• 締切済み
  • 困ってます

三菱インバーター アドバンスト磁束ベクトル制御につ

三菱インバーターのE700シリーズにあるアドバンスト磁束ベクトル制御を使用すると低域の周波数6Hzぐらいで電流値が定格値以上に上昇してインバーター異常が発生します。V/F制御でトルクブーストを落として動かせば回避出来るのですが、アドバンスト磁束ベクトル制御ではインバーターが低域でのトルクを上げる為に自身で電流値を上げてコントロールしている状態と言う事でしょうか? また、これを回避出来る方法はインバーター側で何かありましたら御教示願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数105
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

そもそも何で6Hzの超低速で回すの? 回さなきゃならんの? デフォルトでDCブレーキON周波数は3Hzなんだけど? よーするにほとんど停止状態の速度 ファン、ブロア、ポンプでは低速過ぎて何も流れない つまり、風水機械ではないと推定可能 旋盤、フライス盤、ボール盤等の可能性も無きにしも非ずですが 通常では適切な変速ギアを選定してそれなりの回転速度を確保できる よーするに工作機械の可能性はかなり低いと憶測できる コンベアの可能性も無きにしも非ずですが 何もわざわざそこまで低い速度で回し続けなければならない理由など無く 停止させてしまって、間欠運転させるだけの話 よーするにコンベア類の確率は低い 残るは印刷機か?繊維機械か? 高速印刷の事例は沢山知ってるけど超低速印刷の需要は知りません 繊維機械の長いラインとかだと同期ローラの一部は低速状態で放置される事例は少なくない ただ、それらでも低速時の駆動トルクは低い(トルクは回転速度に概ね比例する) つまり、低速域では電流は少ないハズではある 低速で高トルクが必要なのはカレンダロールとかの所謂ロールプレスの類か? https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/drv/tencon/pmerit/case/index.html https://kikai.nippon-roll.co.jp/products/plastic/calforplastic >アドバンスト磁束ベクトル制御ではインバーターが低域でのトルクを上げる為に自身で電流値を上げて 結果的にはそうなりますが ベクトルインバータの「ベクトル」とは何か?ですが ベクトル計算して駆動に必要なトルク電流値を計算して出力してるんです https://jeea.or.jp/course/contents/07121/ 逆に言えば必要な電流値を計算して出力してるんだから、過電流で過負荷になるはずなど無い 通常、インバータ駆動で過負荷になるのは インバータの内部演算が追従できないほどの急激な負荷変動 或いは、急激な加速か減速 もしくは、最初から無理な巨大な負荷か で、負荷は何? モータ容量、インバータ容量は何kw? 過負荷になった時の電流値は何A? 加速中か?減速中か?まさかの定速時か?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 磁束ベクトル制御

    インバータの出力周波数にかかわらず、モータの磁束が所定の値になるようにインバータ出力電圧を制御することにより、トルク特性を改善し低周波数域から高周波数域まで定トルク特性を得る制御。 と説明文をインターネットで見つけましたが、意味がいまいち理解できません。モータに加える電流は、励磁電流と電機子電流で、励磁電流を一定にしてやることでトルクを一定にしてやるという解釈でいいのでしょうか??VVVF方式だと低周波数では、電圧が下がり、トルクはその2乗に比例するため、磁束ベクトル制御だと、低周波数でもトルクを一定に制御できるということ??

  • インバーターの設定

    コンベアーで定格200/220V 60Hz 定格電流3.6A/60Hz 0.75kWのモータを三菱のFR-E720-0.75kwのインバーターにつないで、アドバンスト磁束ベクトル制御で周波数変動幅が6Hz~70Hzで使っています。 個の場合インバーターの設定でモーターの定格が200/220Vの場合インバーターの モーター定格電圧設定(パラメーター83)は200Vと220Vと、どちらにした方がいいのでしょうか また、200Vに設定するのと220Vに設定するのとでは 同じ周波数動作の場合、モーターのトルクは変わるのでしょうか

