• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

CV法による錯体の安定度定数(生成定数)の決定について

現在学生で、化学の勉強をしています。今度4年に進学し、卒業研究で錯体についての研究をやることになったんです。 それで錯体の安定度定数の測定と決定をCV法を使ってやることになったのですが、酸化還元電位の測定から、錯体の安定度定数の決定ができるようなのですが、そのやり方がよくわからないのです(>_<) 特に熱力学的に、電位の測定から平衡定数への数学的な結び付け方がわかりません。また具体的に、得られた実験値からその式をどのように活用して、平衡定数を算出したら良いかもいまいちわかりません(>_<) もし知っている方がいらしたら、教えていただけたら助かります。また分かりやすい参考書などがあったら教えていただけたらとってもありがたいです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数944
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

前回は多少突き放しましたが、やはりとっかかりは必要でしょう。 他の文献を探していたら偶然、次のページにあった文献。(爆) Cyclic voltammetric analysis of pH-dependent complex formation equilibria in anion coordination chemistry Talanta, 1995, Vol 42, 1663-1673 A.Domenech, E.Garcia-Espana, and J.A.Ramirez. Univ. of Valencia. 内容は[Fe(CN)6]4-、[Co(CN)6]3-などとポリアミノ配位子との付加平衡のpH依存性から錯体の安定性を論じたものです。多少、数式がメンドイので(高等数学は一切無い)、全部は読んでません、悪しからず。 "Talanta"は有名な分析化学の雑誌なので近くで手にはいると思います。 <(_ _)>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

講義で使用した物理化学の本(ムーアの基礎物理化学・東京化学同人)を読んでいたのですが、難しくてなかなかわからなくて正直困っていたところでした(^_^;)ニュアンスは理解できるのですが、なかなか厳密な理解までいかなくて・・・(>_<) 早速この論文を探して読んでみたいと思います!ありがとうございます!!

関連するQ&A

  • 平衡定数

    化学の問題でよく、平衡定数Kを求める問題をみかけます。 たとえば、キレート錯体の平衡定数は普通の単座配位子の錯体の比べて、大きいですよね。 平衡定数が大きいのはなにか利点があるのですか? 平衡定数が大きいと何がわかるのですか? 分かりずらい質問ですみません。

  • 酸化還元電位

    よろしくお願いします。 酸化還元電位の測定をしたいのですが、測定機器が分らず困っています。 CVやゼータ電位を測る測定機器では測れないみたいで・・・ 測定器具と測定してでてくる酸化電位、還元電位からわかることがなんなのか教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • CVの還元電位

    現在、CVの測定を行っています。 還元電位が低い方が、電子を受け取りやすいと思って測定していましたが、 電子吸引基を導入した方が、還元電位が大きくなりました。 電子吸引基を導入した方が、還元電位が低くなるわけではないんですしょうか?別の理由で低くなるとしたら、何が考えられますか? (多分、電子を受け入れる部分は変わっていないと考えていますが…)

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

>>今度4年に進学し、卒業研究で錯体についての研究をやることになったんです。 ご苦労様です。 >>特に熱力学的に、電位の測定から平衡定数への数学的な結び付け方がわかりません。 一言で言えます「ネルンストの式」をちゃんと自分で導きなさい。 電気化学の教科書か、物理化学の「厚め」の教科書の、電気化学の項目を「全部」読んで下さい。 ネルンストの式で標準(酸化)還元電位からの変位部分に「濃度」の項がありますからそこに何を入れたらよいか考えて下さい。 また標準(酸化)還元電位と変位部分を分けないGibbsの自由エネルギーだけの表記で、電位と平衡とが結びつきます。 それを理解するのが卒業研究の目的だと言っても良いでしょう。 <(_ _)>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。講義で使った物理化学などの教科書が何冊かあるので、見てみます。

関連するQ&A

  • 平行定数と温度の関係について

    ローダミンBの平衡定数の測定を行ったのですが、温度が上昇するにつれて平衡はラクトンの方へ移動しました。これは何故ですか。よろしければ教えてください。

  • サイクリックボルタンメトリー方について

    最近学び始めほぼ無知なので質問させていただきます。 有機薄膜太陽電池の酸化還元電位が知りたいのですがCV測定は可能ですか? また出来た場合なのですが、酸化還元電位の他、どの程度の電位でどういう反応が起こるのか。電極反応速度、生成物(有機薄膜太陽電池)の安全性等がわかると思うのですが、他にわかること(効率向上等に関すること)があれば教えていただきたいです。

  • 酸化還元電位 アルカリ 過酸化水素

    はじめまして。私、大学の卒業研究で困っていることがあります。 過酸化水素の酸化還元電位についてです。 使っている環境は、アルカリ性(pH=11.0)です。 過酸化水素濃度と酸化還元電位の関係を調べようとしておりまして、測定したところ、過酸化水素濃度に依存なく、全てで-50mVとなりました。 過酸化水素が何故アルカリ性で還元剤となるのでしょうか? それと、私のこの解釈は正しいのでしょうか? 化学のプロフェッショナルの方々のお知恵をぜひ教えてください。 宜しくお願いいたします。

  • 圧平衡定数について

    圧平衡定数が使用される理由に 気体反応の場合は濃度より圧力のほうが測定しやすいとありました。 なぜ、圧力のほうが測定しやすいのでしょうか?

