• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

以下の英文の解釈をお願いいたします。

以下に全文を書きます。 Law functions as a means of directing and imposing restraints upon human activities and it must therefore seem something of a paradox that the idea of freedom can be embodied in the law. The answer to this seeming paradox is to be gathered by directing attention not on man solely as an individual living in an unrestricted state of nature, but on man as a social being living a life of complex relationships with the other members of his community. 質問したいポイントは、 (1)一文目の[that]は従位接続詞、同格をあらわす[that]ですか? どう考えてもこれ以外には思えないのですが、訳出の際にうまく意味が通りません。 一文目の訳は、 「法律は指示を行い、人間の活動に対し制約を課す手段として機能する。 それゆえに法律は、自由という概念を自らのうちに具現化し得るという ちょっとした矛盾であるか膿瘍に思われるに違いない。」 となりましたが、どこか問題はないでしょうか? (2)二文目の”not on man solely as ~”の部分について、これは[not only~ but (also)]と解釈してよいのでしょうか? ”not solely on man as ~”と表現されてないので、もしかして[not~but~] の解釈にすべきなのか、判断できません。 以上の二点について教えていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数312
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

#4 です。 >It seems C that ~の構文について、Cの部分に >形容詞ではなく、名詞(something of a paradox) >があるわけですが、この場合形式主語構文は成立 >するのですか? 「It seems (名詞) that ...」については、全く違和感のない表現だと思います。特に、この名詞の部分に来るのが「paradox」のような語である場合には。 書いておられる「It seems to be (名詞) that ...」と「It seems (名詞) that ...」とは、ほぼ同じ意味です。語感としては「to be」が入っているほうがやや固い感じがします。 (Googleで検索してみたところ、「it seems a paradox that」が約210件、「it seems to be a paradox that」が約71件ヒット) よって、 >形式主語構文は成立するのですか? とのご質問の答えは「Yes」です。 英語の構造として、補語として形容詞が来る場合には文法的に正しいが、そこに名詞が来る場合には文法的に誤りになるという例はあまりないのではないかと思います(少なくとも、すぐには思いつきません)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 「It seems to be (名詞) that ...」について、seems to beは助動詞もどきの意味(~のように思われる)なのでbe動詞に変換して考えると、It is (名詞) that ...となり、構文的におかしいと、そう思って、it is (形容詞) that ...ならいけるのになあ、と感じたわけなのですが、いかがでしょうか?やっぱり根本的に間違えてますかね?

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

#1です。時間を置いてしまったので解決済みかもしれませんが、補足してみます。 (1) It seems A that~.の構文というのは、形式主語の構文というつもりで書きました。It seems clear that~.のようにSVC型のseemが形式主語の構文を取ることはよくあります。問題の文のthat節をparadoxとの同格節と考えるとitが前文のlawを指すことになってしまいますが、「法律が逆説である」とすると#4の方が言っておられるように意味が通りませんし、そこが気持ち悪いというのがご質問の趣旨かと思います。「(信仰の自由とか武器を持つ自由など)自由という考え方が法律の中に入っていることは、(本来法律が人の自由を制限することから考えると)ある種逆説に見えるに違いない」の方がすっきりしてますし、次の文とも自然につながります。どうでしょうか。 (2) solelyは構造上はas~を修飾しています。「人間を単に自由に生きている個体として見るのではなく」というようなことです。not only A but Bの構文であればAもBも両方肯定しますが、not A but BではAを否定してBを取ってるはずです。問題の文章では、法律が自由という概念を含むのはなぜかを考えるときに、自由に生きている個体というだけの人間観には目を向けず、社会的な存在としての人間を考えないといけない、とAを否定して筋が通ります。not on ... but on ...というきれいな対比の形を信じていいと思います。 not only(solely)ではnotはonlyを修飾していると考えると、なぜ二つがくっついてないといけないのかわかります。問題文のsolelyはman as~という名詞句の中にあります。こういう位置のsolelyに対して名詞句の外から修飾することはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧な解説ありがとうございました。貴重な時間を割き、とてもわかりやすく解答していただいたこと感謝しております。 ただ疑問が残ったのですが、It seems C that ~の構文について、Cの部分に形容詞ではなく、名詞(something of a paradox)があるわけですが、この場合形式主語構文は成立するのですか? たとえばit is {adj} that S V~.は成立しますが、it is {n} that S V~が成立するのはthat節以下において脱落した品詞を補う形であれば、強調構文として捉えることになりますよね。(Cにどの品詞が来るのかという問題としての疑問) 私はIt seems to be {n} that ~と捉えてしまったのですが、(確か{n}に程度を表す品詞が存在すればto beを省略できるのでは、と思ったわけです) おそらくseemの用法についての勉強のなさが問題だと思うのですが、もしよろしければ上の質問に関する回答をお願いいたします。下手な文章で申し訳ないです。

