• ベストアンサー
  • 困ってます

not all

Not all the treasure in the world makes him happy. 世界中の財宝を集めても幸福にはなれない。 参考書の例文ですが。"Not all"は部分否定と説明されることが多いですが、部分否定であるなら、例文の訳は「幸福になれるとは限らない」となると思うのですが。例文の"Not all"は全否定として機能しているのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1691
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#11434
noname#11434

すみません。皆さんと意見が違うんですが、私は参考書の訳でよいと思います。「ごくまれに」に当たる例と言えるのではないでしょうか。理由は以下のとおりです。 否定文は、分かりにくい時には、まず肯定文に直してその意味を考えて、それを否定するとどういう意味になるかを考えると良いようです。また、not は、基本的にそのすぐ後ろから、文の終わりまでの全体に掛かるのが原則だそうです。その部分全部をひっくるめたものに対して「それは成り立たない」と言っているのだと考えたいです。 例えば、all the countriesと言った場合の意味は、「一国一国をイメージした上でのすべての国が」「いずれの国も」という意味になりますので、その否定としてのnot all the countries は、「すべての国々が…というわけではない」という部分否定なります。 all the treasure と言った場合、 treasureは不可算名詞として使われていますので、「宝物の一つ一つすべてが」という意味にはなりません。世界中の金銀財宝をひとまとめにしたものをイメージして「世界の宝物を全部集めたもの」ということです。ひっくるめた巨大な「単体」の意味の「すべて」なんだと思います。all the countriesの「一つ一つすべてが」とは違いますよね。ですからそれを否定したnot all the treasure は、「宝物すべてを集めたものも…しない」の意味になると思います。(ちなみに、宝物の一つ一つがの意味の「すべて」でしたら、可算名詞になるのでall the treasures になると思います) All the treasure in the world makes him happy. 世界中の宝物を集めたら、彼は幸せになる。 その否定。 Not all the treasure makes him happy. 世界中の宝物を集めたものでも、彼を幸せにしない。 (…を集めても幸せになれない) よく似た例がありましたのでサイトを紹介しておきます。 http://cache.yahoofs.jp/search/cache?u=webpub.alleg.edu/employee/j/jsearle/Neopets_Serlilya_Story.htm&w=%22not+all+the+treasure+in+the+world%22&d=B32F96E8AA&ou=%2fbin%2fquery%3fp%3d%2522Not%2ball%2bthe%2btreasure%2bin%2bthe%2bworld%26hc%3d0%26hs%3d0 not all the treasure in the world could match Seri, 前後を読んでみて、「世界中すべての宝物を集めたって、セリには及ばない」の意味のようです。 あと、「否定文」に関して、こちらのサイトがとても参考になりましたのでご紹介しておきます。「英文法リサイクル」のコーナーで「否定」の項を良かったらごらんになってください。おじゃまでした。 http://www.tv-naruto.ne.jp/ejyuku/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 納得しました。ようするに、検討する対象が一つしかない場合は、部分否定は成り立たないのだと思います。以下の文も全体否定の例として挙げられていました。 All the money in the world can not buy happiness. どんなにお金を積んでも幸福は買えない。 それぞれのお金という観点はなく、お金の総和しか対象がないので、全体否定になるのだと思います。違う見解の方もいらっしゃるかもしれないので、もう少し締め切らないでいたいと思いますが。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

#4さんが指摘されてるように、まず肯定文として考えて、 その後、否定的解釈を検討してみることが、いいでしょう。 はじめから、「すべてじゃない~~が」と考えていくのは、 部分否定と決め付けた訳し方で、正しい理解から遠のく だけです。 これこそ、部分否定という文法的解釈に、こだわり過ぎ、 とらわれ過ぎです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

  • 回答No.6
noname#8178
noname#8178

長文の中にこの一文が含まれていてこの訳が与えられているのであれば、あ~、そうなのかなと思うでしょうけど(思うかも知れませんけど)、 この一文だけが与えられて、いきなり「世界中の財宝を集めて」云々と説明されると甚だ疑問を感じざるを得ません。 どんな参考書か知りませんが、この参考書で勉強された方は、同様の英文を見たときに条件反射的に全面否定と解釈するとしたら怖いことです。 それともこのような例外的な使い方があるという補足説明文ですか? 「世界中の財宝を集めても幸福にはなれない。」という意味を表したければ、もっと適切な表現があるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >この一文だけが与えられて、いきなり「世界中の財宝を集めて」云々と説明され >ると甚だ疑問を感じざるを得ません。 その一文の前に、"No amount of wealth can satisfy a covetous man."という文があります。この一文を踏まえた上で、「世界中の財宝を集めても幸福にはなれない」という訳を考えた場合、どう思われますか? >同様の英文を見たときに条件反射的に全面否定と解釈するとしたら怖いこと >です。 "not all"は部分否定と全体否定の場合があることを説明しています。かなり端折った説明ですが。

