• ベストアンサー

株式投資は国が破綻しても守られるのですか?

円に不安があり、 株式投資にも正直不安はあれど、 そろそろちょっとづつでも始める気持ちを持たないと、 これは一生やらないままだぞ、と思って株式投資を始めようと思っています。 素っ頓狂な質問かもしれませんが、 株式投資した資産、と言うのかしら・・・ズバリ言い切れませんが、 とにかく自分が海外の株に投資したモノは、 例えばの話ですが、国が破綻してもそこは取られずに守られるものなのですか? 守られるのであれば、 始めるキッカケになると思って・・・ 実の話、私は株式投資、怖いけれど、Youtubeやネット通販みたいなもので、知らないからただコワイだけなのだと思って、踏み込もうとしています。 ですが、妻は、そういうのが本当に嫌いで、 そもそも元本割れが起きるという時点で全く興味を示さないのですが、 もし、国が破綻しても守られる財産として持てるのならば、 少しは妻にプレゼンできるかな、とか考えています。 あと他に・・・ 何か分かりやすい資料を印刷できたりしませんか? おススメのサイトというか、印刷できる資料が良いのですが、 株式投資の不安を和らげる、むしろ、やってみたいと思えるような 資料を提供してくれているサイトなどをご存じないでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.7

転ぶのが怖いからと自転車に乗らなければ、いつまで経っても乗れないのと同じで、資産運用も同じです。 最初は減るものです。なぜなら、手数料分マイナススタートするのが普通ですから。 (手数料無料を謳っていても、為替の様にビットとアスクの差が実質的な手数料になっていて徴収されてることもあります。) 日本証券業協会が初心者向けの解説ページを設けてます。 https://www.jsda.or.jp/jikan/ みんなのお金を吸い上げる、悪の親玉です。(笑) まずは素直に勉強していくと良いと思います。 常に疑問を持ち、トライアンドエラーする向上心を持って、自分なりの正解を見つけるまで、諦めずに探求していく根性や忍耐力が必要です。 国が破綻しても大丈夫か?という疑問は、 大丈夫じゃないです。 国が破綻するくらいなら、企業も倒産する所が増えると思いますので、株も紙切れ同然になるリスクが高くなると思います。 やる気がある人の出鼻をくじくのは控えたい所ですが、一応言っておくと、著名なプロの投資家の多くは既に売り越しつつあり(史上最も現金化比率を上げているらしいです)、 今後暴落するリスクが高いと警告していますので、米国株だろうと、日本株だろうと、投資するなら注意してください。 必ず損切り決済注文を入れておくとか、 信用取引が出来るように信用口座を開いておいて、暴落が始まったら売りから入れるようにするとか、対策を取るようにしてください。 俺は、平均株価は2万円以上、下げる時が来ると思っています。数年以内に。(遅くとも10年以内くらいには。) 下手すると1万円割るんじゃないかとさえ思ってます。 そういう時代だと思います。 気をつけてください。

ebiharu
質問者

お礼

かなり株についてお詳しいとお見受けしました。 そうなのですね、最初は手数料などを引かれて必ずマイナスからのスタートなのですね、そりゃそうですよね・・・結構良い事ばっかり言って、誘き寄せられていたかもしれませんので、 助かりました。 日本証券業協会というのが、悪の親玉、という事でしょうか?(笑) はい、非常に分かりやすかったですが、 あまり、外国銘柄についての事は書かれていませんね。 詳しくないので、動画サイトなどをいくつか見て、 S&P500を選んでおけば、まあまあ安心できるし、大きい利益は見込めないけれど、大損もしないよ、というので、それにしようかな、と思ってる感じで、全然知識は増えておりません。 やっぱり、やるとなると、そうとうな知識が必要でしょうか? 国が破綻しても大丈夫でしょうか?という質問をしたのも、 例えばS&P500にお金を突っ込んでいた場合、 我が国が破綻してしまったら、その株は有効的に使用できますか?という意味で書いたものでした。 分かりづらくてすみません。 まぁ、正直、出鼻をくじかれましたね。 やる意味あるのか、とすら今は思っています。 でも、どうなのでしょう、やっぱり少しでも手を出すキッカケとして、月々数万円づつでも続けていくのが良いのかなぁ、とも思います。 とても分かりやすくご説明いただき、理解しやすかったです。 回答ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (15)

