• 締切
  • すぐに回答を!

ワイブル解析のメディアンランク法について

  • 質問No.156606
  • 閲覧数15238
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
ワイブル解析で用いる、メディアンランク法の数式
F(t)=(Σri-0.3)/(n+0.4)
の、0.3と0.4の根拠を教えてください。
それと、平均ランク法との使い分けについても教えていただきたく。
よろしくお願いします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/0)

 メディアンランク法は、ワイブル解析に限らず参考URLの様に正規分布でも利用され、
0.3と0.4の根拠は、母集団と標本の確率密度関数のメディアン(中央値)の誤差を
最小にする条件で計算された重み付け値と考えられます。
 平均ランク法は平均値を基準として、標本の個数が少ない場合は中央値の方が
誤差は少ないのでメディアンランク法を利用すると見込まれます。
                        (自動車部品解析担当)
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