• ベストアンサー
  • 困ってます

CBR250RR(R)のオーバーフロー

半年位前,突然始動後にオーバーフローになり走行困難になりました。フロートバルブを交換してもらいキャブレータ単体ではオーバーフローしませんがエンジンに取り付け始動するとまたまたオーバーフローしていました。その後原因不明のまま直っていたようにみえていましたが,冬場1ヶ月間乗らないままで再び始動してみるとまたまたオーバーフローしてしまいました。ガソリンはキャブレータのエアベントジョイント?のチューブ(右側)から,かなり勢いよく出ています。どこが悪いのか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数808
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

オーバーフローは、普通フロートバルブとバルブシートにゴミが噛んだりして閉じなくなるのが主な原因ですが、フロートバルブ交換した時、バルブシートは代えたのかな?セットで代えないと十分ではなかったのかも。フロートチャンバーにはゴミや砂が溜まってないかな?もっともここらへんは、バルブ交換した時に洗浄していると思うが? もう一度フロートバルブとバルブシートを交換してもらい、洗浄もしてもらえば直るのでは? 又は、フロートの調整が悪く、油面が上がりすぎているのかも知れないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バルブシートは交換していないと思います。今度はサービスマニュアルを見ながら分解してみようかとも思っています。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

ガソリンタンク内に錆は出てないでしょうか? こちらから先に確認してみて。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

フロートが何かの要因で中で引っかかり気味になってるか、フロート調整自体がマズイのかも。 該当車種がどうなっているのかは知らないのですが、前傾気味の取り付けで調整は水平位置でしてるなんて事はないですよね。 後は、フロートバルブ(円錐形のゴム付き部品)の作動がスムーズでないか、中にゴミ(サビ等)が残ってるとかくらいしか思いつきません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱり分解してみるしかないみたいですね

  • 回答No.1

キャブのOHを勧めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 謎のオーバーフロー?について

    ベンリィ90S に乗っています。 購入当初からガソリンのオーバーフローが直りません。 オーバーフローと言っても、キャブレターのフロートチャンバーのオーバーフローホース先が滲む程度です。ガソリンが地面に垂れることはないです。 拭いても拭いても、しばらくすると、すぐ滲んできて困っています。 キャブの清掃、フロートバルブやフロートなどの部品交換、座面の研磨など、考えられる対処法を何回も試してみましたが、一向に直らず。 ついには、社外キャブレター(PC20)に交換しました。 しかし、取り付け後、すぐにフロートチャンバーのホース先が滲んできてしまいました。 もちろん、取り付け前に油面の調整も行いました。 キャブレター以外にも、燃料フィルターの取り付けや、燃料ホースの交換、燃料コックの交換などもしましたが、全く直りません。 バイク屋にも相談しましたが、お手上げといった感じになってしまい、手詰まりになりました。 いったい原因はなんなのでしょうか? ちなみに、コックが「ON」でも「OFF」でもキャブ内にガソリンが残っている場合はオーバーフローしているみたいです。 フロートチャンバーのホースを抜くと、なぜかオーバーフローしません。 エンジンに関しても、2~3回キックすれば始動しますし、調子も良いです(同車種を乗り比べたことがないので詳しくは分かりませんが)。 今まで何台かの中古バイクで、オーバーフローの症状を対処をしてきましたが、こんな現象は初めてです。

  • カブ:キャブレターがオーバーフローして困ってます。

    先日93年式のC50を購入し初めてキャブのオーバーホール・パッキン一式の交換を行ったのですが、コックを開けるとドレインホースからガソリンがポタポタ漏れ出し困っています。現在カブった状態らしくエンジンは始動ません。 分解前はガソリン漏れも無く正常に始動していたのですがフロートやフロートバルブの交換も必要でしょうか? ちなみにドレインホース付け根のネジはマイナスドライバーで閉めており緩みはありません。

  • CBR250RRのエンジンがかからない

    友人が6年くらい放置したCBR250RRのエンジンがかかりません、どうか知恵をお貸しください。 キャブはOH(キャブクリーナーにどぶ漬け&エアガンで掃除、メインとスロージェットの穴つまりなどの確認、バキュームピストンのゴムの劣化の確認、フロートバルブの掃除)、プラグの火花の状態は○、バッテリーは交換済みです。エンジンに注射器で直接ガソリンを入れてエンジンがかかるか試したところ、かかったので点火系&始動電装系の異常ではないようです。フロートにはガソリンが流れております。エアクリーナーをつけず直キャブですがタオルをかけ必要以上のエアーは入れないようにしているのですがかかる気配がありません。セルを回してマフラーに手を当てて匂いを確かめると微量ですがガソリンの匂いがあります。インシュレーターからエアーが入り混合が薄いのかとも思ったのですがゴム自体には劣化はありません。セル始動&チョークを引っ張ってもバキュームピストンが作動しないのでキャブの負圧系かと思ったのですがサービスマニュアルにはキャブ側のチューブはフューエルチューブとセカンドエアクリーナーチューブしかないようです‥詳しい方、どうか宜しくお願いします。

