• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生命保険について教えてください

現在、ソニー生命の生命保険に加入しようか悩んでいます。 今は、全労災の掛け捨ての保険に入っています。 子供が産まれたので、ソニー生命の学資保険に入ったのをきっかけに、自分たち夫婦の生命保険もソニー生命のライフプランナーに見直してもらいました。 夫:32歳 会社員   年収400万 私:29歳 看護師(現在は育児のためパート)   年収200万(パート)       430万(常勤) 以下は現在、見積もりを出してもらっている保険です。 死亡保障:積立利率変動型終身保険(死亡保障) 1000万                   <月払い>夫・15000円                          私・10000円 入院保障:総合医療120日型(終身)  日額10000円                   <月払い>夫・10000円                                                私・ 6500円  がん保険:生前給付保険終身型         200万                                   (これはがんになった場合、又は死亡した場合にでます)                   <月払い>夫・4500円                                                 私・3700円      *すべて60歳払込みです。          となっています。 これすべてに加入すると、月に6万~7万も支払わなければならず、家計を圧迫してしまうと思います。 また、死亡保障は子供の教育費がいらなくなれば、1000万もいらないと思いますし、万が一、若くして死んでしまった場合はこれでは足りないと思いますが、これ以上月の支払いが高額になった場合は、支払えないと思います。 他に良いと思える保険会社も見つからず、途方に暮れています。 何か良いアドバイスがあれば教えてください!! よろしくお願いします。           

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数145
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hio1611
  • ベストアンサー率45% (24/53)

30代、男性、妻子有りです。 (私も生保は専門ではありませんが、FPのはしくれです。) 我が家の感じとしての意見です。 質問者さまの要求から的外れであれば、ご容赦ください。 「積立利率変動型終身保険(死亡保障)/1000万」 これは月々の支払いのうち半分以上は積み立てのはずですよね? お二人の老後資金の積み立てにも頑張るのであれば止めはしませんが、ちょっと多いと思います。 旦那さん:700万円、奥さん:300万円ではいかがでしょうか? 恐らく60歳払い込み完了時には、二人合わせて700万円+300万円=1000万円超えでしょう。 「二人合わせて1000万円超え」がセカンドライフ資金です。 65歳の年金支給までのつなぎになるでしょう。 このタイプで奥さんの1000万円は特に保障が多すぎる気がします。 共働きで奥さんも同等に収入がある家庭としてアドバイスされているのだと思います。 しかしどちらかの万が一の時の遺族年金を考慮すると父子家庭よりも母子家庭の方が保障が多いものです。 奥さんの万が一を重要視するならば、奥さんが上記300万円に加えて、逓減型の定期保険を500万円程度追加してもよろしいのではありませんか? 旦那さんの1000万円も理想的ですが支払っていく(積み立てていく)保険料と世帯収入(現状600万円)を考慮すると、夫婦でバランスよく減額してもいいのではないでしょうか? ++++++++++++++++++ 総合医療120日型(終身)日額10000円 がん保険:生前給付保険終身型200万 我が家は夫:8000円/日、妻:5000円/日で加入しています。 個人的には今は夫婦ともに5000円/日でも良かったかもしれないと感じています。 「入院すると直ぐに収入が0になる」タイプのご職業の方は10000円/日でもいいでしょう。 しかし会社員、看護師のお二人であれば5000円/日でもよろしいかと思います。 ガンは入院型の保険もありますので一度調べるといいと思います。 要は「質問者さまの如く一括200万円の保証」か、「入院日数/通院日数に応じた保障」かです。 どちらが正解とかはありません。 私ども夫婦は共に直系親族をガンで亡くしていることもあり、入院型に加入しました。 ++++++++++++++++++ お子さんはお子さんで学資保険に加入しているようですので、この程度でいかがかと思います。 ++++++++++++++++ 最後に「他に良いと思える保険会社も見つからず」??? 個人的にはソニー生命だけがそんなに良いとは思えません。 もう3社ほど相談だけでもされることをお勧めします。 これから検討して契約するまでに半年以上掛けてもいいかと思います。 片方がもう片方にお任せなんて無いように、じっくりと夫婦で納得いくまで話しあって欲しいと思います。 ご参考にでもなれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、本当にありがとうございました!! FPさんだということで、専門的な知識の下お答えいただき、とても心強いです! 私が質問したかったことにほとんど答えていただき、とても参考になりました。 本当にありがとうございます。 月の支払いが、かなり高くなったのでどうしようかと悩みに悩み、色んな保険会社の見積もりを出してもらったり、パンフレットを取り寄せたりしましたが、なかなかピンとくるものがなく、途方に暮れていました。 私も、入院保障は5000円くらいで充分かと思っていますので、そのようにしたいと思います。 なんだか、希望が見えてきたような気がします。 ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 生命保険について

