• 締切済み
  • 困ってます

掛け捨ての生命保険のデメリットは??

家計の見直しをする中で、生命保険についても○○生命の終身保険から、生協などの掛け捨て保険に切り替えようかと検討しています。 まず妻の方からです。 現在、死亡保障500万円の終身保険に入っています。しかし、貯蓄型である必要はないと思うようになり、その分、医療保障を充実させたいと考えています。 次に夫の保険です。 現在、働き盛りの時期には死亡保障が上乗せされる特約付きで、死亡保障3500万程度のものに入っています。しかし、数年後に更新すると、同条件にもかかわらず、保険料が3倍以上にもなるようで、とても続けていくことはできません。そのため、同程度の死亡保障、医療保障についてはもう少し充実を考えて、掛け捨てに切り替えようかと考えています。また、死亡保障をもう少し減らし、遺族年金のようなかたちの保障でもよいかなあとも思います。 上記のように、大きくは現在の保障内容を変えずに、医療保障を少し上乗せして、掛け捨て保険への切り替えを考えているわけですが、掛け捨て保険だと心配な点(デメリット)ってあるでしょうか? 掛け捨て保険は、1年ごと更新するようですが、万が一病気入院で保険を使った次の年の更新には、条件が付いたり受け付けてもらえなくなったりするのでしょうか? たとえば夫の場合、1000万円程度の終身保険には引き続き入っておき、上乗せしたい分だけ掛け捨てでまかなうというような形の方が安心ですか? ちなみに、現在のそれぞれの生命保険の他に、アメリカンファミリーのガン保険、3人の子どもは、郵便局の学資保険(病気・けが等の時には、少し保障があります)に入っています。万が一夫が死亡の場合には、保険料の支払いの必要はなくなります。 いざというときに役に立たないのは困るのですが、何事もないときから保険料が家計を圧迫するのも困ります。 どなたか、アドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数706
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.6
  • kotobo
  • ベストアンサー率50% (3/6)

まず、奥様の終身保険ですが、将来的に必要になる時期はありませんか?終身保険は貯蓄だけが目的ではありません。例えば、老後で死亡される時のことを想像してください。想像って言っても難しいかもしれませんが、老後において死亡された時に遺族に対して一時金が必要であるかどうかです。もし、500万円も必要なければ、減額する方法や、払い済みにする方法もありますよ。払い済みとは、以後の掛け金の払い込みを停止し、保険は残しておく方法です。この保険に加入していた期間が長ければその方法もお得だと思います。 次にご主人の保険ですが、現在は終身保険が1000万で、その上に定期保険特約がついているのですよね。まず、ご主人様が死亡された場合に必要な保障額について考えてください。一般的には必要な保障額は年々下がります。なので、保険の保障額もそれに応じて下げる方法が一番合理的です。そこで、更新型の保険ですが、一年ごとに保障額を見直しする方法はございます。しかし、掛け金はその時点の年齢と予定利率で計算されるので、クリップさんがおっしゃる通り同じ保障額を補うのであれば上がっていきます。でも、更新型の保険ではなく、現在の年齢で保険料を算出し、保障額が徐々に下がるかけすての定期保険もありますので、その方がよろしいのではないでしょうか。1年間や10年間限定に保険が必要であれば、更新型の定期保険が適していると思いますが、そうでなければ、今から掛け金が変わらない方法がお得だと思います。 ご質問の件ですが、更新型の保険は、更新時の健康状態は問いませんので、ご心配になられていることはありません。 終身保険で奥様が500万とご主人が1000万お持ちだなんてうらやましいですね。若いうちにお入りであれば予定利率も良かったと思いますので、解約はもったいないと思います。終身保険は貯蓄性がありますので、生存時のリスクも補うことができます。 私、ご家計のことは分かりませんが、クリップさんが最後におっしゃてる通り、引き続き1000万の終身保険に加入され、足りない分を定期保険(逓減型)で補う方法がいいと思います。なぜなら、保険会社に払い込む掛け金総額を比較してください。終身保険1000万をお持ちになっているほうは、将来必ず1000万円が戻ってくるんですよ。定期保険は掛捨てです。戻ってくるお金はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生命保険について

