• 締切済み
  • 困ってます

憎っくき「オープン価格」

カタログとか見ても「オープン価格」とあります。 定価でも、希望小売価格でもいいから、なにか、ちゃんと表示していてくれないと、さっぱり見当が付きません。 商品を購入するときに価格もひとつの選択肢であり、非常に重要な情報です。にもかかわらず「オープン価格」で済ましています。 そんな表示があれば「こんな商品、買ってやるものか!」と思ってしまいます。 みなさんはどう思いますか? オープン価格の意味はわかりますが、こんなことされると、非常に不愉快です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数28
  • 閲覧数268
  • ありがとう数28

みんなの回答

  • 回答No.18
  • mupa
  • ベストアンサー率20% (26/130)

あんたは偉い! よくぞ言ってくれた。同感です。 みんなが漠然と考えていることを、表現して理解をもとめる。 まさに啓蒙思想家の領域!(少し誉めすぎたかな?笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今日、白熱球(60W)を買いに電気店に行きました。 店には(○○ボール)とか言って13W?なのに「60W相当とか」書かれた電球があり、おなじくらいの明るさなら、少々高いけど…と思って買って帰りました。 実際使ったら暗い暗い。 これじゃ30W相当です。 このことののほうが不当表示ですよね。

関連するQ&A

  • オープン価格とメーカー小売希望価格

    電子辞書を買おうと思っています。 カタログを見ていたら自分が欲しい辞書はオープン価格のもので値段が記載されていませんでした。 オープン価格の商品の方とメーカー希望小売価格の商品を比べてみて、オープン価格の商品の方が機能が優れているが、メーカー希望小売価格の商品よりも安価です。 そこで、心配になりました。 オープン価格の商品とメーカー希望小売価格の商品では品質に差があるのでしょうか?

  • オープン価格

     オープン価格というは価格の決定権をメーカーではなく小売店に任せるというものらしいのですが、同じ商品の場合、どの小売店に行っても同じ価格で、果ては値引率まで同じです。  小売店の人に聞くと、低い値段で仕入れることができるから消費者に有利との事。  では、何故オープン価格で表示される商品と、メーカー希望価格で表示される商品があるのですか。  消費者は、カタログに価格が表示されていたほうが商品を選ぶ基準が明確で、選びやすいと思うのですが。  メーカーだってそんなべらぼうな小売希望価格を設定しているわけではないでしょうし、小売店が価格の決定権を持ったところで、小売店間でそんなに価格の差に違いいは出ないでしょうから、本当にオープン価格は消費者に有利な価格設定方式なのですか、そして本当に意味があるのですか。

  • オープン価格について

    オープン価格というのは、消費者側から見ると ずいぶんイヤラシイ表示方法だと思うのですが。 価格というのは商品スペックのなかでも最重要なものの 一つで、その数値から製品のランク、使用部品の良否、 ひいては性能まで推測できる最良の判断材料なのに カタログで購入を検討しようとしている者にとって 不親切極まりないと思います。 定価(又はメーカー希望小売価格)と実際の販売価格との 差が大きいのはマズイと考えるのは、メーカー側の 身勝手な都合によるもので、消費者の損得感を奪う 姑息な手法としか思えません。 諸外国では、どうなっているのでしょうか? 事情に詳しいかた、教えて下さい。

