• 締切済み
  • 暇なときにでも

日本昔話の中から

どうでも良いと言えばどうでも良いのですが、前々から思い出せなくて、どなたかご存知の方がいらしたら教えてください。 子供の頃、日本昔話で見たタイトルです。 内容は    ある村で毎年、大雨が降ると川が氾濫し、困っていました。ある日村人達が集まって、どうしたものか話し合ったのですが、なかなか案が出ませんでした。そこで、ある男が『人柱』を立てようと言いました。村人達もそれに賛成したのですが、誰をという事のなり、結局始めに言い出した男が選ばれてしまい、男は泣き泣き人柱になった。・・・というお話です。 最後のシーンで猟師が狩りをしていて、草原の中にキジがいて、キジが「クヮァ~~」と鳴いて空へ飛び立つ瞬間に撃たれてしまい、猟師が「キジも鳴かずば撃たれまい・・・」とボソッというお話です。 鮮明に覚えてるのに題が分かりません。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数96
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

グーグルで「まんが日本昔話 雉も鳴かずば」で検索してみました…。違うと言えばだいぶ違うみたいですが。「雉」を「キジ」に変えるとまた別の検索結果が出ます。

参考URL:
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%98%94%E8%A9%B1%E3%80%80%E9%9B%89

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ調べてくれたのですね!ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 昔話のタイトルを教えてください

    恐らく、一般的な「昔話」として存在しているのでしょうが、相当昔に「マンガ日本昔話」で見たということで、カテゴリーは「アニメ」といたしました。 断片的な情報で検索になかなか引っかからないので、以下の昔話のタイトルがお分かりになる方、お教えいただければ幸いです(中には誤っている情報もあるかもしれません。その点を何卒お含みおき願います)。 ・巨人が主人公です。 ・村人と仲良くなりたがりますが、その大きさゆえ、逆に村人に迷惑をかけっぱなしとなり、ついには村人に疎まれます。 ・そこへ神様(アニメでは貧乏神っぽかったような)が現れ、村人と友達になる方法を教えてやると言い、村の外れで寝ている(その代わり、例え、自分の周りで何が起こっても絶対に起きないこと)よう唆します。 ・巨人は実行し、気の遠くなるような年月が経過します。その間、巨人は土埃にさらされ、やがてそれが付着し堆積していった巨人自身が山と化していきます。 ・ある日、巨人が目覚めると、大地と一体化し山となった自身に気付きます。山には多くの村人が訪れ、麓の村を潤していました。巨人の夢は叶いましたが、何分動けなくなった自分が情けなくなり、大粒の涙を流しました。涙は、山から麓の村へと一筋の川となって、流れていきました。 以上です。秒殺で号泣したのを覚えています。

  • 「まんが日本むかし話」のタイトルを教えて下さい!

    20年以上前にテレビで観た「まんが日本むかし話」の 怖い作品のタイトルが思い出せません。 ・村に鍋に入れられて男の赤ちゃんが捨てられる ・子どもは育つが、少し知能が遅れぎみで身体の大きな男を忌み嫌う ・皆にいじめられて村に居づらくなった男は唯一の大切な鍋を持って村を去り、 人里はなれた場所で静かに暮らす。 ・ある日、村に何か災害が起こり、村人は勝手に男の災いだと思い込む。 ・村人は男の居場所を探し出し、男の居ない間に男の大切な鍋にうんちをする。 ・男は怒り狂い、村人を惨殺する 以上の様なかなり怖い内容の話しでした。 切り絵調の黒っぽい画面で、ウンチをしたあとの鼻をつまんだ村人の 「ざまぁみろ」みたいな顔が子ども心にかなり強烈でした。 もし知っておられる方がいれば教えて下さい。 また他にもこんな怖いお話があるよというのも教えて頂ければ 嬉しいです。 よろしくお願いします!

  • まんが日本昔話の題名を教えてください

    子供の頃見たアニメの日本昔話で、トラウマになっているお話があります。 内容はざっとしか覚えていないのですが、 ある村に大きな木があって、切らないで欲しいと言われていたのに村人が切ってしまい、 その後ゆうれいみたいな女の人に一人一人皆舌を噛み切られる と言うようなものだったと思います。 ものすごく暗く不気味な感じで、恐かったのを覚えています。 過去の放映リストを見てもいまいち分からなかったので、 ご存知の方いらっしゃいますでしょうか? 怖いのですが、もう一度見てみたい気もします。

  • 回答No.1
  • 0913
  • ベストアンサー率24% (737/3034)

もうご自分でお答えになってるじゃないですか。 「キジも鳴かずば撃たれまい」ですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 児童文学の題が思い出せません

