• ベストアンサー
  • 困ってます

国民年金の全額(半額)免除は支給額に反映される?

早期退職後は無収入になるので、国民年金は「全額免除」の申請をしようと考えています。半額申請だと60歳までの3分の二の期間と計算され、全額免除だと3分の一と聞きます。これは資格年数に反映されるだけの意味なのか、又は保険料を支払ったと見なされる受給額計算年数扱いなのかどうでしょうか?近い将来、4分の一支払い、4分の三支払いも登場すると聞きました。国民年金の満額は一生続くので魅力的ではありますが、無収入の状態になりますし、資格年数加算だけの扱いなら「全額免除」で、受給金額に反映されるなら半額でも支払いを検討すべきかと悩んでいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数7004
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#11466
noname#11466

色々考えているようですから、参考情報です。 1.免除申請では前年度の所得に関わらず、失業した場合でも免除が出来る仕組みがあります。 2.国民年金はそもそも2年前までの分は延滞金なしで追納できます。それ以降は出来ません。 3.免除申請は過去に遡ることは出来ません。   前前月からの適用になります。 4.免除期間及び半額免除期間は「保険料納付済期間」であり、老齢年金受給額に対する影響以外にはデメリットはありません。 5.また将来この免除期間については10年前までであれば追納して全額とすることが出来ます。但し2年以上前ですと加算金がつきます(年4%程度) 6.全額免除期間でも老齢年金の納付期間として1/3見込むことが出来るのは、平たく言えば現在国庫(税金)から1/3の補助を出しているからです。 つまり国民一人当たりの年金保険料では、国民が支払う保険料が2/3、国庫から1/3で構成されています。 全額免除でも1/3支払ったことになるのはそのためです。 半額免除では、国民が支払う2/3の保険料の半分ですから1/3支払うこととなり、国庫負担の1/3と合わせて2/3支払ったことになるわけです。 7.出費最小とする為の方針 まずは免除申請を試みること。 駄目だったときには、翌年6月まで保険料はきちんと納付し、そこからまた免除申請をする事。 未納の場合は2年以内こ追納しなければ未納が確定しますが、免除であれば10年までさかのぼれるからです。 8.ウルトラC 65歳までは「任意加入」という方法で未納期間を埋める事が出来ます。この方法を検討するというやり方も考えられます。 但し保険料は任意加入時のものになりますので割高になります。(現在毎年のように保険料をUPすることが決まっていますから) 9.参考情報 年金ではありませんが、健康保険についても国民健康保険(通称国保)の支払は年金どころではなく高額ですから、退職時には健康保険の任意継続と保険料を比較して得な方を選ぶことが必要です。 (任意継続は2年間うけることが原則ですが、保険料未納で脱退できますから、前年度所得が無くなって国保の保険料が安くなってから国保に切り替える技もあります) では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当にあなた様には良くして頂いて、頭が下がる思いです。私が欲しかった答えが目の前にあるので、凄く嬉しいです。心から感謝致します。本当に有り難う。私のような状態の方に、この質問と回答がお役に立てば尚更嬉しいです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

補足です。 以下の回答(参考URL)も非常に参考になると思います。 老齢基礎年金では、仮に40年間(480か月=12か月×40年)全く未納がないとすると、最大で以下の額が受給できる計算になります。 (年間の満額が¥80万[実際にも、この程度の額になります]だと仮定) ¥80万 × 480か月 … (1) しかし、(1)に対してどれだけの月数だけ保険料を支払ったか(免除期間を含む)という割合が受給額に影響してきますから、実際の受給額は、次のとおりになります。 ¥80万 ×(保険料を支払った月数÷480か月)… (2) (2)における「保険料を支払った月数」というのは、受給額の計算においては次のように扱われ、a~cの合計月数となります。 a 実際に保険料を支払った月数 b 全額免除を受けた実際の月数×(1/3) c 半額免除を受けた実際の月数×(2/3) 一方、受給資格期間(原則として、最低25年)を満たすかどうかを調べるには、a~cの「実際の月数」(つまり、月数を3分の1や3分の2にしないで、ということ)を合計して下さい。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1280844

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々のご回答、有り難うございました。将来が不安でこういう場を借りて知識を得る必要があります。本当に有り難うございました。更に勉強します。