  • TZR250 3MA オーバーフロー。。。

    オークションで中古車を買い、タンクが軽く錆びていたのですが、ガソリンを入れてエンジン始動させました。 すると向かって右側のキャブからオーバーフローしたので、タンクのサビ取りとキャブ洗浄をしました。 洗浄内容としましては各ジェットとガスケット新品。 フロート室やキャブ内部を丹念にキャブクリーナーで洗浄しました。 組み付け後タンクのサビ取りが終わってませんでしたので、ガソリンホースに直接ガソリンを入れてキックすると、やはり右側のキャブからオーバーフローしました。 症状としましては、キックしてガソリンが流れ込む度にピュッピュッと飛び出す感じです。 ドレンのネジはちゃんと締まってます。 ガソリンタンクのサビ取りが終わったので組み付け後、ガソリンを入れるとコックをリザーブでもオンでもない位置(OFFとは書いませんがおそらくOFFと同様の位置なんだと思います)に合わせてるのに、両方のキャブから勢い良くオーバーフローしました・・・。 これは負圧コックの不調なのでしょうか? 考えられる原因を教えて頂ければ助かります。 どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

  • キャブレターのオーバーフローが止まらない

    通勤の足として中古で買ったライブDioZX(AF35)に乗っているのですが 最近キャブレターをデイトナのビックキャブキットに交換しました。(KEIHIN製のPE20+エアクリ) それ以降キャブレターのオーバーフローが止まらなくなってしまって困っています。 試したことは以下の通りです ・キャブレターの分解、掃除。(新品だったのでキレイでした) ・フロートレベルの調整 ・フューエルフィルターの追加 ・燃料タンクの掃除 一番怪しいと感じていたフロートの調整は少しフロートが浮いた程度で すぐにガソリンが止まるくらいにしましたが、一度アクセルを開けると以前と変わらず、 すぐガソリンが勢い良く溢れてきます。 最初に付いていたキャブにはオートチョーク用の配線があったのですが 新しいキャブにはそれは無く、手でレバーを上げるタイプのチョークが付いていた為 配線は宙ぶらりんです。 フロート室が空の状態からキック何回かでエンジンスタート、かぶった感じの音も無くて 普通に走りはじめますが、半開程度アクセルを開けた程度でもオーバーフローしてきます(走行距離100m位) お知恵をお貸し下さい

  • CVキャブのオーバーフロー

    CVキャブをつけているのですが、コックをONにした後に フロートのドレンホースからガソリンが一定量排出されます。 それも最初の始動時のみだけです。出先では問題ありません。 キャブはOH済みを取り付けてもらったばかりで、ドレンホースがついているタイプです。 エンジンを始動すると漏れる事はないようです。 コックOFFのままキックで掛けてONにしています。 一度でもエンジンが始動すれば、 走行中・出先ではコックをONにしてもドレンからガソリンは排出されません。 その日に始動する時のみ一定量が排出されたらピタリと止まります。 どのような事が原因と考えられますでしょうか?

  • ゼファー2型のオーバーフロー

    かぶってしまうのでキャブの空気入る所(ゴムの部分)を 手で開けたらガソリンが出てきました。 オーバーフローということで自分でバラシたところ フロートバルブには沢山のサビが付いていました。 早速燃料フィルターをかましてコックも新品に替え フロート室を洗浄してエンジンをかけたところ 普通に走れました。 でも1時間するうちにまたかぶってしまいまたバラシたところ またサビが付いてました。 どうやらキャブの燃料入り口からジェットの間にサビが溜まっているようなんです。 文章じゃわかりずらいと思いますが、どうやればこのサビを取れるでしょうか? あと、タンクのサビ取りを簡単にできる方法はないでしょうか? 皆さん、よろしくお願いします。

  • オーバーフローしてしまいます。

    VJ22のガンマに乗っています。 キャブの オーバーホールも終わりやっとエンジンもかかるようになったのですが ガソリンコックをONにしたら 右のキャブ 下にあるドレンホースから 結構な勢いでガソリンが出てきてしまいます。。 一回ばらしたのですがとくに不具合はないみたいですが。。 部品をなくしたわけでもなく 正常にフロートなども指で動きます。(一見) ニードルバルブの Oリングも切れてないですし。しょうがないので一度戻してドライバーで コツコツとしたら一回はとまったのですが また今日 漏れてしまいました。。 この場合 フロートなど新品にすれば直りますでしょうか? 油面調整とかはちょっとわかりかねますので。。  分解した際に曲げてしまってるとかもないようです  よろしくお願いします。

  • 小型除雪機のキャブレータのオーバーフロー

    宜しくお願い致します。 先日、小型除雪機の燃料ホースを交換しました。(メーカー 共立) うっかりして、 燃料コックを通さずに 燃料タンクから直接キャブレーターにつないだため、 ガソリン燃料が0,3Lから0.5Lぐらい キャブレーターから漏れてしまいました。 表から雑巾と洗剤水で拭いて、 外で1週間くらい除雪機全体を乾かしてみました。 この場合、 エンジンを始動しても爆発、火災の危険はないでしょうか? ご回答どうぞ宜しくお願い致します

  • RG250Γ(GJ21B)のオーバーフローが直りません。

    RG250Γ(GJ21B)の最終型を所持しています。 最近右側のキャブがオーバーフローしてドレンパイプから ガソリンがもれてきたので、ニードルバルブアッシー・フロート・ガスケットを新品に交換して、油面もマニュアルの23.5mmにあわせましたが、直りませんでした。何か他に原因があるのでしょうか。 (ジェット類も交換する必要がある?) どなたかご存知の方、教えて頂けるよう、お願いいたします。