• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

医療保険の見直しで・・・

相談させてください。 現在、33歳です。 20歳から加入している終身保険は 終身保険 1000万の部分は、50歳までの払込。 医療保険 5日目から5000円は、40歳時まででその後10年毎の更新です。 家系的に近々、糖尿病になると思われるので 今後の医療保険について不安があり今のうちに見直したいのですが 今後、加入できる可能性が少ないので 終身医療保険への変更を考えています。 今の保険会社に言うと、現在の保険を切り替えて 終身保険650万(50歳迄払込) 医療保険1日目から5000円(30年払込)7万/年払にして 今より保険料が2.3万/年UPになるようです。 主人は、1000万の終身を今切ってしまうのはもったいいなので新しく医療保険に加入したら??と、言います。 どちらがよいのでしょうか?  新しく入るお勧めの医療保険がありましたら是非教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数337
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

#1です 補足いただいた上でアドバイスさせていただきます 保険料的に見てまず間違いないとは思いますが (念のため確認しておきますが) 終身保険650万円は切替(転換)でなく 減額ということで間違いはないですよね まちがっても転換はされないことです 本題ですが 私だったらということで記させていただきます (1)終身保険は1000万円のまま残す 高予定利率商品ですので、そのまま残すのがベターかと思います。もちろん保険料負担増のこともありますが、 終身保険は貯蓄性を持っていますので、そのあたりを念頭において考えてみてください。ボーナス時に銀行等で毎年貯蓄している金額を減額して、終身保険部分をそのままという方法もあります。高予定利率の終身保険の実感がわかないでしょうから以下の方法で金銭比較してみてください まずは、1000万円のまま減額しないで、定期医療部分のみ解約した場合の終身保険1000万円に対する保険料をだしてもらってみてください。その金額から650万円に減額した場合、終身保険部分保険料51000円を差し引きます。その差額に対して残りの支払期間17年をかけてあげた金額を算出します 続いて、1000万円のままでおいておいた場合と650万円に減額した場合の、それぞれの50歳時の解約返戻金を算出してもらい、前者から後者の差額をだします こうすることで減額しない場合の負担が減らない金額を17年積み立てるということで解約返戻金の減額しない場合とした場合の差額が貯蓄できるという見方が出来ます なんどもいいますが高予定利率商品であるため、昨今の低金利時代に銀行等に積み立てていくよりは非常に有利な数字が出てくると思われます。 (2)終身医療保険に関して もちろん1万円で120日ではいれば安心は安心でしょうが当然保険料負担の問題も絡みますよね さきのよめないことに対しては、リスク分散が基本です 60日型5000円1本、120日型5000円1本といった形で加入される形態も良いかと思います そうすることで60日目までは1万円61日目以降120日までは5000円でるといった形態になりますので さらに日数無制限の三大疾病保険、ガン保険なども検討されたらと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなり大変申し訳ありません。 いろいろ考えましたが、今のままの現状維持でしばらくいこうと思います。 1000万やはりもったいないですよね。 いい時の商品ですから・・・ 医療保険もいづれ考えないとはいけないのですが・・・ ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

