• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

賃貸住宅の防音性について

こんにちわ。 最近、私の部屋の上の階に新しい住人が引っ越してきました。 その住人は夜中でも平気で騒ぎ、上から物音がしたり、ベランダの窓を通して声が よく聞こえてきます。 声に関しては左右の住人からも聞こえてきます。 さて、本題なのですが引越しを考えています。 といいましても、その騒音が原因で引越しを考えているのではなく、前から そろそろ引越しようと考えていました。 そこで質問なのですが、鉄筋コンクリートは比較的防音性が高いとのことですが どのくらいのレベルで防音効果があるのでしょうか? 例えば、私が神経質すぎるのかもしれませんが、今のアパート(鉄骨)では ・上の部屋から足音が聞こえる(物を落としたりする音はとくに) ・左右の部屋から話声が響いて聞こえる(壁内部で反響しているのでしょうか) ・窓を通じて、上の部屋の声が聞こえる といった点が気になります。 実際、鉄筋コンクリート作りというのは、これらの音に対して効果はあるのでしょう か? 部屋を見に行き、防音性を重視した場合、どのような点に気をつければ良いで しょうか? 1日くらいその物件でじっと座って、防音性を確かめたいのですが、そのようなこ ともできないだろうと思いますし・・。 是非、この点に詳しい方からのご回答をお待ちしております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1481
  • ありがとう数32

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#65504
noname#65504

音はものを通過する際にその重量がある方が減衰しやすいので、基本的に鉄筋コンクリートの方が遮音性能が高いです。 しかし賃貸ではあまり防音性などは重要視していませんので、設計上配慮されていないことが多いので、防音性は分譲などに比べて落ちることが多いです。 住宅に遮音性能は4つの性能があります。質問もこれら全部の性能についてでの質問になっていますね。 上下間の音は2種のチェックが必要です。足音のようなもの(重量衝撃音といいます)は床の仕上げなどによりほとんど変わらず、一般に床の鉄筋コンクリート厚さや梁の配置などの床の構造によりほぼ決まってしまいます。 床の厚さが200mm程度以上あるものが建築学会の推奨値に近いものです(先の回答にある300mmクラスはボイドスラブという中に空間がある構造のことが多く、遮音性能が良くなっているケースと悪くなっているケースがありますので、かなり厚いものはボイドスラブかどうかも聞いた方がよいです) もう1つの床の遮音性能は、ものを落としたり椅子を引きずるような音(軽量衝撃音といいます)に対する性能で、L-○○またはLH-○○という記号で表示されることが多いです。○○には数値が入ります。 これはJISで定めた方法で試験した場合に、下の階で聞こえる音の大きさを示していますので、数値が小さい方がよいです。 この数値がわかるようならそれを聞くのがよいと思います。なお、部屋によって仕様が異なることがありますので、自分の部屋(加害者になるのを防ぐ)と上階の使用の両方を確認することが必要です。 この数値がわからないような場合、フローリング仕様のものは避けた方がよいです(フローリングは絨毯や畳に比べてクレーム発生件数が多い)。 特に2重床は防音を十分検討したものでないと、直貼りに比べても遮音性能が落ちますので、要注意です。 隣戸間の遮音性能は壁の構造とその厚さによりほぼ決まります。 鉄筋コンクリート造の場合、一般に壁は鉄筋コンクリートで造っていることが多いですが、まれにそうでない場合がありますので、壁の構造をチェックすることが必要です。 壁が鉄筋コンクリート造の場合、その厚さが180mm程度以上あれば、たいていの音は問題のでないレベルに遮断されます。 ただし、表面の仕上げがボードを貼っている仕様(鉄筋コンクリート+ボード+クロス)ですと、中の空間で音が増幅され、鉄筋コンクリート壁+クロスより性能が落ちることがあります。 古い賃貸ですとこのような仕様のことがありますので、壁の仕様は調べるとよいと思います。 最後に4つ目は窓の遮音性能です。 窓の材料であるガラスはあまり遮音性能のある材料でないので、住居において最も音が通過しやすいポイントです。 これが防音仕様になっているかどうか出随分性能が変わります(ちなみにJISで遮音性能が定義されているので、どのようなサッシを使っているかは設計図書を見ればわかると思いますが、そこまで教えてもらえるかどうかはわかりません)。 これは窓の開閉により外の音がどれくらい変わるかを調べられればわかりますので、ベランダで誰かに声を出してもらうとか、ラジカセなどを持参すればチェックできます。 なお、以上の性能は想定した音の大きさに対しての試験結果や通過する際に減衰する量により規定しているものですので、音源の大きさが大きくなれば、騒音問題に発展しますので、どんなによい仕様のものを用いていても、生活行動に問題があれば騒音問題になります。 だから、生活時間帯の異なる住民がいそうなところは避けた方がよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が遅れて申し訳ありませんでした。とても参考になりました!!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • nobugs
  • ベストアンサー率31% (1061/3349)