  • Brian12
  • ベストアンサー率26% (194/741)
回答No.16

株式投資は誰も守ってくれません。 株券を持っていて、その会社が正常に存続していれば、時価で買い取ってくれる可能性はあります。 そもそも、株式投資とは、証券会社に売買を委託しているわけですから、株式投資を長年している方でも、株券は見たことがないという人ばかりでしょう。 そして、証券会社も、売買の都度に証券をやり取りしてはいません。 単に電子データでのやり取りなのです。 国が破綻したならば、それ以前に証券会社は国の法令のもとに業務を行っているのですから、滞ることは間違いありません。 また、預けてある証券は電子データが残っていたとしても、実際の証券に記名がされているわけではなく、どこにあるかもわからないでしょう。 国が破綻したときのことを考えているでしたら、ただでさえリスクのある株式投資はやらないことです。 円に不安があるのであれば、海外移住をすれば良いかと思います。 因みに、私は移住する気は全くありません。

ebiharu
質問者

お礼

海外移住する気は全くない、と仰るのは、 やはり、円に自信がおあり、という事で良いですよね? そうでしたか・・・ ただでさえリスクのある株式投資を選ぶ選択肢自体が間違い、という事なんですね。 株券と証券の違いすらよく分かってないのですけども、 株券だと手元に実物がある可能性があるが、証券だと実物を見る人は 殆ど居ない、という事なのですね。 勉強になりました。 回答、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.15

この予想屋・予報屋さんは、割安感あって良くないですか? https://promo.fdamedia.jp/fdcm_last_cycle_basic

ebiharu
質問者

お礼

割安感というのがよく分かませんが、 分かるヒトには分かるのかもしれません。 回答ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.14

美味しそうな情報は、26日23時59分まで。 アマゾンギフト券2000円分貰えるかもしれないから、一緒に観ようと、奥さんを誘ってみてはいかがでしょうか? https://toushi-up.com/

ebiharu
質問者

お礼

いろいろと道を考えて下さり、ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.13

人は、未知なるものを恐れます。 特に女性は家庭を守る意識が高く、不確かなものより、安定したものを好むでしょう。 ですから投資に反対するわけです。 少しでも理解してもらうには、優良な本を読んで、理解を深めると、大目に見てくれるようになるかもしれません。 ということで、投資に役立つらしい、書籍の紹介です。(読んでないので、完全な受け売りですけど(苦笑)、リビングにでも置いておけば、奥さんに読んでもらえるかもしれません。) 【投資の本10選】数ある中から本当に役に立つものだけを厳選! https://gfs-official.com/blog/investment-study-books

ebiharu
質問者

お礼

そうですね、 未知なモノはコワイです、それはワタシも同じです。 サイト拝見しました。 こういう本を買って勉強すれば良いのですね。 ありがとうございます、ワタシが参考にさせていただきます。 多分、置いておいても、妻は読まないなぁ。笑 回答、ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.12

期間限定っぽい https://toushi-up.com/ow/05.html

ebiharu
質問者

お礼

これは、 その前のURLで、5/18まで、無料配布、と書かれているトコですね。 回答、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.11

良さげな情報を見つけましたので紹介します。 新NISA枠でナスダック100のみは危険!どう買えばいいかも紹介 https://gfs-official.com/blog/nisa-nasdaq100

ebiharu
質問者

お礼

元々、ハイリスクハイリターンを考えていなかったので、ナスダック100というのは頭になかったのですが、 良いサイトを教えていただいたので拝見しました。 全世界株式というのなど、また新しい勉強になりました。 回答、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.10