    24の男なんですが、現在入社して間もないころに入った生命保険(ニッ○イ)を持っています。 その保険は死亡保障に医療保障がついた終身保険です。 そして、最近違う会社(住○生命)から、終身保険を勧められています。 現在、独身で配偶者はいないので終身保険は無駄ではないかと思うようになって、医療保険だけでもいいのではと思っています。 そこで、みなさんにお聞きしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

  • 生命保険について

    生命保険について 現在加入している保険について検討しています。 N生命保険 利益配当付き終身保険ナイスデイレインボープラン 契約日 H6年3/30      H16年に減額しました。 現在保険料 ¥87164 年払い 2月末支払い 55歳払い込み満了 満了後年払い保険料 ¥22905の25年分相当額 終身保険金額 ¥700000 入院 5日目から¥5000 契約貸付可能額 ¥971800 積み立て配当金  ¥6870     です。 こちらの保険の死亡保障が不要と思った事と 入院5日目から¥5000が心細いと思い あるセミナーで知り合ったFPさんに相談したところ、 下記の保険を勧められ加入してしまいました。 A生命保険 ケアードF(終身型)無配当医療保険 入院1日目 日額¥10000 60日 先進医療・女性医療保障特約 付き 保険料年払い ¥120750 A生命保険の方が医療保障としては手厚く 死亡保障不要と考えていますので これはこれでよいと思いますが、 死亡保障もついていないのに 払い込み料が今まで加入していたものより高い事。 を考えると失敗した感が強いです。 年齢的に考えるとこれぐらいの金額になってしまうものかと 思うのですが、他社様の保険とも比較しなかった事と 今まで入っていた保険を今後どのようにするか考えもせず 安易に加入してしまった事大変後悔しています。 そこでN生命保険を今後どうするかなんですが、 N生命保険の医療保障のみ はずせるのか? 死亡保障の減額に制限はあるのか? 医療保障をはずし、 死亡保障を減額した場合の払い込み料金はどれぐらいになるのか? 現在の適用年率5.75%ですので積み立てしているつもりでそのままにしておいた方がよいのか 解約してしまった方がよいのか? 私の考え以外に何か案があれば教えて下さい よろしくお願い致します。

  • 子供ができたので、生命保険を見直したいのですが。

    夫が独身時代にいとこから薦められ、協栄生命の保険に入っていましたが破綻してしまった事と、去年子供ができたので、これをきっかけに生命保険を見直そうと思いました。(結婚時に見直しはしていません) 現在 夫29才  協栄生命 定期保険特約付終身保険・家族保障特約        死亡保険金(終身150万円)(定期350万円)           月払保険料 11320円(10年ごとに3000円位づつ上がっていく)        *27才時に契約  現在は銀行の口座引き落とし停止の申請を         したので、実際には1月までしか払っていない。 妻30才  県民共済 入院2型        月払保険料 2000円 子供(男)7ヶ月 (二人目予定は4,5年先) 今後の考え ・付き合いで協栄に入ったので、やめたい。  ・毎月の家計が赤字なので、保険料を最小限におさえたい。   (夫の保険料を5000円~7000円程度にしたい) ・子供の学資保険(ソニー生命17歳満期プラン月払7040円)に  入ろうと思っている。 ・夫が万が一死亡した場合の保障は、1000万円~2000万円程でいいと思っている。 最小の保険料である程度の保障を得るには、終身保険ではなく、定期保険かなと思うのです。生命保険会社、共済など3社程に絞って検討したいと思います。 でもいざ入るとなると、どの生命保険会社に入っていいのかわからないのですが、ズバリどこがいいと思いますか?

  • 回答No.5

#2です。 死亡保険金3500万円の10年あるいは15年の定期付終身保険で定期保険更新時に、その他の特約てんこ盛なモノでも、学資保険のかかる子供がいる年齢のかたで保険料が3倍以上になるなんて初めて聞きました。(2倍以上なら分かりますが、、) ご確認を、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

