• ベストアンサー
  • 困ってます

赤ちゃんの受け口回避策について

  • 質問No.2290309
  • 閲覧数41216
  • ありがとう数105
  • 回答数4

お礼率 100% (4/4)

もうすぐ10ヶ月の赤ちゃんがいます。4ヶ月目ぐらいに下の歯が2本先に生え(現在4mm前後)、6ヶ月目ぐらいから上の歯が見え始め4本(現在2mm前後)生えていますが、かみ合わせを覗くと受け口です。自分も受け口なのでほぼ間違いなく受け口になってしまう気がしています。歯固めやおしゃぶりなど何か有効な回避策や、正常なかみ合わせに戻っていかれた経験談などお持ちでしたらお聞かせ下さい。
ちなみに歯固めはすぐ飽きるのでほとんど使っていません。おしゃぶりは3ヶ月目ぐらいまでは使ってましたが、(賛否両論のようですがうちでは)なるべく使わないようにと歯が生えてからは使っていません。ガーゼやタイルは大好きでよくしゃぶってます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 41% (41/98)

乳歯の場合、前歯だけしか生えてない時期は、まだ噛み合せが決定してないので、よく受け口のような噛み方をしますが、全く心配は要りません。

上下の第一乳臼歯(前から4番目)が萌出してくると、奥歯の噛み合せが安定しだし、上下第2乳臼歯が噛み合う様になってやっと噛み合せの位置が決定します。

ですのでそれまでは全く心配する事はありません。

ただ、家族に受け口の人がいれば、遺伝的に同じ様になる可能性はありませが、3歳ぐらいにならないと判断はつきません。

それまでは噛み合わせを気にするよりは、正しい食習慣とむし歯予防に重点を置かれた方がいいです。
お礼コメント
tatarai1964

お礼率 100% (4/4)

専門家の立場からのご回答ありがとうございます。私が内心聞きたいと望んでいた回答内容でホッとしました。総じて心配するには時期尚早ということでしょうか。私も(自己の悪い)経験を通して、正しい食習慣とむし歯予防は非常に大切だと実感して大人になってから気をつけだしました。子供には、最初からよい習慣をみにつけてもらえるよう根気よく接していきたいと思います。ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/23 11:22

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 43% (211/488)

もともと、乳歯の前歯は切端咬合(上の歯と下の歯の先端同士が当たる)が多く、わずかに反対になることもあります。永久歯が生えはじめてからの反対咬合は、その後の顎の骨の発育にも影響しますので、要注意ですが、現在は経過観察しかないでしょう。

歯固めやおしゃぶりによる改善について、科学的裏づけのある方策は、私が知る限りありません。むしろ悪影響の方が心配されます。
お礼コメント
tatarai1964

お礼率 100% (4/4)

了解しました。何分にもはじめての赤ちゃんで早くから過剰に反応しすぎてしまったようです。しかし、経験者の方や専門家の方から貴重なアドバイスを頂き、ひとまず安心しました。しばらくは、虫歯や食習慣を気にかけながら経過を見守っていくことと致します。みなさんありがとうございました。
投稿日時:2006/07/24 11:49
  • 回答No.2

ベストアンサー率 60% (347/574)

 いとこの子供が小さい頃(小学生低学年)に受け口でしたが、下の歯を根元から押す様にして直しました。矯正はしていません。
 ただし、顎関節による受け口の場合には歯だけの問題ではないですが、赤ちゃんの顎関節の異常の例は残念ながら知りません。
 顎関節異常だとすると最終的には専門医が必要になりますが、現時点では分からないので、前の方の例を含め行っていればよろしいのではないでしょうか。
 良く有る事なので(?)、私であればそんなに深刻になりません。
お礼コメント
tatarai1964

お礼率 100% (4/4)

なるほど。意外にも荒治療(失礼^^)で治された方もいらっしゃるのですね。見た目というより噛み合わせが心配で、できるだけ早い時期に治せたらと思うのです。
投稿日時:2006/07/22 23:13
  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (253/794)

こんばんわ。2児の男の子のママです。

私と私の父が子供の頃反対交互(受け口)で、大人になるにつれ戻った経験者です^^ 私の場合は「あと前歯の4本だけ」というところまで自然にかみ合わせが戻っていたのですが、小学5年生の時に上の前歯2本を折ってしまいまして>< その歯は差し歯にしたのですが「となりの1本もついでに差し歯にすればかみ合わせを正常にしてあげることができるよ。」という歯科医の勧めで結局3本を差し歯にして上の歯を前にだしてもらうことになり、それで受け口が治りました。私の父は自然にかみ合わせが戻りました。だから私もあの時歯を折らなければ自然に戻っていたはず^^;

私が子供の頃、歯科医からアドバイスされた受け口の治し方がありますので書かせてもらいますね。

自分の親指か割り箸などを上あご(上前歯の裏あたり)に当てて前に押し出すようにする。これをテレビを見ているときなど暇なときにちょこちょこやるようにする。

なんか原始的な方法のような気はしますが^^; まだ10ヶ月の赤ちゃんにこの方法が良いのかどうかは私には判断できないので、あまりおすすめはできません。もし気になるようでしたら一度歯医者さんで診てもらうのが一番だと思います。

我が家の長男(5歳)も実は受け口のようです。でもひどいものではないので、小学生くらいになったらあの原始的な方法を試そうかと計画中です^^
お礼コメント
tatarai1964

お礼率 100% (4/4)

早々に回答をお寄せ頂きありがとうございます。小学校の高学年あたりから自然に(自力で)直る方がいると知ってびっくりです!私の場合は矯正をしたのですが噛み合わせは今でも良くなく、思えば自分の悩み事の半分以上は噛み合わせに関わることだったような気がするので子供(娘)にはそんな思いはさせたくないと思うのです。(最近はそうでもないのですが)ときどき人差し指と中指を下から上にその割り箸の要領でおしゃぶりしているので、おしゃぶりでも効果があったらいいなぁ。割り箸は妻に怒られそうなので大きくなっても試せないかも知れませんが、参考になりました。
投稿日時:2006/07/21 20:13
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