• 締切済み

SF映画のタイトルを教えて下さい

 よろしくお願いいたします。  たぶん、洋画だと思うのですが。  ・遠い昔、今より遥かに発達した文明を持つ種族が宇宙のどこかにいた。  ・彼らは、何らかの機械を用いて、宇宙にそれぞれ進出した。  ・何らかの原因で戻れなくなり、辿りついた地で果てたが、子孫がそれぞれの進化を遂げた。  ・地球人が宇宙に進出した際、不思議な機械を発見。見知らぬ世界にワープし、そこで地球上の生命体とよく似た生物の化石を発見する。  ・異星人とされる存在の祖先は、元を辿ればひとつであったかもしれない。  上記のような内容のあらすじを教えてもらったのですが、映画のタイトルがわかりません。(「2001年宇宙の旅」と混同していた模様)  お心当たりのある方、ご返信いただければ幸いです。  よろしくお願いします。

みんなの回答

  • pangy2
  • ベストアンサー率0% (0/0)
回答No.3

映画になっているのかどうか分からないのですが、 ジェイムズ・P・ホーガン著 「星を継ぐもの」 というSF小説が上記の設定に似ているような気がします。 (シリーズもので、続編があと3冊ほどあったと思います。) 映題のほうわからなくてすみません。

nanako111
質問者

お礼

 遅くなりまして、申し訳ありません。  小説を探しているのですが、なかなか見つからず……。通販という手段に切り替えようか思案中です。  というわけで、確認はまだできていないのですが。  取り急ぎ、お礼のみ申し上げます。  ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • nikubo
  • ベストアンサー率32% (80/247)
回答No.2

「ミッション・トゥ・マーズ」で似たような所があったような・・・。

参考URL:
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31882/comment.html
nanako111
質問者

お礼

 遅くなりまして、申し訳ありませんでした。  近所のレンタルショップにこの作品が見当たらず、現在取り寄せていただいているところです。  確認はまだできておりません。  到着までどれくらいかかるかわかりませんので、取り急ぎお礼だけ申し上げます。  ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • love_neko
  • ベストアンサー率28% (409/1460)
回答No.1

こんばんはー。 うーん・・・間違っていると思いますがパッと思いついたのは 「スターゲイト」です。 テレビシリーズもありますね。 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11840

参考URL:
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11840
nanako111
質問者

お礼

 遅くなってしまってごめんなさい。  確認してみたのですが、やっぱり違うみたいです……。  ご協力くださり、ありがとうございました。  他に何か思いつかれましたら、お教えいただければ幸いです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 【地球ヤバイ】400万年前地層から高度文明宇宙船

    【地球ヤバイ】400万年前のロシアの地層から高度知的文明の化石が発見される、地球外生物が乗り捨てた宇宙船か? 400万年前といえば、現在の歴史の定説ではアウストラロピテクスと呼ばれる人類の祖先が地上を支 配しており、当然現代のような高度な文明をもつわけでもなく、2足歩行をしていたと言うだけでと ても機械を作り出す能力はなかった。 ところがこの度ロシアのカムチャツカ半島の地層から歯車のような形をした化石が見つかり、考古 学者を驚かせている。 化石が発見されたのはご存じカムチャツカ半島。 400年前のこの場所に高度な機械技術があったとされると非常にロマンチックな話ではあるが、にわ かに信じ難い。 そもそも工業を成り立たせるのであればそのような寒い地方ではなく、温暖で人の住みやすい地方 のほうが人でも多いはずだ。 それともカムチャツカ半島でしか手に入らない何かがあったというのか。 考古学者によると、出土した化石は、岩の模様にも見るが明らかに人工的な造形物であると話す。 これは機械か何かの歯車であり、例えるのであれば、時計や何かのコンピュータの一部ではないか と推測しているという。 これらは金属部品でつくられており、寒い地方と言う事もあり凍結されており保存状態も良好だっ たという。 ここまでは良いのだが、果たして400万年前にそのような高度な技術を持つ生命体が居たのだろうか。 すると科学者は、こう話す 『他の惑星から知的生命体が飛来し、この場所に宇宙船を乗り捨てたのだ』 なるほど、地球外生命体がなんらかの目的で地球に立ち寄ったのはいいが宇宙船が破壊されその場 に埋もれたのだと言う。 しかし、仮に地球に飛来する能力のある宇宙船があるとして、果たしてアナログな歯車でできた宇 宙船で到達できるのだろうか。 きっと、これは我々が想像する歯車を遥かに凌駕したとんでもなく高度な歯車に違いない。 信じるか信じないかはあなた次第です。 http://n.m.livedoor.com/f/c/6361446 ちょっとすごいよねこれ本当に高度知的文明とかなのかな? 皆はどう思うかな?

