• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国民年金全額免除と障害年金

病気で働けなくなって国民年金全額免除中なのですが、その期間中でも障害年金は申請すれば受給できるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1350
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

「いま免除されている」ということよりも、「初診日よりも前に免除されていたか」のほうが大事です。 なぜなら、初診日の前日の時点で、以下のどちらかの保険料納付要件を満たすことが必要だからです。 なお、保険料納付済と表現したときには、実際に国民年金保険料や厚生年金保険料を納めた期間はもちろんのこと、国民年金第3号被保険者(いわゆる「サラリーマンの妻である専業主婦」)だった期間(保険料を納める必要はないが、納めたものと見なされる期間)も含みます。 1)<大原則> 公的年金制度(国民年金・厚生年金保険・共済組合)の被保険者であるべき全期間(通常、20歳以上)のうち、初診日のある月の2か月前までの期間の期間まで、全期間の3分の2以上が「保険料納付済」か「保険料免除期間」になっていること 2)<特例> 上記1が満たされていないときは、平成28年4月1日前に初診日があるときに限り、初診日のある月の2か月前からさかのぼった1年間(要は、初診日のある月の13か月前から2か月前まで)が「保険料納付済」か「保険料免除期間」になっていること(この1年間に未納がないこと) 初診日とは、その障害年金の請求事由となる傷病のために初めて医師又は歯科医師の診察を受けた日のことを言います。 この日のカルテが請求時に現存し、かつ、そのことを初診時医療機関に証明してもらえることが条件です。 これを初診要件といい、保険料納付要件の次に必要な2つ目の要件となります。 初診日のときに国民年金にしか入っていなかったとき(国民年金第3号被保険者だったときを含む)は、障害基礎年金しか受給できません。 一方、厚生年金保険に入っていたときは障害厚生年金を受けることが可能で、年金法でいう1・2級の障害の状態(身体障害者手帳の障害等級とは全くの別物です)であれば、併せて、同級の障害基礎年金も受給できます。 3つ目の要件(最後の要件)は、障害認定日要件です。 通常、初診日から1年6か月を経た日を障害認定日といい、この日に年金法でいう1級から3級までの障害の状態のいずれかに該当している場合(但し、障害基礎年金しか受けられないときは、3級の状態ではだめ)に、初めて、請求が可能となります(本来請求といいます。)。 また、障害認定日のときにまだ障害の状態だとは認められない場合は、その後65歳を迎える前までに障害が悪化して該当するようになれば、その時点で初めて請求できるようになります(事後重症請求といいます。)。 > 年金保険料を支払っていた人が身体障害者手帳1級、2級を受給するような状態になった場合には受給できますが 誤りです。 身体障害者手帳を持つ・持たないは全く無関係で、保険料納付要件と初診要件があらかじめ満たされていることを前提に、年金法で定められる障害の状態を満たせば良いのです。 したがって、手帳を持っていなくとも、年金法でいう障害の状態を満たせば可です。 障害認定基準も両者で全く異なります。根拠法が異なるためです。 おまけに、年金にはあって手帳にはない(あるいはその逆も)という障害も存在します。 > 20歳前障害等々障害年金は要件が細かく 20歳前に初診日があるとき(早い話が先天性障害であるときや、幼少時からの障害を持つとき)で、その初診日のときに国民年金にも厚生年金保険にも入っていなかった、というときに限って、障害認定日の時点で年金法でいう障害の状態であれば、あとは初診要件を満たすだけで足ります。 このとき、保険料納付要件は問われません。つまりは、保険料納付ゼロで受給できてしまいます。 これを、20歳前障害による障害基礎年金といいます(障害厚生年金は受けられません。)。特例的なものです。 障害認定日の時点て、年金法でいう1級か2級の状態にあてはまっていれば請求できます。 但し、ここでいう障害認定日とは、もし、初診日から1年6か月を経てもその日が20歳に至っていなければ、初診日の1年6か月後ではなく、20歳の誕生日の前日となります。初診日の1年6か月後が20歳過ぎになるなら、そのままです。 なお、事後重症請求に関する決まりごとは、先述した内容と同じです。 いずれにしても、たいへん複雑なので即答は困難です。 年金事務所に詳細をお尋ねになることを、強くおすすめします。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変お詳しいアドバイスを恐縮です。 とてもよくわかりました。 沢山の記述は大変だったのではないでしょうか… どこの誰かわからない者にご親切にありがとうございます。 大変勉強になりました。 多くの方もとても参考になると思います。 ありがとうございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • ki-mao
  • ベストアンサー率47% (48/101)

