強の効率が良いとか、こういった暗記法が良いなどアドバイスをお聞きしたいのです。 一番興味があるのが、例えば東大に合格された方とかはどのような方法で勉強されていたんでしょう?ひたすら勉強時間を増やしただけではないと思うのです。 私自身は一日に集中してノートに書きながらじっくりというよりは、毎日ちょこちょこと授業内容を反復し、とにかく質より量という感じで回数を重視してやっています。 あるテレビ番組で長期記憶にするためにはとにかく薄くても触れる頻度を増やすことと言われてました。 こういうやり方で正しいのかわかりません・・・ こんなやり方を続けてこんな難しい資格を取った、とかこんな難しい大学に受かった、という方がいらっしゃいましたらぜひヒントを頂けたらと思いました。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#96023
noname#96023

記憶のメカニズムに物理法則を当てはめるのは、ものすごく無理があると思いますが どうしても当てはめたければ、脳の神経シナプスを増加させるために必要なエネルギーと食物から摂取するエネルギーが等価であるとか。。。これも無理がありますね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

無理ありますよね。。やはり ありがとうございました

  • 回答No.1

>エネルギー保存のメカニズムから行くと同じ期間で同じ量をどう言う形でこなしても記憶量は同じ 頭が良い・悪い 記憶力が良い・悪い なども影響すると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます

関連するQ&A

  • 暗記方法のアイデアをください。

    私は今年度大学に受験します。科目は国語(現代文・古文・漢文)、英語、政治経済です。 この前、模試を受けました。結果は3割以上4割未満です。 英語、古文は単語、漢文は句形がほどんどわからないことに気がつきました。 現在、英語は毎日50単語の意味と3回単語を3日間やって次に進んでいく方法でやってます。 また、古単語は20単語、句形10形も毎日覚えています。古単語は565個、句形は123形なので覚える量は少なめで、暗記が終わったら次のページに進んでいます。 私の勉強法以外にも、みなさまからも勉強法のアイデアがありましたら、どんなアイデアでもいいので教えてください。参考にしようと思います。

  • 人と動物の食欲

    人が一日に食べる量を、いっぺんに目の前に置いて食べるのと、無理せず普通に2,3回に分けて食べるのとでは後者の方が早く減ると思うんですが、 これは、動物にも言えるのでしょうか 具体的には、一日分の食事をおいておくのと(前者)、無くなったらその都度継ぎ足すというの(後者)です 用意する時間は入れず、 食べるものは一品(一つのペットフード)だけで食べるものとして考えてください

  • 長期間勉強しても試験に落ちる人と、短期間で一回で合格する人の差は何?

    長期間勉強している人、長時間一日中自習室にこもりっきりな人が試験に落ちたりします。 いっぽうでは, 自習室にこもらなくても、短期間で一日3~4時間だけの勉強で合格する人もいます。この差は? 圧倒的に前者のほうが、問題集を多くこなしてますし、暗記した量も多いでしょう。しかし、なぜか後者が受かったりする。 何年やっても一日中自習室にこもって勉強しても受からない人はなぜ受からないんでしょうか?そんだけやったんだったら、本番試験で知らなかった、手をつけてなかった範囲が出てくるとは思えません。 実は私も後者のほうなんで、ぜひ教えてほしいものです。 どんな試験でもいいです。

  • 教えてくださいませんか、よろしくお願いいたします。

    日本語を勉強している外国人です。 訂正してくださいませんか。 私はこれを、コンピューターなどにはない、人間の脳のみが有する「ゆとり」だと思う。私がこの場合に使った「ゆとり」とは数学的な意味での「ゆとり」である。すなわち、わずかしかない「いつでもすぐ取り出せる」情報に対比して、実は膨大な量の情報が「すぐ取り出せない」形で脳に蓄積されているという、後者の前者に対する比率の大きさを「ゆとり」ということにしている。 質問(1)「後者の前者に対する比率の大きさを「ゆとり」ということにしている。」 前者に対する比率が大きい後者のほうを「ゆとり」ということにしている。 こう理解したらいいですか。 もしそういう意味ではなかったら、何の意味ですか。他の日本語で解釈できますか。 いくら読んでも分からないのですが。ご存知の日本人の方に助けてほしいです。よろしくお願いいたします。

  • 40代での資格取得、勉強

    私はもうすぐ42歳になります。 今年から来年にかけて、これまでの仕事とは関係のない新しい資格を取ろうと計画中です。 参考書、問題集などを用意しました。覚えないといけないことはかなりの量があります。 それらをパラパラと見ていると「果たして、今の私にこれを本当に記憶できるのだろうか・・」という不安も出てきました。 というのは、最近は日常生活においても記憶力の低下がひどいのです。 私のように40代以降で記憶力が必要なことをされた方、 どのように記憶力をアップさせましたか?秘訣があったら教えてください。 若い時の記憶力を取り戻す方法があったらなぁ・・・