  • 回答No.5
noname#9012
noname#9012

Not all ~はそのまま「すべてってわけじゃない~~が」というふうに考えましょう。つまり、「すべてってわけじゃない財宝」が彼を幸福にするのです。ん? どういうことかって? 「すべて」じゃないけど、いくつかは幸福にしてくれるってことです。 ですから、「世界の財宝ぜんぶがぜんぶ、彼を幸福にするってわけではない」という意味なのです。 つまり、気に食うのもあれば気に食わないのもあるというわけで。 ですから、この参考書の訳は完璧に間違いですね。この英文には「集めても」というニュアンスはどこにもない。もしそうならば、これは「would」とか「could」とかの仮定法になりますから。 Even all the treasure in the world couldn't make him happy. 部分否定とか、そういう文法用語を考えているとわからなくなりますよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >「世界の財宝ぜんぶがぜんぶ、彼を幸福にするってわけではない」という意味 >なのです。 ということは、以下のURLの訳も間違いということなんですね。 http://www.google.co.jp/search?q=cache:IX5refCONg8J:www.kanji-a-day.com/dictionary/examples.php%3Flevel%3Ddictionary%26id%3D43608+%22Not+all+the+treasure+in+the+world+makes+him+happy%22&hl=ja 以下の文も、「すべてってわけじゃない~~が」というふうに訳すのでしょうか? All the money in the world can not buy happiness.

  • 回答No.3

#2です。 >>All the treasure in the world doesn't make him happy. >ちょっと疑問に思ったのですが、"not all"は部分否定で、"all not"は全否定ということなんでしょうか。 ごめんなさい。注意不足でしたね。 私が書いた一つ目の英文は、参考URLで”こういう紛らわしい言い方は普通しません”に相当する表現でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

menerさんのご理解のとおり、部分否定で合っていると思います。 すなわち、「世界中のすべての財宝が彼を幸福にするとは限らない。」と訳すべきで、参考書の解説のように全面否定と捉えて「世界中の財宝を集めても幸福にはなれない。」と訳すのはおかしいと思います。 (参考URL:英文法FAQ:スペースアルク) 全否定の意味を表したいなら、以下のように表現しなさいということかと思います。  All the treasure in the world doesn't make him happy. or No treasure in the world makes him happy. ただし、アルク英辞郎には以下の説明が記載されています。全面否定になるケースがあるとのことですが、一般的には部分否定と理解されればよろしいかと思います。 【not all:ごくまれに(特に口語において)部分否定ではなく、全面否定になることがある。】

参考URL:
http://www.alc.co.jp/eng/grammar/faq/15_01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >全否定の意味を表したいなら、以下のように表現しなさいということかと >思います。 > >All the treasure in the world doesn't make him happy. ちょっと疑問に思ったのですが、"not all"は部分否定で、"all not"は全否定ということなんでしょうか。

  • 回答No.1
  • kuma-ku
  • ベストアンサー率54% (1558/2845)

こんにちは -------------- Not all the treasure in the world makes him happy. 世界中の財宝を集めても幸福にはなれない。 -------------- こちらの例文ですが、直訳すれば以下のようになると思います。 -------------- Not all the treasure in the world makes him happy. 世界中の宝物が全て彼を幸せにしてくれるわけではない。 -------------- チョッと意訳しすぎてますね。。。 not all の例文は、以下のページが参考になると思います。

参考URL:
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=not+all&word_in2=%82%A0%82%A2%82%A4%82%A6%82%A8&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 部分否定 I know not 全体語がダメな理由

    英語の部分否定についての質問です。 部分否定を表すのに、否定語+全部を表す言葉(all, always, everything など)と覚えますよね。 それで、 Not all he says is true. とか Not everything is true.  とかいう例文を見かけます。 上記のように、not と全体を表す言葉 (all, everything など)がすぐ隣同士だと部分否定の文としてとても分かりやすいのですが、例えば I don't know everything. という文では not とeverything が少し離れてしまいます。 これを嫌って、 I know not everything. と、無理に not と everything を隣同士にしている間違った英文を見かけました。 この英文は間違いだと感覚的には分かるのですが、では、どうして間違いなのかと考えると、うまく文法的に説明ができません。 I know not everything. はどうして間違いで、 I don't know everything. の方がどうして正しいのでしょう?? どう考えたら、すっきりと説明がいくでしょうか?? どうか助けて下さい!!

  • All the apples are not yellow. は部分否定ですか?

    Not all the apples are not yellow.は部分否定だと思うんですがタイトルにある文のばあいはどうでしょうか?

  • 英語don't all things 部分否定?