鉄筋コンクリート造であれば、10年前くらいに建ったものが良いでしょう。 阪神大震災以降、構造的なバランスを取るために、界壁を鉄骨下地・ボード張りになってきています。 一応、遮音性能は充たしていますが、衝撃音等の低音には弱く、鉄筋コンクリートの壁よりウ音が通りやすくなっています。 それ以前ですと、壁も鉄筋コンクリート造になっているものが多く、音の遮断性が違ってきます。 足音や落下音では、スラブ厚によって異なりますが、実際には、300mm以上無いと明確な遮音効果は無いので、一般的なマンションでは期待しない方が良いでしょう。 同じ鉄筋コンクリートでも、壁式構造(柱・梁が見えない)では、全体に振動の影響を受けやすいので、使い勝手はいいものの、音の面では避けた方が良いでしょう。 フローリングで、元々クッションフロアで作られているのであれば、音の面で有利ですので、選ぶときに良く確認しておきましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が遅れて申し訳ありませんでした。とても参考になりました!!

  • 回答No.3

こんにちは 今月平成7年鉄筋→平成元年鉄筋のマンションに転居する元管理会社の者です。 鉄筋だからと言って過信は禁物ですし、その物件の築年数や物件の種類によっても同年代に建てられたとしても変わってくるのが本音です。 平成10年築のマンションを例にあげますと、分譲では床スラブ(簡単にいえばコンクリート厚)が150mm以上がスタンダードとされていますが、賃貸では良くても150mm、スタンダードは130mmということが多いと聞きます。 また、鉄筋は意外と低音振動が他の階へ響く事も証明されており、その振動は直下に響くのではなく、斜め下響く事が多く、反対に床に耳を当てると(早い就寝時など)鈍い音は斜め下から、中音域は真下から聞こえてくるという現象があります。 これは鉄筋コンクリート独特の内容のもので、仕方ないといえば仕方ないのですが… これらを防ぐ方法で私が取った方法は クッションフロアーなどを敷いている物件であれば 「他の住民に迷惑をかけたくないので、防音を重視したコルクタイルを貼りたいのですが、差額は幾ら位でしょうか?またその際の原状回復義務はありませんよね」と聞いてみては如何でしょうか? 私はこのパターンで施工は自施工ですが、原状回復無しに勝ち取りました。 このポイントは原状回復なしというところですが、これは建物のグレードアップ(価値増進)に繋がるという側面を強調する事が大事でしょう。そうすれば殆どのオーナーが反対する理由はありませんから。 しかし、コルクタイルの気になる値段ですが30cm角のコルクタイル5mmでアウトレット商品ならば200円前後。激安店ならば正規品が300~400円前後。 施工はプロに頼めば良心的なところでm2あたり持込で2500円前後といったところでしょうか。 するのであれば、賃貸の場合コンパネ(ベニア合板)が乗っかっていますのでその上にコルクベースの3mm~5mmを載せて、その上にコルクタイルを貼ればLL45等級(現在の通常分譲マンションのフローリングベース)位の遮音性は維持できるでしょう。 後は建物の築年数(何年築)次第だと思いますが、コルク施工が可能なのであればトライしてみてください。きっといい方向になると思います。ボロボロにはなりませんのでご安心を。 ちなみにコルクメーカーは東亜、ポート、サンゲツ、神戸、千代田商会などが有名どころですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が遅れて申し訳ありませんでした。さすが専門家だけあって詳細な説明をしていただき感謝しております。

質問者からの補足

お返事ありがとうございます! >「他の住民に迷惑をかけたくないので、防音を重視したコルクタイルを貼りたいの >ですが、差額は幾ら位でしょうか?またその際の原状回復義務はありませんよね」 とありますが、ここでの差額とはなんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.2

