-PR-
締切済み

デジタル放送について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.205055
  • 閲覧数40
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 26% (21/79)

 こんにちわ。デジタル放送についての勉強中に出た質問についてお答えください。簡単なものかもしれないですが、具体的にお願いいたします。
 まず、デジタルの利点について。また、デジタルの変更の利点について。

 ただ情報量が多くなるから、今急いでデジタルに変えようとしているのですか?
 それともパソコンが何でもできるようになりそこでの放送においての物事の抽出方法がパソコンを介して、デジタルになるからですか? 
 それともアメリカが変えるからですか?
 
 また、デジタルの変更の利点について。
 変更に際して、アナログからデジタルに変えるのには、放送局がデジタル化にしなければならない問題もありますが、受ける我々にも受像機の問題がありますよね?我々の受像機が普及するのを待って2010年までまっているのですか?
 それまでに打ち上げられる衛星は2010年まで試験的なものを除いては実用されないのですか?今あがっているアナログ用の衛星はどうなるのですか?
 あと、今もデジタル衛星は上がっていると思うのですが、2008年ごろに地上波デジタルというものが始まると聞きましたが、なぜ衛星デジタルだけではダメなのですか?コストの問題ですか?地上波にすれば家庭にダイレクトに届くようになりますか?

 支離滅裂で色々前後してるかと思いますが、一つでもいいのでお答えください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 25% (87/346)

>ただ情報量が多くなるから、今急いでデジタルに~
デジタル化の主な目的は、「効率よく電波を利用する為」です。
放送・通信で利用できる周波数帯域は国ごとに決められていて
その限られた範囲の電波を効率よく使うためにデジタル化を進めています。

>パソコンが~
パソコンのためにデジタル化するのではなく、デジタル化の流れの中で
パソコンでの利用も検討されてるというべきでしょう。

>アメリカが変えるからですか?
デジタル放送(特に高画質放送)の技術は日本が進んでいると聞きます。
なので、アメリカに追従してと言うわけではないでしょう。

>受信機の問題~
>地上波のデジタル~
これは難しいところです。国の検討している予定の中では決まっていても
実際景気が悪い中で、どこまでデジタル化が進められるかどうか。。。
暫くは、両方のチューナーを内蔵したタイプもしくは、現行のTVで
見られるようなコンバータタイプの外付けチューナーということになるでしょう。
今は、ローカル局含めた全ての放送局が完全に放送機器をデジタル化
できる体力があるとは思えません。

>地上波にすれば家庭にダイレクトに届くようになりますか?
これは、質問の意味がよく判らないのですが。。。
「何が」ダイレクトに届くようにまるというのでしょうか?

以上、私見も含んだ回答ですが、ご参考までに。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 21% (832/3844)

>我々の受像機が普及するのを待って2010年までまっているのですか?
2003年からデジタル化が開始され、2010年には放送全てがデジタル化されるというスケジュールになっています。
 つまり、2010年以降は「TVを買い換えなければならない」のです。
 電器メーカでは、移行期のためにコンバータを開発しているということです。
 ケーブルTVとかはどうなるのかは?です。

>地上波にすれば家庭にダイレクトに届くようになりますか?
 「地上波デジタル」とは、現在の放送局からの電波もデジタル放送になるということです。
 すでに東京タワーからのデジタル放送実験は行なわれています。
 届くかどうかは電波の強弱や障害物の関係なので、デジタル化したから、
 東京の放送を大阪で直接見られるようになるというわけではありません。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 62% (6261/9980)

Q/デジタルの利点について。また、デジタルの変更の利点について。

A/高画質、高音質、双方向、多チャンネル、信号劣化率がアナログに比べて少ない、高圧縮であり、効率的、
ただし、欠点も・・・導入コストが高い、設備投資が高い。多チャンネルや双方向性が高くなってもコンテンツが不足する可能性があり、さらに放送の質が下がる、もしくはマンネリな放送になるおそれがある。

Q/情報量が多くなるから、今急いでデジタルに変えようとしているのですか?

