締切済み

ピアノのレベルについて教えてください

  • すぐに回答を!
  • 質問No.2020849
  • 閲覧数313
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 85% (52/61)

こんばんは。私はヤマハで3歳くらいから中学1年くらいまで10年ほどピアノを習っていました。小学校のころは練習があまり好きではなく真剣に練習をしていませんでした。10年もピアノを習っていたのですが、まだブルクミュラーの最後の方しか進んでいません。途中でコンクールに出る為にソナチネの6番を練習して終わったという状態です。その間大きな楽譜で表紙が緑色のピアノのテクニックという本も一緒に練習していました。指のテクニックとかをつける本です。この本も途中で終わってしまいました。これってとても10年習ってる割には遅いですよね?今また10年以上ぶりにピアノを再会したのですが、あまりにも下手で落ち込んでいます。今は復習としてブルグミュラーを練習しています。ブルグミュラーと他に簡単に弾ける作品集みたいなのもしています。そのあとはソナチネでその後はソナタにいくと思いますが、そのあとはどんな楽譜になりますか。教えてください!ちなみにランゲの花の歌は弾けますがこれは初級レベルですよね?

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 52% (10/19)

言い忘れました。

教則本 ハノンのような練習曲は別として
ブルグミュラーも、 
ソナチネ曲集に収められている数々の「小さいソナタ」も、
子供用のお稽古曲ではなく れっきとした芸術作品です。
子供さんにレッスンで使われる時も 「これは芸術なんだ」と 先生から説明があってしかるべきで、
譜面上 易しいからといって、芸術的価値を見誤ってはならないと考えます。

なんとなんと! 素敵な曲が たくさん詰まっています!
  • 回答No.3

ベストアンサー率 52% (10/19)

No2 の silitagali です。

>なかなか指が動かず悪戦苦闘していました。
>しかも譜読みも苦手なので困ったものです。
>どうしても自分のレベルが低すぎると落ちこんでしまいます。
>自分にはピアノは向いていないのかとも思ってしまいます。

aimadoさんは 目標を高く持っていらっしゃる 向上心に満ちた 素晴らしい方ですね。

レッスンで 「弾きたい曲」を習うのは
>技術的に未熟なのでやめたほうがよい
というのは テクニックの勉強の手順上のことと思われます。

ただ 初めて触るパソコンを前に
ワードやエクセルの「完全マニュアル」を
第1章から順に読み始める人が居るでしょうか
基礎手順だけ理解さえすれば 
その時その時で問題解決しながら どんどん使いこなしていけるようになると思います。

ご自分で楽しまれる分には レッスンとは全然別の次元のこと
悪戦苦闘して コリャ楽しくないなと感じた時
さっさと譜面を換えて
易しい優しい曲を弾くことにしてはいかが?

ブルグミュラーOpus100のAve Maria
Sonatine Album 1 のKuhlau Opus20No3の第2楽章
Macdowell Op54 No1の 「to a wild rose」
Bach Italienisches Konzert 第2楽章など

メロディーを息の続く限り「ゆっくりと」
声を出して歌いながら弾いていると
作曲者に オーオーヨシヨシ! と 慰め励まされて
音楽は楽しい!芸術だ! と 実感!再認識!できます。
お礼コメント
aimado

お礼率 85% (52/61)

いろいろありがとうございます。私は目標が高い割りには飽きっぽいところがあります。楽しくないなと感じたときは無理せずに違うやさしい曲を練習したいと思いました。ソナチネは自分にとっては難しいと思います。たぶんまじめにきちんと最後まで練習すれば全部弾けると思いますが、途中で飽きてしまうのです。でも素敵な曲がたくさんあるようですので練習して弾けるようにしたいなと思いました。なかなかいそがしい為月2回の30分レッスンですが頑張って練習したいです。
投稿日時 - 2006-03-12 10:52:15
  • 回答No.2

ベストアンサー率 52% (10/19)

No1 thepianomanさんのおっしゃる
「過去にピアノを習ったことのある大人の生徒」の独り言です。
thepianomanさんの
「大切なことはご自身が楽しんでピアノを弾かれることだ」
の ご意見に わが意を得たりと 大喜びしています。

