締切済み

PL法とソフトウェア

  • 暇なときにでも
  • 質問No.22144
  • 閲覧数393
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 20% (56/270)

ソフトウェアはPL法(製造物責任法)の対象になるのでしょうか?なるとしたら、日本かアメリカでの判例はあるのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (873/3452)

PL法はあくまでも製造物(有体物)に対する法律なので、純粋にソフトウエアに関してのみにはPL法は適用できないそうです。(役務をPL法から除外するために、はっきりと有体物としたらしいです。)
しかし、例えばソフトウエアはCD-ROMなどの媒体に記録されていたり、機械に組込まれる事によって機能を発揮するので、組み込み済みに関してはその組み込み機器という有体物の構成要素の一部として解釈が出来るそうです。

でも、昨今や、これから先はなおの事ですがノンパッケージ流通というものが増えてくるでしょうが、そうなるとソフトウエアを記録してある媒体自体が流通しなくなってくるので現在のPL法では対応が出来なくなってくるのではないのではないかと思います。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