  • 類人猿化石が少ないのは何故?

    猿人から人間へ進化した約500万年間のチンパンジーやゴリラの祖先の化石が見つからないのは何故でしょうか? 発見した学者が功を焦って、チンパンジーやゴリラの祖先も強引に人類化石にこじつけているということはないのでしょうか?

  • もし本当に、地球外知的生命体がいるのなら?

    質問です。 人類は、「宇宙には、我々と同じ、あるいは我々より遥かに発達した文明を持つ種族がいるかもしれない」と思い始めたから未だに地球外知的生命体との接触がなされていませんよね。 そこで、もし本当に、宇宙に地球外知的生命体がいるのだとしたら、 ①彼らはどんな姿形をしていると思われますか? 火星のことがまだよくわかっていなかった頃に考えられた火星人みたいな、「きっとこういう体構造をしているだろう」や「きっと人間みたいに四肢があって、道具を使って生活できているだろう」といった、まじめに考えられている考察などあったりしますか? ②地球人より文明が発達していると思いますか? プレデターみたいな高度な武器を持っているけど原始的な戦い方をするとか。キリスト教みたいな独自の宗教を信仰しているとか。あるいは文明が発達しすぎて神やら悪魔やらを簡単に生み出せるとか。死者を甦らせたりとか。 ③彼らの住んでいる惑星にも月のような衛星はある思いますか? 惑星単体だと、自転が早すぎて生命にとっては過酷すぎるとのことらしいので。 文明が発達しているなら、そういう恒星や衛星を作るくらい、造作もないことでしょうけど。 ④いずれ地球を発見してコンタクトを取ってくれると思いますか? それとも、こんな辺鄙な惑星なんて気にも留めず、スターウォーズみたいな他の種族らと政治的な交流や超巨大な共同体を作っておりますかね? ちょっと飛躍しすぎですけど、 人工ワームホールで、宇宙のどこだろうと秒でひとっ飛びして、娯楽、交流、貿易、政治、戦争が行われている

  • SFとアインシュタインと光速と異星人コンタクト

    SFオタクです。 SFで光の速度をこえ色んな宇宙に行ったり、異星人との交流や戦争などがありますよね! けど、今の物理学?アインシュタインの理論では光を超えるものはないとのことですので、SFの様に短時間で何万光年先宇宙にはいけないことですよね!もちろん異星人(異星人がいても)とのコンタクトも今の地球の物理学?素粒子学?では無理との事ですね? 例えばコールドカプセルや遺伝子操作で人間が不死に近くてもやはり時間の壁を超えられず、違う恒星系に行くにせよ何十万年もかかると言う事ですよね。 光の速度に近ずくにつれ物質の質量が重くなり、結局、光速を超える事は出来ないと何かでよみました、では物質の質量をゼロにする空間を物質の周りで覆い速度をあげていけば速度と質量の関係に影響せず光の速度を超えれるのではないかな?と思います。実際、そんな物が存在したらの仮定ですが! 現人類が現れて1万6千年ほどです(物理学等などは200年あまり)、それに比べ宇宙が誕生し138億年ですので宇宙時間でいうと現人類の文明などはまばたき程度の時間にすぎませんよね!地球の誕生が45億年前ですので、宇宙誕生の1/3などでその間に高知能生命体が存在し地球にきた可能性(痕跡)があってもいいと思うのですが?今の所そんな事実は存在しないので、やはりアインシュタインの理論どおり、光を超えて移動する手段はないのでは? そして、知的生命体とのコンタクトをありえないのでは? あくまで、地球における万物の考えの中の話しですが。