絵画を鑑賞する時 アルタミラの洞窟からピカソまで
順番に見なきゃだめということはないし
自分で絵を描いてみようと思った時 
私は中級者かなと レベルを気にすることはありませんよね。
絵の具の使い方が解らないなら 先生に訊くといいですが 
何を描こうが それは こちらの勝手だと思います。

美術は 製作者と鑑賞者で完結します。
音楽は 作曲者と演奏者と鑑賞者で完結します。
あわよくば 三者を一人で兼任できます。
演奏が目的なら 自分で弾いて自分で鑑賞します。
何を弾こうが当方の勝手なので
先ず CDや楽譜を手当たり次第に漁って
弾きたい曲をたくさん用意します。
相手は バッハであろうがリストであろうが お好み次第!
1小節でもいいから 「楽しんで弾いて」みます。
同時にそこには「楽しんで聴いている」自分が居る筈です!

弾きにくい個所にぶつかった時 
「緑色のピアノのテクニック」やハノンで練習したり
先生に教えていただく。
弾きにくくて嫌になったら ためらわず 
次の楽譜の曲に鞍替えします。
このやり方で
「いつも音楽を楽しんでいる自分が居る」と考えています。

音楽で受験するわけではない 音楽で生活を維持するわけでない
レベルなど気にしないで 大いに楽しもうではありませんか!

もしかして 究極の楽しみは 
自作の曲を自分で演奏して 醍醐味に浸ること! かも!
お礼コメント
aimado

お礼率 85% (52/61)

ご回答ありがとうございます。さっきもピアノを練習していましたが、なかなか指が動かず悪戦苦闘していました。しかも譜読みも苦手なので困ったものです。レベルを気にしないで自分が満足するピアノを弾けばよいと思いますが、どうしても自分のレベルが低すぎると落ちこんでしまいます。自分にはピアノは向いていないのかとも思ってしまいます。でも自分が好きで弾きたいなと思う曲を一生懸命練習していこうと思います。確かにピアノに順番なんてありませんよね。ピアノで生活するわけでもありませんし。あくまで趣味としてやっているのですから。楽しまないと損ですよね。自己満足でもいいかなと思いました(笑)!
投稿日時 - 2006-03-11 15:19:36
  • 回答No.1

ベストアンサー率 39% (863/2160)

私はピアノ教師ですが、aimadoさんの場合は「過去にピアノを習ったことのある大人の生徒」という位置づけになり、教師にとっては楽な存在です。

そこで、プロからのアドバイスですが、子ども用のテキストにこだわらず、なにか新しい曲を始めてはいかがでしょうか?ショパンの前奏曲の中から比較的技術的にやさしいもの、ベートーヴェンの悲愴から第2楽章、あるいは好みによってはブロードウェイや映画音楽など、いわゆるやさしい名曲みたいなものをお勧めします。

大切なことはご自身が楽しんでピアノを弾かれることだと思いますので、あまりむずかしいものでなければ「ああ、この曲が弾いてみたいな」と思うようなものにチャレンジしても宜しいでしょうし、必要であれば初見の復習やリズムのトレーニングもできます。

ご近所のピアノ教師に相談してみるのも良いかも知れません。経験のあるピアノ教師ならよろこんでアドバイスを下さると思います。
お礼コメント
aimado

お礼率 85% (52/61)

おはようございます。ご回答ありがとうございます。今ピティナのピアノの先生に習っていますが、ピティナは技術的なことをすごく大切にしているようなのでまずは前の復習から基礎からやり直した方がうまくなりますと言われて子供用のを練習しています。私も早くいろんな有名な方の曲を弾きたいといっているのですが、まだまだ技術的に未熟なのでやめたほうがよいと言われました。でも家で自分で練習する分にはかまわないと思いますので、thepianomanさんのおしゃるショパンとかベートーヴェンなども挑戦してみたいなと思いました。私は早く先に進みたいということばかり考えていたような気がします。これからは楽しんで練習しようと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2006-03-11 09:55:20
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