• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

個人情報保護法の第三者の定義について

某店にて、私の同意なく家族へ売買契約内容等の伝言をした為、(法を遵守しているのか疑問を抱き)個人情報保護法について問合せをしていました。 結局、個人的にはその店の解釈が理解出来ませんでした。最終的には専門家等へご相談を…となりました。 私が問い合わせた後、プライバシーポリシーに追記されたようですが、私は何か違うような気がします。追記された為、違法では無くなる気もしますが、この定義が正しいのかご教授お願いします。 下記が追記後のプライバシーポリシーの一部です。  当社は、あらかじめ本人の許諾なく、個人情報を第三者(※)に提供しません。ただし、保護法その他法令に別異の定めがある場合を除きます。なお、商品の配送等、お客様との取引を遂行するにあたり、必要な外部委託を行う場合は第三者提供にはあたりません。  ※「第三者」の定義について  今回施行された「個人情報保護法」は、個人情報を取り扱う業者(この場合は当店となります)が、お客様の個人情報を流用し利益を得ようとする業者(第三者)へ漏えい、及び提供された場合に個人情報を取り扱う業者が罰せられるという法律で、業者間の取引等(利益)が発生しなければ、特にお客様がご心配される範疇ではございません。 たとえば当店受注等、お取引上必要な電話連絡等で、ご家族様へご伝言させていただくことは、個人情報の取扱いとは関係のない個人のプライバシーの問題となりますので、個人情報保護法の対象外となり、ここで言う「第三者」にはあたりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数864
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。 今回の問題は、家族を第三者と判断するかどうかがポイントだと思います。 追記後のプライバシーポリシー拝見しましたが、 ※「第三者」の定義について 以降、すべてが個人情報を専門に扱う人たちの認識している解釈とはかけ離れたものです。 個人情報保護法でいう第三者の定義には、「利益の有無、業者間の取引等」などは、一切示されておりません。 法は、第三者の定義を明確にせず、第三者としないものだけを明記しています。ですから、基本的には第三者とされないもの以外は、すべて第三者と考えたほうがいいでしょう。 外れるものは、業務委託、事業の継承、共同利用という3つの関係がある場合だけです。 ですから、上記プライバシーポリシーは、勝手な宣言であるといえると思います。 といったところで考えますと、家族とはいえ第三者ということになるかと思いますが、もう少し問題があります。 ご家族に…ということですが、それが配偶者の方であれば、民法761条により、配偶者の一方と契約を行った取引関係者を保護する目的で、(今回のような契約上必要な連絡事項の伝達を依頼する行為は)認められるかもしれません。 また、もし質問者さんが未成年であり、親権者のかたへ伝達された場合は、そもそも法定代理権がありますので、第三者には該当しないといえます。 いずれにしろ、このあたりも明確な判断があるわけではないので、これから種種様々な事例(判例)が積み重ねられていくものと思います。 繰り返しますが、今回のは「契約に必要な連絡事項を家族に伝えることが第三者提供にあたるかどうか」という問題であり、お店がいうようなプライバシーポリシーに書いた誤った認識での記載でお店の行為が免責になるようなものではないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私も安心出来ましたし、このQ&Aがトリガーとなったかどうかは確認出来ていませんが、こちらのお店の『「第三者」の定義について』は、削除され(元の状態に戻され)ました。 有難う御座いました。

質問者からの補足

専門家のご回答有難う御座いました。 私は個人情報保護法やその経済産業省のガイドラインを読んでいました。 しかしながら、こちらのお店ではプライバシーポリシーにまで公開した為、私の考えが間違いなのか不安にになったので質問しました。 他の法との関連性はあまり考えていませんでしたが、今回は親権者への伝言ですが、私は未成年では無いです。 今回の連絡の件とは関係は無いですが、民法761条(日常の家事に関する債務の連帯責任)は、私の知識には有りませんでした。勉強になりました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