質問文と#1補足を読みまして。貴方と同い年なので応援の気持ちを込めて述べます。ちょっと冗長ですが後半で回答します。 保険選びの前に知っておいて下さい。貴方の年齢で最も確率が高くリスキーなのは「長生き」です。その中で「元気で長生き」「病気がちで長生き」と分かれますがどっちもマジヤバです。収入が危なくなってきているからです。 貴方が社会人になった頃、私達の老齢年金(基礎+厚生)は60歳開始でした。その後、基礎年金が65歳に引き上げられ、今や厚生年金も65歳になりました。それだけでなく戦後ずっと聖域だった「老後の年金額を減らす」という暴挙に至ったのが先の公的年金改革です。契約した年金支払日や金額を消費者の同意も無しに反故にしちゃったら民間なら事件ですよ。でも国は強制的にこれやっちゃうんです。 貴方のご主人は何歳か分かりませんが定年は何歳?もし60歳定年なら65歳まで無収入ですよ。嘱託やアルバイトで従前の生活を維持できますか? えっ?退職金? 住宅ローンどうなってます?返済期間65歳を定年時の退職金で残債一括返済なんて事になってたら退職金では老後の生活は守れません。つまり老後の収入は国も守ってくれない、会社(退職金)も守ってくれないワケです。そもそも昭和48年生まれのピークに向かって今後退職者が増加しますから、企業だって今までどおりの退職金を支給するのが苦しくなってきています。そのため成果主義とか401Kとか使って退職金抑制に努めているんです。退職金に過度の期待は禁物です。 貴方は入院リスクをお考えの様子ですが、医療費には高額療養費制度というセーフティネットがあるのはご存知ですか。でも老後の収入にはセーフティネットはありません。 イソップ童話のアリとキリギリス知ってますよね。最後にキリギリスは助けられる話ですが、以前人から聞いたところでは原書ではキリギリスは凍え死ぬそうです。今、私達はアリになるのかキリギリスのままで生きるかを迫られているわけです。今貴方に必要なのは老後に備えた貯蓄と運用です。 ある程度の貯蓄運用があれば医療保険はその分少なくしても良いワケです。逆に多くの医療保険は掛け捨てですから多額の医療保険にガッチリ入ったは良いが、入院しなかったら全然お金は貯まっていません。「あら?私の努力はどうなったの?」というワケ。 ちなみに医療保険の中には「解約返戻金あり」というのもありますが私は疑問を感じます。なぜなら一般的に高齢になるほど医療保障が必要ですよね?「解約返戻金を手に入れる時」って医療保障を解約しちゃうって意味です。解約できない医療保障なのに「解約返戻金もありますよ!」というのは詭弁だと思いますがいかが? さて本題。 20歳から50歳払終身ですって?!貴方の保険は資金効率的に言えば絶対残し!の保険です。(今はね) 恐らく契約年は平成3年と思いますが、この時期の平均予定利率は4.75%です。他方、現在貴方が「切り替え」を薦められている保険は予定利率1.5%のはずです。(平均予定利率から) 逆ザヤに苦しむ生保会社にしてみれば貴方を高金利の貯蓄商品から低金利商品に乗り換えさせて「逆ザヤ解消!」と行きたい意図がプンプン匂います! 保険証券から「主契約保険料」を見つけて計算して御覧なさい。貴方の終身保険は50歳までの総払込保険料が約600万円で50歳以降、解約返戻金が600万円を突き抜けてドンドン増加するはずです。払った分以上に増える貯蓄ってワケです。もちろん今お亡くなりになれば(貴方にではありませんが)愛する人に1000万円渡せるわけです。いわば保険付きの高利回り貯蓄ですな。「解約返戻金額表」も保険証券に記載されているはずですから確認できますよ。 元気で老後を迎えて老齢年金だけでは苦しくなったときに葬式費用200万円だけ残して800万円を解約という使い方が出来る保険ですよ。これって立派な貯蓄・運用商品です。絶対解約は不利です。出来れば存続、ダメでも払済といって4.75%のメリットを残したまま以後の保険料払込みをストップして「塩漬け」する方法をお勧めします。セールスマンが言う「切り替え」とか「転換」は貴方のためというより保険会社の逆ザヤ解消のためです。 他方、貴方の心配である糖尿病対策として終身医療保険が必要というなら単品で入れば?外資系・損保系を中心に「単品売り」の終身医療保険はいくらでも有ります。 お気をつけ頂きたいのは一入院で保障される日数制限です。最近流行している商品では「60日」と限定することで保険料を抑えているものもあります。例えば1回目の入院40日、二回目が50日という場合、インターバルが180日を経過していない場合は同じ入院と見なして90日と判断されます。もし60日型の医療保険だと30日分が貰えないということです。(但し医学的に関係の無い傷病での複数入院なら個別計算です) 最近、数社から「糖尿病を含めた生活習慣病」による入院の場合は「日数制限無し」とか「180日まで延長」という終身医療保険が発売されています。この意味で医療保険(単品)選びは良く情報収集してください。 そのうえで終身保険の「医療特約」を特約解約する。こんな方法でどうでっしゃろ? くどいようだけど病・死よりも確率が高く、ダメージも計り知れないのは「長生き」ですよ。ですから病・死については低コスト高パフォーマンスで揃え、できるだけ将来への貯蓄運用を心がけてください。 「茹で蛙」理論って知ってます?蛙はいきなりお湯に入れると必死に逃げようとしますが、水から徐々に沸かすと気づかないまま煮え死ぬということです。貴方達にとって老後の年金などは実感が無い話で何か対策を考える気は起きないかもしれません。だから老後への資金準備、貯蓄に無頓着な若い人が多いようです。でもこれこそ茹で蛙の入り口だと思いません? スイマセン、長文で。ぜひ頑張って下さい。 あと公的年金(老齢・遺族・障害)の試算や家計診断が出来る有益なサイトがありますのでご参考までに↓