  • 酸化還元電位

    海の調査で底質の酸化還元電位を測定しているのですが、その測定方法がよく分かりません。 底質に計測器のセンサーを差し込んでぐるぐる回しながら測定しているのですが、たまにおかしな値が出てきます。 そもそも、酸化還元電位計は液体を測るものなので、底質などを測定するはできない、という話も耳にします。 酸化還元電位に関する知識、および正しい測定方法をご存知の方がいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 標準酸化還元電位について教えてください

    先程、酸解離定数について質問した者です。もう一問だけ、よろしくお願いします。 標準酸化還元電位についての定義がわかりません。ネットで探した結果、以下のような文章を見つけたのですが、標準酸化還元電位の説明として適当でしょうか? また、標準酸化還元電位と酸化還元電位は同じなのでしょうか? ご回答のほう、よろしくお願いします。 酸化とは物質が電子を失う過程をいい、還元とは物質が電子を得る過程をいうが、この反応は可逆的に発生する。 酸化還元系に溶液に侵されない白金電極と比較電極を入れると、電極の表面と溶液の間に電位が発生する。これを酸化還元電位といい、下記の式で表される。   Eh=Eo+((2.303RT)/nF)([Ox]/[Red])      [Ox]:酸化物の活量  [Red]:還元物の活量  R:ガス定数      F:ファラディー定数   T:絶対温度        Eo:固有定数 Ehは、電気化学での基準となる水素電極を基準とした値だが、水素電極は構成が複雑で実用的でないため、酸化還元電位は比較電極を基準として測定し、水素電極基準に換算してEhを求める。 酸化還元電位は上式から分かるように、酸化物と還元物の比により定まるので、比が一定であれば濃度に関係なく同じEhを示す。また、酸化物の比率が高いとプラス側に、還元物の比率が高いとマイナス側に電位が変動する。

  • 標準電位

    標準電位はどう求めるのですか? 平衡定数なども与えられてないのですが。

  • 酢酸の酸化還元電位について

    私は光触媒による有機物の分解を卒業研究として行なっていまして、対象物として酢酸水溶液を使用しております。 実験の結果、二酸化炭素を検出することは出来ましたが、理論的な部分、すなわち酢酸と光触媒の酸化還元電位の関係が良くわかりません。 よろしければ酢酸の酸化還元電位を教えていただけないでしょうか。 稚拙な質問で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

  • 標準酸化還元電位について教えてください。

    先程、酸解離定数について質問した者です。もう一問だけ、よろしくお願いします。 標準酸化還元電位についての定義がわかりません。ネットで探した結果、以下のような文章を見つけたのですが、標準酸化還元電位の説明として適当でしょうか? また、標準酸化還元電位と酸化還元電位は同じなのでしょうか? ご回答のほう、よろしくお願いします。 酸化とは物質が電子を失う過程をいい、還元とは物質が電子を得る過程をいうが、この反応は可逆的に発生する。 酸化還元系に溶液に侵されない白金電極と比較電極を入れると、電極の表面と溶液の間に電位が発生する。これを酸化還元電位といい、下記の式で表される。   Eh=Eo+((2.303RT)/nF)([Ox]/[Red])      [Ox]:酸化物の活量  [Red]:還元物の活量  R:ガス定数      F:ファラディー定数   T:絶対温度        Eo:固有定数 Ehは、電気化学での基準となる水素電極を基準とした値だが、水素電極は構成が複雑で実用的でないため、酸化還元電位は比較電極を基準として測定し、水素電極基準に換算してEhを求める。 酸化還元電位は上式から分かるように、酸化物と還元物の比により定まるので、比が一定であれば濃度に関係なく同じEhを示す。また、酸化物の比率が高いとプラス側に、還元物の比率が高いとマイナス側に電位が変動する。

  • 酸化還元電位

    燃料電池の電極触媒の酸化還元電位を測定するといったときに酸化還元電位とはその電極触媒を燃料電池の用いたときに実際に取り出せる起電力のことなのでしょうか?お願いします。