  • 回答No.1

退職後の年金を考える場合、本来は厚生年金保険の「老齢厚生年金」(国民年金の「老齢基礎年金」に上乗せされるもの)も考えなければなりませんが、計算が非常に複雑になるため、今回は、国民年金(老齢基礎年金)だけに絞って回答させていただくことにいたします。 まず、国民年金保険料における全額免除と半額免除の違いをまとめておきます。 次のようになります。 なお、免除の対象となるのは、第1号被保険者(後述)のみです。 【全額免除・半額免除における年金の違い】 1.全額免除  老齢基礎年金請求時…受給資格期間(25年)に含む  老齢基礎年金算定時…3分の1算入  障害基礎年金請求時…納付済期間と同じ扱い  遺族基礎年金請求時…納付済期間と同じ扱い  年金保険料の追納…10年以内ならば可  審査対象となる所得…本人、配偶者、世帯主 2.半額免除  老齢基礎年金請求時…受給資格期間(25年)に含む  老齢基礎年金算定時…3分の2算入  障害基礎年金請求時…納付済期間と同じ扱い  遺族基礎年金請求時…納付済期間と同じ扱い  年金保険料の追納…10年以内ならば可  審査対象となる所得…本人、配偶者、世帯主 いずれの場合にも、免除を受けた期間は「国民年金保険料を納めなければならない期間(=受給資格期間)」と見なします。 受給資格期間は原則として合計25年で、国民年金第1号被保険者(自営業者、学生、無職等、自分で保険料を直接支払う)であった期間ばかりでなく、同第2号被保険者(厚生年金保険や共済組合員等で、いわゆる「サラリーマン」として給与から保険料の天引きを受ける)であった期間や、同第3号被保険者(いわゆる「サラリーマン」の妻で、第2号被保険者の保険料から充当されるので、自分では保険料は支払わない)であった期間も含みます。 つまり、年金(老齢基礎年金)を受け取るための期間としては、免除を受けていようとなかろうと関係ありません。 原則として25年(免除期間を含む)、という年数を満たせば、年金(老齢基礎年金)を受け取る権利が発生します。 そして、20歳から60歳まで40年間全く未納がなければ満額を受け取れる、という計算になっています。 では、何が問題なのかというと、「追納しないかぎり、実際に年金を受け取るときには、決して満額は受け取れない」ということが問題になります。 免除を受けた月数の分だけ3分の1あるいは3分の2の額で計算して支給される、ということになるのです。 (一生、3分の1あるいは3分の2しか受け取れない、というのではなく、免除を受けた月数分だけ3分の1あるいは3分の2になる、ということです。) 4分の1免除ないし4分の3免除と合わせて、将来的には、免除が4段階になります(平成18年度からの予定)。 すなわち、 1 4分の1免除 2 4分の2免除(半額免除) 3 4分の3免除 4 4分の4免除(全額免除) となります。 免除においては、免除を受けようとする前年の所得(前年1~12月の所得)がチェックされることに十分留意して下さい。 たとえば、今年3月末で退職し、4月から無収入になるので免除申請したとします。 すると、前年1~12月の所得の額次第では、今年の免除が受けられない場合があります。 また、今年の所得としても退職所得が生じることになりますから、やはり、その額次第では、来年の免除を受けられない可能性があります。 意外な盲点となりますので、退職後に免除を申請なさる方は要注意です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

こういう事を考えてはいけないのかも知れませんが、あえてお尋ねします。前年度の収入如何で全額(半額)免除が叶わず、保険料が徴収される可能性があるのなら、1年間以上未払いで過ごし、収入証明が出ない期間に入ってから全額(半額)申請するのは違法でしょうか?むろんその時に退職時以降の保険料も徴収されるとは思いますけど。早期退職なので、僅かな退職金や預貯金で年金開始まで持たせる必要があるので、正直、保険料負担は手痛いのです。国民年金の払い込み期間は35年は経過しています。で、仮に60歳まで勤めたとしても、国民年金の満額期間にするには、半年不足の計算になるのです。半額申請で払っても満額期間には届きません。

関連するQ&A

  • 国民年金の免除をしたいのですが

    昨年、退職し国民年金を全額免除してもらいました。 今回も免除申請したいのですが、雇用保険受給資格者証と年金手帳を持って市役所に行けばいいのでしょうか。 雇用保険は既に受給が終了しているのですがその場合は年金手帳だけでいいのでしょうか。 最近、アルバイトを始めたのですが全額免除は難しいですか。

  • 国民年金全額免除

    国民年金全額免除申請後、今まで未納だった保険料は支払わなければならないわけでしょうか?現在病気療養中で支払いは不可能な状況です。申請許可が下りた場合、下りなかった場合、それぞれどうなりますか?

  • 国民年金全額免除と障害年金

    病気で働けなくなって国民年金全額免除中なのですが、その期間中でも障害年金は申請すれば受給できるのでしょうか?

