• ベストアンサー

国民年金は払っていきたいのですが...

私は今31歳です。 20歳になってから大学卒業までの二年間、国民年金納付の通知がなく、また無知だったので年金を払っていませんでした。 卒業後、去年春までの八年間(22歳~30歳)は会社から厚生年金を支払っていました。 去年春に転職(会社員ではない)して国民年金に変更しました。その国民年金をいま払っていません。 払った分だけ将来もらえないのでは?、今は65歳から受給だが、自分のときはおそらく70歳からに間違いないだろう、ますます心配だ、などと勝手に考えてしまいます。 そこで教えてください。 1.年金を支払うメリットは何なんでしょうか。(義務だとは分かっています) 極端な例ですが、遺族年金が子にもらえるのなら、現在子供は2歳なので、約1700万(16年分)の定期にでも入れば、安上がります。ただし掛け捨てですが。 2.年金を満額(40年分)支払わないと、65歳から毎月6万いくらを貰えないのでしょうか。 未納分を差し引いて支給されるのですか。(今まで支払った8年分、例えば月2万など) 3.厚生年金を38年分(就職から定年までとして)支払ったのと、国民年金を同様に38年分支払ったのとでは、受給金額が違うのでしょうか。 年金の内容がわかれば、惜しむことなく払っていけますし、また払いたいのです。 無知な私ですが、よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.6

1.保険料を支払うメリットについては、 老齢、障害、死亡の保険事故が生じたときに年金を受給することが できる。 世代間扶養(自転車操業)の考えにより高齢者(自民党の票田)に 年金を支給するための原資です。 ただ、現実の日本経済及び社会環境を考えると、 夫婦共働きであっても自分の両親を扶養するだけの十分な収入が 得られない状態であり、世代間扶養という形をとってでも、 その老齢になった日本国民の生活を保障していくことは、 日本国家の経済・治安を含めた安定を確保するために必要なものとなっています。 2.年金金額 金額は保険料を納めた期間に比例します。 国民年金については 804,200円×(保険料納付済期間の月数+保険料免除期間の月数の3分の1)/480月 です。 ただ8年間では、国民年金法第26条の規定に基づき保険料を納めた期間(免除期間を含む)が25年以上ないと絶対に支給されません。 支払った8年分月2万円などではなく、O円です。 すなわち、払わずに60歳に到達すると8年間かけた保険料は無駄になります。 3.厚生年金と国民年金 65歳以後     厚生年金        国民年金 2階  <厚生年金部分>     1階  <国民年金部分>    <国民年金部分> という、2階建て年金という制度となっています。 条件によりますが、現在の受給者では国民年金の年金額の倍以上はもらえるかと 思います。 ちなみに2階建て年金制度は、 財政の悪化していた国家公務員共済組合を救うため、2階建てにすることにより その当時財政豊かだった厚生年金のお金を国民年金を利用することにより 注入するという画期的な方法です。 この結果、国家公務員共済組合の赤字は軽減し、厚生年金は悪化することになります。 現在の年金制度は少子高齢化の進展に対し、国(自民党)が票田および、既得権問題により、改革を先送りにしているために破綻のおそれが多分にあります。 保険料の納付は義務ではありますが、罰則はありません。 ただ将来的に税金化したときに、納付期間の問題で不利益を受けるおそれもあります。 最終的には個人の判断だと思います。 納めない人が多いと年金の破綻が早まるなぁ。

参考URL:
http://www.nenkin.go.jp/
SUNBELT
質問者

お礼

分かりやすくご説明いただきありがとうございます。 死亡の際の遺族年金受給に関してですが、 1.死亡するまで、納めた期間(免除期間を含む)が25年以上いるということではないですよね、きっと。 2.もし5年後くらいに死亡した場合、子に対して18歳になるまではもらえるのは分かりますが、私に扶養されていない妻(共働き)は、もらえないのでしょうか。 3.私がこのまま60歳まで国民年金を払い続けていくとして、厚生年金で8年間納めた見返りはゼロですか。(厚生年金の2階の部分)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (8)