御質問に答えさせていただきますね。 逓減定期保険とは、満期のある掛け捨ての定期保険なのですが、満期まで掛け金が一定で、逆に保障の方が段々と減って行く保険です。減り方は商品によっていろいろです。 その保険金を一括で受け取らずに、毎月や毎年(商品によって異なります)、生活費と言う形で受け取るものを家族収入型などといいます。一括で受け取らないので、一括で受け取る場合にくらべて掛け金が3割ほどお安いのが魅力ですが、死亡時と毎月の受け取り時に二重に税金がかかります。(死亡時は保険金の控除の枠があるのでかからない場合も多いと思います。受け取り時は雑所得として所得税がかかります。) 家族収入型でも商品によっては死亡時に希望すれば全額を一括受取もできます。その場合、受け取り金額は3割くらい減ることになります。 もし30歳の人が60才満期で年240万円の家族収入型に加入した場合、30歳時点での死亡保障は年240万円×残り30年=7200万円となります。保障は毎年240万円ずつ減って行って60才でゼロとなります。 平準定期保険とは、同じく満期のある掛け捨ての保険です。保障は一定で、満期までは掛け金は一定です。よく3千万円の保証とか言うのはこれです。 大きな保障に入ろうとすると満期まで長いとどうしても掛け金が高くなるので、5年や10年更新型とか言う商品が多いです。10年更新型の場合、保険が10年で一旦満期になり、そこからもし同じ保障で組むとするとその年齢での契約となるので掛け金はガクンと上がってしまいます。 我家は平準定期は200万円しか組んでいないので、34歳契約で65歳満期でも月の掛け金は800円弱ですが、これがもし7千万円となると、もし65歳満期で組むと2万8千円にもなってしまいます。 変額終身とは、終身保険の種類の一つで、中途解約した場合は、字の通り運用によってもらえる額が変わってしまう保険です。何で運用するかは数種類の中から契約時に選べます。運用が悪ければ元本われしますので、老後の資金に当てるのは不向きだと思います。ですが、300万円のものに入った場合、死ねば必ず300万円は運用に関わらずもらえて、しかも掛け金が一般の終身保険と比べ安いので葬式代として入っている方が多いと思います。 遺族年金の試算ですが、「遺族年金 試算」と検索するときっといろいろ出てくるかと思いますが、一つHPを下に乗せますね。

参考URL:
http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/nenkisum/ns01top.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ponta33
  • ベストアンサー率28% (15/52)

こんにちは、FPです。 保険の内容でお悩みなのは良くわかります。 更新時保険料が3倍近くなると言うのは、かなり乱暴な設計で保険が組み立てられていますね! 内容から推察すると、終身保険にプラス特約定期保険に加入されているのでしょうか? 保険の主契約が終身保険の1000万円だとすると、更新時に保険料が3倍になると言うのは考えにくい設定です。 更新時3倍になるとするとかなり多く特約に加入されているのでしょう! 更新型の保険は、1年毎の更新と考えられているようですが、いろいろあります。1年毎の更新とは、明治生命のLA保険などで検討されているのでしょうか? いまの保険であれば、5年・10年など必要な掛け捨て保険があります。 お子様3人いると言う事なので、やはりいまは、貯蓄部分より保証ということであれば、収入保証・逓減定期保険のようなタイプが良いのでしょうね! 将来の年金受け取りにしたいのであれば、現在の終身保険1000万円の部分はそのままのこし、貯蓄+保険と間がるのがよいでしょうね! 保険のないように良い・悪いはないので加入する価値が値段と比較してあるかないかだと思います。 保険内容を勧めるには、ご家族の情報が少なくアドバイスできません。 信頼できる友人などでFPがいればそれとなく相談して見るのも良いと思います。保険に詳しくないFPも多いので相談は人を選んでください。客観的に判断できる方がおすすめです。 では、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

で、あなたは、妻? 夫?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私は妻の方ですが、夫婦それぞれの保険内容について簡単にふれているわけで、質問者が妻か夫かは特に関係ないのでは??