    生命保険について 現在加入している保険について検討しています。 N生命保険 利益配当付き終身保険ナイスデイレインボープラン 契約日 H6年3/30      H16年に減額しました。 現在保険料 ¥87164 年払い 2月末支払い 55歳払い込み満了 満了後年払い保険料 ¥22905の25年分相当額 終身保険金額 ¥700000 入院 5日目から¥5000 契約貸付可能額 ¥971800 積み立て配当金  ¥6870     です。 こちらの保険の死亡保障が不要と思った事と 入院5日目から¥5000が心細いと思い あるセミナーで知り合ったFPさんに相談したところ、 下記の保険を勧められ加入してしまいました。 A生命保険 ケアードF(終身型)無配当医療保険 入院1日目 日額¥10000 60日 先進医療・女性医療保障特約 付き 保険料年払い ¥120750 A生命保険の方が医療保障としては手厚く 死亡保障不要と考えていますので これはこれでよいと思いますが、 死亡保障もついていないのに 払い込み料が今まで加入していたものより高い事。 を考えると失敗した感が強いです。 年齢的に考えるとこれぐらいの金額になってしまうものかと 思うのですが、他社様の保険とも比較しなかった事と 今まで入っていた保険を今後どのようにするか考えもせず 安易に加入してしまった事大変後悔しています。 そこでN生命保険を今後どうするかなんですが、 N生命保険の医療保障のみ はずせるのか? 死亡保障の減額に制限はあるのか? 医療保障をはずし、 死亡保障を減額した場合の払い込み料金はどれぐらいになるのか? 現在の適用年率5.75%ですので積み立てしているつもりでそのままにしておいた方がよいのか 解約してしまった方がよいのか? 私の考え以外に何か案があれば教えて下さい よろしくお願い致します。

  • 生命保険を考え直しています。

    バツイチ子持ちなので、将来の子供のことを考えて現在生命保険に加入していますが、 10年毎の更新。 60になる頃、7万も保険に毎月払うようになっているので、 今のうちに替えたいと思います。 しかし、今加入しているような保険が今はないんですが・・ 教えて下さい。 掛け捨てでも構いませんが、  生命保険・死亡保険(終身保険)が付いた保険って今はないのでしょうか? 現在38歳です。 出来れば月払いを15000程希望です。 死亡した時は3000万程を希望しています。 バツイチなので・・子供のことを考えてです。 現在大同生命でこの形ですが。。。もうじき更新で、また4000円ほどあがります。 安定した保険会社で、希望している条件の商品がある保険会社教えて下さい。

  • 生命保険について

    44歳の主婦ですが、今入っている生命保険は住友の終身保険で、31歳の時に加入し死亡時、終身で1000万病気入院時5日目から7000円(60歳までで60歳になった時に一括でいくらか払うと80歳まで延長出来る)60歳になった時に一括で受け取るか、年金として受け取るか、介護保険として受け取るか、選べると言うものです。 年間15万程払っていて更新はありません。今迷っているのは、終身の医療保険に入ったほうがいいかという事です。最長80歳までしか医療保障が受けられないので、それ以降が不安なのです。ただ保険の営業に聞いた所、80歳になれば老人医療になり一割負担だから、たとえ1000万掛かっても申告すれば戻るから、実際は100万払えばいいんだから80歳以降のことは、そんなに心配する必要は無いと思う。それよりも、入院時7000円では不足だから10000円に増やして医療保障を充実させた方がいいよと、年間18万で新しい保険を提示されました。本当にそうなのか? 年間の払い込みは今までどうり15万に抑えてこの保険の内容を、どう替えたらいいか? 私なりに考えてみたのは以下の3つで、 払い込み済みにして死亡保障のみにして他の終身保険に入るか? 又は、このままの保険で死亡保障を少なくして医療保障を充実させるか? 又は、このまま何も替えずに他の掛け捨ての安い保険に入るか? この3つ以外に、もっと、いい方法があったら是非教えて頂きたいと思います。 保険の知識のある方宜しくお願いします。  marutizu

