締切済み

ドローンでの撮影は楽しめますか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9530950
  • 閲覧数63
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 68% (7953/11535)

近年上空から撮影されたと思われる、動画が公開されています、
撮影するには地上ではシャーター押す時は、誰でもできそう
、実際に知らない人に頼んでいるのは良く見かけたりしています、
上空から撮影するには、誰でも撮影できるとは、ならないので
しょうか、宜しくお願いします。

回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 29% (5186/17658)

他カテゴリのカテゴリマスター
https://viva-drone.com/law-on-drones-in-japan/

ドローンの規制は、こちらのとおりです。人口密集地などは規制されていますのでご注意ください。ただ、隅田川の辺りじゃよく飛んでますけどね。あそこは規制地域のはずだから通報されたらアウトだけれど、知らない人が多いからだいたいみんなのんびりドローンに手を振ったりしています。

ドローンの映像は、その機種にもよるけれどドローン備え付けのカメラ映像がスマホに飛ばされてそれを見ながら飛行することができるものが多いです。
お礼コメント
habataki6

お礼率 68% (7953/11535)

ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-08-26 23:10:02
  • 回答No.5

まず、No.4の方の回答ですが、それは「操縦」行為に関してではなく、飛行(利用)法についての規制であり、操縦は誰でもできます。
また、改造ドローンの撮影ですが、見極めは申請済みかどうかです。
外観での判断はできないでしょう。
お礼コメント
habataki6

お礼率 68% (7953/11535)

外見からは判断はできないのですね、ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-08-26 10:21:38
  • 回答No.4

ベストアンサー率 27% (17/61)

いくつかの法律があります。
ドローンの重量によって飛行できる場所の制限があり、周辺物からの距離や高さの決まりもあります。
これは航空法での決まり。
そのほか、飛ばせる場所にも決まりがあります。

航空写真を取る場合だと、その場所や高さ、使用する機材などの関係で、関係の法律が変わります。
なので、具体的な内容がないと、答えようがないと言うのもあります。

現在では、操縦するための免許などの法律はありませんので、操縦は誰でも可能ですが、免許が無くても、法律で決められている決まりに従う必要があります。
補足コメント
habataki6

お礼率 68% (7953/11535)

改造済みのものについては、誰でも撮影できるとは、ならないと聞いた
ことがあります、それは具体的にどのようにして見分けるのか、知りたい
です。
投稿日時 - 2018-08-26 09:27:28
  • 回答No.3

既出ですが、資格免許の必要なく操縦撮影できます。
つまり、誰でも楽しめるって事。
補足コメント
habataki6

お礼率 68% (7953/11535)

改造済みのものについては、誰でも撮影できるとは、ならないと聞いた
ことがあります、それは具体的にどのようにして見分けるのか、知りたい
です。
投稿日時 - 2018-08-26 09:23:03
  • 回答No.2

ベストアンサー率 13% (11/79)

ドローン撮影は操縦に関しても、撮影に関しても、資格免許は必要ありません。
これで十分だと思いますが。
補足コメント
habataki6

お礼率 68% (7953/11535)

改造済みのものについては、誰でも撮影できるとは、ならないと聞いた
ことがあります、それは具体的にどのようにして見分けるのか、知りたい
です。
投稿日時 - 2018-08-26 09:22:03
  • 回答No.1

誰でもできるが。
補足コメント
habataki6

お礼率 68% (7953/11535)

根拠を示してください
投稿日時 - 2018-08-26 07:59:20
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