参考URL:
http://www.saveinfo.or.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなり大変申し訳ありません。 いろいろ考えましたが、今のままの現状維持でしばらくいこうと思います。 医療保険もいづれ考えないとはいけないのですが・・・ ありがとうございました。

  • 回答No.1

ご質問の被保険者はご主人様でしょうか?奥様でしょうか? 終身医療保険の提案が現加入保険会社から出ていて 年2.3万円アップとなっていますが 終身医療の提案の払込は何歳払済でしょうか?もしくは終身払いでしょうか? 終身部分を650万円に減額し、定期医療を解約することでの負担減保険料はどれぐらいになるのでしょうか? 13年前の終身保険であれば高予定利率は間違いないでしょうから一般的にいえばげんがくはもったいないとはいえますが・・・詳細がわかりませんので・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。 説明不足で申し訳ありません。。。 被保険者は、私(女)です。34歳時変更の設定です。 現在の払込額 計 94000円(40~50歳 4000円UP) 変更後払込額 計 120000円  終身650万円部分 51000円         (↑この部分は50歳迄で払込終了)  終身医療保険部分 生前給付特約500万あり 69000円         (生前給付なしなら   64300円)                (↑この部分は、30年払込で63歳迄で終了)       以後掛金 特約あり44~53歳 86000円            特約解約54~63歳 47000円   知識不足で、言葉が足りないかもしれませんが またその際には補足要求してください。 よろしくお願い致します。 ちなみに、日額5000円の終身医療保険は少ないはないでしょうか? 10000円にしたいのですが、そうすると医療保険部分が倍額になるので大幅UPになり痛いところなのです。 それでも、10000円で考えたほうがよいでしょうか? 他社で1入院60日までなら、安価な終身医療保険もありますがやっぱり120日くらいあったほうがよいですか??  いろいろすみません。 よろしくお願い致します。 

関連するQ&A

  • 医療保険について

    現在、医療保険の加入を検討しています。 夫婦(44歳・36歳)で加入でき、貯蓄性もある程度あるお勧めの医療保険(死亡保障は不必要、入院1日5000円程度で終身保険)があれば教えてください。

  • 死亡保障と医療保険の見直し

    保険の見直しを検討中です。 はじめは、掛け捨てはもったいないなあとかなるべく貯蓄性のある保険をと思って検討してきましたが、保険は保険、貯蓄は貯蓄で考えようとして以下のようになりました。 夫:24歳  月収20万程 妻:28歳  現在育休中 月収20万程 子:0歳 家:賃貸 貯金:300万程 子どもは三年以内にもう一人ほしいです <現在加入している保険> 夫: ・低解約返戻金型終身保険     1000万 65歳払い込み  16000円/月 ・終身保険     500万   65歳払込  7600円/月 ・終身医療保険 入院日額5000円 180日 65歳払込 3000円/月   すべて22歳時に加入 妻、子は保険加入なし ※終身保険は払い済み、医療保険は解約にする予定 <検討している保険> 夫: (1)変額終身保険 ソニー生命 300万 (2)家族収入保険 ソニー生命10万もしくは15万  25年 2年保証   夫は非喫煙、健康体です (3)医療保険 ひまわり生命 健康のお守り 60日 5000円 2000円/月 妻; (4)総合医療保険 ソニー生命 5000円 60日 ・(1)は葬式代として解約するつもりがないから、掛金の安い変額保険でいいかなと思いました。よほど返戻金がよければ解約するかもしれませんが、、、。オプションはどちらがいいかわかりません。 ・(2)は、(1)の特約としてつけたらソニー生命がいいのかなあと思ってますが、ひまわり生命、あいおい生命も検討しております。 ・(3)は先進医療がついていて安いのでいいかなあと思っているのですが、先進医療はいかほどのものなのか、と必要性に多少疑問ありです。 癌も気になるのですが、あんしん生命、富士生命、日本興亜生命などみてみましたがどれがいいかわかりません。 特約でつけるのもありでしょうか? ・(4)は、妻(私)は終身保険をかけるつもりがないので、返戻金があるソニー生命がいいかなと思いました。掛金は高くなると思いますが。 貯蓄をすれば、妻は医療保険自体に入らなくてもいいかなあと、思っているのですが、高齢になって入院したときに子どもに心配かけないよう最低限入っておこうかな、と少し迷っています。 以上のような感じで考えているのですがどうでしょうか? まだ見積もりはしてないので正確な掛金はわかりません。毎日、保険のことで頭がいっぱいです。 よろしくお願いします。

