• 締切済み
  • すぐに回答を!

Solaris8で"newfs"エラー

Solaris8 for SUN SPARCで、外付のDISKを追加して、 "newfs /dev/rdsk/c1t0d0s0"を行うと "/dev/rdsk/c1t0d0s0: Device busy"と 表示されます。なぜファイルシステムが作成されないのでしょう? もちろんformat,スライス分割は完了しているのですが、 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数185
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • mkim
  • ベストアンサー率67% (25/37)

私の知識では、これ以上は力になれませんが、下記URLの現象と 同じであるかもしれませんので、ご参照ください。 http://www.nsug.or.jp/readme/no38/FAQ.html#Q10

参考URL:
http://www.nsug.or.jp/readme/no38/FAQ.html#Q10

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 原因が分かりました。Diskをコントロールするソフトを入れたため、 デバイス名が仮想デバイス名に変更されていました。 明記はしませんが、"/dev/***/rdsk/***s0"っといった感じです。 mkimさん、いろいろと調査して頂きありがとうございました。 もとを正せば、その外付DISKの設定マニュアルの不備です。 (全く記載されていない。なんてヒドイ...)

関連するQ&A

  • (Solaris10)マウントポイントの変更方法

    Solaris10(SPARC版)で、マウントポイント名(/disk01 ⇒ /DISK)を変更したく、 下記の操作手順で試みたところ「マウントポイント /DISK が存在しません。」 とエラーが出て失敗してしまいました。 申し訳ありませんが正しいマウントポイント名の変更のしかたを御教示ください。 よろしくお願いします。 《操作手順》 #umount /disk01 #vi /etc/vfstab (下記の様に内容変更) #mount /DISK mount: マウントポイント /DISK が存在しません。 《変更前》 /dev/dsk/c1t2d0s1 /dev/rdsk/c1t2d0s1 /disk01 ufs 2 yes - 《変更後》 /dev/dsk/c1t2d0s1 /dev/rdsk/c1t2d0s1 /DISK ufs 2 yes -

  • Solaris8 複製したHDDからの起動でエラー

    Solarisのシステム管理(第1巻)  →UFSファイルとファイルシステムのコピー(手順)   →ディスクをクローン化する方法(dd) を参考にHDDの複製を作成しましたが複製したディスクでBootできません。問題点を確認する方法はありませんか? 【環境】 ハード:SunFireV210 HDD:<SUN72G cyl 14087 alt 2 hd 24 sec 424> x2台 OS: Solaris8 【複製の方法】 1.システムの停止 2.V210のdisk1に新品のHDDを挿入 3.ok boot -rs 4.# dd if=/dev/dsk/c1t0d0s2 of=/dev/dsk/c1t1d0s2 bs=256k 5.# fsck /dev/rdsk/c1t1d0s2 6.# init 0 【発生した問題】 元のDiskと複製したHDDを交換してokプロンプトから ok boot -rs としたところ以下のメッセージが出力され起動できませんでした。 Boot device: /pci@1c,600000/scsi@2/disk@0,0 File and args: Fast Data Access MMU Miss

  • Solaris8をインストールしたい

    Solaris初心者です。 会社に転がっているSunのマシンを入手しました。 既にSolaris8が入っていますが、インストールしなおそうと思っています。 Solaris8のCD-ROMをいれ、電源を投入するとインストール画面に行くものだと思っていましたが、電源を入れると次のメッセージが出ました。 ************************************************************ Boot device: disk: a File and args: WARNING: unsupported operator FJSVssf on Line 102 of etc/system SunOS Release 5.8 Version Generic_108528-19 64-bit Copyright 1983-2001 Sun Microsystems Inc. All rights reserved. configuring IPv4 interfaces: hme0. hostname: test The / file system (/dev/rdsk/c0t0d0s0) is being checked. /dev/rdsk/c0t0d0s0:...... ......................... WARNING - Unable to repair the / filesystem. Run fsck manually (fsck -F ufs /dev/rdsk/c0t0d0s0). Exit the shell when done to continue the boot process. Type control -d to proceed with normal startup, (or give root password for system maintenance): ************************************************************ すみませんが対処方法を教えて下さい。 以上宜しくお願いします。