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ucosmos
  • ベストアンサー率63% (107/168)

madelucaさん 「死亡保障は子供の教育費がいらなくなれば、1000万もいらないと思います」 この感覚は正しいと思います。 また、「万が一、若くして死んでしまった場合はこれでは足りない」と考えられているようですが、では実際に、 ご主人に万一のことがあったときに、どんなことに、どのくらいの期間困るか、そしてその困る金額はいくらか、ということを今よりもう少し明確にしてみることが必要です。 ソニー生命保険営業員が示した見積もりで、保険料を高額にしている主要因は「終身保険」です。 この終身保険は、一生涯の死亡保障がある保険です。いつお亡くなりになっても、死亡保険金がもらえるという保険です。本当にこの保険が1000万円必要ですか? ご主人に万一のことがあったときに、どんなことに、どのくらいの期間困るか、そしてその困る金額はいくらか、について、以下の仮定で考え方例をお示ししてみます。 ■家族構成>年齢;会社員夫32才、専業主婦妻;29才、子;0歳 ■収入>ご主人月給25万円→手取り収入と仮定します。     奥様月収15万円→手取り収入と仮定します。     貯蓄200万円、貸入なし、 ■住居>賃貸マンション 8万円 ■住居費を除いた生活費 25万円と仮定。 ◆ご主人の死亡保障保険 1.どんなことに困るか・・・  (1)生活費に困る  (2)住居費に困る  (3)子の教育費に困る 2.どれくらいの期間困るか・・・  ご主人が働く期間は60歳までとすれば、ご主人が亡くなることにより、  収入が途絶えて困る期間は28年間(2037年まで)。  (1)28年間の生活費が困る。  (2)28年間の住居費が困る。(定年退職時には、退職金で住居を購入す   ると仮定)   但し、ご主人に万一のことがあった後、奥様がご自分の実家に戻るの   であれば、住居費に困ることはないので、このための保障は不要。  (3)お子さんが成人するまでの教育費が困る 3.困る金額はいくらか・・・  (1)生活費  会社員であるご主人が亡くなられた場合、厚生年金から「遺族年金」  が支給されます。  「遺族年金」では、お子さんが18歳になるまでの間 特に手厚く保障さ  れます。月13万円の遺族年金がもらえるものと仮定します。 (お子さんが18歳になって以降も、もちろん奥様が老齢年金をもらえるよ  うになるまで保障は続きます。)  また、ご主人が亡くなった後の生活費は現生活費の7割程度と言われています。 (ご主人のこづかい等は不要となりますので)  そうしますと、困る月額生活費は、  25万円×0.7-奥様収入15万円-遺族年金13万円=△(マイナス)10万円  生活費は、計算上では、ご主人がお亡くなりになっても不足する  (困る)ことはなさそうです。逆に毎月10万円の余裕金がありそうです。  (2)住居費   上記(1)の計算では、「△(マイナス)10万円」ですので、住居費も  賄えそうです。生命保険で補てんしてもらう必要はなさそうです。  さらに未だ2万円の余裕金がありそうです。  (3)教育費   お子さんが大学に入学するとしますと、およそ1000万円の教育費が必   要となるようです。   http://money.goo.ne.jp/lifeplan/event/education.html   しかし、現在200万円の貯蓄があるとしました。ご主人に万一のことが   あった時には、この貯蓄額を教育費に充てるものとします。   さらに、毎月2万円の余裕金がありますから、お子様が成人するまでの   20年間で480万円貯蓄できそうです。   そうしますと、教育費としての不足額は   1000万円-200万円-480万円=320万円となります。   しかし、必要とする教育費はお子さんが大きくなるにしたがって少な   くなります。(掛かる教育費は、ザックリ、中学校まで300万円、   高校300万円、大学400万円)   現時点では320万円保障が必要かもしれませんが、中学校を卒業   する頃にはほぼ不要となりそうです。必要な保障額は年々少なくなっていきます)   4.