noname#11476
noname#11476
回答No.9

細かな専門的な話は、他の方々にお願いするとして。 >1.年金を支払うメリットは何なんでしょうか。(義務だとは分かっています) SUNBELTさんは、すべて民間の保険でまかなう場合の計算をされたことあります? 私は自分のライフプラン設計の時に、ついでにやってみました。現実に出ている民間の保険の資料をあつめて。 (ライフプランでは、自分が健全な場合と、万一の場合の両方を計算して、それから必要な生命保険料を算出します。) 子供がいる場合には、ものいりなその時期に、その分の生命保険料代か浮く(安い掛け金で済む)というメリットもあります。 が、最終的に得になるかどうかは、結局の所何年いきられるかという問題となります。 詳しい資料はいま手元にありませんが、一番ネックになったのは、 ・年をとって働けない時代にどうしても収入の確保は必要 ・民間の年金制度では、期限付きの年金は公的年金よりも魅力があるのだが、終身にすると極端に(1/2位になります)もらえる額が下がり、公的年金に太刀打ちできない。 ・65年から20年間もらい、自分の寿命がそれまでと考えれば民間という方法もあり得る。  ただし、85才からは一銭も収入はない。 ・民間で終身もらえる契約にすると、公的年金に対して全く勝ち目がなくなる。  公的年金は「終身」です。よくマスコミが騒いでいる、払っただけもらえないという話は、平均余命まで生きた場合であって、平均値を上回るひとはどんどんお得になります。 ・民間の保険だとインフレに対する担保がないので、その意味では今の公的年金制度が更に悪い方向に行く確率と比較しても大差はないのではないか。 (これは私見です。人によっては株、不動産などインフレに強い商品をつかって防げるという人もいます。リスクはありますが。) 最後に、 よくよく考えると、年金の掛け金の方は拒否しても、税金から年金に回されている分は拒否できない。 つまり、自分の払っている税金のうちの年金分は掛け捨て損になるのは未だに変わらない。 こんな訳で、私は公的年金には「かけた方がよい」と主張する一人です。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.8

No.7の方が十分答えられているので補足ですまさせていただきます。 > 1.死亡するまで、納めた期間(免除期間を含む)が25年以上いるということではないですよね、きっと。 (原則) 「遺族」「障害」については 死亡日(初診日)の前日において、死亡日(初診日)の属する月の前々月までに ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 被保険者期間があり、かつ当該保険期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間(学生納付特例含む)とを合算した期間が当該被保険者期間の 3分の2以上であることが、条件になります(国年法30条、37条)。 ~~~~~~~~~~~ (No.7さんの表現でいえば3分の1を越える未納期間です。) (例外) 死亡日(初診日)が平成18年4月1日前にある場合、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに保険料の滞納がないとき(死亡日(初診日)において65歳以上でないこと)も受給可能です(昭和60年法付則20条)。 >国民年金払っていて、もし子供が19歳以上のときに私が亡くなると、今まで払っていた年金ってすべて無駄になるのですか。 SUNBELT様は男性であるようなので、 「死亡一時金」「寡婦年金」 http://www.houko.com/00/01/S34/141.HTM 「死亡一時金」はURLの52条の2を参照。 第一号被保険者としての保険料納付済期間が3年以上あるものが死亡した場合です。 配偶者、子、父母、孫、祖父母または兄弟姉妹で生計同一が条件です。 もらえるけど、微々たる金額です。 「寡婦年金」はURLの49条を参照。 老齢基礎年金の受給資格+αの条件が必要。 夫の老齢基礎年金の額の4分の3を妻に支給です。 他の文献は http://www.sia.go.jp/outline/nenkin/qa/qa07.htm でもいいです。 > 2.もし5年後くらいに死亡した場合、子に対して18歳になるまではもらえるのは分かりますが、私に扶養されていない妻(共働き)は、もらえないのでしょうか。 妻にたいし生計維持関係があり、妻は子と生計を同じくしている必要があります。 ただ、生計維持関係があっても妻が850万円を未満であればいいということです。 最後に。 804,200円+子の加算(231,400円)が正しいです。 これらのことは、法律上うんぬんよりも、下記のURLを参照していただくと いいかと思います。

参考URL:
http://www.sia.go.jp/outline/nenkin/chishiki/chmain.htm
全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • drnelekin
  • ベストアンサー率43% (126/293)
回答No.7