  • 星新一さんの作品のタイトルがわかりません。

    星新一さんの作品についての質問です。 小学生のときの教科書に星新一さんの作品が掲載されて読んだのですが、そのときの作品がまた読みたいのです。しかしなんという作品か分からず困っております。 内容はわりとはっきり覚えており、宇宙人が人間が人類として発達するまえの地球に降り立ち、宇宙人は、じゃあ未来、人間が進化して自分でものを考えられるようになったらそのための助けとしての薬の作り方や、幸せになれる法律みたいなものの作り方を地球に埋めて去っていくのです。しかしのちに、人間が進化して文明を築いたあと、その土地は人間のせいで砂漠になってしまい、あまつさえそこで戦争をして爆弾を落とし、その宇宙人のプレゼントを壊してしまうのです。 このような内容だったのですが、できれば収録されている本のタイトルも教えていただけないでしょうか。宜しくお願いいたします。

  • 人類が進化してるように来地する宇宙人も進化してる

    歴史書物や、壁画、粘土板の解読など、地球外生命の存在が数多く語られています 地球人も、古代文明のころと比べると進化していると思います 地球外宇宙人もまた進化なり、DNA操作、科学などで進歩(進化)してると思います 古代文明あたりに地球に来たときと、現代では「姿」や「かたち」を変えている(変わっている)かもしれません。 また、 地球近辺の星から引き揚げて地球を見守っている(くれてる)かもしれませんね! ご意見をどうぞ!

  • もしもの時は…

    近未来の地球…人類は第3種接近遭遇に失敗!? ついに異星人との全面戦争に突入しました。 まだ小競り合い程度ですが何時敵側が戦力を増強するの か不明です。 地球側も持てる最大級の技術を投入、土星の軌道上に 宇宙ステーション築けるレベルまで上がってますが…敵側 との戦力差を埋めるには、まだ足りてません。 しかし、総て充実させる資金もない…貴方ならどうしますか? 1. 前線基地である土星の宇宙ステーションのさらなる増強。 2. 宇宙艦隊をパワーアップさせる事に全精力を傾ける。 3. 持てる資金を注ぎ込み…異星人と和解する事に全精力使う。 4. その他 地球の科学技術と異星人の科学技術には、差が無い事を前提 とします。差は?資金力のみとします。 さらに異星人の主星と地球との距離は、ワープ2回分とします。 異星人の主星も地球に似ていて、民間人と軍属に別れ交流を 失敗したのは、軍のみ…双方の民間人は、話し合いによる解決 を模索しているとします。 ワープ航法は、実現していますが…1回飛ぶのにかなりの燃料を 消耗します。 沢山の回答をお待ちします。

  • もし異星人が地球に攻めて来たら

    あくまでも仮の話です。 文明を持つ異星人が地球に対し戦争を挑んできて人類が結束して戦い異星人に勝利して〝地球連邦〟を樹立したとします。 問1 絶対に過酷な賠償請求はすべきではないと思います。 というのも、過度な賠償請求をすれば、戦争が終わっても 地球人は「異星人に家族を殺された!」といい、 異星人は「地球人に家族を殺された」といい、 憎しみや憎悪は残るからです。そういう状況の中で過度な賠償請求をすれば 新たな戦の火種になる可能性が高いからです。憎しみの連鎖と言うことです。 地球連邦政府は、マスコミに対し異星人に対する憎しみを煽るような報道を控えさせて むしろ和解をすべきだと報道をするように、学校などの教育機関に対しては子供たちに憎悪を乗り越えて和解することを 教育するように促すべきだと思います。 私の意見はどうでしょうか? 奇麗事かと思われるかもしれませんが。 問2 地球人同士が争わない=本当の平和と言えるのでしょうか?地球人と異星人は仲良くしなくてもよいのでしょうか? なぜこのようなことを質問したかといいますと 「異星人が攻めてきたら人類は結束し戦争は減り世界が平和になる」という意見を聞くからです。 私は、異星人を共通の敵として結束するというのは危険だと思います。 なぜなら、異星人を共通の敵として地球人類が結束できたとしても、 今度は地球人対異星人という新たな戦の火種を生むだけだと思うからです。 広い目で見れば異星人だって地球人と同じ宇宙に住む同胞のはずです。 地球人同士のみならず異星人とも友好関係を築かねばならないということです。 なぜなら、仲良く友好関係を築いた方が、地球になかった技術が導入されて人類は もっとより良い方向へ進める可能性があるからです。 それに、これだけは言えると思います。 「映画やゲームなどで描かれている宇宙戦争はかっこよくても、現実の宇宙戦争はかっこよくない。むしろ悲惨なだけ。」 あくまでも仮にの話です。そんな異星人はいないとかそういう回答はやめてください。

