• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

相続人は一人しかいませんが、それでも遺言状?

私には亡兄の娘である姪ひとりしか相続人がおらず、ほかに遺贈したい人もいないのですが、それでも遺言状を書いておく方がいいでしょうか。その方が姪にとって簡便でしょうか。 ちなみに、今年の7月から法務局で自筆証書遺言を預かってくれる制度が開始し、この場合は家裁の検認も不要になるそうですので、もし遺言状を書いておく方が良いということでしたら、この制度を利用しようかと思っています(7月までなら死なないでしょう)。 また、エンディングノートでは代用できないのでしょうか。

noname#247123
noname#247123

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 相続
  • 回答数9
  • 閲覧数163
  • ありがとう数10

専門家の回答 ( 1 )

回答No.9

業務で相続手続きをしています。 できれば遺言を残しておいた方が良いです。 そして、遺言は法律で形式が定まっているのでその通りに書かないと無効になってしまいます。 ですので、その様式に従った遺言を準備しておく方が何があっても楽ですのでオススメします。 以上のことから、エンディングノートでは代用できないのでご注意ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。エンディングノートは補助的な物と考え、遺言としては用いないことにします。

石川 裕也 プロフィール

「あなたの切り札」 あなたのブレーンとして、サポート致します。 お困りの際は、お気軽にご相談ください。 ◆注力分野・対応分野 【注力分野】 リスクマネジメント、不正監査、情報漏洩対策 ...

もっと見る

関連するQ&A

  • 遺言書による不動産相続

    自筆証書遺言や秘密証書遺言は家裁での検認の上、相続に使えるようになりますが、そこで質問があります。 1.明らかに法的に無効な遺言書(自筆証書遺言でワープロ打ち、日付が「吉日」のように曖昧など)も検認自体は受けられると思いますが、それをもって相続の登記はできますか?それとも法務局に拒否されるのでしょうか。 2.遺留分が侵害されたときは遺留分減殺請求を行うことができますが、明らかに法定相続人の遺留分が侵害されている(全て愛人に相続させるなど)遺言書による相続の場合、法務局は請求権が消滅するまで受理しないのか、一旦受理して将来的に遺留分減殺請求の上本来の相続人に相続させることが決まった時点で再度所有権移転を受け付けるのかどちらでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 検認された遺言書

    家庭裁判所にて検認された自筆証書遺言の正本には、家裁のハンコが押されるのでしょうか?

  • 自筆証書遺言の「検認」手続きについてのご質問

    家裁での「検認」の事務処理において、推定相続人などが持ち込んだ「自筆証書遺言」を、家裁側の事務官は、一部ほど複写して一定期間、庁舎内に保存保管してくれるのですか?

  • 自筆証書遺言について教えてください。

    自筆証書遺言について教えてください。できれば司法書士か弁護士の方、回答お願いします。 自筆証書遺言を実際に使うためには、遺言者死亡後に、家庭裁判所に「検認の申し立て」をしなければならないと思いますが、申し立てを受理した家庭裁判所では具体的にどのような手続きをするのでしょうか? 申請から「検認の申し立て」が認められるまでの、だいたいの期間も教えてください。

  • 自筆証書遺言書の検認は必ず必要ですか?

    母が亡くなりました。生前に自筆証書遺言書を作っていました。封はしてありません。 自筆証書遺言書は裁判所の検認を受ける必要があると聞きましたが、遺言書の内容に遺族が全員納得してその通りに遺産分割協議書を作る意向である場合検認は必要なのでしょうか。

  • 自筆証書遺言を開封してしまった後の検認は?

    裁判所による検認の制度を知らずに、封をしてある自筆証書遺言を開封してしまった場合、(5万円以下の過料になると思いますが)その後検認を受けることはできますか? できる場合、開封してしまった後の検認の申請は(開封しなかった)正常な申請と比べて何か特別な申請となりますか?

  • 遺言書が複数ある場合について

    お世話になります。少し長くなりますがよろしくお願いします。 一人が遺言書が複数保管しておられたようです。 父と内縁関係であった方が、3通目の遺言書を出してこられました。 1通目は公正証書、2通目は自筆で検認済み。そしてまた、自筆の検認の通知が裁判所から届きました。3通ともこの方が持っておられました。このぶんでは、あと何通出てくることやら。 日付が一番新しいのが公正証書で、3通目はまだ検認していませんので不明です。 父が亡くなってからの彼女の行動や言動、また父が認知症であったために1通目と2通目は日付から遺言能力が無い状態の時で、お金目当ての付き合いとしか考えられず、兄弟で協議した結果、1通目と2通目は遺言書無効の訴訟の準備をしていた矢先に3通目の検認の知らせが届きました。 1通目と2通目が無効になった場合、この3通目が有効になるのでしょうか。 また、ここまでやられると、日付をごまかして父に遺言書を書かせた可能性も考えられますが、日付をごまかしたと言うことを裁判で立証することは可能でしょうか?遺言対象は彼女と付き合いだす前からあったものです。

  • 遺言執行者が遺言書を渡さないので登記できません。

    母が残した自筆証書遺言。 私に特定の不動産を「相続させる」趣旨の内容となっているのですが、 遺言執行者となっている兄が遺言書を渡してくれません。 インターネットで検索すると、どのサイトにも、 特定の不動産を「相続させる~」の遺言の場合は、 遺言執行者に執行(登記義務者となる)する権限はなく、 遺言書を添付して相続人である私が単独で登記申請しなければならないとされています。 任意に応じてくれないので法的手段を講じたいと考えておりますが、 どのような方法(訴えや法的手段)があるのでしょうか? 尚、自筆証書遺言は検認済です。 宜しくお願い致します。

  • 自筆遺言と公正証書遺言の違いについて

    自筆遺言と公正証書遺言とで、遺言執行時における手続きの違いについて教えてください。 自筆遺言の場合は裁判所での手続きが必要なんですよね?公正証書遺言の場合は、登記の場合などそれを法務局に持って行くだけでいいのですか?預金を引き出す場合などはどうなるのですか? それぞれ具体的な手続きについて教えていただきたいです。 自筆遺言の場合、裁判所等の手続きに費用がかかるので、公正証書遺言にしておいた方が、費用的には結局安くつくのでしょうか?

  • 自筆証書遺言について

    自筆証書遺言についてお尋ねします。 法律的に有効な遺言書であるためには、 ・遺言の全文を自分で書くこと。 ・日付を書くこと。 ・自分の氏名を自分で書くこと。 ・印鑑を押すこと(実印でなくとも良い)。 と聞きました。 また、開封に、家庭裁判所の検認手続きが必要と聞きました。 検認手続き後、その遺言書が法律的に有効か無効かの判断は誰がするのでしょうか。 また、遺言者が本当に自分で書いたかどうか、例えば筆跡鑑定のようなこともあるのでしょうか。 よろしくお願いします。