  • 終身保険と医療保険に入ろうと考えています。

    終身保険と医療保険に入ろうと考えています。 某来店型保険ショップに行くと下記のものを薦められました。 終身保険は貯蓄のため、医療保険は、もしもの時のためと考えています。 24才男性、独身、現在保険は未加入です。 皆様のご意見を伺いたいです。よろしくお願いします。 ■医療保険 CURE 月払い 3970円 55歳払済 1日10000円の保証 ■終身保険 長割り終身 5年ごと利差配当付き低解約戻金型終身保険 月払い 10000円 死亡時 230万 この終身保険は、10年の払い込みです。

  • 医療保険の見直し

    こんにちは。主人の医療保険の見直しについてアドバイスください!! 【現在】終身100万・定期3000万     日額1万円(120日型・通算730日           月額2540円更新後3440円)     42才更新57才満期 【変更の理由】     57才満期なので老後の保障がない。     若く健康なうちに終身医療保険に加入したい。      この保険の医療特約のみを解約して、終身医療保険への変更を検討中です。 候補としてアリコの少しで安心終身保険(月額9400円・60才払込)を検討中です。 素人なりに考えたのですが、この見直しについて注意する点・メリット・デメリットなどアドバイスくだされば幸いです。 こんな質問の仕方で失礼かと存じますが、よろしくお願いいたします。

  • 医療保険の見直しを考えています

    主人(26歳)の医療保険の見直しを考えています。 ソニー生命:総合医療保険(終身)360日型 1日5000円       成人医療特約(80歳まで)360日型 1日5000円 に現在加入(終身払い)しています。 契約当時は、長期の保障があったほうがいいと思いましたが、 今になって考えると、360日もいらないのではと考えています。 また、360日型で解約払戻金があるので、保険料が1ヶ月5000円と、ちょっと高い気がしています。 しかし、どこかの掲示板で、ソニー生命の医療保険は良いとあったので、 私が知らない何かメリットがあるのかと思っています。 どうぞアドバイスをよろしくお願いします。 また、何かお勧めの医療保険がありましたら教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 保険の見直し

    主人36歳私34歳子供6,2,0の5人です。保険の見直しを考えています。今入っている保険は 1.主人 簡保H7年加入 特別終身400万 60歳払込健康祝金付入院特約6000円 支払額6240+特約5600円  明治生命 H14加入LA 支払額13377円 定期1000万 収入保障170万×10回 介護保険300万 重度障害100万 入院5000円 生活習慣病5000円  2.妻 明治生命H14加入LA 支払額5123円 定期500万 入院5000円女性5000円 1.2とも10年更新 3.子供120万満期の学資 生協ジュニア1000 に加入です。主人の知人のプルデンシャル生命から以下の見直し案が出されました。 1.主人 家族収入保険月25万 65歳払込 保障65歳   医療保険5000円 ガン保険15000円 65歳払込80歳   支払額 14175円+3160円+1215円=18550 2.妻 200万円変動型終身保険 70歳払込 終身   医療保険5000円 ガン 10000円 70歳払込終身   女性疾病 5000円 70歳払込 保障期間80歳  支払額 3696円+3500円+800円+1145円=9141 3.子供 200万円変動型終身保険 65歳払込 終身   新買増権特約 40歳  入院総合保障 3000円   支払額 1956+158+1077=3191 主人の簡保の終身保険400万以外はすべて解約して、新に入ったらと勧められました。簡保の入院特約をはずすのはもったいないような気もするのですが、値段の割りに保障が少なく、同じ金額でプルなら医療とガンに入れます。主人は糖尿病の家系なのでガン保険の他に特約をつけたほうがよいでしょうか?また車に乗る機会が多いので事故による怪我が心配です。私のほうは終身保険ではなく終身医療保険のほうが負担が少なくよいのではと考えています。ガンと女性特約は両方つけたほうがよいのですか?それと子供のうちから終身保険に加入した方がよいと進められました。終身医療保険でも良いのかな?よいアドバイスお願いしす 