現在は国民年金全額免除でしょうが、障害年金受給のためには、その障害が発生する傷病に関連する 最初の病院受診の際に ・納付すべき期間(加入期間)の3分の2以上が納付済みであるか、免除を受けていること。 ・障害等級1級または2級に該当すること ・初診を受ける前日までの年金納付状況が、初診日の月の13ヶ月前から2ヶ月前の1年間すべて、 保険料を納付か免除をされていること 上記のようなことが必要です。 つまりは、年金保険料を支払っていた人が身体障害者手帳1級、2級を受給するような状態になった 場合には受給できますが、年金保険料を払っていなかった人は受給出来ません。 ただ、20歳前障害等々障害年金は要件が細かく、質問者様のような質問には返答は困難です。 上記のことに当てはまりそうであれば、お近くの年金事務所にご相談ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考にさせて頂きます。

  • 回答No.1
  • poomen
  • ベストアンサー率34% (784/2278)

 障害認定を受けておられますか?  障害年金は申請して「傷害認定」を受けないと支給されません。まずは申請をしてみて下さい。しかしまあ大変な作業です。 「認定」されると国民年金掛け金を免除できるように申請が出来ます。まあ、今も免除されているのでこれは変わらないですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考にさせて頂きます。

関連するQ&A

  • 障害年金と、国民年金の免除についてよく分からない点があります。

    障害年金と、国民年金の免除についてよく分からない点があります。 精神疾患が治らずに就職したことがない30代です。障害年金の申請を検討していますが次の点が気になります。 障害年金を受給する場合、受給している間は国民年金を免除にしてもらえるみたいですが、そうすると、追納しない限り将来の老齢基礎年金額が物凄く減ってしまうことになると知りました。 一生治らない障害で、老後も引き続き障害年金を選択するなら大丈夫のようですが、40~50代くらいになってから精神疾患が良くなって障害者から外れる可能性もあるというのが不安です。 実家が貧乏で、現在親に負担してもらっている国民年金を払わなくてもいいなら助かりますが、やはり障害年金を受給しつつも国民年金は払い続けた方が良いんでしょうか? 他の受給者の皆さんは、そのあたりのことはどうお考えですか? ここの過去ログで検索してみると、免除してもらう人が多いらしいですが、そういう人達は障害年金が打ち切られた場合どうなるんでしょうか? 減額された老齢基礎年金だけではとても生活できないと思うのですが…。 この問題について、当事者の方や、事情をよくご存じの方などのご回答をよろしくお願いいたします。

  • 国民年金を支払っておくべきかどうか、教えてください。

    障害年金と老齢年金はどちらかしかもらえないのだと聞いたことがあります。 当方、平成17年5月より障害年金を受給し(精神障害者2級)、国民年金を法定免除させていただいております。 国民年金を免除してもらっている場合、免除期間中も国民年金を支払い続けた人より老齢年金の受給額は減ると思うのですが、具体的には障害年金を受け取る額と老齢年金を受け取る額にはどの程度の差があるのでしょうか。 疾病が治るまでの期間がどのくらいなら国民年金を支払っておいたほうが有利なのでしょうか。 ご回答をよろしくお願い致します。

  • 障害年金受給者の国民年金免除。

    障害年金も12月から受けることになりました。すると市役所から国民年金の免除を申請する書類が届きました。これは免除にしてもらった方がいいのでしょうか?今年度分は払いました。来年度以降も払おうと思えば払えなくはないです。払うのと免除どちらがいいのでしょう?