  • インバータにおける磁束ベクトル制御について

    汎用の旋盤・フライスを三菱 FR-D720にて動かそうとしています。 インバータの機能として汎用磁束ベクトル制御とトルクブーストがあり、どちらも低速トルクの向上がうたわれていますが違いはなんでしょうか? また汎用磁束ベクトル制御は若干の回転ムラがあり、研削盤などには使うなとありますが旋盤やフライスに対してはいかがでしょうか? 三菱の技術相談に聞くのが一番ですが、ご経験などありましたらお聞かせください。

  • 回答No.2
  • xitian
  • ベストアンサー率33% (928/2807)

 モーターの側には低速回転を禁止する規格があります。たとえば昭和のブロアでは10Hz未満の運転は禁止と取説に記載があります。空冷の機能が不足するためだと理解しています。  低速や低加速では、そうでなくてもインバータがストールしやすくなります。E.OLT「ストール防止による停止」というエラーが出る理屈は、 ・過電流を検知すると周波数を下げて電流を低くする機能がある。 ・周波数が1Hzまで下がって3秒待ってもなお過電流の時E.OLTを発報する。 だそうで、過電流の電流の基準を上げてしまえばこれが出にくいので、 Pr.22 ストール防止動作レベル 150%→200% とする手があります。これによって、定格電流の2倍になったとき初めて周波数を下げる制御が行われます。三菱の電話サポートに聞いたところ、インバータの側の事情としては200%に設定して問題ないそうです。三菱のインバータの電話サポートは声もかわいいし答えられないことが無く最高です。  E.OV1「加速中回生過電圧遮断」が出る場合は、FREQROL-D700取扱説明書(応用編)よると、 ------------------------------  加速度がゆるやかすぎないか。(昇降負荷で下降加速時など)  Pr.22 ストール防止動作レベル を小さく設定しすぎていないか。  負荷イナーシャが大きい用途で、ストール防止が頻繁に動作していないか。 処  置  加速時間を短くする。  回生回避機能(Pr.882、Pr.883、Pr.885、Pr.886)を使用する。(221ページ参照)  Pr.22 ストール防止動作レベル を適切に設定する。  Pr.154 ストール防止動作中の電圧低減選択 =“11”に設定する。(80ページ参照) ------------------------------ だそうで、これも上記Pr.22 150→200で対応できます。 そのほか、電源断後自転中に再起動すると異常が出やすいですが、 154ストール防止動作中の電圧低減選択 11 162瞬低再始動動作選択 10 882回生回避動作選択 1 などとやっています。保証はしないので確認してやってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

うまく解決できるとは断言できませんが、インバーターの機能 に「オフラインオートチューニング」と称する機能があります。 「アドバンスト磁束ベクトル制御」を使用する場合、モ-ター 固有の定数を実際に接続して運転するモーターに合わせて設定 する必要がありますが、これを自動的に設定する機能が「オフ ラインオートチューニング」だろうと思います。 詳しくは、インバーターの取扱説明書に設定方法を解説した頁 があると思いますので、探して設定することをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

チューニングで解決しました。有難う御座いました。

関連するQ&A

  • インバーターF/V制御、ベクトル制御の選択の件

    粉砕機(ローラーミル)にインバーターを設置しました。F/V制御とベクトル制御とありますがどちらを選択すればよいでしょうか?モーター15KW。インバーター18.5Kw。定格周波数50Hzを40~50Hzの間で運転したいです。

  • モータのベクトル制御について

    今晩は、 モータのベクトル制御について、教えて下さい。 1、 ベクトル制御の原理は、「電流位相」を制御して行う。すなわち励磁電流を一定にして、変動するトルクに合わせて、トルク電流を変えることと理解しております。すなわち、「電流」を制御する。 2、 一方、実際には、モータを制御するのは、電圧型インバータであり、インバータ出力の「電圧振幅」「電圧周波数」「電圧位相」を調整して、目的の回転速度、トルクに制御しているはずです。 原理は、「電流」位相を制御するはずなのに、実際はインバータの「電圧」を変化させてモータを制御している。この溝は、どのようにして埋まっているのでしょうか?また上記の考え方で間違いがあれば、訂正願います。

  • 磁束弱め時のトルク指令の求め方

    トルク指令の値を計算で求めたいのです。 制御方式は磁束ベクトル制御です。 トルク電流=磁束*トルク指令の式で求められると思いますが 定格速度以上の磁束の求め方がわかりません。 例えば 定格速度:1000r/min 最高速度:2000r/min トルク電流:50% わかる方がいればよろしくお願いします。

