解決済み

アメリカの永住権について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.973415
  • 閲覧数199
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 95% (116/122)

アメリカでの永住権、グリーンカードの取得等についてお尋ね致します。このグリーンカードを得るためにいくつか方法があると思うのですが、ひとつには現地の方と結婚して得るという方法ですよね?

上記の方法以外でのグリーンカード取得手段の一つにグリーンカード抽選プログラムがあると思うのですが、例えば小生がこれに当選した場合当選した自分はもちろん永住権を手にすることはできると思いますが、永住権を取得後に日本人女性と結婚した場合、結婚したその日本人女性も永住権を手にすることはできますか?

また、(1)現地の女性と結婚する (2)抽選プログラムに応募して当選する 以外にどのような取得手段があるのでしょうか?

長文乱文失礼致しました。よろしくお願い申し上げます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

長くアメリカで働けば、(アメリカの企業から必要とされれば)永住権が取れると聞きました。

参考URL、一度見てみてください。
お礼コメント
PRICENESS

お礼率 95% (116/122)

ご回答ありがとうございます。風のうわさで聞いたことがあったのですが、かなり条件は厳しそうですね。例として、企業から必要とされる、アメリカに取ってその人を仕事上invitationすればアメリカに有益であると判断されなければならないそうで。。。(汗)
この線は、険しい道のりのようです
参考URL、初めて拝見し参考になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-24 12:45:09
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 23% (181/782)

>このinterviewも含めた結婚後の妻の申請の勝率(?)というのはどうなのでしょうか。

もし、スポンサーに配偶者を養っていく十分な収入または貯金があり、結婚が偽装結婚の疑いがなく、配偶者に犯罪歴がなければおそらく問題なくグリーンカードがもらえると思うのですが。ただ、抽選にあたったからすぐ結婚して、、、となると、グリーンカードをもらうための偽装結婚として疑われる可能性もあると思います。

私の知識は古いものなのですが(テロ事件よりずーっと前)、偽装結婚ではない証拠として、同じ住所にとどく二人の名前の手紙や二人の名前でサインしてあるの賃貸契約書(一緒にすんでいる証拠)、銀行のジョイントアカウントのステートメントや共同名義のローンの書類(経済活動を共にしている証拠)、結婚式の写真、、、、そんなものを提出させられました。
お礼コメント
PRICENESS

お礼率 95% (116/122)

なるほど、そのようなところまでcheckされてしまうのですね。見逃していた着眼点ですので、またしっかり調べてみようと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-24 20:58:00
  • 回答No.3

ベストアンサー率 15% (2/13)

参考URLをご覧下さい。
移民帰化局は「こういう人なら必ず取れます!」のような具体的な規定を示しておらず、「優秀な科学者」とか「特に有能な者」だとか、どこか曖昧な条件しか示していないようです。
グリーンカードのような移民ビザにしても、非移民ビザにしても、取得に際しては申請者個人ごとの事情が大きく反映するようです。
つまり、これなら必ず取得できる!とは100%言い切れないようです。

また、ご質問の「グリーンカードを保持している人の配偶者の永住権申請」についてですが、#2の方がお答えになっているように、改めて申請する必要があるものの、優先的に審査されると規定されているため、通常より取得が楽になるようです。しかし、必ず取得できるわけではないそうです。
既婚者の一方が(例えば夫が)抽選に当たった場合、希望すればもう一方の配偶者(妻)にも自動的にグリーンカードが出るそうです。ですから、一か八かに賭けるなら結婚後の方が良いかも知れませんね。
お礼コメント
PRICENESS

お礼率 95% (116/122)

既婚であればおっしゃる通り話は早いのですが、わけありでグリーンカードを手にする前に結婚してから、抽選に挑むというプロセスを踏めないんです^^;

参考URL、大変有用なページでした。Vビザという 米国国外(日本)で待機している永住権保持者の配偶者と未婚の子供に対して発給される新しく追加されたビザもできたようです。これはかなりすばらしいですね。何にせよ、まずは抽選に当たることから始まるわけですが…。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-24 12:59:21
  • 回答No.2

ベストアンサー率 23% (181/782)

抽選であたった場合、たしかな期間はわすれましたか、たしか半年以内ぐらいでアメリカに住まなければ権利がなくなるはずです。そして、永住権取得後に日本人女性と結婚した場合は、あなたがスポンサーとなってあらためて移民局に永住権申請をして、その後インタヴューをうけ、その女性が条件をクリアすれば永住権がとれると思います。
お礼コメント
PRICENESS

お礼率 95% (116/122)

おっしゃるとおり、抽選であたった後、必要な手続きと所定の書類の提出を迅速且つ正確に行い大使館にてinterviewを受けた後に問題なければ、そこから6ヶ月以内の渡米にて、その際最初に入国した空港にて仮の(本カード発行まで)グリーンカードに相当するスタンプを押印されるようです。なるほど、申請をするのですね。このinterviewも含めた結婚後の妻の申請の勝率(?)というのはどうなのでしょうか。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-24 12:50:44
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