  • もしかして、俺たちは取り残されたんじゃないか

    もしかして、人類は、地球に取り残された生き物が、進化した結果、その見捨てられた環境でなんとか生きてる生命体なんじゃないでしょうか? 太古の昔、巨木巨石文明と共にあった生命力あふれる巨大な知的生命体は、人間を、あるいは人間の祖先の祖先のなんらかの生き物を地球に取り残して、自分たちは銀河の果てへ、あるいは別次元に飛び立っていってしまったのではないでしょうか?

  • 異星人と地球のコンタクトについて

    このMSN相談箱を検索等すると、 「異星人」について様々なやりとりが行われています。 しかし、 太陽系が2000億個ある銀河系、それが1000億個ある宇宙で、 この地球に人間やほかの生命がいるのですから、 間違いなく他の星にも知的生命はいるでしょう。 そして、スーパーストリングやループ量子重力理論、 その上にも理論がきっといくつかあるのでしょうし、 この宇宙が理論の存在を許している以上、その理論を使っている生命も必ずいるでしょう。 人類が、このまま発展すれば、光速を超えた移動法や(重力波を遣ったり、テレポーテーション等。) 高度な科学技術を発見するでしょう。 普通に考えても、100年後人類は太陽系の外に有人探査しているでしょうし、 理論的な発見があれば、ほかの銀河まで行ける様になっていても不思議ではありません。 そう考えると、人類が1000年後、1万年後に「今の文明から見れば宇宙人になり」、 植民等を通じて宇宙文明になっているのは当然です。 戦争のリスクは常にありますが、よく言う「戦争で、ドレーク方程式の文明の存在期間が短い」 というのは、核を持ってから解決するまでの政治的プロセスである様に思います。 そして、人類がこれから、核戦争で滅びる確率もありますが、 それとは反対に、平和的な文明を築き、犯罪や戦争とバイバイする可能性も十二分にあるわけです。 その上で、 1万年前は人間はみんな土人だったわけで、 たった数千年で飛躍的な進歩を遂げました。 1万年後には、人類だけの独自の科学力でさえ、 普通の宇宙文明(あるとして。)と同じ位いってる事は自然な事と思います。 科学者も、「科学的な方法を否定せず、宗教等で弾圧しなければ、数百年で今の科学技術位はいつの時代からでも出来た」みたいなことを言っているのを見たことがあります。 科学技術も政治的成熟も、個体の成熟も、戦争や暴力の放棄も、 一度種として決めてしまえば、永続的な平和が期待できます。 地球が幼年期を終わり、大人になれば、「科学技術が宇宙の理論限界値」に達するまで伸び続けるのは確かでしょうし、仮にファイナルセオリーを解いても、ずっと平和が続くと思います。 それで、 異星人は確実にいますよね。 「異星人がいるか?いないか?」等のレベルでもなく、 「光速に限りがあるから会いに来れない」のレベルでもなく(これを言っているのは、アインシュタインの業績を称えたい勢力の命令なのかな、とも思いますが。) (この宇宙の中で、光速C以上の速度は間違いなくあるでしょう。100年前は空さえ飛べなかったんだから。) 「地球人来るなんて、アマゾン川の虫を観察するためにホワイトハウスが動く様なもの、  だから異星人がいても地球になんか来ない。」でもなくて、 「地球人は程度が低いから興味ないし交流したいとも思わない。」でもなくて。 そして、地球に文明が成立していて、 異星人としても、彼ら自身昔は程度の低い星だったのだから、 「地球にも興味を持つ」のは明らかだと思います。 宇宙に国連みたいなものがあったら、 間違いなく発展途上惑星の監視・啓発・教育は宇宙連合の主任務でしょうし。 その上で、 「宇宙人がいるかいないか」という次元の質問ではありません。 多くの宇宙物理学者同様、異星人は確実にいる、という上での質問です。 