ご主人に万一のことがあったときに、どんなことに、どのくらいの期間困るか、そしてその困る金額はいくらか、が凡そわかりました。 その困る金額を、全て生命保険を使って補てんするものと仮定してみます。 教育費についても、各種の奨学金制度がありますが、仮定として、これら制度は一切使わず、生命保険でこの不足額を充当するとします。  (1)生活費の保障・・・不要   しかし、私がお示しした前提条件に相違があり、月5万円不足(困る)   しそうだと仮定してみます。   毎月5万円を28年間(2037年まで)保障する保険に加入すれば大丈夫そうです。   SBIアクサ生命の「カチッと収入保障」で試算します。   月5万円保障、60歳まで保障、60歳まで払込。傷害特約なし。   月額支払保険料 1,480円  (2)住居費の保障・・・不要   しかし、私がお示しした前提条件に相違があり、月6万円不足(困る)   しそうだと仮定してみます。   毎月6万円を28年間(2037年まで)保障する保険に加入すれば大丈夫そうです。   SBIアクサ生命の「カチッと収入保障」で試算します。   月6万円保障、60歳まで保障、60歳まで払込。傷害特約なし。   月額支払保険料 1,776円      (3)教育費の保障・・・月額保険料 約1,000円   契約当初の保障額320万円で、20年間程度(2037年頃まで)保障する   保険に加入すれば大丈夫そうです。   年々保障額が減っていく「逓減定期保険」という保険があります。   (保険金は一括で受け取ります。)   当初保障額320万円、毎年5%づつ逓減。20年間保障。20年間支払。   ソニー生命の逓減定期保険ですと、   月額支払保険料 およそ1,000円   (逓減定期保険については、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5204087.htmlで、私ucosmosの回答がご参考になるようでしたらご活用ください。) 5.以上、ご主人の死亡保障保険での合計保険料は、月額およそ1,000円ほどで済みそうです。  生活費及び住居費の不足する(困る)金額が、11万円(5万円+6万円)とした場合でも、月額4000円ほどの保険料で済みそうです。 (必要もない「終身保険」を勧められても、必要性がないのであれば、余分な保険料を払うことになる保険には、加入なさいませんよう。) ◆ご主人の医療保険  医療保険として、どれくらいの保障額が必要かについて、考えてみます。  NIKKEI NET「医療保険設計のポイント」を参照してみてください。  http://health.nikkei.co.jp/ins/point/step02/01.html  公的保障として、「高額療養費制度」もあることを考慮してください。  http://health.nikkei.co.jp/ins/point/step01/14.html  保障額は「入院1日5千円、終身保障、終身払い」でご検討してみたら如何でしょうか。 (奥様の医療保険も同様にお考えになってみては) 保険料が最安クラスの医療保険である、ピーシーエー生命・「メディスマート」 で試算してみますと、  32歳、男性、入院1日5千円、1回の入院120日まで保障、終身保障、終身払い」ですと、 月額保険料が1695円。 この程度であれば、60歳の定年後であっても無理のない支払額だとは思いませんか? 医療保険等での保障の考え方について、「教えてgoo生命保険」http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5430092.html 、回答No.5がご参考になりますと幸いです。 ◆ご主人の死亡保障・医療保障合計  月額保険料は、2,600円程度で済みそうです。 (高く見積もっても5千円程度)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にお答えいただき、大変うれしく思います。 本当にありがとうございました。 様々な保険がある中、相談する前はソニーの担当者が言っていることで 間違えはないと思っていましたが、uoosmosさんの回答を見ると、こんなに支払い額に差があるなんて、正直愕然としております。 また私の方でも調べて、検討したいと思います。 ありがとうございました!!

