• 締切
  • すぐに回答を!

交通違反キップの内容

  • 質問No.1320034
  • 閲覧数495
  • ありがとう数3
  • 回答数1

お礼率 6% (12/174)

教えてください。
友達が、携帯電話を運転中に使用していて
捕まってしまいました。
違反切符を切られたとのことですが、
キップの住所欄には間違って旧の住所が書かれていたそうです。(免許書の裏面に新住所の届けは書かれているそうです)。ずいぶん昔に聞いた話ではに「違反キップの内容に間違えがあったら無効になる」ということを聞いたことがあるのですが、このケースだと無効になるのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (82/249)

無効にはならないと思います。
違反キップは5枚くらいで一綴りですが、その中の一枚が青キップであったり赤キップであったりする訳です。
これは通常運転者に交付されます。
そして残りの数枚には、警察官が書いた内容が複写されています。
その残りの紙を警察官は署や隊に持ち帰ります。
誤記が発見されると、青キップの場合は「交通反則通告書」に付せんがつけられて、誤記は訂正されることになっています。
青キップ(交通反則告知書)はいわば仮のキップであり、交通反則通告書のほうがしっかりしていれば問題はないようです。

例えば、誤記であることを理由に無効だと争っても、本人の名前や印鑑が押してあれば本人だと明確にわかるでしょう。
しかもキップを持っているのは本人ですしね。。
そうなれば誤記をしたことはいいことではないが、無効にする理由にはなり得ないと思いますよ。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