  • 回答No.4

(1)について  従位接続詞、同格という文法用語は私にはわかりませんが、「it must therefore seem」の「it」はどう考えても「that the idea of freedom can be embodied in the law.」を指しているでしょう。でないと意味が通りません。  質問者さんは、「it」が「law」ではないかと書かれていますが、「Law functions as a means of directing and imposing restraints upon human activities」であるが故に法律がparadoxであるというのは変ですよね。  法律は人に制約を課すものであるから、自由が法律の中にembodyされているのが、一見、paradoxなのです。 (2)について  他の回答者の方々が書かれている通り、これは、よくある 「not only (A) but (B)」の意味ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。(1)は形式主語構文で、(2)はnot A but Bの意味でとるのだということがわかりました。

  • 回答No.3

(1)同格と捉えていいでしょう。「自由という概念を自らのうちに具現化し得るという逆説のようなものに思われるに違いない」 (2)下の3行: not on man solely as an individual living in an unrestricted state of nature, but on man as a social being living a life of complex relationships with the other members of his community において、大きくnot on man ~ but on man ~の対比が現れています。uniamikarukさんはこれをnot only~ but (also)~と絡めたいようですが、残念ながらnotとonlyの間に他の要素が挟まってはいけません。 (動詞の場合は別です。notがdon't, didn'tなどの形で、動詞に前置することがあります。しかし、本件には適用されません。) 「ただ~としてだけではなく、~としての人間に…」と続きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。最終的な答えとして(1)は形式主語構文みたいです。(2)はnot A but Bの意味でとるのだということが貴方の回答からわかりましたが、最後の一文の訳ではnot only but alsoのような意味に見えます。「単に~としての人間にではなく、…としての人間に注意を向ける」としたらいいのでは?と思いましたが、どうでしょうか?日本語の問題になってしまうのですが。

  • 回答No.2
  • pjman
  • ベストアンサー率48% (31/64)

文法的にどうご説明したらいいのかよくわかりませんが、同格ということでよいのではないでしょうか。 「that以下という "paradox"」と訳せばよいと思います。 法律は人間の活動に対し、命令を行い、制約を課す手段として機能する。「従って、法律があるからこそ、自由という概念が具現化するというちょっとした矛盾のように見えるに違いない」 と考えたらよいのではないでしょうか。 (あまりきれいな訳になっていませんが^^;) つまり、制約も何もない状態で自由奔放に振舞っても、それは自由ということにならないということかと思います。 制約がある中でこそ、初めて自由という概念が生まれる(概念を認識できる)のだと思います。 後の文章をきちんと見ていませんが、それでつながりませんか? へたな説明ですみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。最終的な答えとして(1)は形式主語構文みたいです。♯5の方が詳しく説明をしておられます。そちらを参照すると、形式主語構文で訳もしっくりくるようです。

  • 回答No.1

(1) it (must) seem ... that~の構文でitがthat以下を指すと考えるといいです。→「that以下のことは一種逆説に見える」という感じです。 (2) onlyが入っていないのでnot A but Bの構造です。direct attention on~で「~に注意を向ける」のon~の部分を並列してます。→「~ではなく...に注意を向けることによって」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

