• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

即決和解調書とは?

民事で弁護士を介して解決を模索しているものです。 結果的に相手がしらを切って納得のいかない結果になりました。 しかし時効や判例を考えても提訴は難しいとのことで、今回はこのまま示談交渉に応じます。 その際、少しでも相手の反省が見える結果を残したいと思います。 示談書の書面は、和解書・示談書・合意書等ありますが、どのようなニュアンスがあるのでしょうか? 併せて質問します。 以前質問させていただいたのですが、このような場合「即決和解調書と取った方がいい」とのアドバイスを受けました。 即決和解調書について詳しく教えてください。 よろしくお願いします。

noname#9847

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数762
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ptna
  • ベストアンサー率60% (20/33)

債務名義を作成する(法律的な請求権を作成する)だけなら、公証人役場に出向いて公正証書を作成してもよいのですが、即決和解なら費用が安く済むということになります。弁護士同士の和解というのは、裁判外での和解を指すのだとすれば、それはただちに強制執行できない合意書面に過ぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 即決和解の話し合いは”示談成立”になるのか?

    30万の売掛金を回収できないので 裁判所の即決和解を利用して和解しようと債務者に呼びかけ 一度目の話し合いで、月10000円の分割払いでの合意の”見込み”が立ちました。 その際、債務者とは和解契約は(口頭・書面においても)交わしていませんが、 即決和解申立書のコピーを渡しました。 一枚目には「別紙和解条項について和解成立の見込みがついたので・・・」 二枚目には具体的な和解条項が記されています。 この時点で示談が成立したと法的には言えるのでしょうか? また、この後に即決和解の申し立てをせずに 全額請求の訴訟を起こす事は、債務者の期限の利益を侵害することになるのでしょうか? きわどい問題なので、みなさんの所見をお願いします。

  • 即決和解について

    即決和解の制度・効力についてお尋ねいたします。 現在、老朽化したアパートの建つ土地売却を考えており、居住者に退去を求めています。居住者に理解を得ることができ、ほぼ退去が終了したのですが、一部の方が転居先が見つからないとの事由で退去をもう少し先に延ばして欲しいとの申し出がありました。 そこで、即決和解の制度を利用してお互いに譲歩し同意した上、即決和解をするという方向性で一致しました。 しかし、相手側の住所が非常に遠方となっており、申し立てをする簡易裁判所が遠方となってしまいます。ここでいくつかお尋ねいたします。 ・当事者内での合意があれば申し立てをする簡易裁判所を、物件住所所管などの簡易裁判所に変更できるのでしょうか? ・当事者内に高齢者がいるのですが、即決和解の成立内容は、当事者死亡などによって消滅してしまうのでしょうか?また内容は継承可能なのでしょうか? ・私には債権者がおりますが、債権者が土地取得を目的としてアパートの居住者に一方的に即決和解を申し立てることは可能なのでしょうか? 可能な限り早く解決したいと考えています。 宜しくお願いいたします。

  • 和解したら判例はどうなるのですか?

    初歩的な疑問なのですが、よろしくお願いします。 民事、行政訴訟で 第一審で敗訴->控訴審で和解 第一審で敗訴->控訴審で敗訴->上告審で和解 このような場合は、判例は敗訴になるのでしょうか? 和解条件が判例になるのでしょうか? 第一審で敗訴->控訴審で示談になり取り下げ 第一審で敗訴->控訴審で敗訴->上告審で示談になり取り下げ この場合は、判例は敗訴になるのでしょうか? 示談内容は判例になるのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • ptna
  • ベストアンサー率60% (20/33)

即決和解は、裁判所で債務名義を作成する手段の一つですが、即決和解をするためには、すでに和解の合意が出来ており、残るは合意内容を書面化するだけという程度まで話し合いが進行していなければなりません。つまり裁判所が和解の斡旋をするのではないということになります。事前に合意がなければ即決できないという点がポイントだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ということは、債務の履行をより正しく行うために手続きをとるのでしょうか? 弁護士同士の和解とどのように違うのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.1

事件の内容や、現在までの進展内容がわからないので 答えに困りますが… 相手方の姿勢に誠意がないようなので、和解する場合でも、裁判所(調停)での和解をおすすめします。 裁判所の調停調書の内容は、通常の裁判の判決同様の効力があります。 あくまでも本訴を前提としすすめて、落としどころを、調停や裁判和解とするのが良いと思います。 調停や簡裁(本訴)なら、弁護士を介さず、ご自分で申立てするのもいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 和解の法律について教えて!