No.5のdrnelekinです。 私の失礼な回答に,真摯に答えていただき恐縮です。 > 私はおばあちゃんっ子だし、当然、人は一人では生きていけないものです。 > が、自分のことは自分で責任をもつという姿勢が必要だと私は言いたいんです。 安心しました。同感です。「社会保険制度」をとっている今の年金制度は,「自己責任」の考えに基づいた制度だと思いますよ。 もっと重要なのは,制度を運営する「お上」の責任感ですね。No.6さんの回答から察するに,「年金制度」が悪いのではなく,それを運営する者の「私利私欲」が諸悪の根元だと思います。 ついでに,他の方へのご質問ですが,勝手に回答します。 > 1.死亡するまで、納めた期間(免除期間を含む)が25年以上いるということではないですよね、きっと。 「25年」は「老齢」の年金だけに対しての条件です。 「遺族」や「障害」の年金は,「死亡日(障害の場合は初診日)の前々月までの期間で3分の1以上の未納期間がないこと」が条件です。ちなみに,免除が認めらた期間は未納期間になりません。 > 2.もし5年後くらいに死亡した場合、子に対して18歳になるまではもらえるのは分かりますが、私に扶養されていない妻(共働き)は、もらえないのでしょうか。 奥さんの年収が850万円未満であればもらえます。扶養されているかどうかは関係ありません。 > 3.私がこのまま60歳まで国民年金を払い続けていくとして、厚生年金で8年間納めた見返りはゼロですか。(厚生年金の2階の部分) いえいえ。老齢年金を受けるときには8年分だけ2階がある年金になるというわけです。 また,遺族年金に関しても,国民年金+厚生年金が25年を超えてから(老齢厚生年金の受給資格期間を満たしてから)亡くなった場合には,8年分に対しての「遺族厚生年金」が+αされます。

SUNBELT
質問者

お礼

たびたび、ご丁寧にありがとうございます。 > 奥さんの年収が850万円未満であればもらえます。扶養されているかどうかは関係ありません。 ということは、804,200円+子の加算(231,400円)ということですよね。804,200円×2(妻と子)+子の加算(231,400円)ではないですよね。 よく考えたら、国民年金払っていて、もし子供が19歳以上のときに私が亡くなると、今まで払っていた年金ってすべて無駄になるのですか。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • drnelekin
  • ベストアンサー率43% (126/293)
回答No.5

> 1.年金を支払うメリットは何なんでしょうか。 実際に年金を受け取っている人に「年金なんかいらない。」と言っている人が一人もいないところから想像してください。本当のメリットは,受け取ってはじめて実感します(そう言う私はまだ32歳)。 年金は「それだけで十分」と言える額は出ないかも知れませんが,なくて困るモノでもないでしょう。また,1つの保険料で老齢・障害・遺族の3つの保障があるのも,実はメリット。民間の保険等で同じ保障内容ができるのか不明です。 > 2.年金を満額(40年分)支払わないと、65歳から毎月6万いくらを貰えないのでしょうか。 40年納めて年金額が804,200円(月6万7千円程度),これは基礎年金(=国民年金)のみの額です。 40年で80万ですから,25年だと50万円。単純な計算です。国民年金だけだと。 その上乗せとなる厚生年金は,計算が複雑なので,勝手に省略。 > 3.厚生年金を38年分(就職から定年までとして)支払ったのと、国民年金を同様に38年分支払ったのとでは、受給金額が違うのでしょうか。 「2階建ての家vs1階建ての家」くらいの違いがでます。そのうえ,2階の方がかなりでかいです。今もらってる人だと,3~4倍くらい違うのでは?大ざっぱですが。 > 自分のときはおそらく70歳からに間違いないだろう 実は,国民年金は発足から40年以上,受給開始年齢は変わっていないんですよ。前から65歳なんです。 変わったのは厚生年金の方です。その分,定年が伸びたり,年とっても働く人が増えたと言うことでもあります。 定年の伸びより,年金受給開始の繰り上げが早いのが若干気になりますが。 あるいは,ビスマルクのような宰相がでてきたら,「年金受給開始年齢を10年先延ばし」なんてことあるかも知れませんけど。平和な世の中が続くといいですね。 > 年金を「老人たちを助けるために支払う税金」だと思うなら、ますます払いたくありません。 人助けが嫌いなんですか?自分の稼いだ金は全部自分のモノで,世の中共存共栄なんてちゃんちゃらおかしいですか?世の中所詮一人で生きていけますってか? すいません。勝手に熱くなりました。失礼します。