  • 回答No.1

我家も最近保険の見直しをしたので、何かの参考になればと思い書きこみました。(掛け捨て保険のデメリットへの御返答でなくてごめんなさい。) うちも主人が10更新型の保険に入っていたのですが、同じく更新ごとに掛け金が倍近く上がっていくので、見直しました。その特約でつけていた主人の医療保証も同様に見直しました。 我家も主人がアメリカンファミリーでガン保険に入っていたのですが、終身医療保険はその特約で日額1万円で120日型に入りました。60日型では一家の働き手なので不安があったのでエバーではなく特約MAXにしました。ガン保険の特約ですのでガンでは下りませんが、ガンはガン保険のほうで十分だと考えて(3口入っているので)、その分保険料を節約したかったので。他社で120日型の日額1万円(1泊2日から保障の)に入るのより安くすみました。(34歳で月4050円。) ただガン保険の特約で医療保険をつけるとガン保険を解約した場合、医療保険もいっしょに消滅してしまうことになりますが、うちの場合は絶対主人のガン保険をやめることはないと思い、掛け金の節約を優先させました。 「遺族年金のようなかたちの保障」と書いておられますが、うちも同じ考えで、掛け捨てで(保険は掛け捨てが好みです)、65歳満期の逓減定期保険の家族収入型にアフラックで入りました。 うちは葬式代程度の貯金はあるので、一時金は200万円(同じく65歳満期の掛け捨て)と少なめですが、毎月の保障はしっかりと月20万円としたので、月の掛け金は非喫煙型でも9千円弱行ってしまいましたが(34歳時点での保障は7640万円)、月10万円の保証でよければ同じ条件でしたら掛け金は半分近くに下がるはずです。 必要な生活費の保証って毎年下がっていくものなので、掛け金がかわらないで保障の方が下がっていく方が私は良いなと思い、このタイプを選びましたよ。ソニー生命の方が掛け金はやや安かったですが、平準定期保険(一時金の部分)が最低500万円からでした。(アフラックは200万円から。) 家族収入の金額を決めるにあたっては、貯金も合わせた今の年間の総支出を12で割って、夫の死後妻が払う国民年金と国民健康保険分を足して、そこから、今の収入から算出した遺族年金(ネットで調べられます)と、夫の保険の掛け金を引いて、妻の受け取れるであろう収入(予測で)を引いてだいたいの金額を出しました。 終身保険はまだ入っていないのですが、もし入るなら本当に葬式代300万円程度を変額終身の、しかも一括払いを考えています。途中解約さえ絶対しなければとても率が良いので。ちなみに34歳で300万円の変額終身を全納すると65万円だそうです。(ソニー生命。) 御参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

経験談のご回答、ありがとうございます。 いろいろ研究されたんですね。 私も是非参考にさせていただこうと思うのですが、なにぶん素人なので、もしよろしければ上記にでてきた言葉等(保険について)、簡単に説明していただけるとありがたいです。 (1)逓減定期保険の家族収入型とはどんなものでしょう?(2)平準定期保険とは? (3)変額終身とは? (4)遺族年金(ネットで調べられます)とありますが、どのサイトでしょうか? お時間がありましたら、よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 生命保険について

    34歳の主婦です。「夫(35歳)の生命保険・医療保険」・「私の医療保険」の加入を検討中です。保険に対する知識が少ないため、恥ずかしながら、初歩的な質問をさせて頂ます。 先日、保険の代理店に行き、保険の設計をして頂きました。 勧められたのが、下記のような(1)~(3)の保険なのですが、保険に対する知識が少ないため、本当に加入して良いのか悩んでいます。 (1)万が一の保障(収入保障) あいおい生命:収入保障保険 (2)貯蓄(年金用)+ 万が一の保障 あいおい生命:低解約利率変動型終身保険 1000万円 (3)病気・ケガ(医療保険) PCA生命:メディスマート 具体的な質問です。 (1)の収入保証保険についてですが、掛け捨てのなるので、加入をためらっております。 代理店の方の相談致しましたら、掛け捨てが嫌いな人は、(2)の終身保険だけ加入するというケースもあるとのことです。 スタンダードでシンプルな生命保険の加入を考えております。 お詳しい方、アドバイスお願い致します。 また、あいおい生命以外に、お勧めの生命保険がございましたら、教えて頂きたいです。 (3)の医療保険についてですが、PCA生命という名前を聞いたことがありません。知名度が低い分、保険料が安いようですが・・・。他にお勧めの保険がございましたら、教えて頂きたいです。 初めての保険加入のため、どのようなタイプの保険が良いのかさっぱり分かりません。専門家の方、お詳しい方、ご回答宜しくお願い致します。