  • 国民年金などの全額免除について

    はじめまして。 2年前くらいから無職で収入が無くて去年末くらいに国民年金などの免除ができると知り、手続きをして全額免除が受理されました。 受理されてから数ヶ月経った頃 貯金してた内の200万円ほどで株取引を始めました。 いくらか損をして損失繰越の確定申告をした場合、「この人はお金を持っている」、「支払いに困難してない」などといろいろと調べられて、国民年金などの全額免除を無効にされてしまうのでしょうか? だったら、損失繰越の申告しないほうがいいのでしょうか?

  • 国民年金の免除

    失業中なので国民年金の免除申請をしましたら「4分の3免除」という通知が来ました。 今は失業保険で生活してるので、4分の3でしたら支払いは可能なのですが、将来、年金を貰う際にはこの免除額は引かれて算出されるのでしょうか? 支払える時期が来たら免除された額は支払った方が良いですか? アドバイスをお願いします。

  • 国民年金の全額免除について

    国民年金の全額免除について ・昨年12月・・・退職(厚生年金⇒国民年金) ・今年01月・・・退職による国民年金全額免除申請 ・今年04月・・・パート勤務(雇用保険のみ加入) ※職場が合わず勤務4日にて退職 ・今年05月・・・パート勤務(雇用保険のみ加入) ※職場が合わず勤務9日にて退職 ・今年06月・・・「全額免除を受理しました」と通知あり 今現在は無職です。最後5月に勤務9日にて退職した パート先では離職票をもらって持っています。今年1月 「7月になった段階で仕事に就いていない場合は再度 こちら市役所で国民年金全額免除申請をして下さい」 と言われたのですが、こういった場合(今年6月迄全額 免除中)、5月の退職以降まだ再就職できないでいて 7月になった段階でも無職の場合・・・ 7月になってから5月に退職したパート先の離職票を提出して 全額免除申請した場合、「あなた4月5月に仕事したのですね? 現在7月の段階で無職でも4月5月に仕事したのであれば2ヶ月分 国民健康保険料は支払っていただいてそれ以降6月から全額免除 とします」みたいなことになるのでしょうか?それとも、すでに 1月の申請で6月までは全額免除だから4月5月に働いていても 7月になってから5月に退職したパート先の離職票を提出して 全額免除申請すれば引き続き今年7月~来年6月まで全額免除 になるのでしょうか?

  • 国民年金の全額免除について

    私の妹が現在25歳でフリーターをやってて年収が114万なのですが、諸事情により毎月払っていた国民年金の支払いが困難になり、全額免除を望んでいるのですが年収114万で全額免除は可能なのでしょうか?

  • 国民年金は収入が少ないなどで条件に当てはまり、全額

    国民年金は収入が少ないなどで条件に当てはまり、全額免除できるなら全額免除するのが普通なのに、それを無視スルーして国民年金を言いなりになって払っているのはバカですよね。国民年金なんか全額満額払っても、どうせ月に約6万ぐらいしか年金受給ができないのに。

  • 国民年金の免除について

     私は事情により去年1年間ずっと仕事をしていなく、 全く収入がありませんでした。去年の暮れに国民年金の 相談員の人が自宅に来て、国民年金の全額免除について 相談したところ「時期的にもう無理だ」と言われました。年が 明けてから市役所に行って相談したところ、去年の うちに来てくれれば全額免除になったのにね。と言われて どうしてもできないですか、と聞いても無理の一点張りで 結局泣く泣く半額免除となったのですが、相談員に相談 をして無理と言われて、実は本当は無理ではなかった ことに、納得できません。いちおう半額免除の申請は行ったのですが、 こういった場合、再び全額免除を主張 できないものでしょうか。よろしくお願いします。

  • 国民年金全額免除は一ヶ月のみ!?

    お世話になります。 私は今年5月末に会社都合で退職し、7月に国民年金の免除申請をしました。 その際、H19年度の所得証明証と雇用保険受給資格者証のコピーをつけて、申請用紙を2枚(同じもの)書かされました。 ようやく通知証が届いたのですが、「全額免除 H21.6月~H21.6月」と記載されており、一ヶ月しか免除になっていませんでした。 手続きは完了したと思っていたのですが、現在も失業中なので、7月以降の分も免除してもらいたいのですが、また新たに申請が必要なんでしょうか? それとも7月以降からは払えるとみなされ却下されたのかなぁと考えています。すぐ電話して聞きたいところですが、本日土曜で、何か悶々としており質問させていただきました。(-.-)