回答 受付中

合成ゴムの発火点・発火試験

  • 困ってます
  • 質問No.9587088
  • 閲覧数160
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 100% (1/1)

コンベヤベルトの工場火災原因を検討しております。
合成ゴムが発火する温度やそれらを試験する方法はありますでしょうか?
対象ゴム:SBR、NBR、NR、EPDM

また、配合する補強材や老化防止剤などによって発火温度に変化はあるのでしょうか?
参考文献などがあると助かります。

よろしくお願いいたします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 65% (31/47)

引火点を測る装置は、ISO5657に準拠する製品が市販されています。
例えば、
http://www.fire-testing.com/iso-5657-ignitability

この装置で、着火用の炎を消して温度だけを上げて、表面温度を測れば、発火点も測れるように思います。

配合する補強材やや老化防止剤自体が対象物の温度以下で発火する可能性も有りますから、実際に使っている条件での材料を準備することが必要かと思います。
お礼コメント
boxer9241

お礼率 100% (1/1)

ご回答ありがとうございます。

実験データや規格値のようなものがあれば助かったのですが、やはり現物で実験するしかないですね。
検討してみます!
投稿日時 - 2019-02-13 15:27:58
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