  • 回答No.17
noname#193837

◆メーカーへのお問い合わせやご意見で最も多いのが、 このオープン価格に対してです。 下記の方々の多くの方が不満を持たれているのは最もだと思います。 ・メーカーもPR活動が少ない気がします。 ◆なぜオープン価格が多いかをお話します。 ・安い【売価】が決められる理由として (1)商品的戦略⇒ その商品、カテゴリーを広く普及させたい (2)競争的戦略⇒ ライバルメーカーを圧倒したい時 (3)市場競争 ⇒ 市場が極端な価格下落の時など (4)時期的戦略⇒ ボーナスシーズンなど (5)販売支援 ⇒ オープンセールの目玉など (6)処分時期 ⇒ 新製品と入れ替えたい時 などが あります。 特に今の【デフレ傾向】にある時は(3)の市場価格に大きく左右されます。 一部の商品などは市場に出る前に、卸価格が数度も下がる場合が あるくらいです。 ・仮に、希望小売価格が定まっていて、多額のリベートが支払われ た場合、大幅な値引き【4割、5割引き!】となりますよね。 ●その場合、公取からは二重価格とみなされます。  「消費者を紛らわせる・混乱させる」という理由です。  販売業者への納入価格とメーカー希望小売価格に差があり過ぎ、 「基の値段は何なんだ?これは二重価格だ」とみなされるのです。 ○メーカーとしては卸価格を下げて、価格改定をしますが、 ◇仮に希望価格が定まっていた場合、卸が下がった場合は希望価格 も下げるか、オープン価格としなければなりません。それを販売店や売り場担当者全てに徹底することは不可能です。 ・それゆえ、安全なオープン価格とせざるを得ないのです。 ●さらに問題なのは、一部の不心得者が行なう行為として 【価格改定前】の希望価格に対して【大幅な値引き!】という 印象を与える表現が、後を絶ちません。 ・このような場合、店は勧告や処分で、それほど深刻なものでは ないのですが、メーカー側に対しては相当キツイ処分が来ます。 ●雪印や三菱自動車のように反社会的な行動(=法律違反)を取れば 再起不能となってしまうことは皆さんも、ご存知のことと思います。 【価格というのは、市場や販売者が決めるものであってメーカーが 決めるのは不当】というのが公正取引委員会の見解なのです。 これはもちろん【常に顧客最優先】の米国の指摘もあるのでしょう。 ◆【違反】も大きなメーカーほど狙われやすく、 それ故、多くの系列網を持っている 松下、東芝、日立の家電メーカーにオープン価格が多く、 ソニーやシャープなどが少ない理由もそこにあります。 ◇規約を守り、オープン価格を遵守しているメーカーと ◇多額の価格差があっても希望価格を付けたままのメーカーと どちらが良心的かを決めるのは皆さんなのですけれど… ※定価という表現は再販価格が認められている一部を除き、使用不可です。 以上です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくありがとうございます。 なにより、単純なことで、消費者のほうを向いていないということでしょうね。

質問者からの補足

>【価格というのは、市場や販売者が決めるものであってメーカーが >決めるのは不当】というのが公正取引委員会の見解なのです。 この見解が誤っていますよね。 価格はメーカーが決めてよく、(たとえばボールペンの性能がいいと思えば価格は10万円と付けても良く)消費者は10万の値段が付いていてもほしければ買うし、価格と見合わなければ買いません。そうするとメーカーは価格を下げますよね。自然淘汰、需要と供給ですよね。ですから、カタログに価格がうたわれていようが今時、その価格だけを信じている人なんてまったくいません。あくまで、参考にしたいだけなのです。 そのようなことに反論もせず付き合っているようでは、メーカーも困ったものです。もっと、消費者の方を向いてほしいものです。

  • 回答No.16

私はオープン価格が浸透したことで、メーカーや販売店などが競争して値段が下がったのならば 私は「良し」だと思いますけどね。 そういえば、PCの値段、相当安くなりましたよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

デルのサイトなんかは「価格から先に掲載されていますよね。」 79800円のデスクトップ!って感じで…そしてそれからスペックが17インチ液晶…と そのあたりは国内メーカーが見習わなければならないところかも。 車でも「価格表」をくれますし、サイトには価格まで入っていますね。 家電メーカーってバカじゃないの?と思ったりします。

  • 回答No.15

 確かに「オープン価格」というのは、困ったものです。  たとえばT社は、この秋から年末にかけて、DVDレコーダーのフルモデルチェンジを行うようですが、 このメーカーのレコーダーはずっとオープン価格です  おっしゃる通り、価格というのは、重要な情報の一つです。  予算を考えて、どの機種を選ぶかを決めたいのに、オープン価格では、私の大嫌いな新聞チラシか、ネットの価格調査サイトに頼るしかありません。  最近、ソニーなどは、一部の機種で、カタログの希望小売価格の表示を復活させているようですが、ぜひとも他社もこの動きを見習ってほしいものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。 家電メーカーの人も、家電買うとき、そう思うのじゃないですかね。 それとも、メーカーの人は自社製品の社内販売しか利用できないので、そのチラシには価格が付いているので、世間の人が困っていることなんて気にも留めていないのかもしれませんね。 このようなことで、商品販売機会損失していることもあるのにね。

  • 回答No.14
  • leo0220
  • ベストアンサー率19% (12/62)

わかります。オープン価格はどうでもいいから、だいたいでいいので値段が知りたいですよね。商品の価格は商品を買う際の重要な選択肢の一つなので・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。

  • 回答No.13
noname#17451

同感です。 商品の価格欄に「オープン価格・店員にお聞き下さい」みたいなことが書いてあると、まるでこっちの顔をみて値段を決められるような気分になります。 ムカツキます。 腹立ちます。 いっそのことオープン価格とは書かないでせめて「この位で売りたいなぁ価格」にしてくれたら目安ができていいのですが・・・ (オープン価格にしろ消費者にとっては『あやふや』には違いないのです。) しかし、せめて↓で調べるくらいかな? http://www.kakaku.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なかなか価格ドットコムに該当商品が無くって・・・。