  • 生命保険について

    44歳の主婦ですが、今入っている生命保険は住友の終身保険で、31歳の時に加入し死亡時、終身で1000万病気入院時5日目から7000円(60歳までで60歳になった時に一括でいくらか払うと80歳まで延長出来る)60歳になった時に一括で受け取るか、年金として受け取るか、介護保険として受け取るか、選べると言うものです。 年間15万程払っていて更新はありません。今迷っているのは、終身の医療保険に入ったほうがいいかという事です。最長80歳までしか医療保障が受けられないので、それ以降が不安なのです。ただ保険の営業に聞いた所、80歳になれば老人医療になり一割負担だから、たとえ1000万掛かっても申告すれば戻るから、実際は100万払えばいいんだから80歳以降のことは、そんなに心配する必要は無いと思う。それよりも、入院時7000円では不足だから10000円に増やして医療保障を充実させた方がいいよと、年間18万で新しい保険を提示されました。本当にそうなのか? 年間の払い込みは今までどうり15万に抑えてこの保険の内容を、どう替えたらいいか? 私なりに考えてみたのは以下の3つで、 払い込み済みにして死亡保障のみにして他の終身保険に入るか? 又は、このままの保険で死亡保障を少なくして医療保障を充実させるか? 又は、このまま何も替えずに他の掛け捨ての安い保険に入るか? この3つ以外に、もっと、いい方法があったら是非教えて頂きたいと思います。 保険の知識のある方宜しくお願いします。  marutizu

  • 初めての生命保険

    子供生まれて、主人を生命保険に入れなければ!と色々探しているのですが、どれも似ていてしかもややこしく良く分からずに困っています。 本などを読んで、1度は掛け捨てで死亡のときだけ保障があれば、交通事故のときは車の保険が出るし、まだ若いので医療保険は入るなら共済の安いものにしようかと考えていたところ、知人に「みんな、終身保険には必ず1本は入ってるよ」といわれやはり終身保険に入っておくべきかなとも思います。 みなさんどうされてますか?参考までにおしえてください!! ちなみに主人は27歳、会社員で 家は賃貸です。 子供(7ヶ月)が1人、死亡時には3000万位の保障がほしいと考えています。 よろしくお願いします。

  • 生命保険

    男、25歳、独身なのですが、生命保険について悩んでいます。現在、明○安○生命の終身(60歳満了、ほぼ掛け捨て、保険料月12,200円、死亡保障3000万円、入院保証日額1万円)のものに入っています。死亡保障がメインなものです。 そちらを解約して、マニュラ○フ生命の終身保険にしようと思っています。保険料月15,048円で、死亡保障1000万円、入院保障はガンの場合3万円まで出るそうです。しかも更新による保険料上昇が一生ないとのことです。前者はそれがあるため、やめようと思ったのです。前者は今後そうとう保険料が高くなると言われました。 マニュラ○フのほうはあわせて、ファンドもあるとのことで、月額3万円ほどそれで貯蓄しようと考えています。 マニュラ○フ生命という名はあまり聞かないのですが、友人が営業マンのため話を聞き、格付けも良く、よさそうなのでそれで検討しています。この会社は良い会社なのでしょうか? 死亡保障は独身なのですが絶対1000万円は確保したいです。医療保障はよくわかりませんが、ガンの場合は3万円ちかくかかるとのことで、後者の保険が良いかなと思っています。 一生ものなので悩んでいます。 保険に詳しい方、見解を宜しくお願い致します。 ほかに何か良い方法があったら併せてお願い致します。お願いします。

  • 生命保険について教えてください

    現在、ソニー生命の生命保険に加入しようか悩んでいます。 今は、全労災の掛け捨ての保険に入っています。 子供が産まれたので、ソニー生命の学資保険に入ったのをきっかけに、自分たち夫婦の生命保険もソニー生命のライフプランナーに見直してもらいました。 夫:32歳 会社員   年収400万 私:29歳 看護師(現在は育児のためパート)   年収200万(パート)       430万(常勤) 以下は現在、見積もりを出してもらっている保険です。 死亡保障:積立利率変動型終身保険(死亡保障) 1000万                   <月払い>夫・15000円                          私・10000円 入院保障:総合医療120日型(終身)  日額10000円                   <月払い>夫・10000円                                                私・ 6500円  がん保険:生前給付保険終身型         200万                                   (これはがんになった場合、又は死亡した場合にでます)                   <月払い>夫・4500円                                                 私・3700円      *すべて60歳払込みです。          となっています。 これすべてに加入すると、月に6万~7万も支払わなければならず、家計を圧迫してしまうと思います。 また、死亡保障は子供の教育費がいらなくなれば、1000万もいらないと思いますし、万が一、若くして死んでしまった場合はこれでは足りないと思いますが、これ以上月の支払いが高額になった場合は、支払えないと思います。 他に良いと思える保険会社も見つからず、途方に暮れています。 何か良いアドバイスがあれば教えてください!! よろしくお願いします。           

  • 生命保険の保障毎の保険料について

    生命保険の保障毎の保険料について 平成2年の定期付終身保険(パスポート21)の契約の際、”保険料を終身保険、定期保険と医療特約に分けて教えてほしい。”と要望したところ、”パック商品なので分けられない。”との回答でした。 平成14年の転換契約の際は、設計書に保障毎の保険料が記載されていました。 いつ頃から、生命保険会社(第一生命)は保障毎の保険料を開示するようになったのでしょうか?