  • solaris10(sparc)で、コンソールログインができない

    solaris10(sparc)で、コンソールログインができない 現在、solaris10(sparc)をコンソール接続をして立ち上げを行っていますが、 いつもの「solaris10 console login:」ではなく、 「Root password for system maintenance (control-d to bypass):」 と、メンテナンスモード(シングルモード?)で立ち上がるようになって困っています。 元に戻す方法をどなたか教えてください。 直前にやっていた作業としては、svsadm milestoneコマンドでmilestoneをいろいろ変更していたことと、 x windowの検証です。これらは現在もとの設定に戻しています。 また、Ctrl+Dをおしても、 「Root password for system maintenance (control-d to bypass):」 にもどるだけです。 # who -r . run-level 3 5月 17日 22:19 3 0 S なので、いちおうマルチユーザモードみたいなんですが・・どうみてもシングルモードっぽいです。 以下、電源起動からのログです。 lom>poweron lom> LOM event: +0h0m12s host power on ・ Sun Fire V120 (UltraSPARC-IIe 648MHz), No Keyboard OpenBoot 4.0, 1024 MB memory installed, Serial #54156724. Ethernet address 0:3:ba:3a:5d:b4, Host ID: 833a5db4. Boot device: disk File and args: SunOS Release 5.10 Version Generic_141444-09 64-bit Copyright 1983-2009 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. Use is subject to license terms. Booting to milestone "svc:/milestone/multi-user-server:default". Hostname: solaris10 Requesting System Maintenance Mode (See /lib/svc/share/README for more information.) Console login service(s) cannot run Root password for system maintenance (control-d to bypass): /dev/rdsk/c1t0d0s7 is clean /dev/rdsk/c1t0d0s5 is clean /dev/rdsk/c1t0d0s1 is clean Reading ZFS config: done. Requesting System Maintenance Mode (See /lib/svc/share/README for more information.) Console login service(s) cannot run Root password for system maintenance (control-d to bypass): ------------------------------ 通常の起動時のログは以下のようになります。 (文字制限があるため、上記と共通の部分は割愛) Use is subject to license terms. |/-\|/-\|/-\|/-\|/-\|/-\|/-\|/-\|/-\|/-\ SUNW,eri0 : 100 Mbps full duplex link up Hostname: solaris10 /dev/rdsk/c1t0d0s7 is clean /dev/rdsk/c1t0d0s5 is clean /dev/rdsk/c1t0d0s1 is clean Reading ZFS config: *done. solaris10 console login:

  • CDROMのマウントについて

    初めて投稿させて頂きます。初心者です。 Ultra機にSolaris10SPARC版のコアシステムサポートを(分けありで)インストールしたのですが、squidを入れようと思ってCDROMにsquid-2.6.STABLE2.tarを入れて、マシンにCDROMを入れたのですがマウントしません。 下記が起動時のファイルシステムです。 /dev/rdsk/c0t0d0s1: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s4: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s5: is logging. 下記が現在の/etc/vfstabの中です。 #device device mount FS fsck mount mount #to mount to fsck point type pass at boot options # fd - /dev/fd fd - no - /proc - /proc proc - no - /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s3 /usr ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s2 /dev/rdsk/c0t0d0s2 /var ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s5 /dev/rdsk/c0t0d0s5 /data ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s4 /dev/rdsk/c0t0d0s4 /opt ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s1 /dev/rdsk/c0t0d0s1 /swap ufs 2 yes - /devices - /devices devfs - no - ctfs - /system/contract ctfs - no - objfs - /system/object objfs - no - swap - /tmp tmpfs - yes - インストール時のファイルシステムの指定に問題があるのでしょうか? どなたか解決策をご教示下さい。 宜しくお願い致します。

  • fdiskコマンドの表示の意味を教えてください。

    WARNING: Device /dev/rdsk/c0d0s0: The device does not appear to include absolute sector 0 of the PHYSICAL disk (the normal location for an fdisk table). Fdisk is normally used with the device that represents the entire fixed disk. (For example, /dev/rdsk/c0d0p0 on x86 or /dev/rdsk/c0t5d0s2 on sparc). Are you sure you want to continue? (y/n) 現在使用しているSolarisサーバのパーティションの設計書を作成しているのですが、fdiskコマンドで開始シリンダ番号、終了シリンダ番号を調べたいのですが。上記のような表示が出て、意味がわからず、おっかなびっくりで続けられません。yesとして問題ないのでしょうか。また他の方法で調べられたら教えていただけたら幸いです。

  • Solaris(SPARC)のファイルシステムについて

    dfコマンドでディスクスライスを参照した場合、 ファイルシステムで"c0t0d0s0"って表示されますが、 『c,t,d,s』って、それぞれどんな意味なんですか? "s"はスライスのような気はするのですが…。 #df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 capacity マウント先 /proc 0 0 0 0% /proc /dev/dsk/c0t0d0s0 1015909 491317 463638 52% / /dev/dsk/c0t0d0s1 1015909 798691 156264 84% /usr fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0t0d0s3 1015909 529819 425136 56% /var /dev/dsk/c0t0d0s4 1015909 904926 50029 95% /opt swap 5037840 1998296 3039544 40% /tmp