  • 回答No.3

保険とは、万一のときの金銭的な損失を保障する契約です。 となれば、万一のとき、いくらの損失があるのかをはっきりさせることです。 そのためには、何もなかったとき、どうなるのかを知っておく必要があります。 保障とは、万一があっても、何もなかったときと同じ生活ができるように することですから。 そのためには、キャッシュフロー表が有効です。 http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2 http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm つまり、未来の家計簿、家族の予算表です。 色々なシミュレーションに使うので、 EXCELなどの表計算ソフトを利用すると良いでしょう。 学費については、下記を参考にしてください。 http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/006/07120312/003.htm http://www.shiruporuto.jp/finance/tokei/stat/pdf/data04.pdf http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/index.html#education 表ができたら、まず、マイナスがでる年があるかどうか、点検します。 マイナスがでるならば、支出を抑える、収入を増やすなどの対策が必要です。 キャッシュフロー表が出来上がったら、万一のときのシミュレーションをします。 夫様の収入を遺族年金に、死亡退職金と葬儀代を組み込み、 住宅ローンがあればゼロに、生活費から夫様の分を引く…… という操作をすれば、夫様に万一があったときのシミュレーションとなります。 このとき、マイナスがでるようならば、そのマイナスを補う方法の一つが 生命保険です。 奥様も同様にします。 奥様の場合、実質上、夫様が受け取ることができる遺族年金はありません。 その他、夫様と同様にキャッシュフロー表に組み込みます。 マイナスがでれば、それを補う方法の一つが、生命保険です。 さて、このようにキャッシュフロー表を作成して、シミュレーションすれば 分かることですが…… ご夫婦で同じような金額の収入がある場合、 夫様が亡くなれれば、奥様は遺族年金(年150万円ほど)が受け取れる。 奥様が亡くなっても、夫様は遺族年金を受け取れない。 なので、奥様が亡くなるほうが、リスクが大きいのです。 つまり、リスク管理的には、奥様により多くの保障が必要なのです。 さて、衣食住が生活の基本ですが、中でも「住居」は重要です。 3000万円の住宅ローンがあっても、死亡すれば、 保険でローンはゼロになります。 でも、賃貸のままだと、賃貸料を払い続けなければなりません。 つまり、住居の保障は、死亡保障の要でもあります。 現在、賃貸ならば、万一の時には、生命保険で住宅を一括払いで購入できる ように保障しておくのも一つの方法です。 また、将来、住宅購入をするのなら、頭金を貯めるのは重要です。 住宅ローンの金利より高い予定利率の死亡保険はないと思ってください。 ならば、高い死亡保険にお金を掛けるより、住宅ローンの頭金を貯める方が 先です。 ただし、例外があります。 生命保険には、10年などで保険料を一気に払ってしまう短期払いがあります。 この場合は、10年後には戻り率が100%以上になるものもあります。 これならば、死亡保障と頭金を貯めるということが両立します。 また、学資保険の代わりにも使えます。 このようなことも、キャッシュフロー表でシミュレーションできます。 だからこそ、まずは、キャッシュフロー表を作成して、多様なシミュレーションを することが重要なのです。 能力のある保険担当者ならば、そのようなシミュレーションができます。 ●医療保障 医療保障とは、医療費をどのように支払うか、という問題です。 健康保険は3割負担ですが、高額療養費制度があるので、ある月(1日~末日)の 医療費の上限が決まっています。 一般の方ならば…… 80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1% つまり、ある月に200万円の医療費がかかっても、自己負担は97,430円です。 となれば、医療費をどのように払うか、ということが重要だと分ります。 (1) 主として預貯金から支払う。医療保険は気休め。 (2) 主として医療保険でカバーしたい。 どちらの考え方が正しいという問題ではなく、どちらの考え方をするかで、 選ぶべき保険が異なるのです。 (1)ならば、預貯金を増やすことが重要で、医療保険は気休めで良いでしょう。 (2)ならば、給付金が支払われないということがないように、できるだけ適用範囲を 広くするのが原則です。 例えば、長期入院となればリスクも高くなるので、一回の入院限度日数は120日以上、 できれば180日以上が欲しいです。 通院、先進医療など適用範囲が広い方が良い。 また、奥様は、看護師なので、医療の現場をご存知だと思います。 万一、入院したとき、個室にするか、普通の4人部屋、6人部屋にするのか、 これは大きな問題です。 ということを考えて、保険を選ぶべきです。 がん保険も同様です。 現在のがん治療は、入院して、手術という時代ではありません。 手術・放射線・化学療法を組み合わせるのが普通になっています。 放射線は外来が原則です。 化学療法も、抗がん剤の発達で副作用が減り、外来で点滴という方法も 増えています。 しかも、副作用が減ったことにより、長期投与も可能になり、治療期間が 長くなっています。 だからこそ、がんが治る人も増えています。 奥様は看護師なので、ご存知だと思いますが、 乳がんの治療が、がん治療の典型として有名です。 超早期発見できれば、日帰り手術まで行われています。 一方、「超」といかないと、色々な治療を組み合わせます。 術前の抗がん剤療法、手術、術後の放射線療法、そして、抗がん剤治療、 さらにはホルモン治療…… ハーセプチン受容、ホルモン受容体ならば、ハーセプチンだけで1年、 ホルモン治療で4年です。 通常の医療保険では、とても対応できません。 だからこそ、がん保険なのです。 もっとも、それも、預貯金などでカバーするならば、不要ですが…… などなど、まずは、何が必要なのか、ということが重要なのです。 そして、何が必要のなのか、というのは、人によって異なるのです。 まずは、そこから考えませんか? ニーズが決まれば、どのような保険を選ぼうが、間違いはありません。 だからこそ、そこから説明できる保険担当者を探してください。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • wakko777
  • ベストアンサー率22% (1067/4682)