  • 高齢、自営、母子家庭の終身生命保険について

    現在、母の生命保険の切替について悩んでいます。 現在母は、自営で母子家庭です。年齢は59歳です。 老後の入院医療費などに不安があり、生命保険の切替を検討しています。(死亡給付金は特に希望していません) 現在加入しているのは、一般の生命保険で、75歳に満期になるものです。(その後、保険料を上乗せして、更新する事ができますが、80歳で満期になる。) 同じ生保会社から、高齢でも加入できる終身保険ができたとのことで、切り替えて加入するべきかどうか迷っています。 ただ、今終身保険に切り替えることにより、毎月の保険料の負担額が5000円程上がってしまうので、その辺りも迷っています・・・。 現在金銭的に余裕があれば、入っておくに越した事はないと思うのですが、そういう余裕もない状況なので・・。 こういう状況の中では、やはり、保険料を上乗せしても、終身保険い加入したほうがよろしいのでしょうか? 分かる方教えて下さい。

  • 生命保険・医療保険は何歳まで加入しておくのがいい?

    初歩的な質問です。 (1)生命保険(死亡保険)・医療保険は何歳くらいまで加入しておくのがいいのでしょうか? (2)生命保険と医療保険が一緒になっているプランと、別々に加入するプランとではどちらがいいのでしょうか? (3)保険料が10年置きに更新される定期保険と、保険料はそのままの定期保険、または終身保険(掛け捨てでないもの)は、どれがいいのしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しに悩んでいます?

    生命保険の見直しを検討していますがアドバイスをいただけないでしょうか。 夫44歳(会社経営)、妻43歳(専業主婦)、長男14歳、長女7歳です。 現在の加入状況は、 <夫>(1)死亡保障 5000万(5年更新型)    (2)死亡保障 5000万(5年更新型)昨年追加しました    (3)医療保険 エヴァーに加入    (4)がん保険 家族型のA社に加入 <妻>(1)死亡保障+医療特約つき 5000万(5年更新型) 現在の合計保険料は52617円です。更新毎に保険料があがり、家計費を圧迫してきているので現在検討しています。長女が独り立ちするまであと15年間は死亡保障を充実させたほうが良いと営業マンに言われて1億に増やしたのですが、色々な方のお話を聞いても1億は多いかなと思っています。更新型の死亡保障を一つ解約してオリックスのダイレクト定期保険の500万か1000万に加入しようかと思っています。それと、妻の5000万も見直した方が良いでしょうか。どうか、よいアドバイスをお願いします。

  • 夫の生命保険の更新について。

    夫の生命保険が平成23年に更新となります。現在加入している保険は平成3年に加入した定期付終身保険で、平成23年までは定期保険部分の3500万円の保障と日額5000円の医療保障があるのですがそれ以降は終身保険部分の500万円だけになります。 現在年払いにして16万4000円ほど払っているのが、そのまま定期部分を継続させようとすると更新後は25万5000円ほどになります。終身保険分の支払いは平成33年までで、定期部分を継続させないなら平成23年から10年間は年額4万5000円程度ですみます。 更新時、夫は43歳・子供は12歳と9歳になり、まだまだ保障がないと困るとは思うのですが、保険料金が急に上がるため何とかできないかと、昨年から夫の会社の共済に加入しました。月額4000円で2000万円の生命共済に加入しています。 そこでご相談です。当方としては夫の生命保険の定期部分は更新せずに終身保険部分のみの保険料を平成33年まで支払い続け、足りなくなる定期保障・医療保障は会社加入の共済にしたいと思っています。月額の掛け金は今よりずっと少なくすむと思います。また共済の生命共済の掛け金は今の倍額にすることも可能です。 この判断は正しいでしょうか?ご教示お願いいたします。