• 締切済み
  • 困ってます

著作権についてのレポート

著作権につていの質問と正解を書くので、正解の理由を教えてください。おねがいします! Q1.文化祭のしおりに市販の地図やイラストをコピーする。→(正解)× Q2.美術館にある銅像を撮影して年賀状の写真に使う。(撮影前に美術館の許可をもらった)→○ Q3.合唱コンクールのために楽譜を買ってコピーする。→× Q4.文化祭のポスターに人気テレビ番組のキャラクターを使う。→× Q5.学校祭の様子を撮影してWEBページで公開する。(公開の許可を得て撮影し、著作物の上演や演奏は含まない)→○ Q6.著作権を得るためには申請や登録手続きが必要である。→× Q7.外国の著作物は日本では自由に使うことができる。→× Q8.標語やキッチフレーズは著作権で保護されている。→× Q9.友達に借りたソフトウェアをコピーして使う。→× Q10.個人で楽しむために市販の音楽やビデオをコピーする。→○ また、なぜ著作権や知的所有権を尊重しなければならないのでしょうか???

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数846
  • ありがとう数20

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#159582

>Q8.標語やキッチフレーズは著作権で保護されている。→× ○ですよね。俳句や川柳などの短い文章でも著作権は発生します。ただし、分類として用いられる本のタイトル、題名、商品名などに標語のように用いられていた場合、著作権とはなりません。「写るんです」「あ、あれたべよう」は著作権では保護されていません。なんの根拠から×にしたのかな。 >Q2.美術館にある銅像を撮影して年賀状の写真に使う。(撮影前に美術館の許可をもらった)→○ ○とも×とも言えます。まず、○の場合で、公衆から見える場所に屋外展示してあれば、美術館の許可が無くとも年賀状にできますし、著作権の切れたけっこう古い銅像もあります。つぎに×の場合で、所有者から撮影の許可があっても、それは撮影前ということから撮影の許可にのみにしか過ぎないと解釈できるため、別に著作権者の許可が必要となります。わざわざ「撮影前に」と「美術館の許可」と書いてあるので、出題者は「×」を期待しているように思います。 他の質問は、一般的な状況を想定できるので、合っているように思います。 >なぜ著作権や知的所有権を尊重しなければならないのでしょうか 簡単に言うと、No.3さんの言うとおり。 特許 権利を与えないと、まねばかりする社会になり、発明を秘密にしてしまい、産業が発達しなくなる 意匠・商標 類似する商品が多数出回ると、商品の良悪の区別ができなくなり、よい製品であっても売れなくなり、産業が発達しない。意匠は他に購買意欲をわくデザインを競って作らなくなる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作権 

    著作権  文化祭で、10分か20分のホラー映画を上映したいと思うんですけど入場料200円でお金を取る場合 著作権の許可等は取れないでしょうか?? 非営利でも許可は降りますか??

  • 美術品のポストカード、著作権について

    美術品の著作権について疑問に思うことがあります。 一般に、著作物の複製や写真を権利者に無断で利用・販売することは 著作権法違反になりますが、次のようなケースはどのように解釈したら 良いでしょうか。 美術館などで収蔵品のポストカードが売られていますが、それは所有している ものについては複製(撮影)して販売する権利を持っているということでしょうか。 でも、市販のポスターを複製するのは違法ですよね、すると原本を持っている場合は 複製しても良いということでしょうか。 ならば、リトグラフィのように、原本が複数ある場合はどうなるのでしょう。 限定1000枚のリトグラフィ作品と、限定1000枚のポスターでは、著作権法的には 違うのでしょうか。 反対に美術館がポストカードを売るのも、所有しているだけではダメで、 きちんと著作権者に許可を得ているのだとしたら、今度は製作者の死後十分に 経過して著作権の切れている美術品は、撮影して販売しても問題ないと 言えるでしょうか。まれに写真撮影のできる美術館もありますが、 そういったところで自分で撮影したものを商業利用してよいのでしょうか。 (写真撮影は海外だとOKのところが多いですが、法律もちがうので とりあえず国内と仮定して) これらのことを知ったからといって何もするわけではないですが、 興味がありますので、ぜひ美術関係の著作権に詳しいかたのお話を お聞かせいただければと思います。よろしくお願いします。

  • ディズニーの著作権

    文化祭で、パイレーツオブカリビアンのDVDを流したいのですが、やっぱり著作権にかかわるので許可をとらないとダメですよね?どうやって許可をとるんですか?どこかに電話したりとか?