私も引越しを考えている一人です。 今は軽量鉄骨ですが、鉄筋へ移る予定です。 鉄骨と鉄筋では防音性については全く違います。一般に鉄骨では防音性は保障しておらず、防音を求めるのであれば鉄筋をおすすめします。 ただし、鉄筋といえども完璧ではありません。先日内覧した物件では、階上の住人が掃除機をかけていたことが明らかに聞こえてきましたし、それから前に住んでいた部屋でわかったのですが、鉄筋構造というのは階上の音が分散され、何ともいえない地響きのような鈍い音として伝わってきます。 内覧のときは集中して音を聞き、近隣の住民の生活状況(夜間の居住状況など)を調べるといいです。 本当は1軒家に住みたいところですが、とりあえず鉄筋であればそれほどのストレスはないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます!私も軽量鉄骨ですが、上左右からの音漏れが気になって仕方ありません。できれば、完璧な防音を求めたいですが、そういうわけにはいかないですよね。ありがとうございました!

  • 回答No.1

鉄筋コンクリートであれは通常は話声や足音が聞こえる事はまずないと思います。 また防音にこだわるのであれば賃貸でも防音仕様でピアノ可の部屋などもありますのでそうゆう所を借りるのもいいかもしれません。 また部屋を見学に行く際には昼間でなくできれば夕方すぎの人が多い、生活音が多そうな時間帯に見に行くというのも一つの方法ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます! ピアノ可とかが一番良いと思いますが、一気に賃料が上がりそうで・・・。 下見なら、たしかに夕方から夜にかけての方がよさそうですね!ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 賃貸住宅の騒音

    現在、軽量鉄骨のハイツ(2階建て)の1階に住んでいます。 新築で、家賃もそこそこ、設備も気に入っているのですが、 上からの生活音と隣の生活音が気になってリラックスできません。 春まで我慢して、引越しピーク(3~4月)のすぐ後くらいに引越しを考えていますが、 敷金、礼金や引越しの費用もバカにならないため、 できれば音がほぼ聞こえない物件を一発で選びたいと思っています。 そこで、上下左右の生活音が聞こえない物件の特徴について 教えていただきたいと思います。 ・防音設備のある物件はどうなのしょうか? ・分譲賃貸などに住むべきでしょうか? ・構造(RC、SRC等)はどれがベストでしょうか? ・最上階、角部屋にするべきでしょうか? 今住んでいる部屋は、早朝や深夜に上階からの足音やドアの開け閉めの音などかなり聞こえます。 つらいです。 自分の音なら気にならないので、常にテレビをつけて寝ています。。。 どんなことでもいいので、アドバイスいただきたいです。 よろしくお願いします。 (20代女一人暮らしです。)

  • マンションの天井の防音(長文です)

    現在 築30年鉄骨鉄筋コンクリートのマンションに住んでいます ここは古いわりには わりと防音がしっかりされているのか両隣からの音はまったく聞こえませんが上階の走り回る足音だけはドンドンと聞こえてきます ここはもともとリビングや洋室はジュータン敷きだったのですが上の方がフローリングにリフォームされてから 足音がすごく聞こえるよーになりました それでいくら上の方に「走らないで」とたのんでも効果がないので我が家の天井にできる防音とかがあればいいなと思いました でもそんなのあるのでしょうか?あるとしたら 金額はいくらぐらいでできるのでしょうか?(リビングの天井14畳くらいを防音したいと考えていますが・・・)また そのようなリフォームをされて効果はどのくらいあるのか?知っている方はぜひ教えてください

  • ・賃貸の騒音について(神経質なのでしょうか)