    損害賠償請求等で地裁に提訴された事件の、和解についてお聞きします。 1 まだ、和解がされて2日目ですが、内容の修正はできますか?(送達なし) 2 和解内容は消滅時効があるんですか。もしあれば、和解内容に「永久に履行」等を入れることはできますか? 3 和解調書が送達されてから、不服が発生した場合は不服申し立て等ができるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 民事裁判の和解調書の内容について

    約2年間民事裁判が続き、控訴審で裁判所より和解を提示されて和解調書を作成してもらいました。私が控訴人で、賃金損害賠償請求です。 そこで調書には「毎月月末に5万円支払い、分割金の5万の支払いを怠りその額が10万に達したときは期限の利益を失う」と文面に書いています。 初回の支払日が先月末からということでしたが、振込みがありませんでした。 この場合は、今月末まで待ったほうがいいのでしょうか? 今月末も相手が怠ったら10万円に達します。 詳しい方よろしくお願い致します。

  • 和解条項に時効がありますか?

    裁判の和解条項についてお尋ねします。 私有地の通行権に関して、隣家とトラブルになり10年前に裁判をしました。結果、本案提訴する前に和解条項が提示され(こちらにとってかなり有利な和解条項でした。)和解に至ったのすが、相手側が和解条項に示されている遵守事項を守ってくれないまま10年になろうとしています。それで質問なのですが、和解条項には時効と言うものがあるのでしょうか?もしあるなら時効が過ぎたら、和解は無効になるのでしょうか?「和解の中断」という言葉を聞いたことがあるのですがどういうことでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 知らないうちに和解を進めていた弁護士を訴えたい

    前任弁護士のことで困っています。 民事の事案で、加害者と話し合いをしている段階で、受任弁護士が勝手に和解を進めていました。それも双方代理人の和解にむけての話し合いに用いたこちら側の合意書案は、事前に当事者である私と話しをし作成した合意書案の内容とは異なったものでした。(それ以前に考え結果的には廃案にしたものをどうやら使ったようです) 結局、訴訟外での話し合いは決裂し、なかなか状況報告をしてくれない前任弁護士との受任関係もお終いにしました。 それで新たな弁護士さんとで現在訴訟中なのですが、そこで被告側(=上の加害者ですね)から出された準備書面によって、上記した事実、前任弁護士が勝手に内容を変え和解を進めていた事や、双方の代理人が話し合った内容も全く異なっていたことが判明しました。 話し合いの結果(加害者側の合意案という説明でした)、当事者の私が「その合意案では納得できない」と言った時点で、実際は和解は決裂していたのにもかかわらず、前任弁護士はその事実を10ヶ月も隠し続けていました。 以上のことで10ヶ月もの無駄な時間を過ごし、訴訟開始の時期が遅れました。 そして新たな受任弁護士を探し、着手金を払い一から作業をせねばなりませんでした。 こんな不誠実な弁護士、放っておけません。失った時間と金と返せ!傷ついた心をどうにかして!といいたいです。 弁護士を訴える事は可能でしょうか。どなたかアドバイスお願いします。

  • 合意解除

    契約書を交わした相手に、出来高9.5割いっているにも関わらず、合意解除を求められました。 こちらは納得できませんので、出来高清算+違約金の請求を求めるべく、提訴をしたいですが、合意解除を求めている相手にいきなり地裁に提訴をした場合、裁判の戦略として(裁判官の心象など)どうなのでしょうか? 普通に返事をしても、紛争になるだけで示談も和解も可能性は低いので、提訴という手段しかないかと思っています。(提訴後の和解は応じる準備はあります)