個人情報保護法は、個人を特定できる情報の管理について規定されています。 某店の「定義」では、利益が発生しなければよいと受け取れる記載がありますが、ハッカーからの攻撃に対しての防御も同法の規定するところであり、若干の修正が必要のように思われます(「たとえば当店...」以降は言い訳かナ)。 ご質問の場合は、「そこまで話す必要はない」ことまで話した(?)業者のモラルの問題で、個人情報保護法に規定する違反行為ではないと思われますが、いずれにしても契約後に追加された事項なので、これをもって免責ということはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

最初に回答を頂き、私の考えを記述することが出来ました。有難う御座いました。

質問者からの補足

ご回答有難う御座います。 >個人情報保護法に規定する違反行為ではない 私と某店との契約なので、一般的に家族は「第三者」と思われるので、私の同意無しでは売買契約内容等の伝言もしてはいけないんではないんでしょうか?(家族に業務委託し監督してる場合は除くとは思いますが) >「そこまで話す必要はない」ことまで話した 一度目の決済の時点でカード情報がエラーの為、その旨を伝言され、家族からお金が足りないのではないかと疑われました。(疑われた旨は某店には伝えてません) >業者のモラルの問題で、… 一応プライバシーの問題として謝罪はありました。

関連するQ&A

  • 個人情報保護法での第三者提供について

    個人情報保護法で「第三者提供の制限」というものがあり、「本人の同意を得ない個人データの第三者提供の原則禁止」というものが定められています。 このたび会社で作成した宣伝用のパンフレットをDMで送るので、自分の取引先の情報(住所、担当者氏名、電話番号)を提供するように求められました。 取引先から名刺をいただいた際は特に利用目的は申し上げませんよね? このような企業間の場合、第三者提供は厳密にはどうなるのでしょうか? 個人的には提供は控えたいのですが...

  • 個人情報保護法の第三者提供と利用目的

    個人情報保護法において、「個人情報」を対象としてあらかじめ本人の同意を得ないで利用目的の達成に必要な範囲を超えて取り扱ってはならないと規定する(第16条)一方で、「個人データ」を対象としてあらかじめ本人の同意を得ないで第三者に提供してはならないと規定(第23条)しています。利用目的を第三者提供として個人情報を取得し、当該個人情報を個人データ化したあとで当該個人データを含む個人情報データベースを第三者提供する際には本人の同意はあらためては不要なのでしょうか。第三者提供とは、利用目的に定める(であろう)利用行為の一場合であるのに法はなぜ、第三者提供のみ特別に規定しているのでしょうか。 以上、よろしくお願い致します。

  • 個人情報の第三者提供について

    個人情報の第三者提供について 第三者提供をすることはないのですが、HPやパンフ等での表記表現について教えて下さい。 1.お客様の個人情報を第三者に提供しません。 2.お客様の個人情報を第三者へ提供することはありません。 3.お客様の個人情報を第三者に提供する予定はありません。 どういった表現が適切でしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 個人情報保護法 DMを送りたいのですが

    こんにちわ。すみません、お力を貸してください。 個人で細々とお店をしています。 といっても、最初は趣味程度からスタートし、数年たっていつのまにかここまで、という感じです。 当初は、DMの発送などまったく行うつもりもなく、必要もないと思って ご来店いただいたお客様に対して 「お申込み時に頂いたメールアドレスにDMをお届けしてもよいですか?」 といったような個人情報保護法の同意を取らずに数年過ぎてしまいました。 (今後はHPにきちんとプライバシーポリシーを記載する予定です) この度、過去来店いただいたお客様にメールでお店からのお知らせをお届けしたいんですが、 DMを送ることはできるのでしょうか。 ちなみに、お店を始めたのは個人情報保護法が施行された後ですが、 最初は本当に簡易なHPで、お客様も知り合いからの紹介、さらに紹介、と いったような形で細々と始めたものでしたから、HPを開設当初から今まで、 個人情報に関するプライバシーポリシーを記載していませんでした。。。 今からHPに記載することで、同意を得ていない過去の顧客の方もすべて含めて DM送信が可能になったりするんでしょうか・・・?(--; DM送信の同意をいただいていないお客様に対し、何か文面を入れれば送信可能でしょうか。 たとえば ○このメールは、過去にご来店いただいた方へ送信しています。 ○ご不要な方はこのアドレスへそのままご返信ください。配信停止します。 ○お届けするDMは、当店からのお知らせのみであり、第三者への譲渡は行いません。 など。 素人相談で申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします m(__)m