https://promo.fdamedia.jp/fdcm_minibox_basic_old 時限式動画なはずなので、じきに見れなくなると思います。

ebiharu
質問者

お礼

時限式っていうのがコワイですね。笑

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.9

以下は、まぐまぐのメルマガの宣伝です。 投資のお供にどうですか?(笑) 著者(ジム・ロジャーズ氏) 世界三大投資家ジム・ロジャーズの「Make Japan Great Again」 by ジム・ロジャーズ 【初月無料!】¥5,500/月(税込) 毎月第1日曜日・第3日曜日 ジム・ロジャーズ「世界恐慌は2025-26年。私の生涯で最悪の事態になるでしょう」伝説の投資家に聞く日本人の資産防衛術 世界三大投資家ジム・ロジャーズの「Make Japan Great Again」 2024/5/5号より 世界三大投資家の一人、ジム・ロジャーズ氏のメルマガ『Make Japan Great Again』では、5月限定で初月購読料無料キャンペーンを実施中!そこで今回はその中から、貴重なQ&Aをピックアップしてご紹介します。メルマガではジム・ロジャーズ氏への直接質問も可能です。あなたも投資や人生の疑問をぶつけてみませんか? ◆「世界恐慌は早ければ2025年にも。私の生涯で最悪の事態になるでしょう」 【読者からの質問】 近年中に世界恐慌は起こるでしょうか?今のバブルはいつはじけるでしょうか?私は金先物ダブルブルで積立を始めようと思っています。いい投資だと思いますか?円安はどこまで進むのでしょうか? 【ジム・ロジャーズ氏の回答】 大きな問題が起きたときに備えて、私は金も銀も保有しており、売るつもりはありません。何か問題が起きると、世界はいつも金と銀に目を向けてきましたよね。そして、これからもそうし続けるでしょう。だから私は、もしまた世界が大きな経済問題を起こしたときに備えて、金と銀を保有しています。 おそらく来年か再来年に世界恐慌は起きるでしょう。というのも、2008年からの歴史を見てください。2009年以降、いたるところで負債が急増しています。アメリカだけでなく、どこの国でも食べることに困っている方がいます。中国でさえ、負債を抱えています。だから、次に問題が起きたら、私が生きている間に最悪の事態になるでしょう。 だから心配してください。でも皆さん、何が起きているのかを理解すれば、心配にはなるでしょうが、備えはできるはずです。そして、何が起きても大丈夫なように準備すれば、おそらく上手くいきます。どんなに悪い状況でも、いつも上手くいく人たちはいます。あなたがその一人になることを願います。私も生き残ることを願っています。 金先物に関して、トレードの仕方によっては、誰にでもできるものではない気がします。しかし、自分のやっていることが分かっていれば、先物で大金持ちになることはできるでしょう。 レバレッジは破産することもあるので気をつけてほしいです。ほとんどの人が苦しみますが、自分のやっていることが分かっている人にとっては、レバレッジはすぐに大金持ちになれる手段です。そのことを十分に理解せずに先物を見ている人のために、このような注意書きを入れておくべきだと感じました。 もし、あなたが自分のやっていることを十分に理解し、わかっているのであれば、先物は素晴らしいものです。 バブルが弾けるという点では、私たちは何も時間を計ろうとしているわけではありません。今度、株式市場の問題、経済の問題が起きたら、私の生涯で最悪の事態になるでしょう。というのも、前回問題が起きた2008年と比較すると、負債が大きな問題になっているからです。 2008年のリーマンショック時には中国が世界を救済してくれました。しかし今、中国でさえ莫大な負債を抱えています。日本もアメリカも驚異的な負債を抱えています。つまり、世界を見渡しても、これほど多くの負債を抱えた時代は、世界の歴史上ほとんどないのです。しかも、それは毎日増え続けています。 アメリカや日本の現状を見れば、人間が物理的に返済できる方法はありません。これは持続可能な状況ではありません。 それと円安は対ドルでどこまで進むのかという質問ですが、私の生涯の中で、対ドルでの375円という数字を見たことがあります。円相場が375円だった時、日本は健全だと誰もが思っていました。