    こんにちわ。 以前、賃貸物件に住んでいて騒音に悩まされているという 質問をさせていただいたものです。 最近、どうしても我慢できなくなり、鉄筋コンクリートの マンションへ引越ししました。 しかし、その引越し先でも隣や上からの音に悩まされてい ます。 この新しい部屋を決める際に一番の条件としたのが、防音 性の高いマンション・・・と不動産屋にも伝え、オススメ された物件が最近住み始めた部屋なのですが、以前の鉄骨 造りと変わらないような気がします。 音は、窓からなのか壁からなのかは分かりませんが、確実 に話し声、TVの音や歩く音、生活音が聞こえてきます。 そこで質問なのですが、比較的防音性の高い鉄筋コンクリ であり、不動産屋にも防音性が高いと勧められた部屋に住 んでいるにも関わらずこれほど音が気になるということは 私が神経質なのでしょうか? 寝れない状況が続いているため精神的にも肉体的にもきつ く、仕事を辞めて実家に帰ろうかと思うくらい深刻な状況 です。上下左右の部屋が騒いでいるわけでもないので、管 理人にも電話しにくいです。 また数年後に分譲賃貸なども考えていますが、今回のよう な件があるので、引越し先でもまた音に悩まされるのでは と思ってしまいます。 なんでもよいので解決策等がありましたがご回答ください。

  • 防音等について教えて下さい

    一軒家でキッチンが1階にあります。 キッチンの物音が上の部屋に響いてしまうので、 上にある部屋の床を出来る限りでよいので防音(吸音でしょうか) したいと思っております。 この場合、キッチンの天井を防音にするのが良いとは思いますが 時間もお金もかかってしまうので、 上の部屋の床に何かを施して多少良くなるのであれば 早急に対処したいです。 (上の部屋はフローリングで、キッチンよりはるかに狭い4畳半ほどです) どうぞ詳しい方お力添えをお願い致します。

  • 壁式鉄筋コンクリート構造の防音効果について。

    現在住んでいる賃貸マンションの防音効果にかなり疑問をもっています。築年数は3年程度、4階建壁式鉄筋コンクリートのデザイナーズマンションです。一見重厚な造りのように見えたので、防音効果もばっちりだと思って住み始めましたが、隣の部屋の生活音や男女の営みの声までかなりはっきりと聴こえてきます。また上の階の方の足音もかなり響いてくる為、夜は耳栓なしでは眠れません。これでは過去に住んでいた軽量鉄骨のアパートとあまり変わらないように思います。そもそも壁式鉄筋コンクリート構造で、ここまで生活音が漏れるということはあり得るのでしょうか?この構造表記が本当なのかどうかさえも疑問に思ってきてしまいました。

  • 周りの音が気になりイライラしてしまう事を改善する方法は?

    周りから聞こえる音にイライラする事があります。 今鉄骨アパートに住んでいますが、音漏れがひどく外から中から音がよく聞こえます。 外での会話の声や工事の音、中での足音やゴトゴト等の物音に窓を閉める時のガシャンという音までです。 はっきり聞こえるのでくつろいでいてもその音が聞こえるたびイライラします。 資金があれば鉄筋コンクリートのマンションへ引越しをしますがそのような予算もありません。 この症状を改善する良い方法はありませんか?

  • (リフォーム)防音について

    今回、リフォームというか増築を決行しまして、防音仕様の部屋を作りました。 昨日、その部屋が完成しまして、イロイロ試してみたのですが・・・どうも納得いきません。 仕様ですが、予算が予算でしたのでこのような具合になりました。 ・全面、ダイケンの防音シートを張る(床も天井もシートです。おそらく厚さは1.2mm程度かと思われます。) ・防音ドアにしました。 サッシ、窓ガラスのあたりケチって、防音のものを導入しなかったので、それによる効果の減少は多少覚悟していました・・・。 が、実際完成した防音部屋は[防音]どころか[五月蝿い]のです。 今まで使ってた防音仕様でない部屋のほうがよっぽど静か!という感じなのです。 音の反射を促すシートのみを導入したことに原因があるように私は思っているのですが、ともかく音が反響してしまうのです。それがともかく五月蝿い。 私は一消費者であり、インターネットで調べる程度の防音に関する知識は得ていましたが、基本的に仕様はリフォームを依頼した業者に任せました。 (見積りからケチって窓関係ははずしたのですが。) サッシ、窓の効果云々以前に、妙に反響してしまって五月蝿いのです。 この点について詳しい方にご意見いただけたらと思います。 また業者は個人でやってる大工さんなのですが、そのような業者の場合、どのように対処してくれるでしょうか? 極端な話、 私は「防音にしてほしい」と依頼したのに、完成した部屋は「逆に普通の部屋より五月蝿い防音部屋」だったということです。 普通の会話も妙に反響してしまって、頭がおかしくなりそうです。 詳しい方、アドバイスいただけたら幸いです。 まとまっていない質問で失礼致しました。

