締切済み

HHDクローンの失敗による復元について

  • 困ってます
  • 質問No.9543197
  • 閲覧数147
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 2% (7/251)

富士通製ノートパソコンLIFEBOOK AH30/KのHHDのスペアを作ろうとして
EASEUS todo Backup Free 11.5を使い500GBから320GBのHHDへクローン
しましたところ立ち上がらないので別のパソコンで調べましたところMBRで
クローンしなくてはいけないところ、なぜかGPTになっていました。慌てたせいか
最初に入っていた元のHHDまでもGPTでクローンしてしまいました。このままでは
このパソコンを立ち上げることは出来ません。尚クローンしたHHDの中身を別の
パソコンで調べますと、データは入っています。別のパソコンで作成した修復メディアで立ち上げようとしても立ち上がりません。現在のところ富士通のロゴマークは
でますが次にboot abie device wasnot fou found と出て次は進みません。
良くわかりませんが富士通のホームページのユーティリティを見ましても意味が
分からず、お手上げ状態です。パソコンの雑誌は色々有りますがアプリケーションソフトばかりで、この手の問題解決の本は有りませんね。どなた様か復元方法をよろしくお願いいたします。追記、確かにフォーマットのときMBRにしたと思います。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 45% (967/2127)

質問を読み返してみて”LIFEBOOK AH30/K”を再確認してみました。
:>最初に入っていた元のHHDまでもGPTでクローンしてしまいました。
AH30/Kは本来Windows 8.1搭載PC、ということはbiosはuEFIであり
搭載されているハード・ディスクは元々GPTディスクであったことになります。
:> 現在のところ富士通のロゴマークはでますが
:>次にboot abie device wasnot fou found と出て次は進みません。
 起動時のロゴはハード・ディスクの状態と無関係に表示されます。
”bootable device was not found”(起動デバイスが見つかりません)は、
接続されているディスクの起動情報が消失したか、起動純情が変更されている
場合にも表示されます。
:>別のパソコンで作成した修復メディアで立ち上げようとしても立ち上がりま
:>せん。
 どのような修復メディアか”修復メディア”だけでは分かりません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (967/2127)

:>MBRでクローンしなくてはいけないところ、なぜかGPTになっていました。
 フリー版で作業した場合、GPTディスクのクローンはGPTディスク、
元がMBRディスクであればMBRディスクが出来て当然です。
MBRディスクをGPTディスクに変換する機能は製品版にしかありません。
:>現在のところ富士通のロゴマークはでますが
 これはディスクの状態と無関係にbiosが表示しているだけであり、
とりあえずbiosは正常(らしい)ということです。
 出来てしまったことは嘆いても始まらないので元のMBRに戻しましょう。
EaseUS Partition Masterなら”GPTディスクをMBRディスクに変換”できます。

 
補足コメント
aB7371282

お礼率 2% (7/251)

GPTディスクをMBRディスクに変換するソフトを紹介して頂き感謝します。
しかし要の富士通のパソコンのHDDもGPTになっていまして、
boot abie device wasnot founnd の横文字がでて先に進めることが出来ません。クローンしたときには立ち上がりましたので安心して1日置いていまして、次に立ち上げようとしましたら要のHDDは富士通のロゴと横文字がでまして、どうにもならない状態になりました。
この場合、他社メーカーのパソコンのUSBに外付けケースにHDDを入れて
繋いでも変換できるでしょうか。パソコンは同じWindows10です。
よろしくお願いいたします。
投稿日時 - 2018-10-01 22:04:08
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