健全な国で、経済もうまく回っていました。しかし、375円以降、日本の借金は急増し、人口は減少しています。 では、なぜ円は再び375円にならないのでしょうか?なぜなら、日本の銀行家たちは毎日、目を覚ますと全力でお金を刷り始めるからです。彼らはそれが得意なのです。日本人は決心すればいろいろなことができます。 しかし、なぜ円が崩れないのか私にはわかりません。今後数年のうちに──それを防ぐことができるのは、ドルがさらに悪化した場合だけでしょう。米ドルが大惨事になることです。それに比べれば、終わりは良く見えるだろうが、良くはないでしょう。 ◆「つまり、日本円のファンダメンタルズは最悪です」 【読者からの質問】 有事の円買いと昔は言われていましたが、中東情勢が悪化すると、むしろ円安になっていると感じます。円の信認は低いのでしょうか?金が上昇していますが、これは無国籍通貨で、どこかの通貨と違って負債が紐付けされていないからでしょうか?「危機の時の円」という言葉は、もはや当てはまらないと思いますか? 【ジム・ロジャーズ氏の回答】 円に関連して、日本には「危機の時は円」という言葉がありました。昔は皆さんもよくご存じだったと思います。しかし今、中東情勢が悪化し、円はさらに安くなっています。 円に対する信認が低下しているということです。そして、最終的に信頼が地に落ちるのには理由があります。人口減少が15年も続いている中で、借金が急増しています。つまり、ファンダメンタルズが最悪です。 このような国は、ほとんどの場合、通貨が下落します。通貨を買うのが良いとは限りません。100年前、イギリスは最も豊かでした。世界で最も強力な国でナンバーワンでした。50年後、イギリスは破産しました。そしてIMFに救済されなければならなかった。これは多くの国で起こったことです。 米国は今や巨大な債務国であり、日々悪化している。米ドル。今、ドルが強いのは、人々が他に何をすべきかを知らないからでしょう。しかし私は、米ドルが再び弱くなる時が来ると断言します。 人々はそれぞれ好きなように投資先を決定するべきだが、私は終了しようとしている円を買うつもりはありません。 また「金は無国籍通貨であり、資産に結びついた負債がないため、上昇しているのか」という点に関して、それは正しい理由(認識)の一つだと私は思います。 多くの人が金を買っており、その習慣は数百年、数千年も続いてきました。貴重な富の貯蔵手段として、銀も同じ扱いです。これは何世紀も続いてきました。国際的に認められており、簡単に持ち運べるものは価値があり、その価値を維持してきたんです。 ◆「どこかに必ずチャンスがある、それを見つけ出すんです」 【読者からの質問】 日銀が算出する「円の実質実効為替レート」の推移を見ると、最近の円の購買力は1970年代前半とほぼ同レベルで推移していて、変動相場制移行後の最安値である2015年6月とさほど変わらない水準にまで低下しています。私は円で収入をもらって海外に住んでいるため生活が苦しいです。下りのエスカレーターに乗っているようです。収入や資産を維持するためには、日本人はどうすればよいでしょうか? 【ジム・ロジャーズ氏の回答】 引っ越すことです。この相談者はもうやっていて、海外に日本の会社を作っているようだね。それで、彼らはまだ給料を円で受け取っているということですね。 あなたの会社は問題を知っているんでしょうね。彼は問題を把握する必要があります。 そして解決策として、従業員がより多くのお金を現地通貨で稼ぐ必要があります。 日本では人口が減少し、負債が増加しています。そして、それはどの国の通貨にとっても良いことではありません。だから、事実を直視しなければなりません。そして多分、調整が必要でしょう。別の会社で働く、別の国で働くなどです。 日本には多くの利点があります。それに対処する必要があります。そして何をすべきかを考える必要があります。そして多分、その解決策は、あなたの人生で何かを劇的に変えることです。 私はあなたやあなたの技術についても知りません。でも、どこかに必ずチャンスがあることだけは知っています。そしてそれを見つけ出すんです── (今回ご紹介した5月5日号ではこれ以外にも「金投資」や「もしトラリスク」に関するジム・ロジャーズ氏の回答を掲載中。また最新号は5月19日に配信予定です。5月限定の初月無料お試し購読で、ぜひお楽しみください)

