締切済み

沖田君、土方さん

  • 暇なときにでも
  • 質問No.972549
  • 閲覧数59
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 95% (198/208)

年下には君付け、年上にはさんを付けるのは、
幕末に生まれた風習だと聞きました。

そこで疑問に思ったのですが、
君、様、殿、には漢字があり、「さん」には無いのは
何故なのでしょうか?

漢字が無いので、
「さん」に込められた意味もわかりません。

また、後に学校などでは、
女子には「さん」、男子には「君」、
が使われるようになったのは何故でしょうか?

その辺の起源について、ご存知の方、教えて下さい。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

 こんにちは。

 私が思うに、「さん」というのは、「さま(様)」が転じて生まれた言葉だと思います。私の辞書には

 『「さま」よりも敬意が低く、親しみが深い。親しみを軽く添える接尾語。』

 とあります。ですから、「さま」と言う言葉が、話し言葉として使いやすく変化したと考えていいのではないでしょうか。

 確実な証拠はないので、「参考」にしてください。
お礼コメント
No51

お礼率 95% (198/208)

ありがとうございます。
「さま」が転じて「さん」では?という事ですね。

幕末つながりですと、
「西郷どん」は西郷どの(殿)
が転じたものでしょうね。(方言かな?)

そう考えると、なかなか
説得力のあるお答えだと、思いました。
投稿日時 - 2004-08-23 23:00:53
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