  • 単相100Vモータのインバータ制御について

    無知なんですが、皆さん教えて下さい。 単相100Vインダクションモータをインバータ制御しようと 思っているのですが、その時、必要回転数の周波数に設定した時の 電流値を測定したいです。(モータの負荷状態を知りたいため) メーカーからは周波数で回転数を制御しているため、電流値を測定しても インバータとモータの間(二次側)の電流値は一時側とほとんど変わりが ないので測定しても意味が無いと言われました。 設定回転数まではトルクが上がり、電流値も上がると思うのですが、 なぜ電流値があまり変わらないのでしょうか? また、上記に関連して・・・・ ・周波数と電流値の関係を教えて下さい。 ・また、電流値を測定し、そのデータをパソコンに取り込む方法も ご教授下さい。宜しくお願い致します。

  • 交流モーターのインバーター制御について

    交流モーターのインバーター制御についていくつか教えて下さい。 1.60HZで通常運転している交流モーターを  インバーター制御で周波数を60HZ以上にしてもよいか? (モーターに負担はかからないのか?) 2.周波数を上げると電流値はどうなるのか?

  • インバーター制御の電流について

    3Φ3W 出力15KW 入力電圧200V 力率1.0 のモーターをインバーター制御で運転した場合 周波数60Hzの場合の電流は約43.3Aですよね? I=15000/(1.73*200)=43.3 周波数が30Hzの場合の電流ははどう計算するのでしょうか?

  • インバータ制御

    インバーター制御とありますが、周波数を変更するとまでわかるんですが、周波数を変更するとなぜモーターなどの、回転数が早くなったり遅くなったりするのかわかりません。教えてください。

  • 昇降装置でのインバータの制御方法について

    昇降装置でSEWのモーター、三菱のインバータを使用して、低速、高速の切り替えを行っています VF制御の場合、低速では動いて、高速では45hzくらいまでだと昇降が可能ですが 、それを越えるとトリップしてしまいます オートチューニングをしてベクトル制御に変えると、低速でも上昇しません 一般的にベクトル制御の方がトルクを出しやすいと考えていたのですが、ベクトル制御で昇降できない理由が判りません ちなみにパラメータでトルクカットは行っていません どなたかアドバイスいただければお願いします

  • 直流モーターをインバーターに更新

    押出機用直流モーターをインバーターに更新しました。 (AC440V 250KW(直流モーターと同出力)センサーレスベクトルインバーター 定トルク) しかし直流モーターのときは同じ運転条件で定格電流値まで十分余裕(80%)があったのに インバーターだとほぼ定格の400Aくらいを示しています。(電子サーマルが動作しそう) 入力側に取り付けている電力量計は 電圧440V 電流212A 電力156KWです。 (運転周波数45HZ)(オートチューニングしています) 定格250KWに対し、まだ156KWと余力があるのに、サーマルトリップしそうであるならば 電流を下げる方法はありますか。(パラメーターの変更等)また力率を改善できれば皮相電流が下がり余裕が出ると思うのですが。教えてください。

  • インバータモーターの周波数??

    インバータモーターの周波数?? 某施設で設備管理をしています。疑問があるので詳しい方お教え下さい。 冷房用冷水の搬送用に三相モーターが5台あり、そのうち1台がインバータ制御されています。 周波数が関係していることを知りその変化を観察してみると、約20秒間に46Hz~56Hzの範囲で変化を繰り返しています。 また、電流値は50A~65Aの範囲で周波数の大きさに比例するように変化していました。因みにインバーター制御されていないモーターを使用してみると電流は115Aくらいでしたので約半分の値です。 また、バルブ制御は還り管のヘッダーで半分とじています。 そこで今回私が感じた疑問なのですが、 1.20秒間で周波数が増えたり減ったりを繰り返していますが、正常なのでしょうか?なぜ一定値にならないのでしょう。 2.周波数減少割合の3乗に比例し軸動力が減少し、かなり省エネになるようなのですが、電流値が半分くらいなので省エネ率は約50%くらいと考えました。本などにはもっと減るように書いてあったのですが?インバーターの省エネってこんなもんですか? 以上、よろしくお願いいたします。