ebiharu
質問者

お礼

宣伝ありがとうございます。 少し内容を掲載していただいたみたいなので、拝読させていただきました。 素晴らしい内容ですね。 ただ、金額が金額ですね。伝説の人なので、その人への質問と回答が読めるのは良いですが、やはり5000円ともなると、手が出ません。 5000円でも、格安なのでしょうけどね、それはワカルのですよ、ワカルんですけども、自宅の経済状況を考えると、ちょっとそこには食指は向かないかなぁ、と思います。 この質問を読んで下さった方々へ進呈いたします。笑

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.8

日本が破綻すると米国株はどうなるか? 程度により対応状況は変わるでしょうが、基本は売買できると思います。 ただ、株式市場というのは、米国発であり、日本がその影響を受けて、煽(あお)りを受ける関係なのが基本なので、 日本が破綻するような事態になっているなら、アメリカの方が先に大惨事が起きている可能性が高いと思います。 要は、日本より先にアメリカが破綻している。 その場合だと、日本が無事でも、米国株は売買が出来なくなっている可能性もあります。 逆に、日本がアメリカを支えてる面もあるので、日本が先に破綻すると、日本の支えが無くなったアメリカもじきに破綻すると思います。 それくらい日本もアメリカも、その他国々も、資本主義制度そのものが揺らいでいるくらいの状況になりつつあるのが現状なので、今から株式投資をする人は、ギャンブルだと思ってやった方が良いと思います。 俺は投機は稼ぎ続けられる手法であるのに対して、投資は当たりハズレがあるギャンブルだと思ってますので、 資金が乏しい人は投機から始めて稼げる様になったら、投資に資金を振り分けていくものだと思ってます。 (そこでオススメするのは、投機から始めるなら、海外FXです。 とはいえ、俺も始まりは株だったので、興味を持ったものから入るのも良いと思います。) 逆のことを言う人もいますので、自分なりの正解を見つけると良いと思います。 なんにせよ、資産運用するにしろ、商売をするにしろ、情報を制する者は世界を制するレベルの人になれると思いますので、良さげな情報を見つけられる目利きになる様に頑張ると良いと思います。 以下の情報が役に立つかは、あなた次第なので、参考にしてください。 2024年上半期の米国経済と日本経済の共通点 https://fdamedia.jp/n/n200d8bc9b322?gs=9c8186d5e9b2 世界中が欲しがる「秘密の資源」 https://in.worldforecast.jp/fuwf_fuhakai_2405_vsl_apj?cap=apj0515 バフェットの保有株トップ30とバフェットの資産運用で学ぶべきこと https://media.rakuten-sec.net/articles/-/36184 バフェット氏投資会社、4〜6月に株式1.1兆円売り越し https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN053FH0V00C23A8000000/ https://note.com/fxseikou/n/n021a2fd4fc62

ebiharu
質問者

お礼

え? 米国を支えているのが日本? そうなんですか? 海外の情勢をワタシはあまり詳しくないのですが、トルコでは貨幣の価値が下がりまくって大変な事になっているとか、 実際に破綻した国もいくつかありますよね。 あぁいう国が存在する、という事は、 単品で日本が破綻する事もあるのかな、と思っていました。 そうですか・・・株式投資はギャンブルなのですね・・・政府がやたらニーサがどうのこうのとか、老後の資金は自分で何とかしろ、みたいな事を言い出すので、割と信用性は高いのかと思ってしまいました。 海外FXは・・・よく分からないですが、 もっと手を出しにくいですね。それほど勉強が必要、と言う意味です。 教えて下さったURL先は全て拝見しました。 語句自体がワカラナイモノもいっぱいあるので、勉強しながら見返してみますね。 回答、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • eroero4649
  • ベストアンサー率31% (10638/33399)
回答No.6

