• 締切済み
  • 困ってます

老齢基礎年金

質問します。現在63歳で60歳で定年で今再雇用で働いております。 63歳になった月より老齢基礎年金を支給されています。 年末調整の時、去年もそうですがこの年金分を会社に提出する年末調整書類に記入しませんでした。今年もそうです、うっかりしてました。こちらか記入しなくても会社、または年金事務所等で把握していて問題ないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3

老齢基礎年金の支給は65歳からです。もちろん繰上げ受給も可能ですが、63歳から支給されているとすると、「特別支給の老齢厚生年金」なのではないでしょうか。 いずれにしましても、年金収入は雑所得になって、年末調整の対象外ですから勤務先に知らせる必要はありません。知らせたとしても何もやってもらえません。ご自分で確定申告してください。 下記リンク先のフローチャートにしたがって、確定申告要否をご判断ください。1年間分の年金受給額と給与所得を計算する必要があります。たいていの場合、勤務先でやってもらう年末調整に加えて確定申告をすることになります。確定申告をすればその情報が市区町村に送られますから、住民税の申告をあらためてやる必要はありません。 https://www.nta.go.jp/about/organization/takamatsu/release/hodo/hodo_24/24kakusihin/pdf/nenkin.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • y-y-y
  • ベストアンサー率45% (2846/6295)

> 63歳になった月より老齢基礎年金を支給されています。 現在63歳という事は、昭和33年生まれか34年生まれの男性も女性も、日本年金機構の老齢基礎年金は、支給開始は65歳からです。 したがって、63歳から老齢基礎年金を支給という事は、momodesuさんは希望して「老齢基礎年金の繰り上げ支給」をされたのですね。 ● もしかて、momodesuさんは、男性の63歳からの老齢厚生年金(厚生年金の年金支給時の名前)と間違えていませんよね? 老齢基礎年金(国民年金の年金支給時の名前)と、老齢厚生年金(厚生年金の年金支給時の名前)の支給開始年齢の表です。 https://www.daiwahousegroup.com/nenkinkikin/files/538/%E5%B9%B4%E9%87%91%E6%A9%9F%E6%A7%8B%EF%BC%88%E6%94%AF%E7%B5%A6%E9%96%8B%E5%A7%8B%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%9B%B3%EF%BC%89.pdf 厚生年金に加入履歴が有ると、生年月日によっては60歳~65歳の間に、特別支給の比例報酬部分(原資は厚生年金から)が支給されます。 > 年末調整の時、去年もそうですがこの年金分を会社に提出する年末調整書類に記入しませんでした。 税金の計算の期間は、1年ごと(1月~12月)に区切ります。 年金を支払ったという年金の「源泉徴収票」は、今年の分は、来年1月の半ばごろに来ます。 つまり、今年の1年間の年金は、今年の年末調整には間に合いませんから、来年の2月からの確定申告しかありません。 今年の年末調整の結果は、給料の「源泉徴収票」が、来年1月に会社から渡されますから、年金の今年の「源泉徴収票」も来年1月に郵送できます。 両方の「源泉徴収票」を一緒に確定申告をすると、両方の「源泉徴収票」に記載の所得税の合計金額が、だぶん「若干の減額」となるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

年末調整は年金を受給しながら働いている社員のためにも行われます。 ただし、年末調整を行うだけで終わりではなく、その後、確定申告が必要となります。 なぜなら、年金による収入は「給与所得」ではなく、「雑所得」に区分されるため、年末調整の対象外であるからです。 給与所得分の年末調整が終わり、源泉徴収票が交付されたら、年金受給者自身で確定申告を行わなければなりません。 この雑所得に区分される年金は、「公的年金等」と「公的年金等以外」に分けられます。 公的年金等 1. 老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金・退職共済年金など) 2. 恩給 3. 企業年金・個人型の確定拠出年金など 4. 国民年金基金・適格退職年金・確定給付企業年金・企業型の確定拠出年金など ※障害年金・遺族年金は非課税扱いのため除外されます。 公的年金等以外の年金 1. 保険型の個人年金(生命保険契約・生命共済により受給する年金) ※財形年金貯蓄の場合は非課税扱いのため除外されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 老齢基礎年金について教えてください

    高校卒業後18歳から現在65歳まで同じ会社で働いていました。 老齢基礎年金は777,800円との試算です。 満額は780,900円です。 何故私は満額の老齢基礎年金が支給されないのでしょうか?

  • 85歳老齢基礎年金について

    現在85歳ですが老齢厚生年金は支給されているのに老齢基礎年金は支給されていません。なぜでしょうか。

  • 妻の老齢年金

    私は会社員(厚生年金加入)、妻は第3号です。 定年まで在職すれば、65才以降老齢厚生年金及び妻の老齢基礎年金が支給されると思いますが、万が一66才に私が死亡した場合は、その後妻が受け取れるのは、老齢基礎年金だけになってしまうのでしょうか?

  • 老齢基礎年金の受給権者とは?