  • 回答No.12

オープン価格製品を後回しにしますね。 学生時代とは違い、いまは時間の方が大事です。 で、私の場合、それを欲しい度 > 数字で示している価格なら買う。 それを欲しい度 < 数字で示している価格になっていたら、オープン価格の店に問い合わせます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そーですよね。 なぜ、あなたのところの商品を買うのに、わざわざ値段を探さなくてはならないの?と思いますよね。 カタログ見てると、製品の性能が比較検討できても、肝心の価格がわからなければそこでの比較ができないですよね。 そんなに時間掛けていられないし、そういう表示を見ると「いいかげんにしろ」と言いたくなります。

  • 回答No.11

2です 追記ですが、 「定価」とするからおかしいのであって、「希望小売価格」とすれば、あくまで『希望』ですから、途中で改訂しても良いし、大幅に店頭価格が違っても良いはずですよね。 全く今まで使ったことのない物をカタログで見つけた時、オープン価格と書いてあるだけでは、100円なのか100万円なのかすらわからないわけで、その程度の見当をつける意味で目安の表示はするのが当然だと私は思います。 たとえば店頭で炊飯器が1万円で2種類売っていたとします。このとき、希望小売価格が一方は3万円で他方が1万5千万円だったとします。すると、これを見ただけで、「3万円の方は、型が古いか使い勝手で不評が出ているか、いずれにしても人気の新製品ではないんだな」くらいのことは見当がつくでしょう(稀に違う場合もありますが)。他の方も仰ってますが、同じメーカーの物を比べる時は、値段でグレードが一目瞭然と言うこともあります。 見た目では見当もつかない商品がいくらでもあるのですから、オープン価格では店員を呼んで事細かに訊かなければならず、大して買う気もない時は気が引けます。あるいは、店員に声をかけるのが嫌だという人も結構居ます。 金をかけてカタログを作ってタダで配っているのにオープン価格では、カタログの価値の6割は失っていると私は思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。 希望小売価格でいいのです。 まったく日本のメーカーはバカタレと思います。

  • 回答No.10

不愉快とは思わない! オープン価格の意味はわかりますが ↓ 意味が理解できてないからこのような馬鹿げた質問をしているように思える。 商品の価格なんて、ネットを使えば瞬時にわかる。全くインターネットを使いこなせていないことを自白しているようなものだ。 「こんな商品、買ってやるものか!」と思うなら買わなければいい!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

不愉快とは思わない! ですか・・・。 いろんな意見もあるものです。 ありがとうございました。

  • 回答No.9

今現在、旬なものほど定価が付けにくい環境になってしまったと言うことです。 >DISKレコーダーやカメラなどの機械の値段です まさに家電の中では旬です。この機器の部品には半導体が使われています。 この半導体ですが、供給価格が1日で大きく変動してしまうこともまれにあります。 石油価格の上昇による運搬費の高騰なども考えられます。 また、定価が定価として成り立たたない家電量販店の進出と言うのもオープン価格表示と言う事態を招いているかもしれません。 大手と個人経営では供給価格に開きが大きすぎるとか・・・ 結論 taka1999さんも私も含めてインターネットと言う素晴らしいツールを持っています。 価格.comや楽天、Yahoo!などを利用することで自宅に居ながらにして、簡単に相場を調べる事が出来ます。 これらのツールを賢く利用して、賢い消費者になることが一番だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なぜ、カタログがあるのにわざわざパソコン使って調べなくてはならないのか?です。 メーカーサイトに行っても価格がわかりません。 変動させたければ、価格ドットコムのようにその時点の希望小売価格でも乗せておけばいいと思います。 なんで、買おうとしているのに、わざわざカタログとは別に調べなくてはならないのか、です。

関連するQ&A

  • オープン価格

    希望小売価格を設定しない「オープン価格」制度のメリットというのは何でしょうか?消費者、メーカー、流通・・・どこにどんなメリットがあるのかが知りたいです。(普通に定価を定めることに比較して) 宜しくお願いいたします。

  • オープン価格ってなんで 一部だけなんでしょうか?