  • 学資保険と終身保険、医療保険の見直し

    子ども(双子)が産まれ、保険の見直しをしたいと思い「ほけんの○口」へ行きました (1)学資保険を検討していたのですが、17年払込タイプの終身保険(アリコのつづけ得終身?)を薦められました 1000万の保障で17年後に解約して650万(107%?位の戻り率)だそうです 話を伺っている限り、保障&貯蓄もできるのでいいなと思いましたが・・・どうなのでしょうか。 なお、別の会社で65歳払込の終身1000万はすでに入っています ちなみに学資保険とはただの貯蓄のみなのでしょうか?(学資保険によく付帯できる医療保険は不要です) 終身で教育資金という頭がなかったので少し混乱してしまい質問させて頂きました (2)医療保険は通院がついていません(ちなみに今加入している商品はもうなく、新E○ERになっています) あと入院日数が60日までです 今日のお話だと、いまだいたいの病気が60日以内に退院できるので無制限は不要。とのような話だったのですが、万が一の病気を考えますと、もっと長期の入院(半永久的)ということもありえるのではないのでしょうか? 通院&60日というこの2点が気がかりなのですが、私が出産時に帝王切開だったため、いま新しい保険への変更はやめた方がいいと言われ、主人だけ変更しようか迷っています 乱文で申し訳ありません よろしくお願いいたします

  • 医療保険の見直し&がん保険の加入を考えています。

    夫31歳(1974.6生)、妻31歳(1974.11生)です。 子供はいません。貯蓄は1500万ほどあります。 ・生命保険は、夫がオリックスのダイレクト終身(保障1000万)を55歳払込みで、妻が全労災のせいめい共済(保障200万)に入っています。 ・医療保険は、夫婦ともこくみん共済の医療タイプ(入院1日目から6000円、出術一時金なし、60歳まで保障)に入っています。 医療保険は安いからと全労済に入ったのですが、やはり60歳で保障が切れるのはよくないと思い別の保険を再検討しています。またがん家系なのでがん保険にも加入したいと思っています。 希望:医療保険は、(1)終身で、(2)60歳払込で、(3)日額5000円以上が希望です。生命保険は、妻だけ付けたいと思います。夫は不要です。 がん保険は、(1)終身で、(2)診断給付金が複数回、(3)日額10000円が希望です。 おすすめの商品がありましたらお教えください。

  • 医療保険の考え方

    医療保険に加入しようと考えています。私も妻も27歳です。 保険はまず、貯蓄で備えることを基本にしたうえで、 ▼二人がそれぞれの名義で別々に加入する ▼死亡保障はなしで、入院に一日5000円程度 などといったスタンスを決めて資料を取り寄せたりしているのですが、以下のような疑問が解決できず、いつまでたっても決められません。 (1)終身保険は将来物価が上がるとほとんど役に立たないことも考えられますが、そ れでもメリットはあるのでしょうか。 (2)60歳を超えてから、とくに80歳を超えてからの医療費に今から備える必要が どれほどあるのでしょう。 (3)私が死亡したとしても、その後の妻本人の医療に対する負担をできるだけ軽くし たいのですが、この場合は妻名義で終身医療保険に加入しておくべきでしょう  か。 (4)女性特約がついたいい終身保険があれば教えてください 以上です。どうかよろしくお願いします。

  • 医療保険の見直し迷っています教えて下さい

    私51歳夫52歳それそれの医療保険を見直そうと思います。今加入の保険はそれぞれが全労災医療保険日額10.000円、ソニー終身がん保険日額20,000円で保険料合計11,000円です。見直したい点は5日目からしか給付がないところを1日目からの終身医療保険に、または80才までの保証にしたい、そしてがん保険を日額10000円にしたいと思います。(1)ソニー終身がんを減額する、全労災医療は続ける(2)新健康応援団MAX(3)新健康応援団MAX+コープ医療共済2000この3つで迷っています。医療保険は計算すると短い入院では預金でまかなえると思うのですが最近の入院は短い期間が多いと聞くと一日目からの保険に変えた方がいいのかなとおもいます。死亡保障は終身に入っています。アドバイスをお願いいたします