SUNBELT
質問者

お礼

ご助言・ご指摘ありがとうございます。 ということは、国民年金はいわば最低限のものなのですかね。厚生年金支払者とおよそ3~4倍くらい違うから、基礎年金+国民年金基金があるのですか?。 老人達や人助けが嫌いなわけではありません。私はおばあちゃんっ子だし、当然、人は一人では生きていけないものです。 が、自分のことは自分で責任をもつという姿勢が必要だと私は言いたいんです。税金は税金として日本国に住んでいる以上(納得できないこともありますが)払いますよ。その税金を相互扶助で年金に使うのか、公共工事に使うのかは知りませんが。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • kurio
  • ベストアンサー率29% (424/1462)
回答No.4

>2.年金を満額(40年分)支払わないと、65歳から毎月6万いくらを貰えないのでしょうか。 いくら減額されるかは複雑な計算が必要になりますので一概にいくら減額かは言えないです。 私は学生時代に1年だけ国民年金を猶予してもらいました。就職してから1年分を追納しようと思ったのですが、減額される額が小額だったので追納を止めてしまいました。(あくまでも私の場合ですからね!人によって違います) 実際にどれだけ減額されるか知りたければお近くの社会保険事務書に問い合わせてください。あなたの生まれた年や納めなかった年によってどれだけ減額されるか変わってくるようです。役所に聞いてもいいのですが、たぶん社会保険事務書に問い合わせるように言われますよ(^^; 私は年金を「老人たちを助けるために支払う税金」だと思うようにしてます。自分の為だと考えるから払わない人が増えるのではないでしょうか?その結果年金制度が崩壊しますね。(もちろん少子化が主要原因だと思います)

SUNBELT
質問者

補足

>私は年金を「老人たちを助けるために支払う税金」だと思うようにしてます。 ごめんなさい、私は税金とか公とか官とかこういう類のものは大嫌いなのです。 年金を「老人たちを助けるために支払う税金」だと思うなら、ますます払いたくありません。 税金だって仕方なく払ってます。だから税金のひとつだと思えばいいんですね。 たしかに自分の為だと考えて、いらないやと思うから払わないのでしょうね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • hanbo
  • ベストアンサー率34% (1527/4434)
回答No.3

 No1です。今のまま年金を納めなければ、8年間の厚生年金を納めたのが無駄になってしまいますね。  60歳になって、25年の期間が不足で年金を受給できない場合には、任意加入という制度で70歳まで保険料を納めて25年の要件を満たすことが出来ますし、25年の期間を満たしていても、65歳の受給を開始するまでに任意加入をして、保険料を納めることにより受給額を増やすことが出来ます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#24736
noname#24736
回答No.2

年金制度は、老後の資金だけでなく体に障害が起きたときに、障害の等級によって障害年金も受給できます。 これも、メリットの一つです。 過去の未払分については、2年間だけ遡って支払うことが出来ます。 去年の春からの分は無、いまなら遡って支払うことが出来ます。 国民年金も、掛け金の3分1は国が負担しています。 年金制度の詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:
http://www.sia.go.jp/outline/nenkin/chishiki/chmain.htm
全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • hanbo
  • ベストアンサー率34% (1527/4434)
回答No.1

 日本の社会保障制度の一つとして、年金制度があります。老後の生活費を支えるための制度で、医療保険同様国民全員が国民年金か厚生年金に加入することとされています。最近は、掛け金の損得が話題になっていますが、平均寿命まで生きた場合には掛け金以上の年金が受給できるようになっています。  年金の受給は、25年間以上の保険料納付があれば、受給資格がある事になります、当然、40年間納めた人と25年間納めた人では、受給できる金額には差が生じます。国民年金や厚生年金などの年金を25年以上納めた場合に、年数と額に応じた年金が受給できることになります。  厚生年金は、基礎年金部分と上乗せ部分を合計して納めています。国民年金は基礎年金部分だけですので、厚生年金のほうが受給額が高くなりますが、納付する額も多くなります。