  • 87才の父が即決和解を地主に悪用され退去を迫られる

    ●私は61才で、父は現在87歳。10数年前から1人暮らしを続けていますが、その父が80才の時に地主と不当な即決和解をしてしまい、現在、退去を迫られています。地主は隣家で、私の祖父の代から既に80年以上借地契約が続いており、勿論建物は父の名義です。地主は86才の女性で、私とも仲良くしており、悪い人ではないのですが、お金持ちのため世間知らずです。そのため地主は何かにつけ親戚の男を代理人として使っているのですが、これがなかなか悪どい男で、どうにも手に負えません。なお私は、すでに別の所に家庭を持ち、マンション生活をしています。 ●私が裁判所で調べたら、即決和解の申立理由(相手側の言い分)は、「(1)契約期間満了」と「(2)地主の了解を得ず勝手に改築した」という2点であり、「契約違反なので建物を収去し出ていけ」ということでした。(これらは代理人が作ったものであり、地主の女性は良くわかっていません。)  (1)については、おそらく相手が勘違いしたのだと思いますが、即決和解した時期は、実は契約期間満了のまだ1年前で、(2)については、雨漏りがひどかったので、屋根の修繕をしたということであり、これは当然、法律上は修繕・改修の範疇で改築にはあたりません。 ●作成された和解調書には、(2)のことには触れられていませんが、「契約期間満了のため」という理由と、もう1つは、父は現在、認知症のためグループホームを利用しているため、「建物に居住していない場合は土地を地主に返す」という条項があり、これに触れていると言うのです。そして「出て行く時は建物・構築物等を収去し、更地にして返す」という条項もありますが、更地にするには、解体費用が200万円以上かかりそうです。確かに現在、父は居住していませんが、〇住民票はそのままにしてあり、私が週に1回は実家に行き、〇郵便物などの受け取りを行い、〇公共料金を支払い、〇自治会費も払い、〇近所の行事(冠婚葬祭など)は私が参加し、〇植木屋に庭の手入れをしてもらい・・・いつでも父が家に帰れるように管理しています。そして、地主をはじめ、近所の人とも親しく付き合っているつもりです。 ●何よりも、父は、グループホームに、あくまでも「利用者」という立場で住んでいるのであり、家には実際は住んでいなくても、私は「家は、居住のため」と思っています。私が父の介護をしながら一緒に住もうと思えばすめるのですが、何しろ私はまだ現役で働いており、自宅も持っているため、現実的には、認知症の父と住むことができません。かといいって、父の書類、電化製品、衣類、身の回りj品などなど、到底、私のマンションに保管することはできず、かといって、父が生きているうちに、それらを処分することなど到底、できません。 ●即決和解は、判決と同じで、覆すことは難しいことは知っていますが、地主も「即決和解のことは代理人に任せてあるので、良くわからない」と言うし、当時父も、やや認知症気味でした(その2年後に、認知症と診断されました)が、今さら当時のことを証明することもできません。そもそも、即決和解とは、本来、当事者同士が事前に良く話し合いをして合意していたことが前提であるはずなのに、それすらもなされていません。 ●即決和解を覆す方法はないのでしょうか?それ以外に、何か良い方法はないのでしょうか?また、和解条項には、父が死んだ場合は「相続人が・・・」とあります。私は確かに息子ですが、現在は、あくまでも推定相続人であり、即決和解のことなど全く知りませんでした。その私が私が解体費用まで払い、更地にして返すなどということは、お金の問題ではなく、悔しくてなりません。父には、家以外には資産はありません(もちろん金融資産もありません)ので、最終的には、私が相続放棄をすれば、更地返還義務は免れることができるでしょうか?  長くなりましたが、どなたかアドバイスをお願いします。      

  • 民事にて和解案を蹴ることは不利になる?

    ※長文です 弟が以前関係のあった女性と民事にて争っています 粘着質な女性で、当時の関係は清算したらしいのですが、昨年提訴されました。 起訴内容は、弟のせいで鬱病になったこと(知り合う前から鬱病だと聞いています) 肉体関係を強要されたこと(むしろ弟がされたとのことです) 暴力を受けたこと(これは認めています) 他に、事実を捏造される等あるようですが、こちらは証拠不十分なことから、長引かせるのも嫌なので出来るだけ原告の方の希望に沿うつもりです しかし、それをいいことに明らかな捏造話が後付けで追加されているようです さらには共通の知人に捏造話を触れ回る、インターネットにてリベンジポルノを晒されるというようなことがあり、 こちらが悪い分には償いますが事実と違うことに対してまでは責任が取れないため、逆にこちらから提訴するという泥沼とかしました 双方これでどっこいどっこいくらいになると思われます(弁護士談) このままいけばこちらがいくらか慰謝料を支払い終了するというような和解案がでる模様です しかし、原告者はあくまで粘着したがっているようですので、和解案を拒否するものと思われます この場合、和解案を拒否すると実際の裁判では不利になるのでしょうか? ↓まとめると、 ●提訴に反訴してお互いが訴えている状態 ●こちらの弁護士と裁判官は、どっちもどっちというニュアンス(相手弁護士は不明) ●原告の鬱病(体調不良)を理由になかなか進展なし(普段はのみ歩いているようです) ●ただし、あくまで原告は鬱病である ●司法は女性寄り(偏見ですが) 弟の話しか聞いていませんので、実際は何があったのかは謎ですし、 普段は気にしない風を装っておりますが、私も弟もそれぞれに結構を意識した相手がおりますので、早急な解決を望んでいます ここで判決が出ても最高裁まで持ち込もうとするかも知れませんし、まだまだ長引くおそれがありますが なるべく向こうが、これ以上粘着しても無理だなと悟ってくれることを願っています 弟なんかに執着しないで幸せになってほしいです 相談より愚痴になってしまいましたが、何がいいたいかというと和解案をのむ、のまないで判決は左右されますか? 弁護士に聞くほうが早いとはおもいますが私は普段知らないふりをしていますので、わかるかたいたらよろしくお願い致します

  • 和解すべきでしょうか!?