A/通信効率が向上するというのは当然ですが、最も大事なのは周波数の節約ができることですね。これまでは、xxMHz~xGHzまでの周波数とある程度決まってはいましたが、デジタル放送より広い周波数を占有してしまいます。近年、無線通信・携帯電話などの電波を使う物が増えておりそれにより周波数割り当てが難しくなってきている現在に置いて、テレビのデジタル化はある意味、必要に迫られているということです。
まあ、焦るような物でもないですが・・・

Q/それともアメリカが変えるからですか?

A/それは、少ないです。現在世界最大のテレビ局はどこかご存じでしょうか?NHK(日本放送協会)です。NHKは日本賞などの世界のテレビ番組放送に対しての表彰なども主催する世界的なテレビ局です。
衛星放送(BS)も世界最初にスタートさせたのです。
テレビ放送及び機材(業務TV機材(テレビカメラなど)ではソニーが世界一)に関しては、どこかの国に追従する立場とは限らず、自国が世界で最初にスタートさせた物も多々あります。デジタル放送はどこかの国がするからとはいえないと言うことです。
デジタル化はかなり以前から研究されていましたから、アメリカがしたからではなく、機が熟したから同時期になったというのが主な理由です。
Q/アナログからデジタルに変えるのには、放送局がデジタル化にしなければならない問題もありますが、受ける我々にも受像機の問題がありますよね?我々の受像機が普及するのを待って2010年までまっているのですか?
A/そうですね。移行期として全国でアナログ終了を2010年としています。ただし、普及が遅れればそれ以降になることもあります。

Q/打ち上げられる衛星は2010年まで試験的なものを除いては実用されないのですか?今あがっているアナログ用の衛星はどうなるのですか?
A/衛星については通信衛星(CS)については完全にデジタル化を完了しています。さらに、今年は東経110度に打ち上げられる通信衛星がBSとアンテナなどで互換できるようになります。すでにこれらは実用化済みです。
BSについては現在の衛星BS-4先発機の設計寿命が2007年でその時点で加入者がアナログからデジタルにほとんど移行完了すれば終了です。
(寿命を迎えた物は大気圏に突入し燃え尽きるか、海に墜落します)

Q/2008年ごろに地上波デジタルというものが始まると聞きましたが、なぜ衛星デジタルだけではダメなのですか?コストの問題ですか?
A/これは先に述べたとおりで、電波の割り当てなどの問題からです。あとは、次の世代の商品が売れれば景気の向上にもつながりますからね。

Q/地上波にすれば家庭にダイレクトに届くようになりますか?

A/そうですね。ただし、デジタルチューナーが必要になりますけどね。

もし何かあれば補足を・・・
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 40% (1358/3355)

まず、衛星放送のデジタル化ですが、
これは、使えるチャンネル数を増やすと共に、サービスを充実させることを
主眼においています。
TVはハイビジョンになり、画質が向上します。サブ的にデータサービスや
双方向サービスも可能になります。
要は、いままでよりもより良いサービスが可能になるというのが
デジタル化のメリットです。
衛星はアナログ、デジタルに関係なく使えます。
いろいろあって、今動いている衛星はアナログ用に打ち上げられたものです(笑)
なお、2006年にはアナログのBS放送は中止する予定です。

さて、地上のデジタル化も衛星と似た目的をもっていますが、
それ以前に、受信環境の改善という大目標があります。

アナログ放送ではどうしてもノイズや反射による影響を受けます。
また、山間部では何段も中継を重ねる為、
画質そのものが劣化しています。
千葉県の中継局と、長野の中継局が妨害しあうというぐらい、
妨害に弱い方式の為、
チャンネル割り当ては限界に達しています。
このため、デジタル化して、置局状況を改善したいという
思いがTV関係者にはあります。

こちらは2003年スタート、2011年アナログ放送廃止 という
スケジュールで動いています。

アナログ放送を廃止した時にはいくつかの周波数が余ります。
これを国に返納することで、今後、周波数が足りなくて困っている
他の移動体通信(たとえばタクシー無線)にもデジタル化の恩恵がいきます。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