SUNBELT
質問者

お礼

ありがとうございます。 年金を25年以上納めてはじめて受給資格がある。つまり今のまま止めてしまえば、全く無駄ってことですか。 厚生年金はその中に国民年金分も含まれているのですね。高い保険料払ってきた分その分上乗せされているということか。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 国民年金と厚生年金について

    主人の年金について質問させてください。 主人の会社は本来なら社会保険に加入しなければならないのですが、 社長の判断により加入しておらず、国民年金を支払わなくてはならない状態でした。 主人は20歳から3年ほど国民年金を支払っていましたが、 国民健康保険と国民年金の両方だと毎月6万円ほどの支払いになり、かなり家計が苦しい、 自分たちが受給するころになると払ってもらえないという考えで そこから10年以上支払っていなかったそうです。 去年の8月に私と結婚し、主人は職人のため、 何かあった時のために障害年金のことも考え去年の9月分から支払いを再開しました。 が、会社の方がもう逃げられなくなってきたらしく、 今年の春から社会保険に加入するという話が出てきたのですが、 それに伴い主人が 「今まで払った国民年金と合算されるんでしょ? ならないなら、厚生年金に変わるんだし、 今払ってる国民年金がばかばかしいのではないか」 と言っておりまして…。 国民年金は実質、過去のものも合わせて4年弱しか払っていないことになります。 主人は今年35歳。 これから厚生年金の支払いをすることになります。 この場合、35歳~定年まで支払った分の厚生年金の受給資格しかないですよね? 過去の4年弱分の国民年金と合算されることはないですよね? 詳しい方、教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 国民年金2号の納付期間

    51歳会社員です。 23歳で今の会社に勤め、28年です。定年まであと9年ですが、就職する以前国民年金を納付していませんでした。 国民年金2号として、厚生年金を納めてきましたが、定年まで勤めても、基礎年金満額受給40年に3年足りません。 定年後も在職で63歳まで厚生年金に加入すれば、国民年金2号として、40年満額納付となるのでしょうか? 教えて下さい、よろしくお願いします。

  • 国民年金免除?それともあと4年厚生年金かけたら

    主人は 国民年金20年未満と 厚生年金20年超えをかけて この春 59歳で亡くなりました そこで 私は 遺族厚生年金を受給しております。 主人が亡くなってから国民年金を全額免除してもらっていました(8ヶ月) そして11月から 私が仕事を増やし厚生年金をかけることになったのですが・・・ 今 56歳の私があと4年国民年金全額免除でいく場合と 頑張って厚生年金を4年掛けた場合のちがいについて・・・ 厚生年金から遺族年金が出てるので 私がいくら掛けてもこの部分については増えないのですよね(主人より多くならない限りは) 私が今から4年頑張って厚生年金をかけるということは国民年金からの年金額を満額に出来るという事になるんですよね(8か月分は半分減りますが) あっていたならですが・・・ 今から4年を全額免除にするのと納めるのと 差はどれくらいなのでしょうか?

  • 厚生(国民)年金は何年支払えば年金を受給できますか

    46歳の主婦です。 この春からパートで働き始めました。結婚前に2年ほど会社勤めをして厚生年金を支払いましたが、結婚後に夫の扶養になりました。しかし夫は数年後に退社し、個人事業主になり国民年金に加入したのですが、私自身は手続きをせずに現在まで未納のままです。 今、私が勤めている会社からは社会保険の加入を迫られています。これから厚生年金に加入しても、支払い期間の合計が25年に達することはないので、年金の受給はできないと思います。今後、社会保険に加入した場合には厚生年金の分は掛け捨てになってしまうのでしょうか。年金の受給は諦めていたのですが、受け取る方法があれば教えてください。

  • 国民年金

    私が働いているのは社会保険、厚生年金のない小さな会社なのですが、つい最近まで自身で国民年金と言うものを払っておらず、30歳になってから支払いを始めました。25年以上収めなければ年金は受け取れないと聞いたのですが、今からだと30年収める事になります。20歳から収めていないので勿論満額は頂けないのはわかっていますが、30年の納付だと年間どのくらい年金を受けることができるのでしょうか?