補足です。 it (must)seem A that~という言い回しはないと思います。私は"it (must)seem to be something of a paradox"と解釈したわけですが、訳に疑問が残りました。 また、onlyは入ってませんが、solelyがあります。これをどう解釈するかなのですが。

関連するQ&A

  • 英文解釈お願いします

    But in 1925,Tennessee Christians had gotten a law passed that said it was unlawful for any teacher to teach any theory that denied the story if the Gods creation of man as taught in the Bible. 訳と構造分析お願いします

  • 英文解釈について:That there was 〜

    添付ファイル文章: That there was no law of nature that man should love mankind, and that, if there had been any love on earth hitherto, it was not owing to a natural law, but simply because men have believed in immortality. Ivan Fyodorovitch added in parenthesis that the whole natural law lies in that faith, and that if you were to destroy in mankind the belief in immortality, not only love but every living force maintaining the life of the world would at once be dried up. に関する質問です。 1. That there was no law of のThat は接続詞として、 前文から引き継いで、「要するに」 という使われた方をしているという理解で合っているのか自信がないです。 2 and that, if there hadとand that if you were のthat はand that で、「しかも、その上」 という使われ方をしているという理解で合っているのか自信がないです。 3. if you were to destroy in mankind the belief in immortality, 「もし、我々が不滅/永遠への信仰を捨て去るようなことがあれば、」と in mankind をどのように解釈すればいいのか分かりません。位置的に変なところにあるように感じ、どこを修飾している語なのかよくわからないです。 belief の後にin mankind とすると 「人類への信仰、信念」となって 理解しづらい表現を解消するための並びなのかな?と疑問です。 この見立てが合っているのかも自信がないです。 「人類において、/人類における永遠への信仰を捨て去るなことがあれば」 のように理解してあっているのか自信がないです。

  • 英文解釈お願いします””一部だけでも本当にありがたいです!宜しくお願いします#

    【終わりに】 1、人身取引問題はとても複合的な問題であると思う。 2、国境を越えたヒト・モノ・カネの容易化が人身取引に拍車をかけたとも言えるのではないだろうか。 3、被害者を人間と扱わない人身取引という犯罪は人権を重視する現代社会において許される行為ではない。 4、こうした犯罪を放置することは、国の威信に関わることだと思う。5、私は今まで日本の人身取引の実情を正確に把握してなかった。 6、今はそのことが恥ずかしくて仕方がない。 7、これまで政府をはじめとする機関の活動を中心に話してきた。 8、しかし、何より大切なのは私たち一人一人の意識であると私は思う。 9、いくら素晴らしい法律が存在して、犯罪するものを阻止し検挙し、被害者のケアが万全だとしても被害者が出ることに変わりはない。 10、それよりは私たち世界中の人々がこの人権問題を真摯に受け止め 考えることで、将来加害者となる可能性のある人間を一人でも多く作らないことが大切なことなのではないだろうか? 【Conclusion】 1、I think that human trafficking problem is a very compound problem. 2、It may be said that development of the globalization accelerated human trafficking. 3、As for the modern society making much of human rights, human trafficking which does not see a victim as a human being is not a permissible act. 4、It would be shameful for us to leave such a crime. 5、I did not know the fact of the human trafficking in Japan precisely so far. 6、It can not help being shameful now. 7、I talked mainly on the activity of the government so far. 8、However I think that it is the most important for us to be conscious about this problem above all. 9、Even if there is a perfect law, it is unchanged that a victim does not disappear perfectly. 10、I think that it is important for all of us in the world not to create another possible offender any more in the future by taking rather the human rights issue seriously than the law.

