• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

同格のthatは名詞節で接続詞ですか?

The fact that he studied hard surprised me. このthatは同格のthatで名詞節で接続詞ですよね? 名詞節で接続詞のthatは文の要素になるんですよね?しかしこの文の主節 The fact surprised meは完全な文なので名詞節のthat節というのはおかしいとおもうんですが。 よろしくおねがいします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数110
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8082/9974)

>The fact that he studied hard surprised me. >このthatは同格のthatで名詞節で接続詞ですよね? ⇒はい、この接続詞thatは名詞節を導き、その名詞節が名詞factと同格の関係になります。 >名詞節で接続詞のthatは文の要素になるんですよね? ⇒はい、接続詞thatの導く名詞節は(他の名詞節も)文の主要素になります。 この場合のthat節も文の主要素(主語節)です。 >この文の主節The fact surprised meは完全な文なので名詞節のthat節というのはおかしいとおもうんですが。 ⇒文の構造(文型)を考えると分かりやすいと思います。 S(The fact + that he studied hard) + V(surprised) + O( me).

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます I think that he is a teacher. このthat節も名詞節で接続詞のthat節ですよね? この文は、主節の他動詞thinkの目的語が欠けていますよね?その目的語をthat he is a teacherが担っていますよね?つまり主節のSVOのOがないそれをthat節が担っている。 つまり、 主節のSVOCの要素が欠けているのを補うときに、that節は名詞節で接続詞になるんですよね? しかし、 The fact that he studied hard surprised me. この文は、the fact surprised me が主節だが、SVOCで欠けている要素がない完全なぶんです that he studied hardのthat節も欠けている要素はありません。 主節で欠けている要素が全く無いので名詞節で接続詞のthatの条件である、that節が主節で欠けている要素を満たすという要件を満たしていないですよね? それなのに、名詞節で接続詞のthat節と呼んでいいのでしょうか? https://www.makocho0828.net/entry/2016-09-22-%E3%81%93%E3%81%AEthat%E7%AF%80%E3%81%AF%E5%90%8D%E8%A9%9E%E7%AF%80%EF%BC%9F%E5%BD%A2%E5%AE%B9%E8%A9%9E%E7%AF%80%EF%BC%9F%E5%89%AF%E8%A9%9E%E7%AF%80%EF%BC%9F%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91 このURLの記事の説明とあっていません。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8082/9974)

再度の「お礼コメント」を拝見しました。 >繰り返し同じような事を質問いたしますが >think の目的語はどれですか? ⇒I think that he is a teacher. におけるthinkの目的語は、that he is a teacher(名詞節)です。 >that をand として考えてみます >I think and(that) he is a teacher. >The fact surprised me and(that) he studied hard. >こういうことですよね? ⇒どちらの場合もthatをandに置き換えることはできません。 そのような置き換えをしたら意味も成さなくなります。 >⇒このURLの記事では、同格の例文や説明がありません。 >同格の時とthatと名詞節の時のthatは違うものなんですか? ⇒同格を構成するthatと名詞節をつくるthatはどちらも名詞節を導く従接続詞であるという意味では同じですが、同格節と名詞節は同じではありません。 同格節は名詞節の機能のうちの一部です。つまり、名詞節は場合によって主節にも目的節にも補語節にも同格節にもなるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8082/9974)

「お礼コメント」を拝見しました。 >I think that he is a teacher. >このthat節も名詞節で接続詞のthat節ですよね? ⇒はい、ただし言い方が変です。正確には、「この従位接続詞thatに導かれる節も、that節のうちの名詞節です」と言うべきところです。 >この文は、主節の他動詞thinkの目的語が欠けていますよね?その目的語をthat he is a teacherが担っていますよね? >つまり主節のSVOのOがないそれをthat節が担っている。 ⇒いいえ、主節の他動詞thinkの目的語が欠けているのではありません。that節(that he is a teacher)そのものが目的語(目的節)です。つまり主節のSVOのOはthat 以下で、このthatは「彼が先生であると(私は思う)」の「と」に当たります。 >つまり、主節のSVOCの要素が欠けているのを補うときに、that節は名詞節で接続詞になるんですよね? ⇒主節のSVOの主要素の1つであるOとしてthatが名詞節を束ね、同時にこの従属節を「と」によって主節に繋げる接続詞の役を担うわけです。 >しかし、The fact that he studied hard surprised me. この文は、the fact surprised me が主節だが、SVOCで欠けている要素がない完全なぶんです that he studied hardのthat節も欠けている要素はありません。 ⇒確かに、SVOで揃っていて、欠けている要素はありません。 ただし、The factとthat he studied hardは同格関係ですから、どちらも主部です。 ですから、 The fact surprised me.「その事実が私を驚かせた」の場合はThe factが主語で、 That he studied hard surprised me.「彼が一生懸命勉強したことが私を驚かせた」の場合はThat he studied hardが主語(主語節)で、 The fact that he studied hard surprised me.「彼が一生懸命勉強したという事実が私を驚かせた」の場合はThe factとthat he studied hardが主部(主語1と主語2=主語節)ということになるのです。なお、この場合のthatは「~という」に当たります。 >主節で欠けている要素が全く無いので名詞節で接続詞のthatの条件である、that節が主節で欠けている要素を満たすという要件を満たしていないですよね? >それなのに、名詞節で接続詞のthat節と呼んでいいのでしょうか? ⇒せっかくですが、お尋ねの意味が分かりません。 https://www.makocho0828.net/entry/2016-09-22- >このURLの記事の説明とあっていません。 ⇒このURLの記事では、同格の例文や説明がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 繰り返し同じような事を質問いたしますが think の目的語はどれですか? that をand として考えてみます I think and(that) he is a teacher. The fact surprised me and(that) he studied hard. こういうことですよね? このthatは両方とも同じとは思えないのですが? https://www.makocho0828.net/entry/2016-09-22- >このURLの記事の説明とあっていません。 ⇒このURLの記事では、同格の例文や説明がありません。 同格の時とthatと名詞節の時のthatは違うものなんですか?