  • 国民年金について教えてください

    初めまして。国民年金についてお聞きしたいことがあります。結婚をして知ったのですが、主人が国民年金を払っていなかったのです。過去2年間は厚生年金を払っていたのですが、それも8年前のことです。今の会社は個人で国民年金を払うシステムになっています。  今主人は28です。今から国民年金に加入する事はできると思いますが、受給金額はきちんと払っている方に比べて少なくなってしまいますよね(どのくらい減ってしまうのだろう・・・)??かといって今までのを払う事は金額的に無理です。未払い分がある場合これからどうしたら。将来きちんと受給できる為に何か良い方法ありますか??

  • 国民年金と厚生年金について

    親のことなんですけど、独身時代11年間働いていた分の厚生年金が受け取れない、と市役所に言われたそうです。 今、テレビとかで色々と放送してるじゃないですか。 それを見て、親も手続きしに行ったんですが、国民年金が11年分足りないらしく、厚生年金も受け取れない、と言われたそうです。退職後、2,3年は払っていたそうなのですが、11年分国民年金がたりないので、厚生年金も支払われないものなのでしょうか。 親は、払ってない国民年金の分は支払われないのは当たり前だけど、厚生年金は働いてた時のものなので、支払われるのではないか、と言っています。 親は、今年で60歳なので、厚生年金だけでも貰いたい、と言っています。市役所では、国民年金の11年分を今の年齢から11年はらい続ければ支払うことが出来る、と言っていたそうです。この11年分を払わなければ厚生年金の11年分も受給されないのでしょうか。お願いします。

  • 国民年金の40年間納付と60歳以降の厚生年金

    現在56歳です(3月末生まれで計算ください)。大学卒業後(22歳)会社に入りずっと厚生年金(必然的に国民年金2号加入者)に加入しています。 大学生は当時任意加入なので2年間国民年金には加入していません。 国民年金は60歳まで納めることになるので、加入期間は38年間になります。40年間納めていないので満額もらえない。 今勤めている会社は、62歳定年制なので、62歳までは、厚生年金に加入します。 国民年金 満額受給のため 国民年金には、40年間納めていない場合 60歳以降も任意加入で40年間まで保険が納められる制度があると聞きますが Q1.62歳まで厚生年金に加入していれば、60歳以降の期間国民年金任意加入と同様に国民年金2号加入者として納付期間に算入されるのですか。 Q2.算入されない場合、別途国民保険に任意加入し保険金を納付すれば40年間納付ができますか。それとも60歳以降も厚生年金加入者には40年間納付の方法はないのですか。 (損得とか厚生年金の加入期間長くなれば厚生年金増えるとかの問題は別にしての制度上の確認です)

  • 国民年金基金について

    国民年金基金への誘いがありました。 私は19年間会社の厚生年金と4年間厚生年金基金に加入していましたが、 退職して以後5年間国民年金に加入しています。 これから国民年金基金にはいって65歳からの年金受取額を 増やしたいと思うのですが、その場合厚生年金と厚生年金基金との兼ね合いはどうなるのでしょうか。 せっかく国民年金基金にはいってもその上積み分は年金の受給が始まって、19年後からの受け取りになるのでしょうか、それとも4年後からになるのでしょうか。 ご存知の方よろしくお教えください。

  • 厚生年金前の未払い国民年金について

    現在39歳のものです。20歳まで学生で21歳のときに就職しました。24歳で会社が社会保険に変わったので15年間厚生年金に入っています。たしか昔は20歳で学生なら国民年金を払わなくてよかったと思うのですが21歳から厚生年金にはいるまでの3年間国民年金を払っていないのですが厚生年金で25年間払えばいいのでしょうか?年金受給年齢になったときに3年分の国民年金を払っていないと受け取る年金額はかなり減るのでしょうか?年金の知識がないので教えて下さい。

プリンター海外(中国)で使用
このQ&Aのポイント
  • プリンター833AWは海外(中国)で使えるのかについてご質問です。
  • EPSON社製品であるプリンター833AWを海外(中国)で使用することは可能でしょうか?
  • 海外(中国)でEPSONのプリンター833AWを利用することができるのかについてお問い合わせです。
回答を見る