1、すでに地球にやってきていて、UFOの目撃や、各国の政治家や研究者、一般人の証言等で明らかになっている様に、おそらく人類創世記から人類を見守ってきた異星人たち(今思えば、文明が地球にできる前から、生命体・生態系や環境、資源等、探査は異星人にとって興味深いものになるでしょう。恐竜の観察もきっと楽しかったはずです。 穿った見方をすれば、技術力さえあれば 一つの星の歴史を科学力で塗り替えて、考古学やいろいろな分野で現地人、地球人に錯覚させる位の技術は当然あるでしょう。) 彼らがいるのは100%間違いないですが、 コンタクトは西暦何年頃になるでしょうか? そろそろ、という時期に今来ている様に思います。2100年には必ず黒船は来ているでしょうし、 出来たら早くしてほしいな、と個人的には思っています。 2.量子重力理論の完成、世界政府誕生、核の平和利用等いくつかコンタクトの条件はあると思いますが、みなさんは異星人が設けたコンタクトの条件は何だと思いますか? いくつかお願いします。 3、よく、オカルトなんかで 「ユダヤ系財閥やフリーメーソン等が、石油を支配して儲けるために、宇宙人情報を隠蔽している」 と言います。 しかし、そんな理由だったら、反発して正義心で内部告発するヒトが絶えないでしょうし、 宇宙人がそれに屈する理由も理解できません。 つまり、この地球で宇宙人情報を知らされているのは、本当に一握り、という事になります。 だから、内部告発するヒトが出ないのでしょう。(元首級とか、それ以外ではNASA職員や宇宙飛行士、自衛隊・軍等ごく一部。いずれの職にも守秘義務があります。) そして、自衛隊やNASAで、「一部知っている」というのではなく、 宇宙人が来ていて、何を目的としているのか、 彼らがいつコンタクトしたいと大体の事を言っているのか、 なぜ異星人側も、「まだ情報を小出しにするだけで、大々的には自分たちの存在を公開しないでほしい」 という様なことを(おそらく)言っているのか、 という事をちゃんと全部理解しているのは、地球上に1千人もいないと思います。 どうやら、日ユ同祖論等(絶対ではないですが。)や、イスラエルの死海文書等を考えると、 ユダヤ人のトップや天皇家等が地球のエースピッチャーの様ですが、 宇宙連合や異星人は、 現段階で 「なぜコンタクトできない」のだと思いますか? 私は、時期尚早だからかな、と思います。 第二次世界大戦が終わって、核を持って、 宇宙物理学がやっと異星人たちに届き始める、位になりだして、 政治や文化も成熟してきて、 異星人情報も少しずつ公開されて、というステップの中で、 「もう少しで公開できるんだけど、まだ時期が少し早い」という事だと思います。 皆さんの意見をお聞かせください。 最後に、現在の宇宙情報のリークや、 いつコンタクトか、あるいは宇宙探査の方向性というか、時期的なものは、 異星人の指示によるところで結構決まってるんじゃないかな、と思います。 ・西暦何年頃がコンタクトか ・コンタクトの条件 ・今はまだコンタクトできない理由、 等お願いします。 それと、この質問に補足をつけていくので、 いろいろ議論していけたらうれしいです。 最後に、ヤフー知恵袋等の様に、 「こういった質問を、ノートにする」事等できると思いますか? 私はいい歳したニートですが、 もし協力・興味を持ってくださる方がいたら、HPやノートの立ち上げ等できたらいいな、と思っています。 そういうのも募ってみたいと思います。自由にコメントお願いします。 私も、人生に行き詰っており、 異星人に助けを求めるワケではないですが、 みんなが元気なうちに早く地球が幸せになれたらいいと思っています。 コンタクトについていろいろ意見交換したいです。 又、HPやノートの立ち上げ等についてのご意見・ご感想もお待ちしています。 よろしくお願いします。