  • 「頻出英文法・語法 問題1000」の効率のいい使い方

     私は大学受験を考えている高校二年生です。  桐原書店から出ている「頻出英文法・語法 問題1000」を学校のほうから配られて定期テストの範囲にされているのですが、この手の問題集の使い方がいまいちよくわかりません。  "客観4択問題"と呼ばれる(1)~(4)の中から当てはまるものを選ぶ形の問題は、反復して暗記しようとすると番号に対応している英語ではなく、番号自体を覚えてしまって、中身の暗記がなかなかできません。  正誤指摘問題も、反復することによって"誤っている部分"を位置として覚えてしまい、別の文でその誤表現が出てきても見つけることは難しいと思います。  自分で考えてみたところ、問題文(解答込み)をそのまま何度も書き取って暗記することが真の暗記に繋がると思ったのですが、量が膨大でとても骨が折れてしまいます。  最終的に、この問題集に限らない質問になってしまうのですが、このような問題集を効率よく頭に入れる方法はないでしょうか。体験談なども聞かせてくれると有難いです。  それと、私は筑波大学を受験しようと思っているのですが、その大学の受験に特化した勉強の仕方などありましたら教えていただきたいです。

  • 脳が行う情報の記憶と消去について

    ややこしいことですが、質問をできるだけ簡潔にまとめたつもりです。 ザイガルニック効果。効果を発見した心理学者の名が由来。脳は本来、完結した情報だけを記憶の中にとどめておき、中断された情報は不要なものとしてすぐに消し去ろうとする。 このザイガルニック効果を理解しようとすると、何か腑に落ちないところがあり、理解できそうなところで、理解したいのに理解できず、その事柄を忘れようとする脳の働きかけがある。そして精神的に疲れてしまう。事柄の背後にある法則を理解していないのにその情報を記憶の中にとどめておけなくなるとき、それは中断された情報だから脳が不要なものとしてすぐに消し去ろうとするのか。 ザイガルニック効果を理解したいときその背後にある法則を理解すれば、ザイガルニック効果を理解できるのか。そうであればその背後にある法則とはどのようなものなのか。それともザイガルニック効果自体が絶対的な法則だから理解しがたいのか。 ザイガルニック効果を理解するためには前者と後者どちらの考え方が妥当なのか。

  • この文を読んでどう思いますか?

    もしエネルギーに、性質と言う普遍的な法則に則った、目に見えないものが存在していなければ、エネルギーは無秩序な、カオスにもならないと言っていいでしょう。 そのエネルギーによる引力や斥力や電磁波のような波としての性質が織り成したのが私達の知る宇宙です(⇒量子力学) 特にこの引力はエントロピーを維持しあるいは減少させます。もしこの引力がなければ物質は秩序をなし得ませんし、天体も形をなし得ないでしょう。  そしてそのエネルギーの持つ性質が 同時にそのエネルギーに態を与えているのです 性質がフィードバックをしてその存在を更に在らしめているのです (→亀の存在性 動物の存在性 進化論 例えば食べるという性質が体を維持する 見るという性質が交通事故を避ける等 因果) 場の中で。 でなければ存在を保つことはできません。 性質は法則に則ってエネルギーに現れ、その性質がそのエネルギーに態を与えます。下の「酸素原子の存在性」を参考にされてください。 そのものが持つ性質が原因となって、そのものが存続すると言う結果となる(アイデンティティ)(因果律)  (物質もエネルギーで出来ていと思います) 註 引力や電子、素粒子の運動もエネルギーですが、同じ量のエネルギーでも違った性質を示すものです。人間にも性質があります。物質、分子原子にも性質があります。光にも電子にも性質があります。エネルギーとしては同じ量のものも、その持つ構造と性質によって違う個性(性質)のものになります。性質がなかったら様々なエネルギーにはならないでしょう。  同じ炭素でも石炭になったりダイヤモンドになったりするのです。 付記 エネルギーの個性によって性質が決まると同時に性質がフィードバックしてエネルギーの個性を(態を)存続させ 或いは変化させます。 付記 性質と言うのは大きな概念ですが 力 速さ サイクル等の「働き」「作用」「相互作用」です。 

  • アフィリエイトではなくて、、、名前をど忘れしてしまいました。

    前にネットで見かけたのですが 商品を紹介し、その商品が売れたら何%かをもらうアフィリエイト 実際に商品を入荷して、売るネットショップ 前者はリスクが全く無いですがリターンが少ないです。 後者は在庫が残ることのリスクがありますが、リターンは高いようです。 この中間に位置するものがあったと記憶しているのですが 名前を忘れてしまい、検索をすることができなくなってしまいました。 システム的には自分は在庫をもつのではないけれども ネットショップのような形で経営をし、在庫は業者がというような形だったと思います。 名前分かる方いらっしゃいますでしょうか?

  • 母乳をよく吐いてしまうのですが(1ヶ月)

    いつもお世話になってます。 1ヶ月になったのですが、0ヶ月の頃からよく母乳を吐きます。 母乳を飲んだら必ず吐きます。吐く状況ですが、母乳を飲んで ゲップをしないまま寝かせた場合や(でもゲップをしない 場合でも10~15分縦抱きにしています。)また母乳を飲んで ゲップをして寝かせて1~2時間経った後にも吐きます。 前者の場合ゲップをしなかったので分かるのですが、後者の 場合はゲップをしてしかも1~2時間も経っているのに 吐くのはなぜ?思っています。赤ちゃんの胃の形から吐くこと が多いと聞きましたが、1~2時間もすれば胃から消化されて いるのではと思います。吐くことについて考えられる病気はありますか? また何か原因が分かる方がいたら教えていただきたいです。 また口からだけじゃなく、鼻からも吐きます。量は少しの時も あれば中量の時もあります。現在の所たくさん吐くことはないです。