    国民年金の遺族基礎年金についておたずねします。 死亡した者の要件として、以下のものがあります。 1.被保険者が、死亡したとき 2.被保険者であった者で、日本国内に住居を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるものが、死亡したとき 3.老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき 4.老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者が死亡したとき 3の『老齢基礎年金の受給権者』とは、具体的にどのような人が該当するのでしょうか? 保険料納付済期間や年齢によって判断されるのでしょうか? (保険料納付済期間が40年であり、かつ、65歳以上の人? 老齢基礎年金の支給を受けていない人?) また、既に老齢基礎年金の支給を受けている人については、この死亡した者の要件に該当するのでしょうか? (老齢基礎年金の支給を受けている人が死亡しても、遺族基礎年金は支給されない?) よろしくお願いいたします。

  • 障害基礎年金と老齢基礎年金

    こんにちは 私は現在障害基礎年金2級を支給されています。 今の制度のままと仮定すると 私が65歳になったとき 老齢基礎年金と障害基礎年金の両方が支給される のでしょうか? 教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 老齢、遺族基礎年金について教えて下さい。

    細かい質問ですが次の点を教えて下さい。 (1)老齢基礎年金は480月で79.45万円ですが、480か月以上の保険料納付は老齢基礎年金についてはメリットがないのか?(480月以上収めても老齢基礎年金は増えないのか)(2)遺族基礎年金と寡婦年金及び遺族基礎年金と死亡一時金の併給は可能か?(3)定額部分の繰上げ調整は老齢基礎年金の一部繰上げのの場合のみセットで適用されるか。以上宜しくお願いします。

  • 老齢基礎年金と老齢厚生年金

    老齢基礎年金は国民年金 老齢厚生年金は厚生年金 を払っていた型がもらえる年金と理解しています。 男子 36年4月2日 女子 41年4月2日以降の人は、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金から 支給されると書いてありました。 サラリーマンのほとんどが、第2号被保険者であり、厚生年金の加入者かと思います。 そういった方は、ほとんどの方が国民年金に加入した時期(第1号被保険者、第3号)がないと思います。 なぜ国民年金の老齢基礎年金から、年金が支払われるのでしょうか? 下の図と関係があるのでしょうか。。払ってないとこから支払われるのは、よくわからないです。 第1号被保険者    第2号被保険者           第3号被保険者          |  厚生年金保険   共済年金  | 国民年金   |  国民年金              |  国民年金

  • 老齢基礎年金について?

    母が3年ほど老齢基礎年金の手続きをしておらず役所へ行った所、3年分を一括で支給出来るようです。そこで月2万ほど今後支給されるのですが、3年分を一括で大体20万ほどらしいのですが、月に2万ほど貰えるなら少ない金額ではないでしょうか?2万x36ヶ月なら60万ほど支給されないのでしょうか?現在は遺族年金暮らしです。

  • 障害基礎年金と老齢基礎年金の受給の選択について

    こんにちは、質問させてください。 1、障害基礎年金の受給を申請するにあたり、老齢基礎年金で受給する年金額とを比較して多いほうを選択するという年金受給選択申出書を提出しましたが、この比較対象は老齢基礎年金に振替加算額をプラスした金額なんでしょうか。 なぜ気になるかと言いますと 母親は現在65歳ですが、1ヶ月ほど前のまだ誕生日が来ていない64歳のときに障害基礎年金の受給の申請をしました。 母親は結婚前に働いていて厚生年金を払っていた期間3年間と結婚して第3号被保険者としての期間33年間の合わせて36年間国民年金を払っていたようです。計算しますと707,850円となります。 そして母親は65歳となり様々な条件を満たしているので振替加算として99,900円が付くようです。 合計807,750円となります。 障害基礎年金2級の支給額は786,500円ですので、単純に比較した場合、老齢基礎年金プラス振替加算(807,750円)のほうが多くなります。 2、ただ、金額は老齢基礎年金プラス振替加算のほうが多いですが、障害基礎年金は非課税ですので、障害基礎年金のほうが実際に受け取る額としては多いと思うんですが、どちらが支給されるんでしょうか。 1と2の質問に回答いただけますでしょうか。よろしくお願いします。

  • 老齢基礎年金の満額受取について

    来年60歳で定年退職の予定です。保険料滞納の期間は無いのですが、厚生年金(国民年金)の加入月数は、440月で老齢基礎年金を満額受取る480月には足らず、65歳からの老齢基礎年金は満額受取ることはできません。定年後適当な仕事が見つかることは期待できず、働く予定はありません。そこで、老齢基礎年金を満額もらうために、定職後、65歳まで間に、国民年金に「任意加入」し、残りの40月分の保険料を払えば、老齢基礎年金を満額受取ることは可能でしょうか。また、残りの分を一括して支払えば割引があるのでしょうか。 それとも、65歳以降、何年生きるかもわからないので、損得勘定でいえば、無理に支払うべきでないかもお教え願います。また、家内は2歳年下であり、少なくとも、残り2年間は国民年金保険料を支払う必要がありますが、その関連もあり、どうするのが一番得策かをお教え願います。