投資ってのは、株式だろうがゴールドだろうがFXだろうがビットコインだろうが、調子に乗って損をしてからが始まりだと思います。 「FXコピペ」で検索すると、阿鼻叫喚の話が一杯出てきますよね。そういうコピペの中の有名なやつで、脱サラしてFX投資を始めますといったらほんの10日くらいで軍資金2000万円を溶かした人が出てきます。 彼が失敗した最大の原因が、デモトレードをやって半年で資金を100倍くらいに増やしたことです。その成功体験が「俺はセンスがある」と思いこませていきなりの大勝負に出てしまったのです。でもね、ある程度投資に手を出したことがある人なら「半年で資金が100倍になるっていうのは、それはセンスがあるんじゃなくて相当危険な勝負に出ていた」って分かるんですよ。彼が何をやっていたのかは分からないけど。そしたら、そんな危険な勝負はどこかで必ず大損に結び付いたはずうなのです。だけど「不幸にも」彼はそういう目に遭わなかった。だからイケると思ってしまったのです。そしてそのノリで、冷静さを失って危険な勝負ばかりに出てことごとく負けてしまったのです。どっかの通訳さんのギャンブルと同じです。 エラソーなことをいう私も、ビットコインを握りしめたまま気絶したのは一度や二度ではありません。現在のところ利益は出ていますが、それはあくまで結果論だったなと思っています。株ではピークに戻ることもなく損切りしたものもあります。暗号資産でも、ビットコイン以外のコインで損したものもあります。MONAは大損した・笑。 「国が破綻しても大丈夫なのか?」ってのを心配するのって、どんだけ大勝負する気なんですかって感じですよ。全財産ツッコむわけでなし。例えば500万円貯金があったなら、うち200万円を投資しましょうというような話ですよ。その200万円が180万円になってしまうのも耐えられないなら、20万円にしときゃ18万円ですから、2万円なら耐えられるでしょうということです。その2万円も嫌なら、投資はしないほうがいいでしょうね。 FXコピペの話もそうですけどね、なんか「いきなり大勝負」をする人がいるんですよね。正直、頭が悪いと思います。 10日で全財産破綻した人も、最初は軍資金50万円とか100万円とかから始めればよかったのです。そうすりゃ全部失ってもその程度です。 なぜ「小額から始めてみる」という発想が生まれないのかが私にはよく分かりません。昔は5万円や10万円から投資を始めるってなかなか難しかったのですが、今はもうそれこそ千円単位からでも始められます。実際に自腹を切ってみないと分からないことが沢山あるんですよ、投資の世界って。 それで小額投資を始めて損をしてやんなっちゃったら、手を引けばいいのです。

ebiharu
質問者

お礼

おぉ、 実際にいろいろ手を染められている方からのご回答、 ありがたいです。 なるほどです、 でも、ま、ナニをやろうかどうかは別として、 ワタシが質問した回答は戴けていないような気がしています。 回答、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 損したくない株式投資

    利益は少なくても結構なので元本割れの無い株式投資は何が有りますか。 証券会社に相談したらうまく運用してもらえませんか。

  • 市場経済に国を破綻させられた国

    以前、たぶんNHKのドキュメンタリーで見たのですが。 投資家たちがその国の通貨だか国債だかを一斉に売りに出してしまい、価値が暴落、国家破綻に陥ったという内容でした。それまで国政不安などなく、むしろ安定した国情だったと思います。投資家達が巨額の利益を得たのは言うまでもありません。 当時の元首がインタビューに答え、「実体のないマネーに翻弄され国が破綻した」と言っていたように記憶しています。 その国が一体どこだったのか、そのドキュメンタリーが何というタイトルだったのか、ながらで片手間で見ていたので全く覚えていません。「国家破綻」で検索してもあまりに多くの国が引っかかり当該国がどれなのかわかりません。 わかる方、覚えていらっしゃる方、いませんか?回答お願い致します。