  • 回答No.3
  • a-sa
  • ベストアンサー率17% (29/169)

連投すいませんが、一応分けた方が分かりやすいかと思いまして。 知的所有権を尊重する理由についてですが、例えば著作権を保護する目的は文化や技術の促進だったと思います。たとえば一生懸命作った音楽等が他人にコピーされて勝手にばら撒かれたりしたら音楽を作ったりするやる気が無くなってしまうというのは想像に難くありません。特許権に関しても発明者の正当な利益を保護しなければだれも苦労して発明をしようなどとはしなくなるでしょう。つまり知的財産法は社会全体としての文化の発展にこそ重きが置かれているのです。 このような権利を権利者による利益の独占のためのものであるとするような理解には私は賛成できません。 よくマンガの中で皮肉られていますがディズニーなどの過剰な著作権保護はむしろ文化の発展を妨げる物であるように思います。 食うに困ってない程度に儲かっていれば多少のことは大目に見ようよ、とたまに思ってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • a-sa
  • ベストアンサー率17% (29/169)

著作権法の授業を受けたのは去年なのですがあんまし覚えてなくて全般的に不確かで申し訳ありませんが参考程度に。 著作権法第二十一条 著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。 第二条の一 著作物とは思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう この二つの法律からQ1、Q3は説明できると思います。Q9も同様にプログラムの著作物として保護されます。条文もあったと思います。 Q4ですが原作に基づいて作った作品のことを2次的著作物といって原作者による使用制限が課せられます。(第二十八条) Q2、Q5写真の公開や撮影したビデオの公開自体がそもそも違法ではないような気もしますが、まして許可をもらってるので当然適法であるように思いますがねぇ ただ劇やコンサートを撮影して公開するのはダメでしょうけど(すいません、条文が見つかりません) Q6著作権は特許権などと違い申請などを必要とせず権利が発生します。公表したときだったかな?すいません不確かです。 Q7ベルヌ条約とかいうので決まっています。すいませんこれもちょっと不確かです。 Q8あれ?著作権で保護されるんじゃないんですね。 てことは商標権かな?そういえば「阪神優勝」とか話題になりましたね。 Q10私的使用は適法です。(第三十条) 著作権関係は条文をあてはめるだけで結構説明できると思います。

参考URL:
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • appleup
  • ベストアンサー率50% (14/28)

 門外漢ですが著作権に興味があるもので答えてみます。  私は著作権や知的所有権というものは 創作したものが金銭的価値を持つこともあるため、 その価値を創作者が保護できるようにすることを定めたものと考えております。 Q1、Q3、Q9は既に誰かが作ったものを創作することなく(二次利用とかの問題もありますが)、そのままコピーして使用しているから著作権的に問題がある (Q9に関してはフリーソフトなど色々あり単純に×とは言い切れないと思いますが)。 Q2、Q5は写真、ビデオに撮るという創作行為を行っているので問題はない。Q2は銅像には著作権があると思いますが、どのアングルでどんな光の加減で等色々考えて写真に写すわけですし、Q5の文化祭も個々の出し物ではなく文化祭というイベントを自分で判断して撮影するから。 Q6はモノを創作した時点で勝手に権利が生まれると規定されていたはずです(何気ない落書きでも)。 Q7著作権は各々の国著作権にしたがっていたような気がします。最近の話題では世界的に有名なネズミに代表されるキャラクターの著作権が切れる(50年)から延長しよう(80年)と言う動きがあって、法律を変更してそうなったということがありました。 http://www.geocities.jp/shun_disney7/club1.html Q10は個人で楽しむために限り法律で許されているから。 音楽やビデオはCDというプラスチックの円盤やビデオというプラスチックのテープという物質を買うのではなく、その中に記録された情報を聴く、見る権利を購入しています。  したがって、CDが割れたとかテープが延びたとか物理的な事故に対し予防する必要があるわけで、物損事故にあったら製造業者に送って交換してもらうとかという方法もありますが、個人でも対処できるようにしたということだったはずです。  また、この法律が出来た当初は個人で複製することは難しい、情報の劣化が免れない(アナログ録音など)という現状があったのでそれほど深刻な問題ではなかったのです。  Q8はわかりません。  著作権、知的所有権は権利として大事だけど、実際いろいろなモノに影響されて、また新しいモノが生まれるんだから、法律として堅苦しく一律に対処するのではなく、もっとモノを創った人の意思を反映させてもいいのではとこんな考え方を提案している人たちもいます。 http://www.creativecommons.jp/  世界が緊密になって技術が発達したことにより色々なものが(お札でさえ)簡単にコピーできたりする世の中になって、著作権や知的所有権が益々重要になっていますね。これを期に色々調べると勉強になりますし、これまで何気なく触ってきたものに新たな発見を見出すことが出来ると思います。 がんばってください。 http://www.bunka.go.jp/index.html http://www.kidscric.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作権について

    大学の文化祭で上映会を計画しています。調べていると、レンタルDVDは上映できないということが書かれているのですが、著作権法第38条には 「公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金 (いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。 以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。」 とあります。これにはレンタルDVDは含まれていないのでしょうか。 また、youtubeにアップされているドキュメンタリー番組をプロジェクターを通じて上映することは著作権に反することでしょうか?