    小学生の頃読んだ児童文学の題が思い出せません。 作者は さねとうあきら さん、絵は 井上洋介 さんだったと思うのですが確証はありません。 ある山あいの寒村が舞台です。その村はとても貧しいため、生まれてきた子供は全員成人しません。養いきれない子供は、大人たちが殺してしまいます。そして、成人することを許される子供たちも通過儀礼として歩行困難なほどの傷を脚に付けられます。お話が核心に近づくにつれ、その通過儀礼は山を越えて隣の村に行くことができないようにするためと言うことが分かります。 村の主要な農作物は「ユメミの実」という、幻覚作用のある植物。 山には怪物が住んでいるので決して近づいてはならない、と村人は教育されていますが、通過儀礼を終えたばかりの一人の少女が禁忌を犯して村の真の姿を知る・・・。 という、いわゆる子供向けとは異なった、非常に重い主題の物語でした。 読んだのは小学校3年生くらいだったと思いますが、子供心にも衝撃を受けたことを覚えております。 なのに、題が思い出せません! 是非もう一度読み返してみたいのです。どなたかご教示下さい。

  • まんが日本昔ばなしについて

    5歳くらいの頃の記憶がふっと湧いて出ることがたまにあるのですが、先日「日本昔ばなし」のお話を思い出しまして、その題名が分かる方がいらっしゃらないかと思い投稿致しました。 内容はうろ覚えですが… ある村に住んでいるおばあさんが、山へ出かけた際に偶然隣町?への抜け穴を見つける。 おばあさんはちょっとずる賢いので、便利なその抜け穴を通ろうとする村人から銭を貰って通してやることに決め、毎日毎日抜け穴の前に座って番をすることにした。 穴の前でずっとじっとしていると、穴への執着のせいか、いつしか頭にキノコが生えるようになってしまい、ついには村人から妖怪がいるとまで言われてしまうように… みたいな内容でした。 印象的なのがこのおばあさんで、雪の日に通りがかりの男がこんもりつもった雪を不思議に思って近づくと、雪玉の中からおばあさんの眼だけが光って何か喚く、といううすら恐ろしいようなお話でした。 本当に断片的でセリフも覚えていないのですが、分かる方いらっしゃいましたらご回答宜しくお願い致します。

  • 母がしてくれた話

    昔、母が話してくれたお話の、元の作品が何なのか教えていただきたいのです。  小説なのか、映画なのか、作り話なのか何なのか・・・  自分じゃ調べられませんでした。 ちなみにタイトルも作者も何のメディアなのかもまったくわかりません。 内容もうろ覚えで・・・  かなり昔の話なので、記憶も曖昧なのですが、覚えている範囲でお話しします。  主人公は男の人で、どこかで不思議な絵を手に入れます(手に入れた経緯は不明) その絵には草原に立つ、女の人の後ろ姿が描かれています。 主人公は、その絵を(たしか枕元)に飾って床につくのですが、その絵を飾って以来、不思議な夢を見るようになります。  夢は日によって内容は違うのですが、どこか繋がっているようです。 何日目にみた夢かは解りませんが、夢の内容のいくつかをお話しします。  (1) 主人公は洞窟を歩いています。しばらくすると通路の先がT字路になっていることに気づきます。そして、T字路に差し掛かろうとしたとき、頭の中に女の声が聞こえます。  たしか「その先に注意しなさい」と(台詞は正確ではないかも) 男性はちゅういしながら通路の先を陰から覗くと、通路の奥に一つ目の牛のような怪物を見つけます。  すると、また頭の中に「上着を脱いで反対の通路に投げなさい」と 声が聞こえます。 主人公はどうしようか迷ったあげく、いわれたとおりにします。 すると、怪物はその投げた上着の方へと走り去ってしまいます。 そして無事、男はその先へ進める事ができ、その日の夢は覚めます。  (2) その日の夢の中で、主人公は幅のとても広い川の岸に立っています。 その川はとても汚れていて、真っ黒でタールの様にドロドロしています。   主人公はどうやって川を渡ろうかと考えていると、川から点々と岩が突き出ているのを見つけます。 主人公は、その石の上をジャンプして 渡っていくことにします。  しかし、飛び石を続け中程に差し掛かった頃、ものすごく喉が渇いてきます。 汚い川の水でも飲みたいくらいに。  耐えきれず、真っ黒な川の水を両手ですくい上げたとき、また頭の中で女の人の声が聞こえます。「その川の水を飲んではいけません」と  主人公は、迷ったあげく飲むのをあきらめ、飛び石を続け、反対側の岸にたどり着きます。 すると、岸にたどり着いたとたん喉の渇きが嘘のように無くなります。 そして、目が覚めます。  (3) おそらくこれが最後の夢になります。   主人公は草原に立っています。 草原を少し歩くと、先の方に女の人の後ろ姿が見えます。 主人公は、女の人のすぐ後ろまで近づきますが、女の人はこちらに振り向こうとはしません。 女の人に声をかけようとしたとき、また、頭の中で女の声が聞こえます。  「彼女の顔を見てはいけません」と  主人公は、いつものように悩みますが、どうしてもその女の人の顔がみたくて仕方ありません。   主人公は、等々誘惑に耐えきれず女の人の肩に手を置いて、声をかけてしまいます。    その後女の人は振り返ろうとしますが、その後どうなったのか、残念な事に肝心な落ちが思い出せません・・・  暇なときでよろしいので、このお話に聞き覚えのある方がいらっしゃいましたら、コメントいただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • 日本昔話