  • 初心者の株式や外貨預金について教えてください。

    すごく初歩的な質問ですが、教えて下さい。 ネット銀行を開設し、資産運用をしてみようと思っています。(資産運用は初めてです。) そこで、株式に50万円投資した場合や、外貨預金に50万円預けた場合、最悪、元本が0円になった としてもマイナス(借金、負債)になることがあるのでしょうか? 50万円投資して、100万円の損が出たり、50万円外貨預金して100万円損が出たりすることがあるのですか? 最悪の場合、元本が0円になるだけ(実際には考えれないことですが)と考えれば良いのでしょうか? テレビのニュースなどでよく「株式で3000万円損した」とか「株式で5000万円損した」とか聞きます。 それを考えると、初心者の私としては手を出さない方が良いようにも思います。 マイナスさえ出なければ、元本割れのリスクはあっても資産運用の勉強のために投資してみたいと考えています。 ご助言をいただけると助かります。宜しくお願いします。

  • 株式投資は最も長期投資に適しているのですか?

    以前、証券会社の広告で「株式投資こそ長期では最も利回りが良い」と宣伝していた。でも「会社に投資する」ということは他人を信用して他人の働きによって利益を得るということだと思う。他人なら裏切ることもあり得る。つまり、会社職員に背任されたり、会社が倒産したりすることもあり得る。株式の利回りは株式会社が倒産する確率を折り込んだものなのだろうか? 似たような話に「インディアンがアメリカを白人に売った金を銀行預金にしておけば、今頃、アメリカを買い戻すことができたはずだ」というものがある。でも通貨などというものは国の信用でしかない。その上、銀行自体が破産することもある。銀行預金の利回りは、国や銀行が破綻する確率を折り込んだものなのだろうか?

  • 株式投資

    「株式投資」について、参考になるサイトなどあればご教授頂けませんでしょうか。 補足ですが、現在23才、給与の中から月々2万円程度づつ、株式や投資信託に資産をスライドさせようと考えています。 儲けると言うよりは「勉強」の為に行うので、チャート分析などよりは ファンダメンタル的なサイトが望ましいです。 ちなみに、年齢や収入などにもよりますが、皆様は月々、いくら程度を現金・預金以外の資産に給与をスライドさせているのでしょうか。 その他、書籍などもお勧めありましたらご教授下さい。

  • 投資信託 の 今後

    現在 3件 ユーロ債権(100万) ユーロ株式(株式) ブラジル国債(40万) の投資信託を住友でしています。 一時は 配当もかなりあり、 また 元本も 割れることもなかったのですが、この3年ほど前から 特に ユーロ が 激しく元本割れ 債権でも50万 株式では30万円台にまで落ち込んでいます。 その損失を埋めようと新たに はじめた ブラジルでも 29万という元本割れの状態。 今 解約すれば おお損ですし、 似たような経験されてる方 いませんか?

  • 【三菱UFJ銀行の銀行員に勧められて買った投資信託

    【三菱UFJ銀行の銀行員に勧められて買った投資信託ですが】配当があるのにそもそもの元本は減り続けています。 元本を減らして配当を配るって馬鹿じゃないですか? 元本割れしてるなら配当なしでしょ普通は。 国の公務員みたいな財政赤字なのにボーナスを出すみたいな理屈はどこから生まれるのでしょう? 国が赤字なら賞与のボーナスなんて普通の一般常識人なら出さないでしょ。 銀行も公務員みたいに証券が元本割れしてるのに配当を平気で出す。 頭の良い人たちの発想がさっぱり分かりません。 どういう神経をして投資金額の半分も目尻して100万円の投資金額を50万円まで元本割れさせといて配当を出すのかどういう理論なのか説明してください。 自分の元本で自分の配当を出してたらそりゃ元本減りますよ。さらにそこから証券の営業マンの給料を引いたらそりゃ元本が減っていって当然ですよね。 元本割れさせて配当が出る不思議な金融業界の常識の理屈を説明してください。 お前たちを食わすためにこっちはお金を投資信託に預けてるわけじゃないんだぞ! えー100万円と言った前述の金額は仮であって実際の金額は桁が違いますので100万円ごときでゴタゴタ抜かすなカスという回答は受け付けませんのであしからず。