  • 著作権の目的について

    著作権第一条において 「この法律は、著作物ならびに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」 とありますが、『文化の発展』とは何かいまいちよく分かりません。これに関するHPがある場合教えてもらえますか? 何故、著作権が必要なのか?著作物が保護されていないと他人がすぐに自分の著作物をコピーする。そうすると著作物を創作して世に出しても権利によって保護されるはずの「差異」がすぐにコピーされ解消されるため経済的価値もあまり無く、またその後誰がこの著作物を書いたのかわからなくなってしまう。後者を具体的に述べると、コピーされるため情報の発信者が分からない。そして、合理的精神に基づけば世に出す理由が無くなり文化的つまり、科学的、経済的、文学的にも発展が見込めなくなるということである。 ↑と僕は考えたんですけど、どうでしょうか? 意見orHPのURLお願いします。

  • 文化祭での音楽使用についての著作権

    今度に文化祭でクラスで劇をやるのですが、その時に予告編の映像を作り それを「限定公開」でYouTubeにアップしようかと企画しています。文化祭が終わり次第すぐに消します。出演する本人たちの許可も取るつもりです。 ただし、できればTwitterや、フェイスブックで拡散したいです。それは可能でしょうか? それとその時に使用する音楽の著作権などはどうなりますか?

  • 著作物の著作権について

    ホームページなどを発注した会社と請け負ったSOHOについて、SOHO側に著作物の著作権が属すると思いますが、SOHOの著作物の扱いについてどのような権利があるのですか? また発注した会社にはどのような権利があるのですか? (契約書を交わさなかった事でお願いします、というのも、実際現場では付き合いが長いクライアントとは契約書を交わさないで仕事をする場合は多いのではと思いますので) そもそも著作権を買い取る事は法的に可能なのでしょうか? 具体例でお話ししますと、 ・SOHOのWEBサイトに著作物の一部(スクリーンショットも含む)を掲載している。 ・発注者側が著作者の許可なしにホームページに変更を加えている。 ・発注者またはSOHOが著作物の一部を流用して新しい著作物を製作している。 (スタイルシート、レイアウト、テキストなど) ・完成した著作物(ホームページ)のコピーライトは誰なのか。 他に著作物の扱いについてトラブルにならないよう、気をつければならない事がありましたら教えて下さい。

  • 著作権

    作者の死後50年以上(国によって違いますが)たった著作物は、著作権がまったく保護されていないのですか? 例えばですが、ベートヴェンの曲のmp3等を、ホームページで公開した場合、公衆送信権にひっかかるのでしょうか?

  • 著作権について

    著作権があっても作品を自由に使える場合について調べているのですが、あるサイトで次の4つ記述されていたのですがこの他にも自由に使える場合はあるのでしょうか? 1.私的だけに使用する場合。2.先生が学校の授業で使用するために他人の作品をコピーしてみんなに配るような場合。3.学校の学芸会や文化祭で、演劇を上映する場合。(入場料をとったり出演者に出演料を払う場合には許可をとらなければならない)。4.目の不自由な人のために、小説などを点字に訳す場合。

  • クラシック音楽の著作権について

    著作権は作者の死後50年経てば消滅すること、 著作物には著作隣接権なるものがあるということは知っています。 そこで質問なのですが、 例えば、自分が演奏、又はMIDI音源として音源を作り、 それを自分の制作した映像作品のBGMとして使い、 公的な場(ショートフィルムコンテストなど)に公開する場合に、 何かしらの権利に触れることはあるでしょうか? また、公開する場合、許可などが必要ですか? ご存知の方よろしくお願い致します。

  • 著作権について

    学校の文化祭で、モザイク画や壁紙に、著作権を侵すようなもの(有料で販売されている写真などです。)を加工するのはダメですか?全くもって営利目的ではありません。 営利目的でなくてもダメで すか? あまり著作権について詳しくないので、回答よろしくお願いします。

  • 著作権につきまして。

    著作権につきまして。 個人的にYouTubeが好きで、毎晩のように閲覧して楽しんでおります。 面白そうな動画を探していますと、この方の動画が目につき、気になっていました。 ネットを見ますと、他人が著作権を有する曲をピアノで披露してYouTube収入や演奏料を得ているようです。 https://www.youtube.com/c/ハラミちゃん-haramipiano そこで疑問なのですが、実際に著作権者の許可を得ての動画投稿なのでしょうか? 素人考えてですが、許可も得ずに自分の収入のために他人の著作物を利用することは違法ではないのでしょうか? もし無断での行為なら、いささか納得が行かないと思っております。 詳しい方がおらるましたらご指導くださいませ。

  • 著作権

    著作権とは著作物の引用(書籍であれば文章を真似る) (絵画であれば同様の絵を描く) 等の事が著作権に引っかかるというように理解をしているのですが、例えば絵画のデッサンみたいな物があってコピーをして使用してくださいとの記述がある場合これを真似て絵を完成させてとしたら著作権の侵害になるのでしょうか? 気にいったデザインが見つかったものですからこれを元に少しアレンジして絵にしてみようと思っています。詳しい方アドバイスをお願いいたします。又この作品を売却した場合はどうなるでしょうか?