なんか見積もりがめちゃくちゃ高いですね。 私は3000万の死亡保障に、入院日額1万、がん保険もつけて 毎月2万いかないですけど。 他の生命保険会社で見積もり取ってみたらどうですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます!! それくらいがベストな金額ですよね? ちなみにどこの保険会社さんですか? 良かったら、教えてください。

関連するQ&A

  • 生命保険、よくわからないんですが・・・

    生命保険、今入ってるのが朝日生命です。 家族で入ってるので詳しいことはよく分かりませんが、入院したら1日5千円しかもらえないとの事。 よくCMで入院したら1日1万円はかかると言っているので ”たりないじゃん” と思い、考え直してみようと思いました。 月に11000円くらい生命保険に支払っています。 友人に色々聞いた所、三井生命に入ってる人、ソニー生命に入ってる人、それぞれで・・ 今、日本で一番加入が多いのはどこなんでしょうか? また、有名どころは?? 友人に、それぞれの保険に入院保険がいいとか、死亡保障が高いとか、「売り」があると聞いたんですが、どこの保険会社が何を売りにしてるのか知りたいです。 生命保険に関して詳しい方いましたら、教えてください!!お願いします!!

  • 生命保険加入について

    今まで生命保険なんて全く考えていませんでした。今、結構保険料も高くてなかなか加入もできずにいました。今年、子供も小学校へ入学していろいろ考えてみました。旦那がもし、自分に万が一があって大変なのはお前なんだから…と言ったので今検討中です。知り合いの日本生命の方からいろいろお話をききました。結構金額がはりますねぇ。子供がまだ小さいので、旦那の死亡保障を3,200万で入院が5,000円、ガン保障も付けて、3大病、妻(死亡300万)・子型(100万)入院は夫の3割。とな感じで見積もって頂いたら月なんと、19,000円でした。はあぁ~って感じです。高っかいなぁと感じました。でも、子供が小さいうちに夫に万が一あったらなぁ~ともおもうし…。結構保障がみい~んな入ってるしいいかなぁと思っています。終身は今考えていません。子供が大きくなったとき子供の部分を取って、保障も下げて、そこで終身を付け加えようと考えているんですが…どうでしょうか。でも、積み立て式の方がいいでしょうか。

  • 生命保険について

    現在、夫と私はいわゆる日本の大手生命保険(掛け捨て)に入っています。 よく見直してみると、死亡保障などは手厚くなっており、医療保険は60歳で終了です。 また、更新ごとに保険料が高くなっていくものでした。 あまりにも知識がなかったもので、すべてセールスレディに任せていたのが現状です。 そこで、実際どこのどんな生命保険に加入するのがいいのかアドバイスを頂きたいのです。 自分たちの人生設計としては、下記の内容を満たせる生命保険に加入できればと考えています。 もちろん、外資系の保険会社なども含めて検討しています。 *夫 28歳サラリーマン 年収300万程度 *私 33歳専業主婦(失業給付取得中) *子供なし(数年内に生む予定あり) *夫生命保険支払月額料15,000円前後 *私生命保険支払月額料11,000円前後 条件 1、年を追うごとに生命保険が上がらないもの。 2、60歳以降も医療保障が100%継続されるもの(保険料は上がらない) 3、老後の為に積立を行いたい為、満期にある程度の利率が期待できるもの。 *死亡保障額や特約の内容は一般的なもので構いません。 自分でも色々調べましたが、頭が混乱してしまい、皆さんのアドバイスを頂ければと思います。 他にも生命保険に関しての質問が多数ありましたが、参考にさせて頂きながら、改めて自分でも投稿させていただきました。 よろしくお願い致します。