  • 株式投資は「ゼロサムゲーム」か

    アメリカでは、学生のころから株式投資の教育をやっているようです。日本もそれにならえとはじめているところもあるように(おぼろげながら)聞いています。私は、株式投資は、ゼロサムゲームであり、儲ける人がいると反対に損する人が必ずいると考えていますがどうでしょうか。もちろん、長期的に見れば、物価の値上がりや株主優待などがあり、分かりにくくなるかもしれませんが、デイトレードのような短期的な投資は、ゼロサムゲームに近いものになってしまうと思うのですが。  たとえば、固定資産のような財産ゼロの10人が、1万円ずつ持っているとします。その人たちがデイトレードをして、ある人が9万円儲けたら他の人は、9人とも0円になっているはずです。  私が言いたいのは、一つは、額に汗して働かないであぶく銭を稼ぐ方法を子どものころから教えないでいいのではないか、ということと、もう一つは、株式で設ける方法の本や講演会がいかに多いことか、設けるも損するも(短期的には)確立50%です。皆儲けることはないばくちですといえるのではないか、ということです。  株式投資は、リタイアした大人の長期的な資産運用の場だと思うのですが。

  • ゆうちょの投資信託を始めようと思うのですが

    今の時代、定期預金に預けても金利が付かないので、何か少しは資産を増やせないかと思っています。 で、先日、ゆうちょに少し貯金したときに、投資信託を薦められました。 色々な商品があり、投資の基本も理解していないのですが、バランス型の安定コース、分配コース、成長コースが良いのではないかと言われました。 投資は元本割れが怖くて手を出さなかったのですが、一時的に元本割れしても回復するまで待つ事が出来れば損をすることは無く、それとは別に分配金も貰えるので、定期よりはずっといいと言われました。 今、自由になるお金は500~800万円くらいで、特に必要になる予定もないので、預けてしまおうかと思っています。 こちらでアドバイスをもらってから、ゆうちょで詳しい話を聞いて決めようと思うのですが、知っておくべき事柄用語、ホームページなどがありましたら教えてください。 ゆうちょは手数料が安くて賞を取ったとも言ってました。 他の商品と比べてもゆうちょはお勧めでしょうか?

  • 株や投資の勉強を要求してくる彼について

    こんにちは。私は24歳女性・社会人3年目、彼は同い年で今春から社会人になります。 彼とはゆくゆくは結婚も考えていて、お互い親にそれとなく話しています。 最近彼が、株や投資の勉強をすることを要求してきます。 彼は、「銀行にお金を預けるだけじゃお金はなかなか増えないし、自分の給料はそんなに多くないから、資産運用で財産を増やしたい。そのために勉強しなくてはいけない。」と言っています。 彼のこの考え自体は悪くないと思いますが、問題は私にもその勉強をすることを要求してくることです。 私は理系で経済に関することは全くの素人です(彼も理系で経済に関することは素人です)。不勉強だからかもしれませんが、投資して元本割れしたりとか、余計に損するんじゃないかとか、彼が投資に息まいてる姿を見て多少不安を感じています。 また、投資に関する勉強をしている時間があったら、自分の職業上の専門分野の勉強をするか、趣味に時間を費やしたいと思っています。 彼に「あなたが資産を増やす勉強をして、私が資産を減らさないよう節約の努力をすればうまく家計がまわるじゃない」と言ってもあまり納得してくれません。一緒に資産運用の勉強をして欲しいようです。 話の流れで5月末のFP3級試験は一緒にうけることになって、その勉強はしていますが・・・それ以上はちょっと負担だと思っています。 彼の機嫌を損ねないようにうまく彼の要求をかわすいい方法はないでしょうか? あと、素人がゼロから勉強を始めて株や債券や投資信託に手を出したとして、そんなに資産って増えるものなのでしょうか?資産運用の勉強に費やす時間に対する効果が不透明なので、あまり勉強する気が起こらないです・・・

このQ&Aのポイント
  • EP-807AWプリンターは余白なしに印刷できるのか疑問です。
  • EP-807AWプリンターの印刷設定には余白なしのオプションはありますか?
  • EP-807AWプリンターの特徴や印刷機能について知りたいです。
回答を見る