  • Solarisのディスクフォーマットについて

    はじめまして。 現在、solaris9の再インストールを行っておりますが、 インストール途中(ファイルシステムの配置後のインストール)に 下記のエラーが表示され、インストールが止まってしまいます。 "構成済みシステムファイルをマウントできませんでした。" 既に入っているsolaris9(sparc 64bit)のディスクを一旦 フォーマットして再インストールを開始したいのですが、 format コマンドを使用しても下記のメッセージがでてコマンドが使えません。 "Cannot format this device. Please use your Manufacture supplied formatting utility." どなたかsparc版のディスクフォーマットの方法をご存知な方、 教えていただけませんでしょうか。 機種:sun blade 150

  • 【急】ufsdumpについて。

    よろしくお願いいたします。 Solaris11.2を使用しています。 バックアップを試みたので、とりあえず、ZFSによるバックアップをしましたが、スナップショットは、優れていると思いましたが、私の興味のある、フルバックアップには向いていないと思いました。 そこで、ufsdumpを使おうと思い、実行してみたのですが、以下のようになりました。 root@solaris:~# ufsdump 0uf /backup/backup0.dump / DUMP: `/' is not on a locally mounted filesystem DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump -S /dev/rdsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump 0f /backup/backup0.dump /dev/dsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump 0uf /backup/backup0.dump /dev/dsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# 何か手順として足りないようにも思ったのですが何が悪いのかわかりません。 ちなみに、LIVEメディアで起動させて、同じことをしようとしましたが、同様の結果になりました。 どなたか、このエラーを解消する方法をご存知の方おられましたらご教授願います。 よろしくお願いいたします。

  • solaris DDS3 バックアップ リストア 方法について

    急に公開Webサーバをさわるのは危険だということで、別のサーバ(メールサーバ)でバックアップ リストアの訓練をして、監査に訴えると上司にいわれました。手順書をつくりなさいとのことで下記に作成しました。 これでいいのか?悩んでいます。ご指摘いただけましたら幸いでございます。 よろしくお願いいたします。 システム稼動のままで、バックアップします。 V210 でバックアップをとる     ↓ Netra t1 でリストアする Tape DDS3 容量 13G ■サーバ リストア作業手順 [作業に当たって用意するもの] ・Backup Tape (DDS3) [バックアップ作業 実施手順] --<Tape 種類>---------------- DAT(90m) /dev/rmt/0 2GB /dev/rmt/0c 5GB(圧縮) DAT(125m) /dev/rmt/0 12GB /dev/rmt/0c 24GB(圧縮) ------------------------------ まず、Tape を装着する。 / 以下、フルバックアップの場合 (今回はマルチユーザで、バックアップする!) Ok init 3 ←※ok prompt から (ファイルシステム デバイス名 確認) #devnm /    ←※ファイルシステム rawデバイス名 確認 /dev/rdsk/c0t0d0s0     ←※fs のrawデバイス名が表示される (テープ装置の種類の確認) #mt-f /dev/rmt/0 status  ←※今回は4mm DDS3 (フルバックアップ) # ufsdump 0ucf /dev/rmt/0ln /dev/rdsk/c0t0d0s0 ====================================================== まず、Tape を装着する。 (Tape を巻き戻す) #mt ?f /dev/rdsk/c0t0d0s0 rewind  ←※Tape のはじめから、リストアする場合 (ファイルシステムの完全なリストア) # umount /home # newfs /dev/rdsk/c0t0d0s0 # mount /dev/rdsk/c0t0d0s0 /mnt # cd /mnt                      ←※マウントポイントへ移動 # ufsrestore rvf /dev/rmt/0 ←※ リカーシブモードのリストア ---------------------------------------------------------------------  注)Tapeが複数のテープにまたがっている時は、     Mount volum 2 then enter volume name(default: /dev/rmt/0) このときは、ボリューム番号2のテープを入れ替えたあとで、「Retern」を入力。 --------------------------------------------------------------------- (★バックアップデータは、/export/home ファイルシステムに復元される!) #cd /export/home #rm /export/home/restoresymtable ←※リストア用の一時ファイルの削除 # cd / # umount /mnt          ←※必ずアンマウントをすること! # fsck /dev/rdsk/c0t0d0s0 # mount /dev/rdsk/c0t0d0s0