    過払い金返還について質問です。 平成11年2月~13年5月まで武○士で借入を行っていました。 経緯としては、最初20万円の契約をして、借りたり返したりでしたが 最も借りている時は45万円程度でした。 最終的に他で工面して50万円以上を支払い3年5月に完済。 過払い請求の事を知り、自ら取引履歴を請求し、引き直し計算を行ったところ 17万円超の利息は6万円台と出ました。 「利息5%は要らないから17万円を支払え」 というような内容の請求書を送付したところ、電話があり 『こちらの計算では14万円と出た。8万円で和解のお願いをしたい 訴訟されても利息については払わない自信があります』 (うろ覚えですがそんなニュアンスの言葉でした) というような事を言われました。 この場合、提訴したほうが良いのか、しぶしぶでも和解するべきなのでしょうか? 他社(G○コンシューマ)では自分の計算で57万円と出て(完済直後で利息はほぼ無し) 50万円で和解できたので、計算ミスは無いと思うのですが…。 提訴をする場合は、5%の利息も含めて23万円で請求するつもりです。 業者側としては仮に計算で14万円と出たとしても 訴訟になれば23万円を支払う事になる可能性が高いので 満額14万円で和解に応じた方が労力も経費もかからないのでは!? と思い、やはり相手側の計算のほうが正しく、こちらが間違っているのかな? などと思ったり… 安い金額で和解させる為のトークなのか?とも思ったりで。 どなたか詳しい方お願いします!

  • 和解の処理について

    和解の手続きについてお願いします。 先日、ご近所トラブルが訴訟まで発展してしまいましたが、期日2回目に 和解することで合意し、次回期日で終わりになることになりました。 こちらは被告なのですが、 1、訴訟の元になったことを謝罪し、 2、2度と同じことが起きないようにすることを約束する 3、損害賠償請求訴訟だったが、もともとの目的が「謝罪」と上記「約束」 のため、請求はしない。 との和解条項になりそうです。 和解条項は相手の弁護士が作り、こちらに郵送するようです。 なお、和解は「原告から提案があり」、期日についても相手側弁護士が裁判官に「(和解のため)もう一回だけ期日をください」と述べていたので、次回で相手方も終わりにするつもりのようです。 こちらは、弁護士をつけてない(一人の弁護士に単発相談をいれている)のですが、 1、和解条項が納得が行くものであった場合(もちろん相手も次回でおわらせるつもりなのでこちらとしても受け入れられるものを作るはず)や、こちらの言い分がある場合、期日までに相手側に伝えないといけないのでしょうか? 2、和解するときは期日に、書面にサインや捺印をするのでしょうか? 3、2度としないことの担保に例えば「再度同じ事態を引き起こした場合○○○○万円支払う」みたいな文言を入れるものでしょうか? 4、謝罪は文書でしょうか、直接でしょうか?また、政府の謝罪のように形式的な謝罪だけでいいのでしょうか?それとも、土下座みたいに感情的な謝罪をしないといけないのでしょうか? お願いします。

  • 和解条項の送付?について&和解手続

    以前もお世話になりました。 訴訟は和解で終わることになりました。これまでアドバイスありがとうございました。 原告が圧倒的に有利にもかかわらず(被告=私の落ち度の証拠をもっている)原告側(相手側)弁護士から和解の申し出がありました。 1、なぜ相手方は有利にもかかわらず和解を申し出てきたのでしょうか?第一回目期日から相手方弁護士は、話しかけてきて和解を持ちかけてきました。 2、和解条項は相手方が作り郵送してきます。おそらく、数項目がのっているだけの紙が来ると思いますが(WEB上の公開されているものをみると数項目のものが多い)、そういうものでしょうか?1枚のみで。 3、和解条項で納得がいかない部分があった場合、準備書面のように、事前に裁判所と相手方に伝えるのでしょうか?また、和解条項すべてに納得した場合でも伝えるものなのでしょうか? 4、次回で相手方も終了させる予定です。なぜなら相手方弁護士が「あと一回だけ期日を入れてください」と裁判官にお願いしてましたから。次回期日は、和解条項の確認をするだけなのでしょうか?また、和解条項は裁判所が作るという話でしたが、お互いが合意した和解条項を判決のように裁判所が双方に送ってくるのでしょうか? 手続きがわからないのでよろしくお願いします。