  • ソニー生命から生命保険の見直しを・・・。

    現在、夫(来月で34才)に、ソニー生命の変額保険終身型という保険を掛けています(夫が31才の時から)。月払い11330円で死亡保障1000万円です(保険期間は終身で払込期間は60歳です。保険料は一生あがりません)。プラス総合医療保険を月払い3910円で入院5日目より10000円、短期入院なら初日~4日目まで1日10000円出る保障に入っています。昨年12月に初めての子供(長女)が産まれました。よって、同じくソニーの学資保険に入りました。そのときに、ソニーの担当者から、家族が増えたのであれば、夫に掛けている保障の内容の幅を増やした方がよいと言われたのですが、実際どうなのかわかりません。 薦められているのは、家族収入保険(保険期間は60歳、払込期間も60歳、月払い7700円で毎月20万円給付される)か、平準定期保険(保険期間60歳、払込期間も60歳、月払い8520円で2000万円の給付)というものです。 詳しい説明はまだ聞いていないのですが、今まで、支払ってきた保険にさらにプラスしろということなのでしょうか?死亡保障金が1000万円というのは少ないのでしょうか。詳しい方アドバイス宜しくお願いします。ちなみに私は来月で29歳になり、専業主婦です。子供が大きくなって働いたとしてもパート程度だと思われます。

  • 生命保険について

    24の男なんですが、現在入社して間もないころに入った生命保険(ニッ○イ)を持っています。 その保険は死亡保障に医療保障がついた終身保険です。 そして、最近違う会社(住○生命)から、終身保険を勧められています。 現在、独身で配偶者はいないので終身保険は無駄ではないかと思うようになって、医療保険だけでもいいのではと思っています。 そこで、みなさんにお聞きしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

  • 生命保険の見直しを考えています。

    夫と二人暮らし、30代の主婦です。 現在生命保険の見直しを考えており、アドバイスをお願い致します。 いずれ子供ができるかも知れませんが、まだ分かりません。 下記に不足があれば、補足させて頂きますので よろしくお願い致します。 プランナーの方に診断して頂いて決めましたが、 家計にゆとりがほしいと考えています。 東京海上日動あんしん生命の保険は 「貯金のつもりで」と言われて入りました。 ■ソニー生命■<夫> ・65歳までの死亡保障 ・65歳まで払込 ・給付金(年金月額)15万円 ・払込 月払い 5,760円 ■ING■ ・変額保険終身型 ・60歳まで払込 ・解約返戻金あり <夫> ・払込 月払い 4,545円 <妻> ・払込 月払い 3,666円 ■Aflac■ ・EVER HALF(医療保険) ・終身 ・支払限度 60日 <夫> ・払込 月払い 3,820円 ・入院1日目から10,000円 <妻> ・払込 月払い 2,540円 ・入院1日目から5,000円 ・女性疾病特約 ■東京海上日動あんしん生命■ <夫> ・長割終身 ・払込 月払い 9,111円

  • 生命保険と終身医療保険の組み合わせについて。

    生命保険と終身医療保険の組み合わせについて。 こんにちは。今保険のかけかえについて検討しているのでご意見お聞かせください。 私25歳、現在妊娠9ヶ月、夫26歳、非喫煙 もうすぐ子供が生まれるので保険をきちんとしようと思い、調べています。 先日ソニー生命のFPさんに来ていただきライフプランニングをしてもらった上で、 生命保険と医療保険の提案をしていただきました。すべてソニーです。 夫 生命保険:家族収入保険(定額型) 年金月額16万円 保険期間60歳まで       :リビングベネフィット(生前給付特約付・終身)死亡・三大成人病・高度障害200万円   医療保険:総合医療保険120日型(終身) 入院日額7000円 死亡保障70万円 私 医療保険:総合医療保険120日型(終身) 入院日額7000円 死亡保障70万円  生命保険は定期型と終身と組み合わせる形なのですが、リビングベネフィットは「葬儀代として」という形での提案だったので必要ないか、とも思っています。 これは60歳を過ぎれば解約しても原本割れはしない保険で貯蓄としての役割もあると言われたのですが、老後資金としては少しずつですが財形と個人年金を別に職場で貯めていますし、まずは子供の学費とマイホームの頭金のための貯蓄に力を入れたほうがいいのでは、と思い・・・。 また、この四つを合わせると月額が17500円ほどになり 現在入っている保険(掛け捨ての生命・医療など)に払っている金額より少々負担増なのです。 リビング~を取ると13000円ほどで負担減、しかも保険料は生涯変わらず、終身200万の部分以外は保障内容が厚くなるので悪くないなと思っています。 定期型生命保険で60歳までの死亡保障がある場合、 終身で200万の保障を別につけるというのは必要でしょうか? もしくは生命保険は終身で入るほうがいいのでしょうか。 また、同じような保障内容でより安い保険会社やプランがあれば教えていただきたいです。 めぼしをつけて比較しようにも保険は会社も多く種類も多くどれも複雑で、どうにもよくわからないのです。 ほけんの窓口などにも行ってみようとは思っているのですが・・・。 よろしくお願いします。

