締切済み

借金返済と連帯保証について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.1362337
  • 閲覧数199
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 80% (4/5)

知り合い(以下、本人)が以下の状況で困っております。
お知恵を拝借できれば幸いです。
1.保証協会(1400万)と国民金融公庫(700万)に借金(本人)。
2.保証協会は、連帯保証人は本人、国民金融公庫では、連帯保証人を長男にしている。
3.本人は、消費者金融で合計500万の借金。

質問1)本人が経営している会社を倒産させた場合、
保証協会分、国民金融公庫分は、それぞれ継続して返済が必要でしょうか?
質問2)返済が必要な場合、連帯保証人である長男からの返済となるのでしょうか?
質問3)質問2での返済は、毎月の返済額を減額することは可能でしょうか?
質問4)本人の諸費者金融分の借金については、特定調停がベストの手段でしょうか?

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 37% (1085/2874)

 借りた本人は破産、会社は倒産とすれば、借りたところや保証協会などの債務が移管したと頃などへの返済はする必要が無くなります。
その分、保証人になった長男の所に請求が行きますから、一緒に破産するか個人再生手続きをした方がよいでしょう。

 会社も含めての手続きや、家等の財産があるので、管財人が付くはずだから、最初から弁護士を付けて手続きした方がよいでしょう。

 破産すると、売れば20万円以上になる物や、解約すれば20万円以上のお金が返ってくる物は、基本的に換価処分して、お金を貸していた人たちに分配されます。この金額は、各裁判所などで違ったりしますから確認が必要です。
 生命保険などもこの対象になります。
感謝経済
  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (42/207)

お返事いただきましたことに回答します。

自己破産ではなく、「民事再生」(個人でも適用できる)か「任意整理」で片が付けば自宅などを手放さなくて住む可能性はあります。
自宅を担保にされているとのことですから、可能性があるのは民事再生のほうだと思います。
消費者金融の500万のほうだけ金利の減免とか金額の減額ができれば大きいと思います。

これ以上のことは、弁護士にご相談されたほうがよいかと思います。無料の法律相談などは、各地でやっていますし、是非早めにご相談されたほうがよいでしょう。

あと自己破産のデメリットは、「0」からのスタートになること。資産はほとんど失いますね。でも逆に言えばそれだけです。7年程度新たな借金もできませんが。あとは、株式会社などの取締役になることができなくなります。これは経営者志向の方には耐え難いデメリットであるということもあると思います。
補足コメント
fuji2

お礼率 80% (4/5)

回答ありがとうございました。1)自己破産の場合保証協会の債務はどうなりますか、2)生命保険はどうなりますか、
投稿日時 - 2005-05-03 09:54:09
お礼コメント
fuji2

お礼率 80% (4/5)

朝早くから大変貴重な意見ありがとうございました。
投稿日時 - 2005-05-03 08:45:20
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (42/207)

会社を倒産させた場合という質問があるということは「1」の借入金本人というのは「会社名義」での借金ということでしょうか?「2」で連帯保証人本人となっていますので総合するとそういうことになっていると思います。

で、会社の借金は会社が倒産した場合、会社としては採算手続きを行い、返済などのあてられます。もちろんつぶれるような会社ですからほとんど返済などできないはずです。
で、その場合に、保証協会などが銀行に代位弁済と言って代わりに返済を行います。しかし、ここで勘違いしてはいけないのは、「債権が銀行から保証協会に移転するだけで借金返済の義務がなくなるわけではない」ということです。
ようは連帯保証人になっているご本人が保証協会に対して返済義務ありです。返済できない場合は、担保などに提供している不動産など(競売などもある)を処分したりです。通常は、会社がつぶれた場合、連帯保証人になっている経営者も自己破産することが多いです。その場合は、「0」からやり直してください。
また、どこかに働きながらでも徐々に返していく力と気持ちがあるなら、保証協会と話し合って、月々返済していくことで自己破産を免れることは可能です。金融公庫の場合は、連帯保証人がご長男なので、ご長男が保証協会に対するご本人と同じように、話し合いで、月々徐々に返済していくか、資産を処分して返済するか、自己破産するかになるでしょう。でも、公庫で700万円程度であれば他に借金がなければ、月々返済することは可能でしょう。
問題は、ご本人の消費者金融の500万円ですね。
消費者金融ですから金利も高いと思います。
推察するに、ご本人は、会社の清算と同時に、自己破産されたほうが楽かもしれませんね。また会社経営をやりたいなら自己破産はご法度ですので、死に物狂いで返済するしかないでしょう。保証協会の1400万と消費者金融の500万。
補足コメント
fuji2

お礼率 80% (4/5)

おっしゃるように、会社の清算と自己破産を同時に進めようと思いますが、本人は家を担保にしてます。最悪は手放すのも覚悟ですが、競売にかけられずにすむ道はあるのでしょうか?生命保険、車も手放すことになるのでしょうか?自己破産のデメリットはもっとあるのでしょうか?
投稿日時 - 2005-05-03 00:35:09
お礼コメント
fuji2

お礼率 80% (4/5)

貴重な意見をありがとうございました
少しでもよい方向に進むよう、がんばります。
投稿日時 - 2005-05-02 22:44:18
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