    おじいさんが山の山頂からおにぎりをおとして追いかけますが、おにぎりが穴に落ちてしまう物語のタイトルを教えてください。

  • 勝手に 日本昔話

    むかし むか~し ある  山里に  OK Goo太郎という  たいそう  ****な子が    おったそうな~ さてさて、このOK Goo太郎 果たしてどんな子に成長するのやら、 皆の衆も一緒に考えては下さるまいか。

  • 日本昔話

    一番、みなさんの記憶に、鮮烈な、日本昔話、グリム童話は、なんですか?残酷だなーと思う昔話も聞かせ下さい。私は、浦島太郎なんか残酷だと思います。暇な時に、答えてください。

  • 日本昔話の事で!!

    え~っとどっかに日本昔話を全部英語に翻訳してるサイトありませんか~??ウラシマ太郎とか桃太郎とか有名な話を??教えてください!!

  • 日本昔話に出て来る.......

    実は、童話どころか、強烈な、大人に対する風刺漫画(話し)なのではないでしょうか ? 例えば「花咲かじいさん」 犬が畑で、ココ掘って小判ザクザク......う~ん、如何(どう)も実体は、そんな仄々(ほのぼの)とした事では無く、例えば欲深資産家が年を取り、財産の処理に困ってツボに入れ畑に隠し金をしたのは好いけれど、其の中「惚け」が進み、財産を隠した事や、又、其れを埋めた場所すら記憶に無く成り、揚句、御臨終。 当然、身内の者はとんと知らぬ事、其れが何年か何十年かして、偶々(たまたま)、花酒咲かじいさんみたいな人が掘り当てたに過ぎない、そんな話でしかないのではないでしょうか ? ・此れは現代に通ずる脱税をする為の、ノウハウ話しなのでしょうか ・脱税して隠して居ても、必ず犬(=脱税Gメン)等に見つかってしまうよとゆう戒め話なのでしょうか ・隣の欲深爺さんのちょいと犬を借りて、不労所得を得る様な、丸で現代の生活保護を装った罪人と成らない様に注意を喚起した御話しなのでしょうか ・...........外 浦島太郎然り、此れは単なるヒモ同居人の遊び呆ほ(う)けた話でしょう ? 天女の羽衣然り、此れは単なるシ~スル~の性風俗物語 ............. 外に、こんな昔話、こんな諷刺が在るよ、込められてるよ~......とゆうのが在れば御教示下さい。

  • ”本当は怖い日本昔話し”について。

    何時もお世話になってます。まず、カテゴリーが間違っていたらご指摘願います。 さて、今皆さんの質問をざっと読んでいたら、この様な質問/回答に辿り着きました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1964236 (リンクが使えなかった場合の説明:カチカチ山にはどうやら二パターンある様で、一つはタヌキがおばあさんを殴り殺し、最後はウサギによって泥舟にのせられ沈んでしまうという内容のもので、もう一つは、おばあさんは殴られるけどケガしただけで死なない。さらにタヌキも最後は泥舟に乗せられるけど、反省した所でウサギに助けられお爺さんの所へ行き謝って家の手伝いをするという内容のもの) アンデルセン童話や、グリム童話等も、子供用の話しと原作ではかなり違いがあると聞き、原作が集められた本を見つけたのですが、日本昔話の原作を集めた様な本は売られているのでしょうか?(桃太郎や、かちかち山など有名なタイトルの物語以外でも、原作があまりにも残酷なので子供用にアレンジしたと言う物語は沢山あると思いますが、一つ一つ別々の本になってしまっているとタイトル自体を思い出せない私には購入も出来ません)あれば購入したいと思っております。

  • 日本昔話のその後

    たしか、20年位前に、日本昔話のその後 の話しの本を読んだ事が あると、記憶の片隅に残っているのですが、 本のタイトルとかが 全然思い出せません。 知っている方がいたら、教えて下さい。

専門家に質問してみよう