  • がん保険と生命保険

    がん保険などの加入を考えています。 現在は医療保険・生命保険ともに何も入っていません。 夫(34歳)私・妻(30歳)子供はいません。 マンションを2年前に購入済み。 貯蓄はありません。 夫→会社員(年収500万) 妻→専業主婦 私の母が、現在癌で闘病中の為、がん保険には必ず加入したいと思っています。 生活費に余裕がないのでできれば15000円以内で夫婦二人の加入を考えています。 ※アフラックのがん保険フォルテ(終身) 日額10000円のプラン。 ※SBIアクサ生命の死亡保障(10年定期) 2社に加入を考えています。 悩んでいる点は、 ・がん保険フォルテに医療特約をつけるかどうか。 ・がん保険に医療特約をつけず、SBIアクサ生命の医療保険に  加入するかどうか。 ・医療保険を終身にするか定期にするか・・・ ・死亡保障は2000万円くらいを考えていますが妥当かどうか。 月々の保険料が多くならない様になど考えていたら 色々と混乱してきてしまいました。 それぞれの家庭やライフスタイルなどによって変わってきてしまうとは思いますが、アドバイスいただけると嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 生命保険について

    生命保険に入ろうか迷っています。 ソニー生命で月々13068円で保障内容は 総合医療保険5000円(終身) 入院初期給付特約5000円 (終身) 成人医療特約5000円(80歳まで) 家族収入保険月額12万(65歳まで) 死亡・高度障害・三大疾病200万(終身) 死亡保険金50万です。 このご時世なので保険を少しでも安くしたいので 家族収入保険を付けないでおこうかと思いますがどうでしょうか? 家族収入保険を付けないで死亡時の保険金を300万に引き上げるのではどちらがいいでしょうか? 家族は私29歳と妻(専業主婦)と夏頃に子供が生まれる予定です ソニーのFPはやたらと家族収入保険を勧めてきます

  • 生命保険について。

    生命保険についてアドバイス頂きたいです。 今月末あたりに入籍予定なのですが、婚約者(男性・30歳)が生命保険に加入していないことがわかりました。 現在は三井住友きらめき生命の医療保険のみに加入。 掛金はずっと一定で上がることはない保険らしく、毎月の支払いは8000円程とのことです。 三井住友きらめき生命には生命保険と一緒になったプランのものはなく、死亡保障のついた保険に新たに加入するしかないと言われたそうです。 勧められた保険は終身保険で、こちらも掛金はずっと変わらず、毎月の支払掛金は15000円程とのこと。 私(女性・28歳)は住友生命に加入しており、私の担当の方に相談したところ、死亡保障は3000万程で、医療保障も一時金10万、入院日額1万などの保障で、毎月の掛金は14000円程。 10年毎の更新で、掛金もその都度見直しということになります。 お恥ずかしながらまったく保険についての知識がなく…どちらの保険に加入したら良いのか悩んでいます。 掛金だけで見たら三井住友きらめき生命は23000円程になるので、住友生命が助かるのですが…三井住友きらめき生命の、見直しが出来ず保障を足していくしかない保険というものを初めて知ったもので…良い保険なのか気になります。 長文、乱文申し訳ありません。 アドバイス頂けたら幸いです。 よろしくお願い致します。