関連するQ&A

  • 名詞節のthat節は従位接続詞ですか?

    I think that he is a teacher. この文のthatは接続詞のthatでthat節で名詞節ですよね? このthatは従位接続詞ですか?

  • 同格のofと接続詞thatの不和について

    同格のofと接続詞thatの不和について 接続詞のthatが前置詞と結びつくのはin thatのみであると教わりました。 ということは、 the fact of S Vという形はとれないということになるのでしょうか? the fact of 名詞で、もしS Vを同格として繋ぎたいならば、the fact that S Vにしろということでしょうか? the fact of (that省略)S Vは不可能なのでしょうか?非常に気になっております。 できればお詳しい方、お教えください。

  • 同格のthatと名詞節のthatは違うものですか?

    同格のthatと名詞節のthatは違うものですか? 例文を交えて教えていただけると幸いです

  • 名詞節をつくる従属接続詞のthat

    名詞節を導くthatを整理しているのですが、その中の一つに、「形容詞・分詞に続く目的語的な節を導く」とあって、例文に、 『The individual cannot assure himself that he can attain happines(個人は、自分が幸福の追求をなすことができるとは確信できないでいる)』というようなものがあるんですが、形容詞なんてどこにもないように思えて困っています。どなたかご解説お願いできませんでしょうか。よろしくお願いいたします。またこの文のほかに何か例文を載せていただければ幸いです。

  • 目的格の時のthatと同格をあらわすthat(thatは接続詞)について教えてください。

    こんばんは。 We were surprised at the news (that)he had achieved the task for himself. という文があって、カッコの中はthatだったのですが、 まえに目的格のthatというのがあってそういうときはthatしか使えないというものでした。 この文の時のthatは同格をあらわすthatでこのthatは接続詞。と書いてあるのですが、 普通の目的格のthatに見えるのですがなにが違うんでしょうか。 よかったら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 名詞節なのに接続詞形容詞節なのに関係代名詞that

    that節について 関係代名詞のthatは代名詞という名前なのに形容詞節で、 逆に 名詞節のthatは関係代名詞ではなく、接続詞のthatと呼ばれますよね? 形容詞節のthatは形容詞なのだから関係形容詞と呼ぶべきではないですか? 名詞節のthatの方を関係代名詞と呼ぶべきではないですか?

  • 名詞節と副詞節の見分け方

    名詞節と副詞節の見分け方が分かりません。 1、I'll ask him when he comes back. 副詞節 2、Do you know when he will come back? 名詞節 時を表す副詞節で現在形にするためには副詞節と 名詞節の違いが分からないとダメですが、↑の 文で「彼が帰ってくること」とやれば1の文も名詞 っぽいし、一方で「彼がいつ帰ってくるかを(知っている)」 というように2の文を「知る」にかかる節と考えれば 副詞節のようにも見えてくるしで、見分けがつきません。 どうやって見分けるんですか? 同じく副詞節と名詞節の見分け関連で除外前置詞を使った以下の文の見分けもつきません。 1、The picnic was perfect except that the weather was cold. 副詞節 2、I remember nothing about Dave except that he was a tough guy. 名詞節 なんかどっちも名詞節でええやん、とか思うんですが。そっちのがスッキリするし。 どうすればいいんでしょうか。

  • 名詞節を導く従位接続詞は3つだけ?

    名詞節を導く従位接続詞はthat if wheterの3つだけですか?

  • 同格の名詞節か、形容詞節か?

    下記の文について、どなたか教えて下さい。 The goverment has refused to meet the demand of a radical group that the ban on head scarves be scrapped. that 以下は、the demand of a radical groupの 同格表現の名詞節と考えておりましたが、形容詞的用法ということもあるのかなあ、と迷い始めました。どちらでもいいのでしょうか? あるいは、決定的なちがいがあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 同格 that

    某文法書の同格、3,名詞+名詞節の項目で、 He heard the news that his team had won. 中略 「・・・という~」の意味のthatは「同格のthat」と呼ばれる。that節はどんな名詞とでも同格になりうるわけではない。先行する名詞とthat節の間には、たとえばThe news was that his team had won,という関係が成り立つ。 と解説があったのですが、この解説はよくわかりません。誤植でしょうか? 端折りすぎな解説な気がしますが・・・。見たところthat節は補語になっているようですが。