回答 受付中

「水分子」は、ある意味では非常に危険な元素である「

  • 困ってます
  • 質問No.9597005
  • 閲覧数106
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4

お礼率 90% (204/225)

「水分子」は、ある意味では非常に危険な元素である「水素と酸素」によって出来ていますが、そんなことは少しも感じさせないほど安定した分子です。他の分子と容易に混ざり合って様々な液体を作ることが出来る反面、水素と酸素に分かれて、大きな化学反応を起こすことは稀な分子です。水分子はなぜその様な強い「安定性」を持っているのでしょうか?どの様な力を持っているのかと、その理由を教えてください。

また、条件によるかとは思いますが、液体で、水より安定した分子はあるのでしょうか?水は最強でしょうか?

よろしくお願い致します。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 29% (1186/4036)

水分子が安定とは決して言えない。
金属ナトリウムを水に入れると爆発します。
高速増殖炉もんじゅでナトリウムが漏れ出しガスが発生し近付くこともできない大事故が起きました。
水は100度以上で沸騰しものすごいエネルギーを持ち火山が大爆発したり、福島原発でも水蒸気爆発が起きました。
また、他の化学物質とも反応して有害な物質となることが多いです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 52% (137/261)

他カテゴリのカテゴリマスター
酸素は強い酸化力を持っています。つまり、他の分子と結合しようとするわけです。その結合しようとする力が強いと言うことは。「くっついたら離れない」ということです。
水素も他の分子と強く結合しようとし「くっついたら離れない」性質を持っています。
くっついたら離れない酸素と、同じくくっついたら離れない水素とがくっついて水になったわけですから、それこそ「は~な~れ~な~い~ぞ~!」なわけです。つまり、安定しているわけです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 6% (14/204)

水に限らず日常生活で一般的に目にする定常的に存在する物質はすべて強い「安定性」を持っています
そうでなければ危なくて日常生活を送れません
たとえば食塩(塩化ナトリウム)を構成する塩素は毒ガスだしナトリウムは水に
ふれると爆発しますが食塩に危険性はありません
安定性は化学反応で得られた結果であり安定しているからこそ定常的に存在できるのです
ただし安定性は定義・条件で変わりますから水より安定という比較は無意味です
  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (28/76)

なにを以て「安定」というかによるのでなんとも言い難いのですが、水以上に「安定」と言いようのある物質はたくさんあると思います。

例えば反応しにくいという意味なら、希ガスの単原子分子には敵わないでしょう。それを除くなら、空気の8割を占める窒素分子とかも挙げられます。化合物に限るなら、二酸化炭素も相当安定してます。

ご参考まで。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