  • 第三者提供の同意について

    個人情報を第三者に提供するときに原則として同意が必要なのは個人情報保護法23条のとおりだと思いますが、提供先となる第三者が複数社あって、そのうちのどこに提供することになるかわからない場合、たとえば「A,B,Cのいずれかに提供することに同意します」という同意のとり方でも、問題ないでしょうか。

  • 個人情報と個人データ,第三者提供ダメなのはどっち?

    会社で個人情報保護を担当しており,この数年,勉強してきたものですが,個人情報保護法上で「第三者提供」が制限されるのが,散在する「個人情報」か体系化された「個人データ(ベース)」のどちらかがいまいちはっきりしません。 一般的に,弁護士さんは保守的な意見が多いので「個人情報でも第三者提供は制限される」というし,コンサル系の方からは「個人情報の大量流出を危惧する法の趣旨からいって,あくまでも個人データが規制させる」という意見が多いようです。 従業員の個人情報の提供を制限した厚生労働省のガイドラインもありますが,それ以外の一般論からいってどちらが妥当なのでしょうか。

  • 個人情報保護法についての第三者の提供について

    現在、利用してる複数のサイトの会員規約での 保護法について述べられているとこを見ると 「当社は以下に定める場合、会員の個人情報を第三者に 提供することができます。」 と、書かれていて 「会員の同意がある場合」 と以下に書かれているのですが これは、例えば出会い系サイトへの 情報を流すことも同意があるから 提供することもありえるということでしょうか。 それとも、出会い系サイト等に情報を流すということは 営利目的な感じもあるので 同意していたとしても何か法律で制限されているからないのでしょうか。

  • 個人情報保護法について

    個人情報保護法について この前バイト先で、お客さまが会員カードを作成するための用紙にある生年月日などの欄を書かずに持ってきました。 ここも書いてくださいと言ったのですが、「こういうのを拒否するために個人情報保護法があるんだろ」と言われてしまいました。 個人情報保護法とは、事業者が個人情報を正確・安全に管理しなければならないというものだと聞いたのですが、他にもこのような効果があるのでしょうか?

  • 個人情報保護法

    個人情報に関する法律について調べてみると 「個人情報保護法が適用される事業所(5000人以上の個人情報を所有する事業者)が個人情報を目的外に使用した場合は刑事事件として取り扱う、適用されない場合は法律の規程なく民事」 とあるのですが、以下の場合どうなるか教えてください。  情報を得た(得ようとしている)者をA,情報を提供した者をB、個人情報を盗まれたor悪用された者をC、Aが情報を得ようとしていることを知った第三者をDとします。  またAはその個人情報を悪用する目的(ストーカーや暴力、強姦行為等)で得ようとしているとします。 情報を得た後と得ようとしている最中かで違う場合もあるかと思いますがお願いします。 仮にAがネット上でCの情報を探していてDがその一連の流れ(B→A)を知った場合、告訴人になることは可能ですか? またBとCが共通の団体に属していればその団体に連絡することが一番だと思いますが、この時CだけではなくDと団体がA,Bを訴えることはできますか?

  • 個人情報保護法について

    過去にニュースや新聞や公式なインターネットサイトなどで開示されていた公務員の個人情報:本名、電話番号、勤め先、住所、などを第三者が意図的に(悪意を持って)広める事は個人情報保護法から見て、処罰の対象に当てはまるでしょうか。