    メーカー希望小売価格とはメーカーが小売店に対しいくらの値段で売りなさいと指示を出すことです。(強制力はない)これに対しオープン価格とはメーカーがいくらで出荷しますから、売値は小売店のお好きなようにという意味です。もともとは小売店間の値引合戦でメーカー希望小売価格と実売価格との間にあまりに差ができてしまい、自社の製品の割引率が高いとブランドイメージに傷がつくとの判断から始まったようです。  では今のように全て値引きが基本になってきたデフレの時代にオープン価格は一部にとどまっているのでしょうか? メーカー側が販売戦略として値引き合戦させたい商品を決めて売っているからでしょうか?   教えてください 

  • オープン価格と希望小売価格の設定区別

    あるメーカーの製品カタログで製品によりオープン価格のものと希望小売価格(定価)のものがあります。その区別の規則性ははっきり見てとれません。高額のもの低額のものも定価表示してあるものがあります。同一メーカーの製品をこのようにオープン、定価の両パターンを設けているのは何故でしょうか。また、どういう基準で分けているのでしょうか。各メーカーの考えの違いがあるでしょうが一般論を教えてください。ちなみに自分が見たのはパイオニアのカーステのカタログです。

  • オープン価格とメーカー希望小売価格について

    オープン価格とはメーカー希望小売価格をもたないものと思っていましたが,ある一定期間からメーカー希望小売価格が設定されたりするものなのでしょうか? 例えば http://av.hitachi.co.jp/tv/plasma/products/37v8000.html の「W37P-H8000」商品ですがメーカホームページではオープン価格とされているのに http://kakaku.com/prdsearch/detail.asp?PrdKey=20421014574 ではメーカー希望小売価格が表示されています. オープン価格というものがいまいち分からなくなってきたのでどなたか回答お願いいたします.

  • オープン価格について質問があります。

    オープン価格について質問があります。 オープン価格よりもメーカー希望小売価格のほうがよいのでしょうか? 「家電製品にはオープン価格は適すか・適さないか」 両方の立場の理由を教えてください。 お願いします

  • 標準価格と定価と希望小売価格の違いは?

    辞書で調べたのですがいまいちわからなくて質問させていただきます。 オープン価格はわかるんですけど標準価格、定価、メーカー希望小売価格、販売価格の違いがわかりません。よろしければ教えてください。

  • 希望小売価格について

    ふとした疑問ですが、希望小売価格というのがありますが、それと参考上代とは意味的に同じなんでしょうか? もし同じなら、例えば、商品価格を変更したい場合、 上代を2000円を1000円に変えたとします。 そうしたら、希望小売価格も変わるってことでしょうか? それっておかしいですよね。 商品の価格が下がるからって、定価も変わることなんてないですよね。てことは上代とは、希望小売価格ではなく、現行で販売している小売価格ということでしょうか? 初歩的な質問かもしれませんが教えて頂きたいと思います。

  • オープン価格にメーカー希望小売価格なんてあるの?

    バタフライのラケットが軒並み値上げしました 2015/2/21、テナジーと一緒に スーパー ZLC のラケットが値上げ 僕の好きなインナーフォースは値上げを免れたと思ったら、 ペンもシェークも大幅に新製品に置き換えられ、僕の愛用してる ラケットも インナーフォース・ZLC  ブレードサイズ 158x152mm ブレードの厚み 5.7mm  平均重量 その時により 81&#65374;90g  定価 18000円、消費税込み 19440円  2割5分引きだと、消費税込み 14580円 インナーフォース・レイヤー・ZLC  ブレードサイズ 157x150mm ブレードの厚み 5.7mm  平均重量 87g  卓球屋 オープンプライス → 19737円  ピンポンダッシュ メーカー希望小売価格 23220円 → 20898円                            (1割引き)  (メーカー希望小売価格がそうなら、卓球屋は1割5分引き) と大幅に値上げされちゃいました そこで質問なのですが、今回、オープン価格になったのに、 ピンポンダッシュは「メーカー希望小売価格」を表示しています オープン価格になっても、メーカー希望小売価格なんてあるのですか? PS: 今回、ブレードサイズが 縦 1mm、横 2mm 小さくなりましたが、    卓球専門店に性能の違いを聞くと、   「なんか変えないと値上げしずらいから変えただけ    性能は変わらない」と言ってました

  • メーカー小売希望価格?・・・

    なぜメーカー希望小売価格というものがあるのですか? 言葉が悪くなってしまいますが、メーカーは問屋さんや小売店に買って貰えれさせすれば利益がでるわけで、問屋なり小売店はメーカーから買った商品をその商品の価値なり地域性や客層によって価格を変えればいいと思うのですが・・・ メーカーがなぜ「メーカー希望小売価格」という小売の価格まであくまで希望ではあるが、決めるのでしょうか? オープン価格というのは上記のことをやめるという設定なのは知っているのでが・・・

  • オープン価格について

    メーカー(製造企業)が小売価格の表示をやめオープン価格に変えたのはどうして??利点とかそうせざる理由があったんですか??

カテゴリ

専門家に質問してみよう