  • 国民年金、免除すべきか

    現在50歳、右足下肢切断のため身体障害者となり三月から障害年金二級を受給することになりました。48歳まで会社勤めで厚生年金を払い、退職後は国民年金を払ってきましたが、障害年金を受給後は国民年金保険料が免除になると聞きましたが、果たして免除申請した方が良いのでしょうか?障害基礎年金は老齢基礎年金と同額で、これから十年間払い続けても65歳から受給できる額は変わらないのなら免除した方がいいと思えるし、切断した足は生えてこないから障害年金が減額される可能性はない、と思うのですが。無職ですが銀行に預金が一億近くあり生活には困りません。

  • 障害年金と国民年金の納付について

    現在、精神障害で障害年金を受給しています。国民年金は免除されています。 将来的に障害がなくなり、普通の年金を受給するようになった時に不安なので、国民年金を納めたいのですが役場や社会保険事務所の窓口で聞き入れてくれません。(母が伺いました。) ですので、厚生年金をかけてくれる職場を探して働いています。国民年金を納めることが出来たら、1日5,6時間のパートで無理なく働けます。フルタイムで働いてよけいに精神状態が悪くならないか不安です。 障害年金を受給したら、国民年金は納めてはいけないのでしょうか。又、窓口の人はなぜ聞き入れてくれないのでしょうか。あまり、しつこく話して本当に変な人だと思われるのも困ります。

  • 障害年金について

    現在、パニック障害で、心療内科に通院中の女性です。 夫と別居中で、現在は実家住まいです。発作で働けないので 経済的に困ってます。 病気の通院歴は、三年になります。 パニック障害でも、障害年金受給対象になりますか? 国民年金加入ですが、免除申請が通り、免除になってます。 免除で、年金を納めてなくても、障害年金の申請はできますか? どなたか、教えてください。

  • 現在免除ですが障害年金は?

    相談されたのですが、現在23歳で無職。国民年金が免除になっています。しかしペースメーカーを入れることになり障害年金を申請することになると思います。この場合、あとあと免除になっている分を差し引かれるとかあるのでしょうか?

  • 国民年金全額免除

    国民年金全額免除申請後、今まで未納だった保険料は支払わなければならないわけでしょうか?現在病気療養中で支払いは不可能な状況です。申請許可が下りた場合、下りなかった場合、それぞれどうなりますか?

  • 障害年金受給中の国民年金全額免除について

    今現在20歳前傷病による障害基礎年金ということで年金をもらってるのですが理由が精神を理由とした障害年金の受給なので65歳まで一生もらえる保証がないので全額免除をしたらもしもらえてなかった時は半分になって老齢基礎年金が少なくなると思うのですがもし一生涯もらえたとしたら全額免除をしても満額もらえるので損はないのですがもらえないことを考えて全額免除の手続きをしなかったら保険料を払い続けないといけないと思うのですが将来のことはわからないのでかけとしかいいようがないのでしょうかそれとも何か損にならない制度があるのでしょうか?

  • 国民年金の法定免除を受けた方がよいのでしょうか?

    お陰様で、現在、障害年金(国民年金)2級を7月より受給しております。 一人暮らしで、今年は100万円程度の収入になりそうです。医療費は、11月までで25万円ほど支払っております。 この場合、国民年金の法定免除を受けた方がよいのでしょうか?役所の方は、「ほとんどの人が受ける」と説明されましたが、その時は、私はできれば払いたいと思ったので、手続きはしませんでした。 私の希望は、現在、1日5時間×週2日の仕事を続けながら、障害年金で生活をバックアップしてもらいつつ、治療に専念したいということです。 障害年金の打ち切りがとても不安です。また、これまでも経済的理由で国民年金の免除を受けた期間があり、将来の年金額の減額も不安です。払えるなら払っておいた方がいいのかなと思っております。 国民年金の法定免除と障害年金の打ち切りはどのように関連しているのでしょうか?また、私の前述の希望を叶えるには、どうするのがいいのでしょうか? ご意見、アドバイスをどうぞよろしくお願いいたします。