  • 賃貸住宅の構造のよしあし

    今度引越しをしようと考えており、現在新しい賃貸住宅を探しております。これまで2度ほど引越し経験があり、もちろんそのたびに賃貸住宅を探してきたわけなんですが、どうしても、あの「建物の構造」が良く分かりません。やはり騒音はかなり気になるので、注意して探しているのですが、一度目の引越しのときは、「軽量『鉄骨』」造を「鉄筋」と勘違いして、マンション並の壁の厚さを期待していたら、隣のひとの部屋を歩く音に悩まされる始末でした。さすがに木造と鉄筋コンクリートほどの違いだったら私のようなドシロウトでもある程度の違いを予測することはできるのですが、構造の欄を見てもかなりたくさんの構造があるようですし、似たような構造の名前があって、違いがさっぱり分かりません。軽量鉄骨造があると思えば、重量鉄骨なんてのもありましたし、SRCとかARCとか、もういろいろで困惑しています。一応、なんとか言葉自体は調べたのですが、「引っ張る力に強い」とかなんとかで、実生活に結びつかない表現で何がよいのかよく分かりませんでした。 一体、賃貸住宅に使われている建物の構造、どんなものが存在して、その部屋で生活するのに対して(特に騒音)、どのような効果があるのか、ご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。マンションやアパートのような集合住宅がターゲットです。

  • RCと鉄骨ALCの防音性

    今、賃貸で借りる部屋を探しているのですが、防音性を重視した部屋探しをしたいと思います。 同じ建物内の他の住民の声や音が聞こえにくいこと・自分の音や声が他の住民に聞こえないことが重要なのであって、外の音はあまり気にしません。 RC(鉄筋コンクリート造り)にも2種類あるんですよね? 骨組みが鉄筋コンクリートだけど壁や床は鉄筋コンクリートでないもの、壁や床も鉄筋コンクリートのもの。 防音性から考えたとき、この両者にはかなりの違いがあるものと考えたほうがよいですか。 この両者を見分ける方法はありますか。 鉄骨ALCは、防音は期待できないと思ったほうがよいですか。 ある仲介業者へ行ったら、新入社員らしき若い女の子が、とちりとちり 「入居をしている人は、みんな大家さんの審査を受けているから、そんなに騒ぐ人はいないと思いますよ。」 なんていうセリフを言っていました。 「そんなばかな!」と私は思いました。

  • 木造の防音性って条件次第で変わりますか?

    結婚を期に新居(賃貸)を探しています。 一応、付け焼刃と知りつつ、防音に関して勉強して、 ・木造<軽量鉄骨<重量鉄骨<鉄筋コンクリート≦鉄骨鉄筋コンクリート<プレキャスト ・ただし、間取り等の条件で防音性能は変わる。 といったスタンスで自分なりの優先条件+RC~の物件を探していたところ、ある営業に 「下手な鉄筋コンクリート物件より、ちゃんとした木造のほうが防音しっかりしてる場合もありますよ!?」 と言われました。 自分の基準の中で大逆転がおきて大混乱です。 上記の話は大東建託が建てた物件のようで いわゆるツーバイフォー工法のようです。 居住(予定)は二階建ての一階角部屋です。 間取りはお風呂やクロゼットを部屋の境に配置するなど配慮がみられます。 (つまり日常の生活空間が隣接してません) 窓は二重サッシで、壁にも防音素材も挟んでいるといってました。 壁は叩くと木造だなぁという音がしており、かつ隣、階上の住人がが留守で音に関することは体感できませんでした。 床(居住空間からみたら天井)は、ウッカリ聞き忘れました。 付け焼刃の痛いところは、結局「分かっているつもり」なわけでグラリと考えが揺らいでおります。 しかも、物件を見に行ったらほぼ新築で(防音を除けば)気に入ってしまい有力候補になってしまいました。 果たして、新しい考え方を知ったのか、営業に乗せられているのか・・・ 賃貸なのでこだわりすぎてもと思いつつなんとか落とし所を見つけたいので、 不安点をまとめて担当に聞いてみようかなと思います。 勿論自分で判断しますので、ちょっとした意見からの助言いただけたらと思います。