• ベストアンサー
  • 困ってます

和解の法律について教えて!

損害賠償請求等で地裁に提訴された事件の、和解についてお聞きします。 1 まだ、和解がされて2日目ですが、内容の修正はできますか?(送達なし) 2 和解内容は消滅時効があるんですか。もしあれば、和解内容に「永久に履行」等を入れることはできますか? 3 和解調書が送達されてから、不服が発生した場合は不服申し立て等ができるのでしょうか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数186
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • utama
  • ベストアンサー率59% (977/1638)

1. 内容の修正というのは? 和解調書の書面上の誤記の訂正や記載漏れなど,形式的な訂正(更正決定)は認められますが,本質的な内容の修正はできません。 2. 消滅時効はあります。 「永久に履行」というのは,結局,相手方が,将来にわたって時効の援用をしないという約束をするということでしょうか?民法146条により,そのような約束は無効です。 3. 上記1のとおり,和解調書の更正の申立(民訴法257条に準じる)はできます。 更正の範囲外であれば,独自の不服申立制度はありません。和解自体の錯誤無効や,詐欺脅迫による取り消し,公序良俗違反などを理由として,改めて,裁判を起こすことになります。 一般的に,裁判上の和解について,錯誤無効や,取り消しが認められるケースはまれです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

参考になりました

関連するQ&A

  • 和解後の再提訴

    一旦事件を和解して終了しましたが、 後日、和解の前提が全く事実無根であった事が分かりました。 その事実を知っていれば、和解しなかったと思います。 そこで、この様な場合、錯誤を理由に再提訴できますか? また時効に関して、金銭の貸借は平成11年10月ですので 消滅時効でしょうが、 和解の提訴を平成13年8月に行っているので そこで時効は中断し、現在消滅時効は成立していないと考えていますが、誤りはありますか?尚、和解は平成15年3月です。 宜しくお願いします。

  • 消滅時効の援用前の損害賠償請求について教えてください

    ある事故で消滅時効にかかっている状態で相手方が時効の援用をしてなければ提訴は可能でしょうか? また損害賠償請求に対して仮差押さえの保全命令は取れるでしょうか?

  • 消滅時効援用前の更なる不法行為に対して教えてください

    不法行為で消滅時効にかかっている状態で相手方が時効の援用をする前に更に不法行為を働いた場合不法行為の追認という形で(消滅時効にかからない状態で)損害賠償は請求出来ないでしょうか? 若しくはその場合新たな不法行為として提訴しなければならないのか教えて下さい

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

諦めてください(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19592)

  http://www.toben.or.jp/bengoshi/kaiketsu/qa/end.html#id841 Q.成立した和解や下された仲裁判断の内容に不服を申し出ることはできるの? A.仲裁判断には確定判決と同じ効力があるため、原則として、その効力を争うことはできませんが(仲裁法45条1項)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

あっせん人とは裁判官?

関連するQ&A

  • 破産免責後の損害賠償請求

    債権者は、破産免責を受けた債務者の悪意の不法行為債権として損害賠償請求をすることができるとありますが、この債務者の債権はすでに消滅時効になっています。裁判で損害賠償請求が認められた場合、この消滅時効になっている債権には請求権が認められるのでしょうか。

  • 消滅時効

    消滅時効5年が完成する1カ月前に債権者が提訴。訴状の送達は、住所を債権者が間違えたために、何年も交渉の無かった実母の所に郵送された。だいぶ 経って実母より債務者本人に事実上訴状が送られて来た。その時は既に消滅時効が完成していた。しかし、答弁書を提出し消滅時効を援用した。消滅時効は認められますか。

  • 和解すると・・・

    金融機関からお金を借りており、支払いが苦しいので相談した結果、和解に至りました。 ここで質問なのですが 1 和解すると、実質的には「新たな契約」を結び直すということでしょうか? 2 和解前の契約については口出しがもはや、できないのでしょうか?(利息制限法を元にした利息見直しによる過払い請求ができないのでしょうか?) 3 和解書に書かれている内容の消滅時効は、金銭債権と同じで10年なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 貸金の消滅時効の中断

    債権者(原告)は、5年の貸金の消滅時効完成の1カ月前に提訴してきた。しかし、訴状の被告債務者(私)の住所(送達場所)の記載を間違えたため、10何年も連絡を取っていなかった田舎の実母の所へ訴状が郵送された。実母は何とか連絡先を探し債務者(被告)の所へ、訴状を転送してきた。この時点では既に消滅時効は完成している。被告は答弁書を提出し訴状を受領したときは、既に消滅時効は完成していたので消滅時効を援用すると主張している。民訴法138条1項は、訴状の送達を規定。138条2項で137条訴状の却下を準用。137条1項は補正命令。133条2項1号。民法147条1号は消滅時効の中断を規定しているが、149条は訴え却下の場合は時効の中断の効力が生じないとしている。送達が無効であるとしたら、消滅時効の中断は?

  • 損害賠償請求訴訟(消滅時効の援用)について

    債務者に損害賠償請求訴訟を行おうと考えております。 消滅時効の援用ですが, (民法145条) 消滅時効を援用していないのであれば、未だに債務は消滅していませんので、債権者は債権を請求できることになります。 と言うことは,債務者が時効で無効であると言うことを 宣言しないと判決では請求通り認められるのでしょうか? 例:債務自体について無効であると主張しているが判決では有効と判断された。時効で無効であるということについては主張しなかった場合。

  • そもそも和解の趣旨ってなんですか?

    例えば民事において、100万円の損害賠償を提訴された被告は、判決だと60万程度になりそうだと推測した。 被告は自分にも過失があるのを解っていたので答弁書で和解を申し込み了承された。 和解の席で被告は20万しか払えないので、これで和解してくれといった。 これって本来の和解の趣旨ですか? 勿論、駄目なら原告は拒否をして判決を望めばいいのでしょうが・・ これなら、一か八か全て和解を申し込めばいいということになりませんか? 本来、和解の趣旨ってどういうことですか? 宜しくお願いします。

  • 消滅時効

    貸金請求訴訟を起こされた。しかし、訴状は被告には送達されず、実家の母親の所に送られた。原告が被告の住所の記載を間違えたため。被告は、実家とは何年も連絡がなかった。原告が提訴した時は、まだ5年の消滅時効にかかっていなかったが、母親より訴状が転送され、答弁書を裁判所に提出し応訴した時は、消滅時効が完成していた。被告である私は消滅時効を援用できますか?

  • 和解が成立したのに

    和解が成立したのに途中から損害賠償を踏み倒されたらどうすればいいですか

  • 10年以上前の殺人への損害賠償請求は

    10年以上前の殺人への損害賠償請求はできないのでしょうか? 最近、ある有名な事件で、出所した犯人が本を出版してベストセラーで大金を獲得したという記事がありましたが、このような場合、当時は犯人は無資力なので遺族は損害賠償しなかったが、10年が過ぎた最近になって犯人が大金を手にしたので、遺族が損害賠償請求の裁判を起こしたいと希望した(仮定です)としても、消滅時効でできないのでしょうか?

  • 民法724条> 不法行為の消滅時効と除斥期間

    不法行為による損害賠償請求権の期間の制限が724条に定められています。              不法行為の時から3年消滅時効が設けられ、それに連動するように、「20年を経過したときは請求権が消滅する」―とあり消滅時効が二段構造に見えますが。 この20年は、加害者も被害も知らないままに過ぎ去れば、請求権が自然崩壊する。完全に消え去るということでしょうか。 質問は、その「除斥期間」の意味、あらましを教えてください。

専門家に質問してみよう