  • 英文解釈なのですが

    英文解釈の問題なのです。 What is an idea? It is not just a word, nor is it a string of words. Words are performing their highest function when they express ideas, but they do not constitute the ideas they express. This is clearly shown by the fact that different persons all using the same word may not have the same comprehension of the idea which that word express. but 以下のthey do not constitute 以下なのですが、訳はできるのですが、意味がいまいちはっきりとわかりません。いったいどういうことを述べているのでしょうか。英語力のあるかた、よろしくお願いいたします。

  • 英文和訳と英文解釈を教えてください。

    次の英文の和訳とできれば文法解釈をお願いします。 文法的にあやしいような気がします。 出来る範囲でかまいません。教えていただければ助かります。 Beyond this regulatory aspect which is not similar in your company, efficiency of that part remains an important matter difficult to manage because of low preventive change level in normal operation. 宜しくお願いします。

  • 英文解釈をお願いします。

    Bの解釈に悩んでいます。和訳をお願い致します。。 A:Okay, let’s go through your wardrobe. It’s kind of slim pickings in here. B:I don’t think I’m as clueless as I look when I walk out of my house. It’s more that I just don’t have anything. A:You wear things that make you feel comfortable……that look good on your frame. A:Because you have, what you think, is an unusual body.  And I’m telling you, it’s not as unusual as you think.

  • 英文解釈

    こんにちは早速ですが、英文解釈の質問をします。 ・Little did the humble parents think at the time of that sorrowful parting, that their modest child was destined to become the most famous man of his age. thinkの目的語とカンマ(同格?)の役割を教えてください。 ・We leave undone those things which we ought to have done. 強調構文でSVCOの順になることはあるのでしょうか? ・It is not the reading of many books that is necessary to make a man wise or good, but the well-reading of a few, could he be sure to have the best. could以下の構文・訳がわからないです。詳しくお願いします。

  • 次の英文を翻訳お願いします。

    Hmmm... I'm not sure if you are asking if I dislike men who make money on the stock market but that's how I'm going to take it. I feel that as long as the man is making a living and enjoys what he is doing than that's the right job for him. So no I don't hate men that make money that way. Your town sounds lovely from what I've read online. よろしくお願いします。

  • 英文解釈

    That a man's business, be it of any kind, must be done, and done promptly, is a truth acknowledged universally. という文ですが、 (1)be it of any kindはeven if be of any kind の倒置と省略が行われているとまではわかりましたがなぜ「is」でなく「be」なのかがわかりません。おそらくあとに続く文が「must be」だからでしょうか?だとしたらいつも必ずそういうふうになるのでしょうか? (2)That ~is a truth acknowledged universally.という構文ですが、このThatの名詞節についてなんですが、Thatを先頭につければ「~ということ」のように名詞節になり、主語になるのですか? よろしくお願いします

  • 以下の英文の解釈をお願いいたします。Part1

    以下の文章に関する解釈をよろしくお願いします。 質問したいポイントは下に記載してます。 The burden of choice that freedom imposes, the responsibility for one's own fate that a free society places on the individual, has under the conditions of the modern world become a main source of dissatisfaction. To a much greater degree than ever before, the success of a man will depend not on what special abilities he possesses but on these abilities being put to the right use. In times of less specialization and less complex organization, the problem of finding an opportunity for putting one's special skills and talents to good use was less difficult. (1)第一文目に関して、imposesの後にある「,」は言い換えのため使われていると考えていいでしょうか? (2)第二文目に関して、ever beforeという単語がありますが、everがbeforeを強調していると見ればいいのでしょうか? また、その後に出てくるwillはどの用法のものでしょうか?それ以降の文章(Part2にて)から考えて、最適な訳を教えて欲しいです。 (3)以下の全文和訳について、構造を読み誤っていたり、日本語としておかしい点、またこのように訳した方がよいという点などがありましたらご指摘下さい。 「自由により強いられる選択という重荷、つまり自由な社会が個人に課す、自分自身の運命に対しての責任は、現代社会のさまざまな事情の下で不満の主な発生源となった。これまでよりもより高い程度で、人の成功は自らが持つ特殊能力すべてにではなく、正しい使い方をされているこれらの能力に、依拠するだろう。専門家や組織化が現代より少なかった時代には、人の特別な技術や才能を適切に使用する機会を見つけることはそう難しくはなかった。」 長くなりましたがどうぞよろしくお願いします。