    「私は、誰とも、全てのことは共有はしないといった。」 (全部は共有しないが、共有する部分もある。それは誰に対しても同じである。) という、部分否定の意味を英語で表現したいのですが、以下で正しいでしょうか? I told you I don't share all things with anybody. ネットで調べると I do not(don't) know all people here. 「私は、ここにいる人全員を知っているという訳ではありません。」 という例文が出てきました。 これを元に判断すると私の考えは、正しいのですが、 Google Translate http://translate.google.com/?hl=en 「私は誰とでもすべてのものを共有しない」 という全否定の訳になってしまいます。

  • 否定語の使い方?

    ある辞書には (1)All men are not happy (2)Not all men are not happy. これらはどちらも部分否定であり(1)=(2)であるとあります。 一方で否定語はその後を否定するのだから (1)と(2)はちがうと言う解説もあります。 どちらが正しいのでしょうか。 もし前者が正しいとすれば、”全てのひとは幸せではない”はどう現すのでしょうか? もし後者が正しいとすれば、辞書にも間違いはあるということでしょうか? 常識的にありうるありえないではなくて論理的に決まるべき、と思うのは間違いでしょうか

  • all the way

    all the wayの意味として「ずっと~/はるばる~」などがあると聞きました.これを否定するとどうなるのでしょうか?例えば I walked all the way to the park. 「私はその公園までずっと歩いていった.」 I didn't run all the way to the park. (1)「私はその公園までずっと走らなかった.」 (2)「私はその公園までずっと走ったわけではない.」 また,allだけではなく部分否定になるのは,どのような場合なのでしょうか?イメージでは「すべて・完全に・とても」のようなときに部分否定になる気がします.

  • not always ♪

    not alwaysは部分否定なんですか??? 部分否定ってなんですかぁ???☆ ~とは限らない。ってゆう日本語訳でなくて、意味が知りたいです!!! always(いつも)を否定してるって事は全否定してるのと同じじゃないんですか??? usuallyやoftenなどalways以外の頻度をあらわす副詞にも not usuallyやnot oftenみたいな表現ってあるんですか??? 教えてくださ~い★

  • 部分否定と全否定について

    ある語法問題集で以下に挙げるものがありました。All the members didn't make much of her opinion.「メンバーは全員彼女の意見を重視しなかった。」これは全否定なのでしょうか?また別の文法書には以下のような例文がありました。All of them were not Americans.「全部が米人とは限らなかった。」部分否定です。何か二つの文に違いがあるのでしょうか。誰か教えてもらえますか。

  • It's not possible really.の意味

    It's not really possible.は部分否定「本当に可能ということはない」 It's really not possible.は全否定「本当に不可能」 It's not possible really.は, not possibleがひとかたまりで、その塊をreallyで修飾しているので、後者と同じ意味=「本当に不可能」になると思うんですが、どうでしょう?

  • It wasn't all romantic.

    すぐ下で質問になっている "It wasn't all romantic." 私はこう回答するつもりでした。 S is all ~. しょっちゅう質問になっていますが, 多くの人がこの all を後の形容詞などにかかっている(副詞) としか感じられないようです。 そういう可能性もありますが,~にくる部分には制約があります。 おもに一時的な状態を表す語で,前置詞句であることが多く, 形容詞ならなんでもというわけにはいきません。 alone とか excited ならいいと思います。 もう一つの可能性は主語と同格。 We all went there. 一般動詞なら主語の直後。 all of us としてもいい。 be 動詞の場合も all of us としてもいいのですが, そうでない場合, We are all well. のように,be 動詞の後にきます。 be 動詞が一般動詞より弱く発音されることによるリズム的な問題です。 だから,be に強勢がおかれれば, We all ARE well. でもいいです。 今回も, 「それがすべて,ロマンティックではなかった。」 it はその時の状況をまとめて表します。 ばくぜんと単数 it なのであり,all が使えます。 もちろん,all the country「その国すべて」のように,all 単数 も普通に使えるわけですが。 普通,all といえば部分否定で,「全否定」と感じるのは日本語からの錯覚, と誤って考えている人が多いですが,英語でも日本語と同様, all でも全否定の場合があります。 今回も微妙で,まさしく日本語で 「(それ)すべてがバラ色ではなかった」 というとおり,「すべてそうでない」という全否定, 「すべてというわけでない」という部分否定,どちらにも取れます。 とにかく,この all は主語 it と同格を表す代名詞。 再帰代名詞の強意用法と同じ。 副詞的なように見えて,主語があって初めて存在できるもの。 すぐに締め切りになりましたが,いかが思われますか。

  • この英語、成立しませんか?

    1) He was made to go. この英語、成立しませんか? 本にそう書いてあったのですが、何がいけないのでしょうか? それと 2) I am not sure that he is all right. 例文を忘れたので、細かいところが正しいかは分かりませんが、 この英文は、that節は肯定文なんですが、 主節にnotがあります。そして、肯定文のthat節にはallがあります。 この場合は節が違うので部分否定にはならないですか? それとも、部分否定になりますか?